TAKEMOTO BLOG

愛媛県松山市 S様邸

7年前に

デファイアント(クラシックブラック)を

取り付け施工させて頂いたS様邸。

 

1年空けての3回目の薪ストーブメンテナンスだったのですが、

 

 

 

日ごろから

薪ストーブの本体を

ピカピカに磨いてくださっているようで、

トップローディングドアも

フロントドアも

とてもきれいでした(^u^)

 

 

 

 

お手入れが行き届いていることに

感心させられながら、

早速、メンテナンス開始です!

 

【メンテナンス前】

 

 

【メンテナンス後】

 

 

【メンテナンス前】

 

 

【メンテナンス後】

 

 

一つ一つ、丁寧に保守点検をしながら、

隅々まで、きれいに清掃していきます。

バラした部品は

外できれいに磨いていきます。

 

 

 

 

 

 

角トップの天板とガラリフードを取り外し、

ススやタールをきれいに取り除いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

煙突内は

ワイヤーブラシを使って

上からススを除去していきます。

 

 

いつもと同様、さらさらのパウダー状のススでした。

 

 

全てピカピカになったところで

角トップの天板とガラリフードを取り付け、

黒塗装が剥がれているところに

専用補修用の耐熱塗料をスプレーしていきます。

 

 

 

 

 

 

無事、メンテナンス完了しました☆

 

 

3年ほど前から趣味でオカリナを吹いていらっしゃるS様♪

その後、オカリナをきっかけに

様々な国の楽器に興味を持たれているS様♪

 

メンテナンス後、

おいしいジュースとともに、

実際に様々な楽器を見せて・叩かせて・拭かせていただいたりしました☆

また、

私たちの無理なリクエストに快く答えてくださり、

「このオカリナにはこの曲がよく合うので・・・」と

オカリナで奏でられた”エーデルワイス”まで聴かせていただきました♪

なんとも癒される音色~♪

 

そして、

S様邸メンテナンスの日の9/23は

たまたま棟梁の誕生日!

会話の中でさら~っとでた話題だったのですが

 

なんと!!

なんと!!!

S様が”ハッピーバースデー”の歌を

オカリナで吹いてくださったのです☆

もう感無量!!

棟梁、涙目!!!

(そのことを帰りの車の中でちゃかすと

「わしが泣くわけなかろ~」と強がっていましたが、

あれは絶対涙目でした!笑)

 

S様、

楽しい一時を・・・

ステキな心遣いを・・・

ありがとうございました✿

ステキな棟梁の誕生日となりました(^v^)♪

 

 

 


5年前にバーモントキャスティングスの

デファイアント(クラシックブラック)を

取り付け施工させて頂いたS様邸。

 

 

1年空けての3回目の薪ストーブメンテナンスだったのですが、

 

 

直抜き断熱2重煙突に加えて、

使用状況も良かった為、

煙突内のススは少量で、 さらさらでした。

 

 

炉内のパーツをバラし、

綺麗に清掃しながら、

メンテナンスしていきます。

 

 

そして、

本体の汚れや錆などをきれいに落とした後、

このストーブポリッシュで、

すり込むように磨き、 乾いた布で磨き上げると、

何とも言えない、 渋みのある、深い光沢が出てきます☆

(クラシックブラック専用補修磨き剤)

 

 

ストーブポリッシュで磨き上げた薪ストーブは、

新品の時の輝きとは違い、 深みのある渋い輝きになり、

使い込むほどに、良い光沢が出てきます。

 

 

メンテナンスを終えた、デファイアントは、

「準備万端だよ♪」と言っているかのように、

堂々と光り輝いていました。

 

 

S様邸の庭は、 まるでターシャの庭のように、とても素敵なお庭で、

この素敵な場所で、

きれいなオカリナの音色を聴かせてくださいました。

とってもここちよく、癒されました。ありがとうございました。

~お知らせ~

S様は、オカリナグループ「こもれび」を結成し、

ボランティア活動をされています。

オリジナル曲もあり、 春夏秋冬、季節に合った曲を奏でてくれるそうです。

ご興味のある方は、090-8287-0122まで。
皆様も、この秋、オカリナの音色に心癒されてみては・・♪