TAKEMOTO BLOG

竹本建設のこだわりと試み

H様邸 火入れ式

今年、当社で新築工事をさせて頂き、

バーモントキャスティングスの

デファイアント(クラシックブラック)

を 取付施工させて頂いた久万高原町のH様邸で 火入れ式を行いました。
外はとっても冷え込んでいて 雪が降っていました❄
でも当社『五寸柱の家』は、

薪ストーブに火を入れる前からすでに暖かく、

「何もせんでも暖かいけん、

もう、薪ストーブなくてもいいかぁ(^o^)丿笑」 とH様。

もっと、もっと暖かくしてみせましょう!!

 

 

 

では、さっそく 火入れ式開始です。

「安全に薪ストーブを楽しめますように」 と願いを込めながら、

二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

 

塩払いでお清め。

 

 

 

それでは、いよいよ火入れです。

 

 

家の完成と火入れを祝して、 乾杯!

 

 

慣らし焚きを行いながら、

正しい使い方や、注意点、 薪ストーブの楽しみ方など じっくりお話中。

 

 

「慣らし焚き」

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがあります。

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で3~4回に分けて焚き、

温度の上昇と冷却を繰り返します。

これによって、

鋳物の接合部を馴染ませることができ、 耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きをきっちり行っています。

 

 

リビングに吹き抜けがあるH様邸。

当社がおすすめしているデファイアントは

大きな吹き抜けがあっても 家全体まるごと暖まるんです。

 

 

後日、H様ご夫婦から

「朝起きたら、外は霜が降りていて外は-4℃!!

でも、家の中は暖かくって、20度を超えていましたよ!!!

もう、家中本当に暖かくて、いつも薄着でいます。

こんなに暖かい冬が過ごせると思うと、

冬が来るのが苦にならなくなりました。

ただ、薪ストーブが楽しくって、

ここのところ、ずっと寝不足ですけどね。笑

竹本建設さんに家を建ててもらって

本当によかったと思っています。

それに、薪ストーブ(デファイアント)も設置して 本当によかった。

工務店の選択も、薪ストーブの選択も 両方正解でした。」

と、大変うれしいお言葉を頂きました。

ありがとうございます♡

喜んで頂けることが、 何より一番うれしいです。

 

 


バーナー焼きを施した吹き抜け手すりの丸太に合わせて、

楽塗さんに縁を塗装してもらいました。

 

 

 

全体がグッと引き締まり、

美しく仕上がりました。

 

 

 

バーナー焼きをして磨き込む作業を考えると、

丸太より、角材の方が早くて簡単です。

 

しかし、映し出される影や仕上がりの雰囲気を考えると、

寒い久万高原だからこそ、

温かみのある丸太の方がいいだろうと採用した丸太材。

 

当社では、 ちょっとしたことも、 手間を惜しまず、

お施主様に喜んで頂けるよう、 最善を尽くしています。

 

 
この吹き抜けの丸太の手すりは、

2か所が取り外し可能で、 ちょっとおもしろい仕掛けを考えました♪

 

 
詳細は、後日ブログにアップしますので お楽しみに♪


バーナー焼き 丸太手すり

ジャーン!!!

 

 

久万高原のH様邸。

2階デッキの手すり 取り付け完了しました。

 

 

玄関ポーチの丸太に合わせて、

デッキの手すりもバーナー焼きを施し、

磨き込んだ 杉丸太を使用しています。

 

 

南に面しているので、

日当たりもよく、 ぽっかぽか。

 

 

山の向こう側へ落ちていく夕日も望めて、

まさにパワースポットです。

 

 

H様手作りの木製フェンスとの相性もばっちりで、

どんどん素敵に仕上がっています。


完成間近

H様邸の足場が取れ、 完成が近づいています。

 

 

 

玄関ポーチの縦格子には、

バーナー焼きを施した丸太を使用しました。

五寸柱とはまた違った木目で、 丸太の良い風合いが出ています。

 

 

たくさんの丸太と五寸柱に囲まれた玄関ポーチは、 まさに森の中。

森林浴のように、心も体も癒されます。

 

 

 

 

曇り空の合間から太陽の光が差し込み、

バーナー焼きされた柱や桁が美しく輝いています。

二階と同様、

一階にも、 ウッドデッキが取り付けられます。

 

 

庭では、以前から植えられていた木が、

新しい家に寄り添うように枝を伸ばしています。

 

 

山茶花の花もきれいに咲き誇り、

完成を楽しみにしてくれているようです。

 

 

 

明日、H様邸のカウンターなどに使用する一枚板の加工をします。

その模様もブログにアップしますので、お楽しみに。


開閉式荒組障子

吹き抜けがある家が夢だったY様。

 

 
しかし、 吹き抜けがあると、

薪ストーブから出た暖気が、吹き抜けを通って、 二階へと上がってしまい、

一階リビングの室温が、すぐに上がりません。

 
「夢もかなえてあげたいし、 1階も温めてあげたい・・・」

 

 

と、 当社棟梁が考え出したのが、 開閉式の荒組障子。
夏場は障子を開け、

1階の暖気を 二階吹き抜け部分のルーバー中窓から排出。

暖気がこもらず、とても涼しいです。

 

 

冬場、1階がまだ暖まっていないときは、

障子を閉めて、暖気が二階へ上がるのを防ぎ、

1階を優先的に暖めます。

 

 

二階で家族が寝るときなど、

二階も暖めたいときは、 障子を開け、

部屋につながる両開戸を開け、 暖気を取り込みます。

 

 

そして、荒組障子の開閉は、

開閉用フック引っ掛け棒で行います。

 

 

開けた荒組障子は、

壁に取り付けた金具に固定するので、

風が吹いても倒れることもありません。

 

 

開閉式荒組障子の開閉模様をプロモーションビデオにしました。

下記の画像の上でクリックするとご覧になれます。


H様邸上棟祭 動画

お待たせ致しました。
H様邸上棟祭の動画を計23本アップしました。

全てご覧頂くと、映画1本分(約2時間)あります。
中でもおすすめは、

その4、6、8、17、18、19、20、22、23  です。

上棟祭にご興味のある方は、ぜひご覧ください。

 

~その1~

 

 

~その2~

 

 

~その3~

 

 

~その4~

 

 

~その5~

 

 

~その6~

 

 

~その7~

 

 

~その8~

 

 

~その9~

 

 

~その10~

 

 

~その11~

 

 

~その12~

 

 

~その13~

 

 

~その14~

 

 

~その15~

 

 

~その16~

 

 

~その17~

 

 

~その18~

 

 

~その19~

 

 

~その20~

 

 

~その21~

 

 

~その22~

 

 

~その23~

 


お待たせいたしました。

 

 

7月30日 大安

快晴のなか行われた、

H様邸の上棟祭の模様を3回に分けて詳しくご報告いたします。

No.1は お清め~1F桁組みまでです。

 

 

まずは、

工事の安全を祈りながら 棟梁のお清めで、

上棟祭のスタートです。

 

 

 

そして、 H様ご家族をはじめ、作業に携わる全員で、乾杯!!

今回は、6人の凄腕大工さんの応援があるのでとっても大助かりです。
中には、以前、

高知県で薪ストーブを設置した現場で 大変お世話になった植木建築さん

「五寸柱の家に興味があるので上棟祭の時には是非よんでください。」

といっていただいており、

社長・次男・三男のイケメン3人が駆けつけてくださいました。

遠いところをありがとうございます。

お互いに切磋琢磨し頑張っていきましょう。
みなさん、 「期待していますよ~。」

「気を付けてがんばってくださいね~。」
「カンパーイ!!」

 

 

さあ、いよいよ作業開始です。
1F柱を組み上げていきます。

 

 

 

 

大きな五寸柱が組み上がっていくと、

向こうの景色が見えにくくなるほどです。

 

 

ちょっとここで休憩。
このトマト、H様のご両親が育てられた子たち。

氷で冷やされていて、とっても冷たくて甘くて、最高!

みなさんの活力源になりました。

 

 

1F桁組みです。

 

 

 

 

棟梁の握るこれは

「金の斧」 ならぬ 「金の掛矢」

太陽から?

いえ、宇宙からのエネルギーをいただいているのでしょうか?

それとも、 ひょっとして「金の掛矢」から、パワーを出しているのでしょうか!?笑

 

 

 

えっ?どこに足をかけているの?

もしかして足場ポール?すご~っ!
「こんなん、当たり前じゃ~!!」と、棟梁・・・。

恐るべし!!

 

 

 

この桁は継手のない全長11m50cmの1本木!!

このH様邸では、桁・母屋・棟木全て、継手のない1本の木です。

 

 

そして、どんどんと1F桁組みが進んでいきます。

 

 

 

作業中、声を出し合い活気が溢れています。

 

 

 

当社「五寸柱の家」の上棟祭に使用する掛矢は、

最大約10㎏もあります!!(通常の掛矢の約4倍です!)

この重さで木を痛めないように木組みをおさめていきます。

 

 

木組みがおさまるごとに、ビクともしません。

大地震が起きても、家族を守る大事な木組みです。

 

 

                   つづく。

 


つづきまして、

H様邸 上棟祭 2F床下地張りから棟木納めまでをご報告いたします。

 

今回は 大工人数も多かったので

棟木納めも祭儀までに十分間に合うと判断し

2Fの床下地を先に張ることにしたようです。

 

 

これをすることによって

2Fからの作業が安全かつスムーズに進むと判断したからです。

 

 

今回の2F床下地は、

厚み28mmの実付構造用合板を使用しています。

事前に柱かぎや長さなどを全てカットしていたので、

作業がはかどり短時間で終わりました。

 

 

床下地を張り終わると 足元を気にせずに安全に作業することができます。
2F柱組みです。

 

 

 

どんどん作業が進みます。
こうしてみると、 なんてのどかな環境の中にいるのでしょう。

 

 

1Fに続き またまた、登場!
継手なし全長11m50cm 1本木の桁と母屋たち。

静かに出番待ち。

 

 

 

 

 

次々に桁と同じ長さの長~い母屋が組み込まれていきます。

 

 

大工職人たちが棟梁の掛け声と共に、

掛け矢をそろえて一気に母屋を納めていきます。

 

 

掛け矢の打つ面が、桁の上面とピタリとそろっています。

(木材にキズが付きにくく、ガッチリと木組みができます。)

 

 

棟梁が書き入れた棟札 。

 

 

棟札を棟木に取付中!

 

 

 

うおお~~っつ!! 大迫力!!
久万小学校よりも長く、向こうに見える山々と同じくらい長~い棟木です。

あっ、それって遠近法でした・・^^

しかし、11m50cmの1本の木って、あらためて迫力を感じるのであります。

 

 

これから、棟木を納めていきます。

 

 

ここで、 H様親子(施主さま&長男のT君)が棟木納めに参加。

 

 

上棟祭最大の見せ場。
H様親子と当社職人による全員で

千年も万年も永遠にH様ご家族が栄え続きますように・・。と願いを込めながら

「千歳棟!万歳棟!永永棟!!」

の掛け声とともに 3回掛け矢を振りおろし棟木を納めます。

 

 

棟木納めも無事終わり、全員がホッとしています。

H様親子はとても感動されていました。

 

 

棟木のお清め用のお酒が、空から・・・

と思いきや、レッカーにより棟木まで届けられました。

 

 

家と家族の安全と健康を願いながら 棟木に奉献のお酒で清めます。

 

 

 

 

棟梁の掛け声と共に全員で乾杯!

つづく

 


屋根タルキ取付から祭儀・餅まきまでをご報告いたします。
棟木納めも終わり、屋根下地のタルキを取付けていきます。

このタルキは五寸柱に合わせてサイズも特注で66角あります。

(通常は45×55くらいです)

 

 

棟木に取り付けられる上棟祭のシンボル・のぼり木を準備している棟梁。

こののぼり木を取り付けると、

一般の人は餅まきがあるのだとわかり 、

16時半位からたくさんの人が集まって来ます。

 

 

上棟祭のシンボル:のぼり木が登場!

棟木の中央にしっかりと固定。

緊張感が高まってきます。

 

 

棟木にタルキがしっかりと取付されています。

 

 

そして、

薪ストーブ用の頑丈に造られた煙道も

レッカーで吊り上げられてタルキと母屋に しっかり固定しました。

 

 

のぼりと煙道が仲良く久万高原を眺めているようです。

ちなみにこの煙道は、

重い積雪や台風などの強風にも十分耐えられるように

厚み28mmの構造用合板を外壁下地材に使用しています。

(当社オリジナルの特注品です。)

 

 

さあ、 これから始まる祭儀の準備。

祭壇へのお供えも万全です。

 

 

H様からの祭壇用の品々。

五寸柱仕様なのか、全てが特大!! 迫力満点!!

 

 

23年前に棟梁自ら

伊予市「正一位 伊豫稲荷神社」の星野暢廣さんに

祭儀一式のご指導をいただいて以来 ずっと、このかたちは変わりません。

 

 

祭儀の始まりです。

 

 

祝詞を読み上げる棟梁!

 

 

四方固めをまきます。

 

 

施主様代表でH様ご挨拶。

そして、H様の音頭で乾杯!!

 

 

餅まきの始まり~。

このお餅はH様ご両親が育てられたもち米を使い

ご親族やご友人さまたちが愛情を込めて作られたそうです。

 

 

棟梁、本日一番の笑顔でございます。

 

 

こんなにたくさんの人が集まってくださいました。

(約90人くらい来てくださっていました。)

ありがとうございました。

みなさん、たくさん拾えたかな?

 

 

 

施主さまによる「祝い餅」まきです。

今回はH様ご長男のT君が代表を務めました。

 

 

 

続いて、棟梁の「祝い餅」

 

 

すごい!!

「祝い餅」を拾おうとして・・

その餅が当たるだけ当たり・・・

粉だけ浴びて・・・落ちていき・・・・

 

 

地面に落下・・・

運よくそこにいたこの少年の手に・・・

この餅の行方と少年の姿を見た大人たち・・・・

粉まみれになり、あんなに戦ったのに・・・

残念・・。 でも、 この少年をただただ見守り、

奪うことのなかった大きな人間愛を感じずにはいられません。

 

 

少年よ、おめでとう!!

拍手 きっと、大きな家が建てられるよ!!

 

 

H様ご家族と記念撮影。

はい、チーズ!!みなさん、とてもいい笑顔です♥

H様を始めご家族の皆々様、

応援に来てくださった大工の職人さんたち、

上棟祭の餅まきに参加してくださったたくさんの人たち、

撮影部隊のM.D.C宮内さん、プロカメラマン卵の宇都宮さん、

この日のために 何日も前から準備等たいへんだったと思います。

感謝感謝です。 本当にありがとうございました。  そして、お疲れ様でした。
これから、家がどんどん出来上がっていく様子を 皆さんで、楽しんでいってくださいね。

 


磨き込み作業終盤

今日は、

長尺物の磨き込み作業と、 柱の番付を行いました。

 
長尺物の一本木の磨き込み作業を担当してくれるのは、H様親子☆

「前回体験して、楽しかったので、ぜひもう一回!」とのことでした♪

 

 

朝9:00、ご長男のT君が愛車のロードバイクで颯爽と登場☆

 

 

磨き込み作業は、今回で2回目☆

慣れた手つきで、黙々と磨かれていきます。

その様子は、まるで、職人さんのよう!

 

 

その頃、当社の職人は、柱の番付中。

 

 

一本、一本、違う顔をした五寸柱たち。

 

 

木の表情や、背割りの位置を見ながら、

どの場所に使うか、

一本、一本、丁寧に決めていきます。

 

 

そして、木組みの図面を見ながら、

番付された柱のホゾの向きや、

高さなどをチェックして、

墨付けしていきます。

 

 

そして、午前の部、終了。

H様親子、お疲れ様です☆

 

 

イケメンが黒メンに変身してしまいました✿

 

 

「腰を伸ばすと、いいですよ!」と棟梁。

気持ちよさそうにぶら下がるT君☆

 

 

H様は、ぶら下がりついでに懸垂! 底知れぬパワーです☆

 

 

昼からも引き続き、磨き込み作業をされ、

見事この巨木を磨き上げたH様親子!! スゴイです☆

 

上棟祭の日、

磨き上げられた棟木が納まる時は、感無量となることでしょう(^^)

 
H様親子、お疲れ様でした☆

 


3 / 512345