TAKEMOTO BLOG

薪ストーブ設置工事

火入れ式 ~東温市h様邸~

まだ暑い時期に薪ストーブの設置工事が完了したh様邸。

肌寒くなってきて、火が恋しくなってきた頃、

火入れ式&レクチャーをさせていただきました(*^^*)

 

 

~火入れ式の模様~

 

「安全に薪ストーブライフを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

 

 

塩払いでお清め。

 

 

 

 

いよいよ火入れです!

火入れをして、

慣らし焚きを行っていきます。

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

 

 

無事に火入れできたことをお祝いして乾杯。

 

 

 

 

その後、

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

じっくりとお話させていただきました。

 

 

 

 

ご主人様もさっそく実践♪

 

 

これから始まる、暖かくて美味しい薪ストーブライフ♪

当社が今後もしっかりとサポートをさせていただきますので、

思う存分、たっぷりとご堪能くださいませ(*^^*)

ありがとうございました。

 


愛媛県東温市h様邸に、

薪ストーブを設置させていただきました。

機種は、バーモントキャスティングスのデファイアント

クラシックブラック色です。

 

 

~工事の模様をご紹介~

他社にて新築工事中のh様邸の工事の進行に合わせ数回に分けて、

煙突工事から本体設置工事まで行いました。

まずは、

位置出しをした墨を基準に、丁寧に屋根を開口していきます。

 

 

 

 

開口部分を補強し、専用の取付金物を取付していきます。

 

 

 

 

しっかりと固定された断熱二重煙突は、

ビクともしません。

 

 

 

 

外部とステンレス一枚で接しているフラッシング内が

結露してしまわないように、

断熱材のロックウール(別名:ミネラルファイバー)

を入れていきます。

 

 

 

 

断熱材が落ちないように、不燃材でフタをします。

 

 

 

 

そして、お家が完成し、

いよいよ薪ストーブが運び込まれ、仕上げ工事です。

 

 

 

 

NOVA SF 断熱二重煙突をつなぎ伸ばしていき、

 

 

 

 

薪ストーブ本体と煙突を接続。

 

 

 

 

ウォーミングシェルフなどを取付して、

薪ストーブ、取付完了。

タイルとも良く合い、かっこいいです(*^^*)

 

 

火入れ式の模様は、次のブログでご紹介させていただきます♪

 


西条市の『時を刻みつづける家』

 

 

いよいよ、火入れ式♪

薪ストーブに火が灯ります。

 

 

~火入れ式開始~

 

「安全に薪ストーブライフを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

 

塩払いでお清め。

 

 

 

 

 

いよいよ火入れです☆

火入れをして、

慣らし焚きを行っていきます♪

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

 

無事に火入れできたことをお祝いして乾杯。

 

 

 

この日は、お忙しい中、ご実家のご両親も参加してくださいました。

奥様のご実家は、福祉施設をされていて、

これまで、奥様から たくさんお話をお聞きしていて、

愛にあふれた素敵なところだなぁ、

ご両親がとても素敵な方なんだろうなぁ、いつかお会いしてみたいなぁと思っておりました。

お会いしたら、恵比寿さんのようなお父様と、太陽のように明るいお母様で、

思ったとおり素敵なご両親様でした。

だから、こうやってお家や福祉施設に、人が集まってくるんだろうなぁと思いました(*^^*)

 

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

じっくりとお話させていただきました(*^^*)

 

 

 

 

途中、だれからともなく話が脱線し、

薪ストーブの話から、ラグビーの話、子供の話、・・・・

話が尽きず、あっという間に慣らし焚き完了してしまいました(*^^*)

 

 

 

 

いよいよ始まる暖かくて美味しい薪ストーブライフ♪

今後も当社がしっかりとサポートをさせていただきますので、

思う存分、た~っぷりとご堪能ください☆

 

 

薪ストーブでパン、焼けたかな?(*^^*)

 


西条市の 『時を刻みつづける家』に、

いよいよ、薪ストーブ本体が設置されます(*^^*)

 

機種は、バーモントキャスティングスのアンコールです。

(色:クラシックブラック)

 

 

外部の煙突は、

屋根の葺き替えの際に一緒に取り付け、完了済みなので、

 

 

 

 

それから下の煙突を取り付けしていきます。

 

 

 

 

専用の煙突支持部材をしっかりと固定し、

 

 

 

 

それに煙突を取り付けしていきます。

 

 

 

 

しっかりと固定された煙突は、ビクともしません。

 

 

 

 

フラッシング部分は、外部とステンレス一枚で接しているので、

フラッシング内が結露してしまわないように、

断熱材のロックウール(別名:ミネラルファイバー)を入れていきます。

 

 

 

 

断熱材が落ちないように、不燃材でフタをして完了。

 

 

通常、ステンレスの化粧板でフタをしますが、

屋根裏の既設の古いタルキの色合いに合わせて、

不燃材(ダイケンダイライト)にしました。

 

 

そして、お子様の遊び場になりそうなので、

危なくないように、

 

 

 

 

囲いを作って、中に物が入らないようにフタをしました。

 

 

 

 

 

屋根裏の工事は完了です!

 

 

 

 

いよいよ、本体が運び込まれます。

 

 

 

 

煙突と本体が接続され、

ウォーミングシェルフを取り付け。

 

 

 

 

取り付け完了☆

 

 

 

 

和な雰囲気にも、とってもよく合っています(*^^*)

 

 

こうして、『時を刻みつづける家』に、また新しい仲間が加わりました♪

みんなから、可愛がってもらえることでしょう(*^^*)

 


愛媛県西条市のK様邸に、

薪ストーブを設置させて頂きました。

 

 

機種は、バーモントキャスティングスのデファイアント

クラシックブラック色です。

 

 

 

~工事の模様をご紹介~

位置出しをした墨を基準に

天井に墨出し。

 

 

 

 

それから、丁寧に天井と屋根を開口していきます。

 

 

 

 

開口部分の屋根瓦も丁寧にはがし、

開口部分を補強し、専用の取付金物を取付していきます。

 

 

 

 

 

 

NOVA SF 断熱二重煙突を取り付けし、

外部とステンレス一枚で接しているフラッシング内が結露してしまわないように、

断熱材のロックウール(別名:ミネラルファイバー)を入れていきます。

 

 

 

 

 

ぎっしり充填されました!

 

 

 

 

 

天井用の化粧板を取り付け。

 

 

 

 

桁と煙突とを固定する専用金物を取り付け。

 

 

 

 

さらに

もう1ヶ所、専用金物を取り付けし、

NOVA SF 断熱二重煙突を取付。

 

 

 

 

しっかりと固定されて、ビクともしません!

 

 

 

 

いよいよ、デファイアントが運び込まれ、

煙突と接続していきます。

 

 

 

 

その頃、屋根上では、入念な雨仕舞い工事も終わり、

 

 

 

 

煙突も 丸トップも取り付け完了!

黒い外観にとてもよく合っています☆

 

 

 

 

雨仕舞いもバッチリ☆

お施主様は当初、雨漏りに懸念があり、施工も横引きのほうが容易だろうと、

煙突を横引きで考えられていたそうです。

当社の説明を聞き、帰って調べてみたところ、

本当だ!煙突の横引きはダメだ!

煙突はまっすぐに抜かないと!

ムーミーさんのところなら、

親会社の竹本建設さんが施工されるから雨漏りの心配もなく安心だ!

と、当社にご依頼して頂いたのだそうです☆

当日も、ムーミーさんに頼んで、良かった(*^^*)

と言って頂き、うれしいです。

 

 

 

 

薪ストーブ本体と、煙突を接続し、

ウォーミングシェルフなどを取り付けし、完了です☆

 

 

 

 

黒を基調とした内装に、

クラシックブラックのデファイアントがとても良く馴染んでいて、

デファイアントくんも嬉しそう(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

早速、お使いいただけるように、

火入れ式の準備。

 

 

 

 

~火入れ式開始~

 

「安全に薪ストーブライフを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

 

そして、塩払いでお清め。

 

 

 

 

そして、いよいよ火入れです☆

火入れをして、

慣らし焚きを行っていきます♪♪

 

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

 

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

無事に火入れできたことをお祝いして、

みんなで乾杯!!

 

 

 

 

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

じ~っくりとお話させていただきました(*^^*)

 

 

 

 

 

途中、炎のオーロラも姿を現してくれました☆

 

 

ちょうど今週から、気温も下がるようです♪

当社がしっかりサポートさせていただきますので、

た~っぷりとご堪能ください(*^^*)♪

 

 

アスリート3兄弟のご活躍を

これからも応援しています p(*^^*)/ ファイト~~☆

 


愛媛県伊予郡砥部町のH様邸に、

薪ストーブを設置させていただきました。

機種は、バーモントキャスティングスのデファイアント

クラシックブラック色です。

 

 

~工事の模様をご紹介~

位置出しをした墨を基準に

天井に墨出し。

 

 

 

 

それから、丁寧に天井を開口していきます。

 

 

 

 

開口部分の屋根の板金も丁寧にはがし、

開口部分を補強し、専用の取付金物を取付していきます。

 

 

 

 

桁と煙突とを固定する専用金物を取り付け。

 

 

 

 

NOVA SF 断熱二重煙突を取り付けし、

外部とステンレス一枚で接しているフラッシング内が結露してしまわないように、

断熱材のロックウール(別名:ミネラルファイバー)を入れていきます。

 

 

 

 

化粧版を取付。

 

 

 

 

 

もう1ヶ所、桁に専用金物を取り付けし、

順に下へ、

NOVA SF 断熱二重煙突を伸ばしていきます。

 

 

 

 

 

桁にしっかりと固定された断熱二重煙突は、

ビクともしません。

 

 

 

 

そして、いよいよ薪ストーブが運び込まれ、

遮熱版を取付。

 

 

 

 

屋根の上では白方板金さんと一緒に雨仕舞い工事を行い、

取付完了。雨仕舞いもばっちりです!

 

屋根の上をきれいに掃除中。

 

 

 

山の上のほうに建つH様邸からの眺めは、最高で、

ほっと、心がやすらぎます。

 

 

 

 

薪ストーブ、取付完了☆

 

 

 

 

家の雰囲気にも、山の景色にも、とっても良く合い、

デファイアントも嬉しそうです(*^^*)

 

 

 

 

早速、お使いいただけるように、

火入れ式の準備をしていると、後光が差してきました☆

 

 

 

 

~火入れ式開始~

 

「安全に薪ストーブライフを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

 

 

そして、塩払いでお清め。

 

 

 

 

 

そして、いよいよ火入れです☆

火入れをして、

慣らし焚きを行っていきます♪♪

 

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

 

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

無事に火入れできたことをお祝いして、

みんなで乾杯!!

 

 

 

 

 

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

じ~っくりとお話させていただきました(*^^*)

 

 

 

 

当社の煙突工事は、

NOVA SF断熱二重煙突の使用に加え、

直抜きでまっすぐ取り付けているので 引きが良く、

煙が部屋内に出てくることもありません☆

 

 

 

 

炎のオーロラもきれいに姿をあらわしてくれて、うっとり..(*^^*)

 

 

 

 

ご説明しながら、じっくり慣らし焚きをしていると

外もすっかり暗くなりました(**)

 

 

 

 

これから始まる、待ちに待った薪ストーブライフ♪♪

 

 

来週あたりから、少し冷え込むようですので、

早速、デファイアントの出番です♪

当社がしっかりサポートさせていただきますので、

思う存分、た~っぷりとご堪能ください(*^^*)

ありがとうございました*

 


火入れ式~松山市I様邸~

設置を終えた松山市のI様邸。

 

 

 

 

さっそくお使い頂けるように、火入れ式を行いました。

 

 

 

火入れ式の準備万端。

 

 

 

 

~火入れ式開始~

 

「安全に薪ストーブライフを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

そして、塩払いでお清め。

 

 

 

そして、いよいよ火入れです☆

火入れをして、

慣らし焚きを行っていきます♪♪

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

 

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

 

 

無事に、火入れできたことをお祝いして、乾杯!!

 

 

 

 

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

お話させていただきました(*^^*)

 

 

ゆったりと揺れるデファイアントの炎が

お引っ越しの疲れも癒してくれることでしょう(*^^*)

 


愛媛県松山市のI様邸に、

薪ストーブを設置させていただきました。

機種は、バーモントキャスティングスのデファイアントの

クラシックブラック色です。

 

 

 

~工事の模様をご紹介~

天井と屋根を開口し、

専用の支持金物でNOVA SF 断熱二重煙突をしっかり固定していきます。

 

 

 

 

屋根裏部分。

 

 

 

 

屋根の上の雨仕舞いも完了!

 

 

 

 

 

 

吹き抜けの天井まで煙突を取り付けし、

ひとまず工事はここまで。

新築工事中なので、床や天井が仕上がったら、

残りを取り付けしていきます。

 

 

 

 

— 2ヶ月後—

新築工事が完了したとのことで、

残りの煙突と薪ストーブを取り付けさせていただきました。

 

 

 

 

設置場所が高い吹き抜けになっているので、

足場を設置し、安全に取り付けしていきます。

 

 

 

 

 

本体と煙突とを接続していきます。

 

 

 

 

NOVA SF 断熱二重煙突と梁とを

専用金物でしっかり固定。ビクともしません!

 

 

 

 

口元の楕円スターターの後ろにも

「煙突ヒートシールド」を取り付けします。

 

 

 

 

無事に取り付け完了しました。

 

 

火入れ式につづく。。

 


火入れ式~内子町M様邸~

設置を終えた内子町のM様邸。

さっそくお使い頂けるように、火入れ式を行いました。

 

 

 

 

~火入れ式開始~

 

「安全に薪ストーブライフを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

 

 

そして、塩払いでお清め。

 

 

 

 

 

そして、いよいよ火入れです☆

火入れをして、

慣らし焚きを行っていきます♪♪

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

 

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

 

無事に、火入れできたことをお祝いして、お子様も一緒に乾杯!!

もちろん、オレンジジュースで(*^^*)

 

 

 

 

 

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

じ~っくりとお話させていただきました(*^^*)

 

当社の煙突工事は、

NOVA SF断熱二重煙突の使用に加え、

直抜きでまっすぐ取り付けているので 引きが良く、

煙が部屋内に出てくることもありません☆

 

 

 

写真では上手く撮れていませんが、

炎のオーロラもきれいに姿をあらわしてくれました(*^^*)

 

 

 

 

 

みなさん、デファイアントの焔にうっとり(*^^*)

 

 

これから始まる、待ちに待った薪ストーブライフ♪♪

当社がしっかりサポートさせていただきますので、

思う存分、た~っぷりとご堪能くださいね(*^^*)

ありがとうございました*

 

 


愛媛県内子町のM様邸に、

薪ストーブを設置させていただきました。

今年は雪が降る日が多く、設置日が伸びに伸びてしまい、

やっと待ちに待った日がやってきました(*^^*)!!

機種は、バーモントキャスティングスのデファイアントの

クラシックブラック色です。

 

 

 

 

 

~工事の模様をご紹介~

下見の際に位置出しをしておいた墨を基準に

天井に墨出しをし、

丁寧に天井を開口していきます。

 

 

 

 

開口部分の屋根瓦も丁寧にはがし、

開口部分を補強していきます。

 

 

 

 

 

 

専用金物でNOVA SF 断熱二重煙突を

しっかり固定していきます。

 

 

 

 

 

屋根の上では、

白方板金さんと雨仕舞い工事を行っていきます。

 

 

 

 

 

屋根上の取り付け工事 完了☆

 

 

 

 

雨仕舞いも、バッチリです!!

 

 

 

 

フラッシング部分は、外部とステンレス一枚で接しているので、

フラッシング内が結露してしまわないように、

断熱材のロックウール(別名:ミネラルファイバー)を入れていきます。

 

 

 

 

 

引き続き、天井から下のNOVA SF 断熱二重煙突を

専用金物でしっかり固定しながら、繋げていきます。

 

 

 

 

 

梁にガッチリ取り付けした断熱二重煙突は、

ビクともしません!

 

 

 

 

デファイアントも運び入れ、

遮熱板などの部品を取り付けしていきます。

 

 

 

 

 

 

背面の本棚に輻射熱を伝えないように、

ヒートシールドも取り付け。

 

 

 

 

無事に取り付け完了しました。

 

 

 

 

黒塗りされた、松の梁との相性もばっちりで、

奥様にも「最初から、ここに居たみたい~♪」

と、喜んでもらいました。

 

 

 

 

お庭には、すでにたくさんの薪がきれいに積み上げられています。

 

 

 

 

さっそく、お使い頂けるように、

引き続き、火入れ式を行っていきます。

 

 

火入れ式ブログにつづく。。

 

 


1 / 1212345...10...最後 »