TAKEMOTO BLOG

ニュース&トピックス

竹本建設&ムーミーは、

バーモントキャスティングス社の薪ストーブ

『デファイアント』と『アンコール』をこよなく愛し、

各ご家庭のご家族様のもとへ、嫁入りさせるような気持ちで

取付施工&メンテナンスをさせて頂いております。

 

 

 

この度、

長野県にあるバーモントキャスティングス日本総代理店のファイヤーサイドへ

公式代理店講習会に参加するため、行って参りました。

 

 

 

 

 

 

なんと、
当社おすすめの機種『アンコール』と『デファイアント』が
新しく生まれ変わるのです!!!
クリーンバーンと触媒方式が融合した新開発「フレックスバーン」は、
3度にわたって燃焼する独創的な空気の流れにより
薪エネルギーを極限まで暖かさに変え、クリーンな排気を実現!
メカニカルでありながらメンテナンス性が良く、
快適に、より長く、愛用していただけます☆

 

 

フレックスバーン方式~FLEX BURN SYSTEM~

触媒方式とクリーンバーン方式が融合した
ハイブリッド型
かつてない三次燃焼の領域へ

ワールドレコードを達成した触媒方式(キャタリティックコンバスター)と、

シンプルでメンテナンス性のよいクリーンバーン方式を融合させることで生まれた「フレックスバーン方式」。
両者の特長を併せ持つハイブリッド燃焼により、高い燃焼効率とともに優れたメンテナンス性を実現しました。
3度にわたって燃える独創的な空気の流れが、薪エネルギーを極限まで暖かさに変えます。

フレックスバーン3つの燃焼

 

 

1975年、造形家であり建築家であるダンカン・サイムによって開発された初代デファイアントは、

芸術的外観に加え、効率のよい燃焼を可能にする水平燃焼という新技術を備えた全く新しい薪ストーブでした。

オイルショックにより、薪を燃料とした暖房が再評価されるにつれ、

デファイアントはバーモントキャスティングスの名を一躍世界に広め、その地位を不動のものとしました。

改良のため、惜しまれながら一度は姿を消したデファイアントを

1986年に中型モデルとして復活させたのが、「デファイアント アンコール」(のちのアンコール)でした。

 

独自の水平燃焼が長時間燃焼を可能に

薪を燃焼させる炉と未燃焼ガスを燃やす炉を独立させることで燃焼効率を向上させ、薪の使用量を抑えます。
経路の切り替えは、本体脇についているバイパスダンパーハンドルの操作ひとつで行えます。

 

バイパスダンパーを開けば【垂直燃焼モード】/着火や薪の補給時は、スムーズな上昇気流(ドラフト)を起こすためにダンパーを開きます。煙は直接煙突に導かれ、薪は全体に燃え、どんどん温度が上昇します。

 

バイパスダンパーを閉じれば【水平燃焼モード】/通常燃焼では“燃え過ぎ”を抑えるためダンパーを閉じ、薪の底からゆっくり燃える水平燃焼に切り替えます。下の部分から徐々に燃え、薪を節約します。

 

 

 

 

厳しい排ガス規制に対応すべく生まれたアンコールは、

触媒を利用したキャタリティック燃焼システムなどの優れたテクノロジーを育て、

驚異的な燃焼効率で絶大な支持を獲得。

バーモントキャスティングスの「顔」となるモデルとなりました。

そして2013年、燃焼方式をさらに進化させた

「フレックスバーンシステム」を搭載したアンコールとデファイアントが誕生。

3度にわたって燃焼する独創的な空気の流れにより

薪エネルギーを極限まで暖かさに変え、クリーンな排気を実現。

また、メカニカルでありながらメンテナンス性が良く、

快適に長く愛用していただけるモデルとなっています。

 

薪燃焼の研究、鋳物の技術、ホウロウの技術、職人の誇りが一台の薪ストーブに宿ります。

バーモントキャスティングス(バーモントの鋳物屋の意)では、

昔も今もバーモント州の自社工場ですべての製造工程を行っています。

プライドが高く妥協しないバーモンター(バーモントの人々)。

バーモンターこそバーモントキャスティングスの心です。

 

 

バーモントキャスティングスだけが実現した自動温度調節機能

本体側面または背面にある火力調整レバーを任意のポジションにセットするだけで、
その温度域で安定した燃焼を維持することができます。
燃焼室に必要な空気が必要な時だけ取り込まれるため、オーバーヒートを予防し、薪の消費を抑えます。

 

 

「自動温度調節機能」のしくみ

自動温度調節機能はバイメタルサーモスタットが司ります。
火の勢いが強くなり熱の出力が高まると、バイメタルコイルはゆっくりと膨張し給気口を閉じ、

出力がそれ以上にならないように働きます。

逆に火の勢いが弱くなると給気口を開き、出力がそれ以下にならないように働きます。
この強弱作用は継続的に働き、薪が燃え尽きるまで続きます。

 

 

<新機種メンテナンス講習・実技解体>の模様

 

 

 

 

煙突と薪ストーブ本体との接続部分にも、

ファイバーロープが備え付けられることになりました。

 

 

 

 

 

そして、本体を解体。

 

 

 

 

 

正面のアクセスパネルとインナーパネルを取り外しただけで、

内部の触媒へと辿りつけます。

これによって、メンテナンス性がぐ~んとアップしました!

 

 

 

 

 

触媒を取り外し、

 

 

 

 

 

ファイヤーバックや、

 

 

 

 

 

リクラクトリーエンジンも、

 

 

 

 

 

容易に取り外すことができます☆

 

 

 

 

二次燃焼に留まらず、三度にわたって燃焼!

薪エネルギーを極限まで暖かさに変え、クリーンな排気を実現!

 

 

 

地球にやさしく、薪の消費量も抑えられ、
そして、メンテナンス性もアップしました!!

 

 

 

 

 

ポールキャスナー社長と記念にパシャリ☆

 

 

 

 

 

 

大きな倉庫にストックされている薪ストーブたち。

 

 

温かいご家族のもとで、可愛がってもらえますように・・♪

 


いつも ご愛読いただき、誠にありがとうございます。

 

当サイトを楽しみに見に来て下さっている中、
システムの不具合が生じ、
ご迷惑とご心配をお掛けしましたこと、
深くお詫び申し上げます。

 

今回、メンテナンスを行い、
おかげさまで無事に復旧できました。

 

これからも現場の進行状況や薪ストーブライフなど、
楽しくお伝えしていけたらと思っております。

 

今回の不具合の件、深くお詫び申し上げますとともに、
変わらぬご愛読をよろしくお願い申し上げます。

 

竹本建設&ムーミー


2013年6月10日 19:30  CATEGORY : ニュース&トピックス  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

新入社員

 

ご挨拶するのが遅れましたが・・・

 

こんにちは!

4年間、保育士をした後、

4月から竹本建設に入社しました、竹本 汐里(設計:彩乃の姉)です。

建築についてはまだまだ未熟者ですが、やる気は満々!!

これからは、職人さんたちと色んな仕事をして学んでいこうと思っています。

子どもたちと一緒に遊ぶことも大好き!お子様連れの打合せも大歓迎です♪

お気軽にいらしてください☆

スタッフ一同、お待ちしております。

 

これからもよろしくおねがいいたします。

竹本 汐里


2013年4月26日 14:56  CATEGORY : ニュース&トピックス 日々の出来事  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

薪ストーブのページ『火のある生活』を、

さらに見やすく、リニューアルしました!!


 

※画像をクリックすると、ご覧頂けます。

 

 

カタログでは伝えきれないところを

詳しくご紹介しています。

 

 

これから薪ストーブを・・とお考えの方、必見です(*^^*)☆☆

 

 


2013年4月16日 18:52  CATEGORY : ニュース&トピックス 火のある生活  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

先日行われた、『わ』の家の上棟祭。

 

 

 

お施主様が、コマ撮り動画を作って下さいました(*^^*)

およそ10時間の上棟祭が3分弱にまとまっているそうです!!

 

 

 

おもしろいように木材が組み上がっていきますので、

ぜひぜひ、ご覧ください✻

 

 

T様、すばらしい動画をありがとうございました!!

 

これからも引き続き、家造り 楽しみましょう(*^^*)

 



2013年3月27日 23:36  CATEGORY : 『わ』の家(松山市T邸) ニュース&トピックス  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)


2013年3月14日 16:23  CATEGORY : 『だいすき♡』 宝箱のようなお家 ニュース&トピックス  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

愛媛県伊予市 のしおさい公園前にある、

五寸柱の家(有)竹本建設(親会社)と、

薪ストーブ&手作り家具の(有)ムーミー(子会社)の

ホームページを この度、リニューアルしました。

 

 

 

一生に一度の大きな買い物だからこそ、

住み続けるほどに、良さがわかる家に住んでほしい。

 

 

 

この一心で、

当社では家が完成してからでは見えなくなる部分も、

手を抜かず、こだわり、きちんとした施工を行ってきました。

 

 

そんな当社だからこそ、

完成写真からでは見えず、伝えられない部分や、

素の、本当の、竹本建設&ムーミーを見て頂きたい。

 

と思い、ブログを中心としたホームページを思いつきました。

 

工務店のホームページではとても珍しいと思いますが、

当社のこだわりから、現場の進行状況、

社長宅の薪ストーブライフ、などなど、

日々の出来事を交えながら、

詳しくお伝えしていこうと思っております。

 

 

どうぞ、よろしくお願いします。

 

 

 

 


2012年12月12日 17:00  CATEGORY : ニュース&トピックス  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) TAG : , ,

 

『長尺物の一本木をふんだんに使った木組み』

 

 

 

完成してからでは、直接目に触れることのできない木組みを、

松山市で建設中「やすらぎの家」にて、ご覧頂けます。

 

 

ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。

(TEL 089-982-4870)

 


2012年9月29日 16:50  CATEGORY : ニュース&トピックス  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

 

『えひめ住まいと暮らしの年鑑2012』の

P66~67に当社の記事を掲載しています。

 


2011年10月21日 16:55  CATEGORY : ニュース&トピックス  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)