TAKEMOTO BLOG

愛媛県砥部町 T様邸

『縁の家』 火入れ式

『縁の家』の火入れ式を行いました。

オーブンプレートを敷き、

早速お使いいただけるようにきれいな灰を敷き詰め、

 

 

 

 

火入れ式スタート!!

 

「安全に薪ストーブを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

 

そして、塩払いでお清め。

 

 

 

 

その後、

火入れをして慣らし焚きを行っていきます。

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

 

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

 

 

無事に

火入れできたことをお祝いして

乾杯!!

 

 

 

 

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

お話させていただきました。

 

 

 

2回目、3回目と

慣らし焚きをするとともに

その都度、説明を行います。

 

 

 

 

 

ハースラグ キルマンは並べて柄や色合いを品定め(・∀・)♪

T様ファミリーお気に入りの1枚を選びます。

 

 

 

T様ファミリーが選んだハースラグ✩

『縁の家』 アンコール前の空間にぴったりです!

 

 

 

火入れ式終了時には、

焚き付け用の針葉樹だけでなく、

広葉樹を焚きました✩

暖かい焔が『縁の家』を包みこみ、

焔のオーロラも見ることができ、

とても癒されるひと時・・・♪

少し分かりづらいですが、

この時の焔のオーロラの動画もぜひご覧ください。

 

 

T様、今シーズンより

おいしく、温かい薪ストーブライフをお楽しみくださいませ(^^♪

 

 


砥部町の『縁の家』が完成いたしましたので

ご紹介いたします(^v^)♪

 

では、さっそく外観から・・♪

ブラウン色のセラマウント防災瓦から

ちょこんと飛び出た薪ストーブの煙突がかわいい『縁の家』。

 

 

全体的に茶系色でまとめ

やわらかくて温かい、落ち着いた雰囲気に仕上がりました。

 

 

 

格子戸が素敵な玄関ポーチは、

センサーライトが感知して、ご家族やお客様をぱぁっと照らしてくれます。

 

 

 

 

玄関引き戸を開けると・・

 

 

 

 

 

爽やかな空間の玄関がお出迎え。

 

 

ルーバー窓から入ってくる

風や自然光が心地良い~(*^^*)♪

 

 

 

全身鏡が付いた玄関収納は

お出かけ前にチェックできるようになったと

お施主様も喜んでくれています(*^^*)

 

 

 

 

 

つづいて、LDKです。

3方向から自然光が入ってくるので、一日中、とっても明るく、

風の通り道も考えた設計にしているので、夏は涼しく、

冬は薪ストーブでぽっかぽかです(*^^*)

 

 

 

木製ブラインドの角度を調整することで、

プライバシーや日差しの調整をすることが出来ます。

 

 

 

 

ごろ~んと寝っ転がったら気持ちいいんだろ~な~(*^u^*)

 

 

 

 

杉の一枚板のカウンター下には、

集成材で製作した

キャスター付きの収納ボックス(当社作製)が納められています。

 

収納力ばっちりなこのボックスには、もうひとつ仕掛けがありまして・・♪

 

 

 

 

来客の際に、

ボックスをくるっと回すと・・・

収納している品を隠すことができちゃうんです☆

 

棟梁考案のこの収納ボックス、

お施主様も「さすが竹本さん!ほんとやね~!! やっぱりプロの考えることは違うわい☆」

と言って、とっても喜んでくれています(*^^*)

 

 

 

杉の一枚板の表面は 相変わらず

輝きを放っております。

 

 

 

 

薪ストーブの炉壁カウンターの一枚板も

同じくぴっかぴか♪

樹齢 約260年の木目が美しい♪

 

 

 

 

木目が美しいこの一枚板のカウンター、

お施主様も大喜びしてくれています(*^^*)

 

 

 

 

 

このカウンターの下にも

キャスター付きの収納ボックス(当社製作)が収められており、

 

 

 

 

リビング収納と同じく

くるっと回して、隠すこともできます☆

 

 

 

 

ボックスを手前に出して、

カウンターをさらに広々と使うこともできるのです♪

 

 

 

 

 

つづいて、和室です。

リビングと引き分け戸で仕切られているので、

一体空間としても使用できるようにしています☆

 

 

 

和室には立派なお仏壇が設けられ、

ご先祖さまも、きっと喜んでくださっていることでしょう(^v^)

 

 

【仏壇】

 

 

クローゼットには棚板やパイプが取り付けられており、

空間を無駄にすることなく収納することができます。

 

 

 

 

和室にも木製ブラインドを使用!

和室の雰囲気にも合い、

とってもおしゃれな空間になっています。

 

 

 

 

続いて、洋室です。

大きなハキダシを2ヶ所設けているので

風通しも良く、明るく、

とても気持ち良いです(*^^*)

 

 

 

引き違い戸の

収納力も抜群☆

 

 

 

 

 

家の端から端まで、風が通り抜ける設計をしています。

 

 

 

 

 

 

【廊下】

 

 

トイレも広々としており、

五寸柱の色とトイレ収納の色目が

落ち着く空間を創ってくれています。

 

 

 

 

 

 

 

【洗面脱衣室】

 

 

 

 

タオルや洗剤、着替えなどを収納できる

収納棚を取り付けしました☆

 

 

 

 

 

 

ユニットバスのドアを開けると、

 

 

 

ブラックのアルミサッシが

良いアクセントになっている浴室♪

目隠し可動式ルーバーを取り付けることによって、

お風呂を使用していない時には光や風を取りこみ、

使用している時には、プライバシーをしっかりと守ってくれます。

 

 

 

 

 

おばあちゃんも安心してくつろげるよう、

手すりを設置(^v^)

 

 

 

 

 

 

【階段】

 

階段の上部分には暖気を抜くために

ルーバー窓を3つ設置。

 

 

 

階段を登ると、

屋根裏の物置部屋につづいています。

 

 

 

 

 

 

外部には

杉の広縁が取り付けられております!

(広縁の長さ9m、出幅90㎝)

リビングと同じ杉の無垢板(厚さ30mm)を使用。

 

 

広縁に腰かけて

お友だちとおしゃべりを楽しんだり、

柿や玉ねぎを干したり・・・

 

色々な楽しみ方がありますね♪

 

 

 

気持ちのいい風や光を取りこみながら、

五寸柱がT様ファミリーを包み込み、

薪ストーブのアンコールが

これからやってくる寒い冬を暖かくし、癒してくれることでしょう♪


ブログの間が空いてしまいましたが・・・

その間に、クロスも貼り終わり、

炉台もカウンターも完成し、美装工事も完了しました(^^♪

 

そして、

『縁の家』に

薪ストーブのアンコール(クラシックブラック)が取り付けられました!!

 

 

【薪ストーブ設置前の炉台・炉壁】

 

 

 

 

屋根上の煙道では、

NOVA断熱二重煙突を

煙突囲い内の両壁面で支える支持部材を固定し、

煙突をしっかりと支えます。

 

 

(上の写真は)

この時、二重煙突の接続位置を計算し、

取り付けの受け材(木材)を煙道に固定。

煙突をしっかりと固定していきます。

(※煙突を取り付けた後、受け材は外しています。)

 

 

 

(上の写真は)

チムニーフラッシングの下に結露防止のため、

ダイケンダイライト(不燃材)を使用。(上写真の茶色部分。)

 

 

 

煙突は、

何かあればすぐに点検出来るように、

 

 

 

 

 

(ビスで固定している)フタを取り付けております!

これですぐに点検可能(^v^)

 

 

上の写真では分かりづらいですが、

断熱二重煙突と断熱二重煙突をつなぐ際、

煙突同士をしっかりと噛み合わせ、ロッキングバンドで固定。

さらに、タッピングビスで止めていきます。

(つなぎ目:各3箇所タッピングビスでとめています。)

 

 

室内にアンコール本体が運ばれ、

本体の位置を微調整し、

部品を取り付けて、

 

 

煙突・薪ストーブ取り付け工事が完了しました!!

 

 

自然な凹凸のついた一枚板の杉のカウンターに・・・

炉台・炉壁のタイルの色・・・

 

 

そしてアンコールのクラシックブラック!!

ベストマッチ!!

 

広いスペースの炉台なので

薪置きや薪ストーブクッキングのスペースとして

大活躍間違いなしです☆

 

 

肌寒くなった今日この頃。

アンコールくんの出番ももう間もなく♪

火入れ式が待ち遠しいです(^u^)

なお、

火入れ式のブログは後日アップします。


三木タイルさんと汐里によって、

玄関・炉台・炉壁のタイル貼り工事が行われました。

 

 

タイルの墨出しをして、

 

 

 

 

タイル専用の接着剤を塗り広げていきます。

 

 

 

タイルとタイルの間隔を均等にしながら丁寧に作業。

 

 

 

土間下地の上にのろ(セメントペースト)を塗り広げ、

タイルを等間隔で貼っていきます。

 

 

その頃、汐里は

室内の炉台・炉壁のタイル貼り。

棟梁が墨出しした線を基準に

タイルとタイルの間隔を上下、左右、均等に並べて貼っていきます。

(タイル貼り完了し、養生後の写真のため、分かりづらいですが・・・。)

 

 

 

 

炉壁のカウンターは、施工しやすいように横向けにしています。

 

 

 

 

 

タイル専用の接着剤が乾いた次の日、

タイルとタイルの間の目地を仕上げ、

 

 

タイル貼り工事、完了!!

養生を外した写真(玄関・炉台・炉壁タイル)はまた後日!

このタイルの上に

薪ストーブが乗せられる日もあと少し♪

 


『縁の家』 野地板貼りetc

先日、

『縁の家』の上棟祭を無事に終え、

只今、現場では

野地板貼りや煙道の最終固定、破風板貼りを行いました。

 

 

下の写真に写っている四角の筒・・・。

通りすがりのおばあちゃんが、

「すみませーん、

あの筒は何じゃろか?!

天窓かいね??

前から不思議で不思議で・・・」と(^v^)

 

 

薪ストーブの煙道という事を伝えると、

「いや~!!そうやったんかいね~!!

天窓かな?何かな??と思いよったんよ~!

薪ストーブですか~!いいですね~♪」と

謎が解け、晴々とした様子で帰っていかれました(^u^)

 

その煙道に

長さ240mmのコーチスクリュー、

長さ150mmのロングビスを

とめていきます。

 

 

 

 

 

最終固定された煙道は、

びくりともしません!

 

 

 

 

 

屋根の上では

破風板を取り付けています。

 

 

 

破風板取り付け完了後、

野地板取り付け作業にとりかかります。

 

 

野地板の継ぎ目が

垂木の半分の所にくるよう、

カットし、取り付けていきます。

 

 

 

 

 

この日はとてもよく晴れていて、

一日屋根の上で作業していた職人さん達は

いい具合に日に焼けていました(^u^)

 

今日もぐっすり眠れることでしょう・・・♪

 

貼り終えた野地板たちは

夕日に照らされていい感じ♪

 

 

 

明日、

瓦屋さん達によって

野地板の上に

ルーフィングシートが貼られます。