TAKEMOTO BLOG

五寸柱の家とは

地震に強い『五寸柱の家』

当社が「五寸柱の家」を施工するようになった理由は、

近い将来起こるとされている南海大地震にあります。

 
この地震は、日本最大級で、

30年以内に約50%の確率で起こると言われています。

 
この地震から、大切な家族を守るために、

「五寸柱の家」を施工するようになりました。

 

 
太い柱は、傾いても、元に戻る作用(傾斜復元力)を持っています。
また、木組みに使われている木材やその接合部分は、

地震エネルギーを吸収する役目を持っています。(衝撃吸収装置と同じ)
大地震の速い動きを吸収しながら、

しなやかにゆっくりと揺れることにより、

建物の倒壊を防ぎます。

 

 
これらのことを実証できる出来事がありました。
2001年3月24日(土)15:27 芸予地震発生

この時、上棟して数日後の現場で、 当社の職人達と休憩していました。
壁筋交いの取り付けがまだ終わっていない状態でしたが、

その時の揺れは上記のように、 しなやかにゆっくりと揺れていました。
その後、 家の傾きや破損がないか、 職人達と確認しましたが、

「五寸柱の家」の木組みは寸分の狂いもなく、

何事もなかったかのように、どっしりと構えていました。

 

 
「五寸柱の家」に住まわれている全てのお施主様に、
被害状況を確認したところ、被害は全くなく、

「大地震が来ても、この家なら安心ね。」 と、言って下さいました。

 

 
国は、三寸五分の柱で建てられた家でも、認可しますが、

当社は、大切なお客様の命を守るために、

これからも、「五寸柱の家」を標準仕様として、

さらに、耐震性の強い家を追及し続けていきます。


2011年2月3日 10:29  CATEGORY : 五寸柱の家とは 竹本建設のこだわりと試み  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

驚異のバネ座金

当社一本木の桁の長枘(ながほぞ)を、

バーナー焼きされた通し柱に差し込み、

六角ボルトとバネ座金・角座金を使用した木組み。(今治市Y様邸)

 

 

外部側に、バネ座金を使い、取り付けられた木組み。(今治市Y様邸)

 

建物が完成してからでは、

ナットの緩みを締め付けることが出来ない場所が多いため、

当社では、

上記掲載のバネ座金を通し柱や土台など、 六角ボルトを使う全ての場所に使用しています。

 
このバネ座金だと、

十年以上経過しても六角ボルトのナットの緩みはありませんでした。

当社モデルルーム、作業場にて実証済みです。

 

10年以上経過した建物で、

ナットの緩みがなければ、 それ以降もナットが緩むことはありません。

 
このバネ座金にご興味のある方は、

十年以上経った当社作業場にて現物説明致しますので、

ぜひ、お越しくださいませ。

 


土台の継ぎ手について

下記写真の土台の継ぎ手をご覧ください。

 

写真のように柱やアンカーボルトがくる位置を男木(おぎ)にすると、

女木(めぎ)の木材は、この場所の継ぎ手で浮き上がることはありません。


しかし、これを逆にして、

女木の方に柱やアンカーボルトがあり、

男木に柱もアンカーボルトもない場合は、

月日が経つと、 男木の継ぎ手が浮き上がる事があります。

 
当社は、上記のことから、

土台の上に建ち上がる柱の位置やアンカーボルトの位置などを見ながら、

土台の継ぎ手の男木、女木を決めています。

 

このようなことは、

国が決めた躯体検査の内容には含まれていませんが、

非常に大切なことです。

 

 

下記写真のように、

ホールダウン金物が取り付けられる柱の位置に土台の継ぎ手がくる場合も、

上記と同じように、柱やホールダウン金物を取り付ける土台を必ず男木にします。

ほんの少しのことですが、

当社は、こういった細かな部分まで気を配り、

丁寧に施工しております。

 

※上記の男木(おぎ)、女木(めぎ)は、

この辺りの職人さんは男木のことをおんぎ、又はおんた、

女木のことをめんぎ、又はめんたと言うこともあります。