TAKEMOTO BLOG

薪ストーブ設置工事

徳島県のO様邸。

薪ストーブ設置工事を終え、火入れ式を行いました♪

薪ストーブ:バーモントキャスティングスのデファイアント(クラシックブラック)

 

 

~火入れ式開始~

 

「安全に薪ストーブライフを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

塩払いでお清め。

 

 

 

いよいよ火入れです!

火入れをして、

慣らし焚きを行っていきます♪

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

無事に火入れできたことをお祝いして乾杯し、

その後、

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

じっくりとお話させていただきました(*^^*)

 

 

 

 

和の空間にスッと馴染んでおります♪

 

 

これから始まる暖かくて美味しい薪ストーブライフ♪

今後も当社がしっかりとサポートをさせていただきますので、

思う存分、たっぷりとご堪能ください♪

 

 

どうも、ありがとうございました^^


他社でお家を建てられている徳島県のO様邸。

現場の下見や図面確認、工務店様と工事日程等の打ち合わせを重ね、

煙突・薪ストーブを設置させていただきました。

 

屋根の工事と平行して、

一部の煙突取り付け工事開始。

屋根を開口、補強を施し、

煙突支持部材をしっかりと固定していきます。

 

 

 

 

下地を作製し、煙突支持部材をしっかりと固定します。

 

 

その後、徳島県の板金工事業者様が雨仕舞いを行ないました。

 

 

雨仕舞い完了後の写真を撮り忘れてしまいましたが・・・^^;

 

 

台風などの暴風雨の際でも、

雨が1滴も入らない雨仕舞い工事を行っております。

 

 

室内の煙突も専用の支持金物で、

しっかりと固定するので、ビクともしません!!

 

 

O様邸現場の進捗状況に合わせ、

後日、残りの煙突、薪ストーブの取り付け、設置工事を行ないました。

 

 

 

まっすぐ一直線の断熱二重煙突!

安全性も、煙の排気も抜群に良いです^^

 

 

運び込まれた薪ストーブ本体と

NOVA SF 断熱二重煙突を接続し、

遮熱板やウォーミングシェルフなどを取付して完成!

 

その日のうちに火入れ式も行ないました。

火入れ式に続く・・・♪

 


屋根仕舞いの段階で屋根裏点検スペースまでは煙突取付工事が完了しており、

過去の煙突取付ブログはこちら

 

 

その先行取付煙突~1階薪ストーブまでの取り付け、設置工事が行なわれました。

 

NOVA 断熱二重煙突とNOVA 断熱二重煙突をしっかりとかみ合わせ、

ロッキングバンド、タッピングビスで固定します。

 

 

 

また、

NOVA 断熱二重煙突を

支持部材で壁・煙道の躯体にしっかりと固定していきます。

 

 

しっかりと固定された煙突はビクリともしません。

(1階の煙道も上記に同じく!)

 

 

炉台の上に薪ストーブが運びこまれました。

薪ストーブ:デファイアント(クラシックブラック)

 

 

薪ストーブ本体と

NOVA SF 断熱二重煙突を接続し、

遮熱板やウォーミングシェルフなどを取付して完成です☆

 

 

まっすぐ一直線の断熱二重煙突!

安全性も、煙の排気も抜群に良いです^^

 

火入れ式に続く・・・♪


A様邸 ~火入れ式~

薪ストーブの設置工事を終えた、今治市のA様邸。

同日、火入れ式も行いました。

 

 

~火入れ式の模様~

 

「安全に薪ストーブライフを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

 

 

塩払いでお清め。

 

 

 

 

 

いよいよ火入れです☆

火入れをして、

慣らし焚きを行っていきます♪

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

 

 

無事に火入れできたことをお祝いして乾杯!

 

 

 

 

既存の炉壁・炉台にも馴染み、

デファイアントも嬉しそうです*

 

 

 

 

 

その後、

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

じっくりとお話させていただきました(*^^*)

 

 

↑オーロラの炎の出し方を説明しているところ。

 

「この薪ストーブをおすすめされた理由がよく分かる!

薪ストーブのデザインもすごく良いし、

煙も全然部屋へ出てこないし、本当にきれいに燃えますね~!」

と、とっても気に入って頂けました(*^^*)

 

 

 

 

この日はまだ、寒くなかったのですが、

夜もずっと焚かれ、

翌朝も薪ストーブの炎で癒されてから、

お仕事へ行かれたそうで、

「最高です!」

と、連絡を頂きました(*^^*)

 

 

今度こそ始まる、思い描いていた楽しい薪ストーブライフ♪

当社がしっかりとサポートをさせていただきますので、

思う存分、たっぷりとご堪能ください☆

 

 

 

茶道もされている多趣味なご主人様が、たてて下さったお茶。

とっても美味でした(*^^*) ありがとうございました。

 

 


とある建設会社様から一本のお電話があり、

”16年ほど前に、家の建築に伴い薪ストーブも設置をしたのですが、

煙が逆流してきて全く使えず、今までいろんな手を試してきたけれど、

全然良くならず、もう自分たちでは成す術がないのです。

なんとか助けて欲しい・・”と。

 

数日後、実際に、現場を見させていただきました。

機種は、ヘルゴン社のフランクリン(スペイン製)

 

 

薪ストーブは、当社が扱っているアンコールやデファイアントとは全く違い、

とても機密性が悪く、薪も少量しか入らないもので、安全性も不安なものでした。

煙突も当社のNOVA SF断熱二重煙突とは性能が全く違い、

なおかつ横引きされているので、とても煙の引きが悪かったようです。

 

 

 

A様はもともと、薪ストーブで暖を取り、

薪ストーブクッキングも楽しみたいと薪ストーブを設置されたそうで、

このストーブ、この煙突では、それが叶えられないと考え、

煙突と薪ストーブ本体の取替えをご提案させていただきました。

お施主様のA様も、「今度こそ、大変な思いをすることなく、薪ストーブライフを楽しみたい!!」

とのことで、取替え工事を行わせて頂くことになりました。

 

 

  

~Before~                                  ~After デファイアント(レッド)~

 

薪ストーブの本体は、バーモントキャスティングスのデファイアントのレッド色。

それに合わせて、煙突も特注で赤色塗装しております。

 

 

~工事の模様~

横引きされ、炉壁や躯体に埋め込まれている煙突を

切断していきます。

 

 

 

 

薪ストーブの脚は、炉台に埋め込まれており、

レンガも置いてあるだけだったので、

 

 

 

 

当社のタイル屋の窪中さんに、修繕してもらいました。

 

 

旧煙突の穴は、工事日に空きがあるので、

簡易の蓋を作成し、塞いでおります。

仕上がりは、後ほど♪

 

 

 

天井に墨出しをして、

丁寧に天井を開口していきます。

 

 

 

 

鉄筋コンクリート造(RC造)の建物なので、

天井を開口した後、

専用機械でコンクリートに煙突のサイズより少し大きな穴を

慎重に開けていきます。(コア抜き)

 

 

 

 

コア抜き工事によって少量の水が混じった液状のコンクリートが

部屋に落ちないよう、

専用金具でしっかりと受け止めます。

 

 

 

 

慎重に、慎重に、コンクリートを開口していきます(コア抜き)。

既存建物へのコア抜き工事には、高度な技術が必要です。

以前、別現場のお施主様が、他の薪ストーブ屋さんに、

屋根や屋上をコア抜きし、煙突をまっすぐ抜いて欲しいと

お願いしたところ出来ないと言われたと、

当社へ依頼があったことがありましたが、

屋根や屋上、天井や床を開口する工事は、

建築技術があるからこそ出来る工事です。

 

 

 

 

無事に、きれいに抜けました。

 

 

 

 

 

コア抜きされた鉄筋コンクリートの厚さは、

断熱材を含み、約20cm。

 

 

 

 

 

既存の鉄筋コンクリート造の煙道に

NOVA SF 断熱二重煙突を、専用の固定金具で

しっかりと固定していきます。

 

 

 

 

無事に取付完了!

 

 

 

 

頑丈な専用金具で煙突をガッチリ固定しているので、

ビクともしません!

 

 

 

 

外観も、旧煙道と、新煙突が肩を並べ、

まるで薪ストーブと暖炉が付いているかのようです。

 

 

 

正面から見ると、一本の煙突に見えます☆

 

 

 

 

そして、既存の横引きされていた煙突の穴には、

おしゃれなお皿を埋め込むのはどうだろうかとご提案すると、

ちょうど飾りたいお皿があるとのことで、

 

 

 

 

それを既設の煙突のサイズに合うように

下地材を丸く加工し、埋め込みました!

クリスマス柄の素敵なお皿です☆

 

 

 

 

薪ストーブの本体も運び入れ、炉台の上へ!

残りの煙突を接続して、

ウォーミングシェルフを取付☆

 

 

 

 

周辺をきれいに掃除し、

全ての薪ストーブ取り付け工事が完了✩

 

 

火入れ式の模様もお楽しみに・・・♪

 

 


松山市のK様邸!

設置工事を終え、後日、火入れ式を行いました♪

薪ストーブ:バーモントキャスティングスのデファイアント(クラシックブラック)

 

 

~火入れ式開始~

 

「安全に薪ストーブライフを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

塩払いでお清め。

 

 

いよいよ火入れです☆

火入れをして、

慣らし焚きを行っていきます♪

 

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

無事に火入れできたことをお祝いして乾杯し、

その後、

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

じっくりとお話させていただきました(*^^*)

 

 

ぽかぽかと優しい暖かさに誘われて、ワンちゃんたちがやって来ました♪

 

 

ごろ~んと気持ちよさそうです♪

 

 

自分の場所が決まったようで、お昼寝スタート^^!

とってもかわいい姿を見せてくれました♪

 

 

K様邸の薪ストーブの名前は『カルシファー』に命名だそうです^^♪

ちなみに、名前は“ハウルの動く城”から思いついたそうです♪

 

これから始まる暖かくて美味しい薪ストーブライフ♪

今後も当社がしっかりとサポートをさせていただきますので、

思う存分、たっぷりとご堪能ください☆

どうも、ありがとうございました!


煙突は『断熱二重煙突+直抜き』が一番効率よく煙を排出するため、

当社で薪ストーブを取り付けさせていただいているお客様に

薪ストーブの性能や安全性に大きな影響を与える煙突、煙突取付工事について詳しくご説明させていただき、

また、実際に現場を見させていただいて家造りのプロとしての知識を生かしながら

一番効率の良い『断熱二重煙突+直抜き』を施工させていただいております。

今回のK様邸は

ビルの上の階に他の方が住んでおられるので、断熱二重煙突の横引きという方法を施工しました。

少しでも排気効率を良くするために横引きを必要最小限にとどめて取り付けさせていただいております。

 

 

コア抜きした箇所の煙道を作製。

 

 

 

頑丈な専用金物(ステンレス製)で

煙突をしっかりと固定(計3ヵ所)しながら取付していきます。

 

 

 

板金工事も完了し、耐熱用のコーキング を施工後、

煙突部材(ストームカラー)取り付け、煙道工事完了です。

 

(上写真:1階店舗の看板上部)

 

 

 

外壁に取り付けられた煙突の長さはなんと8m50cm!!

 

 

まっすぐに伸びたNOVA SF 断熱二重煙突は長さ8m50cmもありますが

専用の支持金物でしっかり固定され、ビクりともしません!!

 

 

 

 

室内に運び込まれた薪ストーブ本体と

NOVA SF 断熱二重煙突を接続し、一点支持バンドや

ウォーミングシェルフなどを取付していきます。

薪ストーブ:バーモントキャスティングスのデファイアント(クラシックブラック)

 

 

 

 

取り付けられた薪ストーブ(デファイアント)に興味津々なワンちゃん♪

写真を撮っているとお座りポーズをしてくれました♪

かわいいなぁ~*^^*

 

 

火入れ式に続く・・・♪


伊予市の『喜の家』

 

 

屋根の瓦葺き工事と平行して、

煙突を一部、取り付けしました。

屋根を開口、補強を施し、

煙突支持部材をしっかりと固定していきます。

 

 

 

 

 

 

 

台風などの暴風雨の際でも、

雨が1滴も入らない雨仕舞い工事を行っております。

 

 

 

 

室内の煙突も専用の支持金物で、

しっかりと固定するので、ビクともしません!!

 

 

 

 

 

 

煙突取付工事が終わる頃、

瓦葺き工事も終盤を迎えていました^^

 

 

 

 

軒先には、 「軒先プラスチックメンド」も、取り付け完了!!

KIOSEIの水切り付鼻桟に差し込んで 取り付けできるので、

見た目も耐久性もアップし、

鳥や雨などの侵入も防いでくれます☆

 

 

 

 

通常は、木材を使用する場所ですが、

この鼻桟は樹脂で出来ており、 排水孔が施されているので、

腐食防止になり、 一体形なので、耐久性もあります!

万が一、ルーフィングの上に水が漏れた時でも、

排水孔によって排出されるので、 軒裏に雨漏りする心配がありません。

 

 

 

 

後日、煙突まわりの瓦の葺き終わったところの部分に、

コーキングで仕上げ工事をしました。

 

 

 

 

『喜の家』の屋根の上から見る景色、最高です^^♪

 

 


今治市の『ティコゼの家』(y様邸)

室内の壁や床の工事が終わったとのご連絡を受け、

タイル貼り職人の窪中さんと

炉台のタイル貼り工事をしに行きました。

 

 

 

 

丁寧に貼ってくれるので、仕上がりもとっても綺麗です。

 

 

 

 

炉台のタイルが乾き、

家の工事も大体終わったとのご連絡を受け、

いよいよ残りの煙突取り付けと

薪ストーブ本体の設置工事です☆

 

 

 

 

NOVA 断熱二重煙突を

支持部材で壁の躯体にしっかりと固定していきます。

 

 

 

 

まっすぐ一直線の断熱二重煙突!!

安全性も、煙の排気も抜群に良いです!!

 

 

 

 

 

その後、

運び込まれた薪ストーブ本体と

NOVA SF 断熱二重煙突を接続し、

遮熱板やウォーミングシェルフなどを取付して完成です☆

 

 

 

 

きれい好きの社長の掃除でピカピカです☆

 

 

 

 

 

 

設置完了です♪

『ティコゼ』の家にも、もう馴染んだようです♪

 

 

 

 

薪ストーブの設置場所からご提案させていただき、

料理上手なアンコールが大活躍できるよう、

キッチンの近くが居場所となりました(*^^*)

 

 

 

 

 

夏の火入れ式は暑いので、

秋口くらいを予定しています♪

鈴虫の合唱を聞きながらの火入れ式になるかな・・?(*^^*)

 

 

火入れ式の様子もまた、ブログでご紹介しますので

お楽しみに♪

 


今治市の『ティコゼの家』(y様邸)の

屋根瓦が葺き上がったとの連絡を受け、

当社の板金屋さんと煙道の水切り板金の取り付け工事をしました。

 

 

当社の新築工事の際にも毎度お世話になっている、

白方板金さんなので、工事もスムーズです☆

 

 

 

きれいに、水切りが取り付けられました。

 

 

 

 

 

棟瓦と煙道との間も、水が溜まらないように、

きれいに水切りを施工しました。

 

 

 

 

 

そして後日、煙道のサイディング貼り工事が完了したとのご連絡を受け、

外部の煙突を取付していきます。

専用の支持金物で煙突をしっかりと固定しながら取付していきます。

 

 

 

 

 

しっかりと固定された煙突はビクともせず、

きれいに取付完了!

 

 

 

 

 

天井近くにも金物を取り付け、

しっかり固定しているので、とっても頑丈です。

大工さんが天井を仕上げられるように、

下地材も取り付け。

 

家造りもしている当社だからこそ、

先方の建築工事の順序にも考慮した、

段取りや施工ができます!

 

 

 

そして、室内では、タイル工事下地の取り付けも行ないました。

 

 

 

 

後日、炉台のタイル貼り工事を行い、

薪ストーブを設置して完了です。

 

つづく。。

 


1 / 1112345...10...最後 »