TAKEMOTO BLOG

愛媛県鬼北町 i様邸

2年前に、

NEWデファイアント(クラシックブラック)を

取り付けさせていただいた鬼北町のi様邸の

薪ストーブメンテナンスを行いました。

 

 

【メンテナンス前】

 

 

 

【メンテナンス後】

 

 

 

 

 

 

【メンテナンス前】

 

 

 

【メンテナンス後】

 

 

 

屋根に上がり、

煙突の保守点検をしながら

煙道内部のススやタールを 専用ブラシにて、

除去していきます。

 

 

 

 

煙突に取り付けられたナイロン袋に煙突内のススを落とします。

NOVA SF断熱二重煙突を使用しているので、

1シーズンで、たったのこれだけのススしか出ませんし、

ススの状態もサラサラのパウダー状です☆

 

 

 

 

 

また、

薪ストーブのバラした部品を外に出し、

保守点検と清掃を行います☆

今回、伸ちゃんがメンテナンスデビューしました☆

 

 

 

 

 

【メンテナンス前】

 

 

 

【メンテナンス後】

 

 

 

室内では、

炉内の汚れを専用ブラシできれいに落としながら、

灰取り専用の掃除機できれいに吸い取り、保守点検を行います☆

 

 

 

【メンテナンス前】

 

 

 

 

 

【メンテナンス後】

 

 

 

 

 

灰受けをオーブンとして使っているので、

炉内は、口に入っても安心なオリーブオイルで磨いています☆

 

 

 

 

下の写真は、オーブンプレートを敷いているところです。

 

 

 

 

 

 

メンテナンス後、

部品たちを元通りに取り付け、

メンテナンスは完了!!

 

 

オーブンプレートが歪まないように、

最後に、約3cm程の灰を敷きつめます。

 

 

 

これで今シーズンも

暖房に、クッキングに、癒しに、大活躍のデファイアントくんです♪

 

 

 

今年もデファイアントくんと

温かい冬をお過ごしくださいませ^^♪

 

 

 


去年、

NEWデファイアント(クラシックブラック)を

取り付けさせていただいたi様邸の

薪ストーブメンテナンスを行いました。

 

【メンテナンス前】

 

 

クッキンググリドルにはたくさんの鍋跡が☆

”クッキングで大活躍だったんだなぁ”と

とても嬉しくなりました(^u^)

今年も大活躍できるようにメンテナンス開始です!!

 

【メンテナンス後】

 

 

 

 

 

 

【メンテナンス前】

 

 

 

 

【メンテナンス後】

(炉内の灰の真相は後ほど♪)

 

 

(炉内の灰の真相は後ほど♪)

 

 

 

 

 

【メンテナンス前】

 

 

 

【メンテナンス後】

 

 

 

 

 

屋根に上がり、

煙突の保守点検をしながら

煙道内部のススやタールを 専用ブラシにて、

除去していきます。

 

ナイロン袋がサラサラなススをキャッチ。

 

 

薪ストーブの

バラした部品は

外できれいに磨いていきます。

 

室内では

灰取り専用の掃除機で本体のススや灰をきれいに吸い取り、

炉内のサビは鉄・真鍮ブラシできれいに落としていきます。

ストーブポリッシュ(クラシックブラック専用補修磨きペースト)を塗りこみ、

再度磨きこんでいきます。

 

また、グレート、灰受け皿、(本体の)灰受け皿設置部分も

きれいに磨きこみ、

その後、オリーブオイルで再度磨きこんでいます。

 

メンテナンス後、

部品たちを元通りに取り付け、

メンテナンス完了!!

 

 

 

 

そして、上記の灰の真相・・・。

それは、

 

オーブンプレートを敷いたから!!

 

でした(^v^)

 

オーブンプレートとは、

”炉内に設置するだけで灰受け皿がオーブンに変身する”

という優れ物!!

オーブンプレートの詳細はこちら♪

 

オーブンプレートを敷くには、

炉内の灰掃除をする必要があります。

なので、メンテナンス完了後、

お客様のご要望にお応えし、

オーブンプレートも一緒に敷きました(^v^)

 

 

すぐに使っていただけるよう、

約3cm程の灰を敷きつめて完了です☆

 

 

新しいクッキングツールが備わったデファイアントくん♪

クッキンググリドル、炉内、灰受け皿で料理可能!!

去年にも増して大活躍してくれることでしょう(^u^)

 

 

そして、

デファイアントくんの前に上品に敷かれているラグも今回から仲間入り!

ハースラグの詳細はこちら♪

 

 

i様邸の雰囲気にピッタリの1枚です♪


以前、

古民家再生されたお家に

NEWデファイアントを取り付けさせていただいたI様邸。

 

”軒下に置く薪棚を作ってほしい”

とご依頼をしていただいていました(^v^)

 

 

軒下は直接雨が当たらないため、

今回は屋根なしタイプの薪棚をつくりました。

 

薪が二列に置ける奥行きで、

(中窓に薪が当たらないように)高さも中窓の下端に揃えています。

 

足元、側面、背面は

風通しを考慮して作製。

 

足元は、

木の腐食を防ぐために

基礎パッキンを取り付けています。

 

 

この薪棚が

薪でいっぱいになる日が楽しみです♪ 

 

 

 

 

 

 

 

偶然にも

薪棚納品日前日に

(火入れ式以降、)

初めて薪を焚き、

やさしい暖かさを体感していただけたようです(^u^)

今後、料理や薪づくりにも挑戦されるそうで・・・♪

 

次回、お会いした際には

どのようなお話をお伺いできるのでしょうか(^^♪

楽しみです☆

 

I様、薪ストーブライフをご堪能くださいませ☆

 


無事、取り付け完了したI様邸の

NEWデファイアント(クラシックブラック)。

 

取り付け完了後、

早速、今日からお使い頂けるように 火入れ式を行いました。

 

 

~火入れ式の模様~

 

「安全に薪ストーブを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

 

 

塩払いでお清め。

 

 

 

 

 

 

その後、

火入れをして慣らし焚きを行っていきます。

 

 

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

 

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

着火してからわずか20秒たらずで

炎が焚きつけ用の細い木材を包み込みます。

 

 

 

 

 

旦那さまもお料理がお好きとのこと・・♪

 

きっと、NEWデファイアントくんが

良い相棒となることでしょう(*^_^*)♪

 

 

 

 

落ち着いた雰囲気の古民家に、

どっしりと佇むクラシックブラックのNEWデファイアント。

下の画像の上でクリックすると、

火入れの模様を動画でご覧いただけます(*^_^*)

 

 


冬場、とっても冷え込む鬼北町。

I様家がぽかぽかで、

楽しい冬を過ごせますように・・☆

 

NEWデファイアントくん、よろしくね✻

 


他社様で古民家再生をされたI様。

古民家再生をするにあたって

”大きな梁と薪ストーブを主役にしたい!!”

という夢があったそうです(^u^)

 

今回、古民家再生の工事中、

新型薪ストーブ、NEWデファイアントの発売が決まり、

NEWデファイアントの発売を待って

取り付けることとなりました。

 

完成するまでに

古民家再生中の現場にお邪魔させていただき、

I様と薪ストーブ取り付け位置の確認をしたり、

古民家再生の工事を行っている他社様と

打ち合わせを行いました。

 

 

その後、

内装がほぼ完成したところで

再度、現場確認をして

薪ストーブ設置工事の

下準備を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

完成したI様邸にNEWデファイアントを取り付ける日がやってきました!

 

まずは据え付けられた炉台・天井に

(下準備で測っていた)寸法を確認・墨付けをし、

天井を開口していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

天井裏の開口付近のチリやホコリもきれいに掃除!

 

 

 

 

 

 

 

屋根の上に上り、

下から墨付けされた印をもとに

 

 

電気丸のこを使って

屋根を開口していきます。

 

 

 

【開口後】

 

開口した部分は

しっかりと補強しています。

 

 

白方板金さんが

耐腐食性に優れた304ステンレスの雨仕舞い(フラッシング)を

丁寧に加工!

 

 

 

屋根の勾配、隙間の合わせて丁寧に板金を取り付けていきます。

 

また、

フラッシングとストームカラーの継ぎ目も

しっかりとコーキングしていきます。

(※少し雨がパラついてきたのでブルーシートで覆い、作業しています。)

 

 

 

煙突取り付け、雨仕舞いが

無事、完了しました☆

 

 

 

 

 

 

 

天井裏では、

梁に煙突を支える振れ止め部材のウォールバンドⅡを固定し、

煙突をしっかりと支えます。

 

 

フラット化粧板を黒く塗装したビスで止め、

残りの煙突を取り付けていきます。

 

 

”天井裏のウォールバンドで煙突を固定”に加え、

桁にもウォールバンドワイド(煙突を支える振れ止め部材)を取り付けて

煙突をしっかりと固定していきます。

煙突はびくりともしません(^v^)

 

 

 

 

 

 

約235kgもある本体!!

大人5人がかりで

NEWデファイアントを運び込みました。

 

 

炉台の墨付けに合わせて

そ~っと、そ~っと下ろします。

 

 

後は

伸縮自在の煙突を取り付けたり、

本体にウォーミングシェルフを取り付けたり・・・

仕上げに周辺をそうじして

部屋内も無事、完了しました!

 

 

 

 

 

 

古民家再生で活かされている桁や梁の色目、

I様邸の空間にすぐに馴染んだNEWデファイアントのクラシックブラック!!

 

お次は火入れ式ですよ(^◇^)☆

 

 

火入れ式につづく・・・♪