TAKEMOTO BLOG

竹本建設のはっぴについて

竹本建設のはっぴについて

五寸柱の家(有)竹本建設の上棟祭では、

職人とお施主様全員がお揃いのはっぴを着用します。

 

 

そのはっぴの絵と文字には、

当社の想いと、願いが込められています。

 

これから、その「はっぴ」について

ご説明したいと思います。

 

 

当社の上棟祭では上棟時に、

職人とお施主様が一列に並び、

『千歳棟  万歳棟  永永棟』

の掛け声と共に、棟木をおさめます。


この掛け声には、

「上棟したこのお家が、千年も、万年も、永遠に栄え続きますように。」

という想いが込められています。

 

 

こちらは、当社の建方用の短いはっぴです。

千歳(せんざい):千の年

万歳(ばんざい):万の年

棟木納めの掛け声と同様、

「上棟したこのお家が、千年も、万年も、永遠に栄え続きますように。」

という意味が込められてます 。

 

 

そのはっぴの絵柄は、のぼり龍。

家の建ちあがるさまは、まさにのぼり龍であり、

あらゆる願いをかなえるという、如意宝珠を、

我が社のロゴマークにおきかえ、

家に関するあらゆる願いを、我が社がかなえるという意味を表しています。

(龍は、家の守護神といわれています。)

 

 

 

そして、こちらは、当社の祭儀用の長いはっぴです。

浄(じょう):神様を祭る心境として大切なもの。

心身ともに清らかにして仕える。

明(めい):二心(ふたごころ)とない純粋で明らかな心。

祝詞(のりと)をあげる際、心身を清らかにして純粋な心を持って家の神を祭ります。

 

 

そのはっぴの絵柄は、宝船。

上棟祭の餅まきで祝い餅を拾った人は、

家が建てられるという言い伝えがあるように、

祝い餅は、集まった人たちに夢と宝物を与えられる力を備えています。

この宝物を縁起の良い宝船にイメージしました。

描かれている波は、勢いよく栄えるという、

昔からの言い伝えのある、 満ち始めの波をイメージしています。

 

上棟祭の動画も、ご覧いただけますので、

ご興味のある方は、ぜひご覧ください。

 

 


2012年11月5日 19:02  CATEGORY : 竹本建設のこだわりと試み 竹本建設のはっぴについて  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)