TAKEMOTO BLOG

愛媛県西条市 古民家再生K様邸

西条市の『時を刻みつづける家』

 

 

いよいよ、火入れ式♪

薪ストーブに火が灯ります。

 

 

~火入れ式開始~

 

「安全に薪ストーブライフを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

 

塩払いでお清め。

 

 

 

 

 

いよいよ火入れです☆

火入れをして、

慣らし焚きを行っていきます♪

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

 

無事に火入れできたことをお祝いして乾杯。

 

 

その後、

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

じっくりとお話させていただきました(*^^*)

 

 

この日は、お忙しい中、ご実家のご両親も参加してくださいました。

奥様のご実家は、福祉施設をされていて、

これまで、奥様から たくさんお話をお聞きしていて、

愛にあふれた素敵なところだなぁ、

ご両親がとても素敵な方なんだろうなぁ、いつかお会いしてみたいなぁと思っておりました。

お会いしたら、恵比寿さんのようなお父様と、太陽のように明るいお母様で、

思ったとおり素敵なご両親様でした。

だから、こうやってお家や福祉施設に、人が集まってくるんだろうなぁと思いました(*^^*)

 

 

 

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

じっくりとお話させていただきました(*^^*)

 

 

 

 

途中、だれからともなく話が脱線し、

薪ストーブの話から、ラグビーの話、子供の話、・・・・

話が尽きず、あっという間に慣らし焚き完了してしまいました(*^^*)

 

 

 

 

いよいよ始まる暖かくて美味しい薪ストーブライフ♪

今後も当社がしっかりとサポートをさせていただきますので、

思う存分、た~っぷりとご堪能ください☆

 

 

薪ストーブでパン、焼けたかな?(*^^*)

 


西条市の 『時を刻みつづける家』に、

いよいよ、薪ストーブ本体が設置されます(*^^*)

 

機種は、バーモントキャスティングスのアンコールです。

(色:クラシックブラック)

 

 

外部の煙突は、

屋根の葺き替えの際に一緒に取り付け、完了済みなので、

 

 

 

 

それから下の煙突を取り付けしていきます。

 

 

 

 

専用の煙突支持部材をしっかりと固定し、

 

 

 

 

それに煙突を取り付けしていきます。

 

 

 

 

しっかりと固定された煙突は、ビクともしません。

 

 

 

 

フラッシング部分は、外部とステンレス一枚で接しているので、

フラッシング内が結露してしまわないように、

断熱材のロックウール(別名:ミネラルファイバー)を入れていきます。

 

 

 

 

断熱材が落ちないように、不燃材でフタをして完了。

 

 

通常、ステンレスの化粧板でフタをしますが、

屋根裏の既設の古いタルキの色合いに合わせて、

不燃材(ダイケンダイライト)にしました。

 

 

そして、お子様の遊び場になりそうなので、

危なくないように、

 

 

 

 

囲いを作って、中に物が入らないようにフタをしました。

 

 

 

 

 

屋根裏の工事は完了です!

 

 

 

 

いよいよ、本体が運び込まれます。

 

 

 

 

煙突と本体が接続され、

ウォーミングシェルフを取り付け。

 

 

 

 

取り付け完了☆

 

 

 

 

和な雰囲気にも、とってもよく合っています(*^^*)

 

 

こうして、『時を刻みつづける家』に、また新しい仲間が加わりました♪

みんなから、可愛がってもらえることでしょう(*^^*)