TAKEMOTO BLOG

薪ストーブ設置工事

火入れ式~内子町M様邸~

設置を終えた内子町のM様邸。

さっそくお使い頂けるように、火入れ式を行いました。

 

 

 

 

~火入れ式開始~

 

「安全に薪ストーブライフを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

 

 

そして、塩払いでお清め。

 

 

 

 

 

そして、いよいよ火入れです☆

火入れをして、

慣らし焚きを行っていきます♪♪

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

 

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

 

無事に、火入れできたことをお祝いして、お子様も一緒に乾杯!!

もちろん、オレンジジュースで(*^^*)

 

 

 

 

 

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

じ~っくりとお話させていただきました(*^^*)

 

当社の煙突工事は、

NOVA SF断熱二重煙突の使用に加え、

直抜きでまっすぐ取り付けているので 引きが良く、

煙が部屋内に出てくることもありません☆

 

 

 

写真では上手く撮れていませんが、

炎のオーロラもきれいに姿をあらわしてくれました(*^^*)

 

 

 

 

 

みなさん、デファイアントの焔にうっとり(*^^*)

 

 

これから始まる、待ちに待った薪ストーブライフ♪♪

当社がしっかりサポートさせていただきますので、

思う存分、た~っぷりとご堪能くださいね(*^^*)

ありがとうございました*

 

 


愛媛県内子町のM様邸に、

薪ストーブを設置させていただきました。

今年は雪が降る日が多く、設置日が伸びに伸びてしまい、

やっと待ちに待った日がやってきました(*^^*)!!

機種は、バーモントキャスティングスのデファイアントの

クラシックブラック色です。

 

 

 

 

 

~工事の模様をご紹介~

下見の際に位置出しをしておいた墨を基準に

天井に墨出しをし、

丁寧に天井を開口していきます。

 

 

 

 

開口部分の屋根瓦も丁寧にはがし、

開口部分を補強していきます。

 

 

 

 

 

 

専用金物でNOVA SF 断熱二重煙突を

しっかり固定していきます。

 

 

 

 

 

屋根の上では、

白方板金さんと雨仕舞い工事を行っていきます。

 

 

 

 

 

屋根上の取り付け工事 完了☆

 

 

 

 

雨仕舞いも、バッチリです!!

 

 

 

 

フラッシング部分は、外部とステンレス一枚で接しているので、

フラッシング内が結露してしまわないように、

断熱材のロックウール(別名:ミネラルファイバー)を入れていきます。

 

 

 

 

 

引き続き、天井から下のNOVA SF 断熱二重煙突を

専用金物でしっかり固定しながら、繋げていきます。

 

 

 

 

 

梁にガッチリ取り付けした断熱二重煙突は、

ビクともしません!

 

 

 

 

デファイアントも運び入れ、

遮熱板などの部品を取り付けしていきます。

 

 

 

 

 

 

背面の本棚に輻射熱を伝えないように、

ヒートシールドも取り付け。

 

 

 

 

無事に取り付け完了しました。

 

 

 

 

黒塗りされた、松の梁との相性もばっちりで、

奥様にも「最初から、ここに居たみたい~♪」

と、喜んでもらいました。

 

 

 

 

お庭には、すでにたくさんの薪がきれいに積み上げられています。

 

 

 

 

さっそく、お使い頂けるように、

引き続き、火入れ式を行っていきます。

 

 

火入れ式ブログにつづく。。

 

 


愛媛県西予市 T様邸

自営業をされており、なかなか外出できないので、

家の中で、楽しめて、癒されたいと薪ストーブの設置を決められた

愛媛県の西予市のT様邸。

バーモントキャスティングスのデファイアントを設置させていただきました。

色はクラシックブラックです。

 

 

施工の様子をご紹介します。

まずは、丁寧に墨出しをして、

 

 

 

 

天井を開口していきます。

 

 

 

 

開口した、天井を補強し、

専用金物でNOVA SF 断熱二重煙突を

しっかり固定していきます。

 

 

 

 

屋根の上では、

白方板金さんと雨仕舞い工事を行っていきます。

 

 

 

 

増築で、屋根の上にもう1重、屋根が被さっており、

開口や補強工事も多かったですが、きれいに、頑丈に、取付完了!

 

 

 

 

内部もきれいに取付を終え、

火入れ式の準備も完了!

シーズン真っ只中なので、

すぐに使って頂けるように、火入れ式も行っていきます。

 

 

 

~火入れ式開始~

 

「安全に薪ストーブライフを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

そして、塩払いでお清め。

 

 

 

 

いよいよ火入れです☆

火入れをして、

慣らし焚きを行っていきます♪

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

 

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

じ~っくりとお話させていただきました。

 

 

当社の煙突工事は、

NOVA SF断熱二重煙突の使用に加え、

直抜きでまっすぐ取り付けているので 引きが良く、

煙が部屋内に出てくることもありませんので、

安心して薪ストーブをお楽しみいただけます♪

 

これから始まる、薪ストーブライフ♪

当社がしっかりとサポートをさせていただきますので、

思う存分、たっぷりとご堪能ください☆

ありがとうございました(*^^*)

 


2018年1月29日 18:06  CATEGORY : 愛媛県西予市 T様邸 火のある生活 薪ストーブ設置工事  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

今治市Y様邸に、

薪ストーブ デファイアント(クラシックブラック)を

設置させて頂きました。

 

 

 

 

建物の建築中に工事の進行に合わせて

外部の煙道取付工事、外部の煙突取付工事を行い、

建物が完成されたとのことで、

残りの煙突と薪ストーブの据え付けを行いました。

 

 

 

 

 

煙道の裏には、 雪が積りにくいように、

雪避けを取り付けしました。

これによって積雪時の、

煙道にかかる負担が軽減できます。

 

 

 

 

すべての取付が完了したので、

さっそくお使い頂けるように火入れ式を行いました。

 

 

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

じっくりとお話させていただきました(*^^*)

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

これから始まる暖かくて美味しい薪ストーブライフ♪

今後も当社がしっかりとサポートをさせていただきますので、

思う存分、たっぷりとご堪能ください♪

 

 


おいし~いパンを作られている『ぱんや雲珠さん』の2階のご自宅へ

薪ストーブ アンコール(クラシックブラック)を設置させていただきました☆

 

 

 

駐車場の塀も当社で作製させて頂きました☆

 

 

 

 

建築中に外部煙道取付工事、外部煙突取付工事

と工事の進行に合わせて取り付けし、

いよいよ建物が完成したので、残りの煙突と薪ストーブの据え付けです☆

 

 

 

 

 

取り付けが完了したら、灰受けをオーブンとして使えるように、

オーブンプレートと、きれいな灰を敷き詰め火入れの準備完了です!

 

 

 

 

薪ストーブの設置をわくわくしながら、待ってくださっていたM様ご夫婦。

さっそく、撮影大会です♪

 

 

かわいい炉台の絵は、

前のお店の壁に描かれていたもの(*^^*)

家と薪ストーブのアンコールにとっても良く合い、

ファンタジーな世界の中にいるようです♪

 

 

 

サインをしてほしいと頼まれた棟梁(*^^*)

せん越ながら、ちっちゃくサインさせていただきました。

 

 

 

 

いよいよ火入れ式♪

火入れ前にも使い方を少しご説明☆

 

 

 

 

火入れ式が終わり、乾杯!!

 

 

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

じっくりとお話させていただきました(*^^*)

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

念願の薪ストーブの焔にうっとり。

 

 

最終的にこんな感じに・・・(*^^*)

 

 

 

 

 

これから始まる暖かくて美味しい薪ストーブライフ♪

今後も当社がしっかりとサポートをさせていただきますので、

思う存分、たっぷりとご堪能ください♪

 

 

M様の家族の一員となったアンコール☆

これから、たくさん可愛がってもらってね(*^^*)

 

 

そして、竹本家のみんなも『雲珠さん』のパンのファンなのですが、

どれもとってもおいしくって、食べると身体の底から力が湧いてくるような

元気になるパンなのです(*^^*)

ぜひぜひ、食べてみてください♪

 

 


徳島県のO様邸。

薪ストーブ設置工事を終え、火入れ式を行いました♪

薪ストーブ:バーモントキャスティングスのデファイアント(クラシックブラック)

 

 

~火入れ式開始~

 

「安全に薪ストーブライフを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

塩払いでお清め。

 

 

 

いよいよ火入れです!

火入れをして、

慣らし焚きを行っていきます♪

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

無事に火入れできたことをお祝いして乾杯し、

その後、

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

じっくりとお話させていただきました(*^^*)

 

 

 

 

和の空間にスッと馴染んでおります♪

 

 

これから始まる暖かくて美味しい薪ストーブライフ♪

今後も当社がしっかりとサポートをさせていただきますので、

思う存分、たっぷりとご堪能ください♪

 

 

どうも、ありがとうございました^^


他社でお家を建てられている徳島県のO様邸。

現場の下見や図面確認、工務店様と工事日程等の打ち合わせを重ね、

煙突・薪ストーブを設置させていただきました。

 

屋根の工事と平行して、

一部の煙突取り付け工事開始。

屋根を開口、補強を施し、

煙突支持部材をしっかりと固定していきます。

 

 

 

 

下地を作製し、煙突支持部材をしっかりと固定します。

 

 

その後、徳島県の板金工事業者様が雨仕舞いを行ないました。

 

 

雨仕舞い完了後の写真を撮り忘れてしまいましたが・・・^^;

 

 

台風などの暴風雨の際でも、

雨が1滴も入らない雨仕舞い工事を行っております。

 

 

室内の煙突も専用の支持金物で、

しっかりと固定するので、ビクともしません!!

 

 

O様邸現場の進捗状況に合わせ、

後日、残りの煙突、薪ストーブの取り付け、設置工事を行ないました。

 

 

 

まっすぐ一直線の断熱二重煙突!

安全性も、煙の排気も抜群に良いです^^

 

 

運び込まれた薪ストーブ本体と

NOVA SF 断熱二重煙突を接続し、

遮熱板やウォーミングシェルフなどを取付して完成!

 

その日のうちに火入れ式も行ないました。

火入れ式に続く・・・♪

 


屋根仕舞いの段階で屋根裏点検スペースまでは煙突取付工事が完了しており、

過去の煙突取付ブログはこちら

 

 

その先行取付煙突~1階薪ストーブまでの取り付け、設置工事が行なわれました。

 

NOVA 断熱二重煙突とNOVA 断熱二重煙突をしっかりとかみ合わせ、

ロッキングバンド、タッピングビスで固定します。

 

 

 

また、

NOVA 断熱二重煙突を

支持部材で壁・煙道の躯体にしっかりと固定していきます。

 

 

しっかりと固定された煙突はビクリともしません。

(1階の煙道も上記に同じく!)

 

 

炉台の上に薪ストーブが運びこまれました。

薪ストーブ:デファイアント(クラシックブラック)

 

 

薪ストーブ本体と

NOVA SF 断熱二重煙突を接続し、

遮熱板やウォーミングシェルフなどを取付して完成です☆

 

 

まっすぐ一直線の断熱二重煙突!

安全性も、煙の排気も抜群に良いです^^

 

火入れ式に続く・・・♪


A様邸 ~火入れ式~

薪ストーブの設置工事を終えた、今治市のA様邸。

同日、火入れ式も行いました。

 

 

~火入れ式の模様~

 

「安全に薪ストーブライフを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

 

 

塩払いでお清め。

 

 

 

 

 

いよいよ火入れです☆

火入れをして、

慣らし焚きを行っていきます♪

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

 

 

無事に火入れできたことをお祝いして乾杯!

 

 

 

 

既存の炉壁・炉台にも馴染み、

デファイアントも嬉しそうです*

 

 

 

 

 

その後、

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

じっくりとお話させていただきました(*^^*)

 

 

↑オーロラの炎の出し方を説明しているところ。

 

「この薪ストーブをおすすめされた理由がよく分かる!

薪ストーブのデザインもすごく良いし、

煙も全然部屋へ出てこないし、本当にきれいに燃えますね~!」

と、とっても気に入って頂けました(*^^*)

 

 

 

 

この日はまだ、寒くなかったのですが、

夜もずっと焚かれ、

翌朝も薪ストーブの炎で癒されてから、

お仕事へ行かれたそうで、

「最高です!」

と、連絡を頂きました(*^^*)

 

 

今度こそ始まる、思い描いていた楽しい薪ストーブライフ♪

当社がしっかりとサポートをさせていただきますので、

思う存分、たっぷりとご堪能ください☆

 

 

 

茶道もされている多趣味なご主人様が、たてて下さったお茶。

とっても美味でした(*^^*) ありがとうございました。

 

 


とある建設会社様から一本のお電話があり、

”16年ほど前に、家の建築に伴い薪ストーブも設置をしたのですが、

煙が逆流してきて全く使えず、今までいろんな手を試してきたけれど、

全然良くならず、もう自分たちでは成す術がないのです。

なんとか助けて欲しい・・”と。

 

数日後、実際に、現場を見させていただきました。

機種は、ヘルゴン社のフランクリン(スペイン製)

 

 

薪ストーブは、当社が扱っているアンコールやデファイアントとは全く違い、

とても機密性が悪く、薪も少量しか入らないもので、安全性も不安なものでした。

煙突も当社のNOVA SF断熱二重煙突とは性能が全く違い、

なおかつ横引きされているので、とても煙の引きが悪かったようです。

 

 

 

A様はもともと、薪ストーブで暖を取り、

薪ストーブクッキングも楽しみたいと薪ストーブを設置されたそうで、

このストーブ、この煙突では、それが叶えられないと考え、

煙突と薪ストーブ本体の取替えをご提案させていただきました。

お施主様のA様も、「今度こそ、大変な思いをすることなく、薪ストーブライフを楽しみたい!!」

とのことで、取替え工事を行わせて頂くことになりました。

 

 

  

~Before~                                  ~After デファイアント(レッド)~

 

薪ストーブの本体は、バーモントキャスティングスのデファイアントのレッド色。

それに合わせて、煙突も特注で赤色塗装しております。

 

 

~工事の模様~

横引きされ、炉壁や躯体に埋め込まれている煙突を

切断していきます。

 

 

 

 

薪ストーブの脚は、炉台に埋め込まれており、

レンガも置いてあるだけだったので、

 

 

 

 

当社のタイル屋の窪中さんに、修繕してもらいました。

 

 

旧煙突の穴は、工事日に空きがあるので、

簡易の蓋を作成し、塞いでおります。

仕上がりは、後ほど♪

 

 

 

天井に墨出しをして、

丁寧に天井を開口していきます。

 

 

 

 

鉄筋コンクリート造(RC造)の建物なので、

天井を開口した後、

専用機械でコンクリートに煙突のサイズより少し大きな穴を

慎重に開けていきます。(コア抜き)

 

 

 

 

コア抜き工事によって少量の水が混じった液状のコンクリートが

部屋に落ちないよう、

専用金具でしっかりと受け止めます。

 

 

 

 

慎重に、慎重に、コンクリートを開口していきます(コア抜き)。

既存建物へのコア抜き工事には、高度な技術が必要です。

以前、別現場のお施主様が、他の薪ストーブ屋さんに、

屋根や屋上をコア抜きし、煙突をまっすぐ抜いて欲しいと

お願いしたところ出来ないと言われたと、

当社へ依頼があったことがありましたが、

屋根や屋上、天井や床を開口する工事は、

建築技術があるからこそ出来る工事です。

 

 

 

 

無事に、きれいに抜けました。

 

 

 

 

 

コア抜きされた鉄筋コンクリートの厚さは、

断熱材を含み、約20cm。

 

 

 

 

 

既存の鉄筋コンクリート造の煙道に

NOVA SF 断熱二重煙突を、専用の固定金具で

しっかりと固定していきます。

 

 

 

 

無事に取付完了!

 

 

 

 

頑丈な専用金具で煙突をガッチリ固定しているので、

ビクともしません!

 

 

 

 

外観も、旧煙道と、新煙突が肩を並べ、

まるで薪ストーブと暖炉が付いているかのようです。

 

 

 

正面から見ると、一本の煙突に見えます☆

 

 

 

 

そして、既存の横引きされていた煙突の穴には、

おしゃれなお皿を埋め込むのはどうだろうかとご提案すると、

ちょうど飾りたいお皿があるとのことで、

 

 

 

 

それを既設の煙突のサイズに合うように

下地材を丸く加工し、埋め込みました!

クリスマス柄の素敵なお皿です☆

 

 

 

 

薪ストーブの本体も運び入れ、炉台の上へ!

残りの煙突を接続して、

ウォーミングシェルフを取付☆

 

 

 

 

周辺をきれいに掃除し、

全ての薪ストーブ取り付け工事が完了✩

 

 

火入れ式の模様もお楽しみに・・・♪

 

 


1 / 1112345...10...最後 »