TAKEMOTO BLOG

高知県吾川郡 S様邸

S様邸(高知県) 火入れ式

無事に

屋内の煙突・薪ストーブの取り換え工事が完了した

S様邸の火入れ式を行いました。

 

 

 

 

 

 

「安全に薪ストーブを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

そして、塩払いでお清め。

 

 

 

その後、

火入れをして慣らし焚きを行っていきます。

 

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

 

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

着火してからわずか30秒たらずで

炎が焚きつけ用の細い木材を包み込みます☆

 

 

無事に

火入れできたことをお祝いして

乾杯~!

 

 

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

お話させていただきました。

 

 

幼稚園から帰ってきたお兄ちゃんが、

「あ!!煙突が大きくなっとる!!」と(^◇^)

 

また、焚き付け用の薪を運んでいると

「こっちに運ぼうか?」とお手伝いまでしてくれました♡

 

そんなかっこいいお兄ちゃんに続き、

笑顔がとってもかわいい妹ちゃんも

「これしよっか~?」とお兄ちゃんと一緒に

薪を”よいしょ・よいしょ”と運んでくれました✿

 

お手伝いありがとう(^v^)♪

 

偶然にも

火入れ式を行った次の日が

お兄ちゃんのお誕生日だそうで・・・♪

暖かいお誕生日を過ごせましたでしょうか♪

 

 

これから薪ストーブライフをお楽しみください(^v^)


容量が小さくて燃焼時間が短い・・・。

煙突からたくさんの煙が出ているので近所に迷惑をかけてしまう・・・。

等、

薪ストーブを使用するにあたって

問題を抱えられていたS様ファミリー。

問題を抱えずに

薪ストーブを楽しく使いたいと

当社を訪ねてくださいました。

 

 

 

 

 

新しい薪ストーブを取り付ける前に

下見・採寸・現在の様子を確認するため、

S様邸にお邪魔させていただきました。

 

まだまだ使用できる現在の炉壁は

撤去せずに再利用し、

(炉壁の大きさ、容量等を考慮して)

イントレピッドⅡを取り付けさせていただくことになりました。

 

 

【取り換え前】

 

 

【取り換え後】

 

煙突は

既設の二重煙突だけを使用し、

室内のシングル煙突は

NOVAの断熱二重煙突に

取り換えました。

 

 

【取り換え前のシングル煙突】

 

 

【取り換え後のNOVA断熱二重煙突】

 

 

 

 

 

 

イントレピッドⅡの本体が

屋内に運び込まれました☆

 

 

 

 

 

 

 

既設の利用する二重煙突は

既設の煙突専用のワイヤーブラシで掃除!

 

 

丸トップと一番上の二重煙突も外して、

 

 

 

きれいに磨きます☆

 

 

 

【丸トップ掃除前】

 

 

【丸トップ掃除後】

 

 

【既設の二重煙突掃除後】

 

 

 

 

 

既設の煙突専用のワイヤーブラシで煙突を掃除していきます。

 

 

煙突に取り付けられたナイロン袋に

取り除かれたススがぱらぱらと落ちてきています。

(粗めのススが少量。)

 

 

長い煙突を通り、

ワイヤーブラシが無事、貫通しました!

 

 

丸トップと一番上の煙突を元に戻し、

タッピングビスでしっかりと固定して

外部のメンテナンスは完了しました。

 

 

 

 

 

 

屋内に戻り、

煙突を取り換えていきます。

 

 

 

 

 

煙突の接続部分は

煙突同士をかみ合わせた上に

ロッキングバンドとタッピングビスで

頑丈に固定します。

 

 

本体の部品を取り付け、

 

 

 

周辺を掃除して、

 

 

既設の煙突掃除、屋内の煙突・薪ストーブ取り換え工事が

無事に完了しました!!

 

 

S様邸のオシャレな空間にピッタリのイントレピッドⅡ♪

 

火入れ式に続きます(^u^)!