TAKEMOTO BLOG

愛媛県松山市 M様邸

4年前に新築工事をさせていただき、

バーモントキャスティングスの

アンコール エヴァーバーン(クラシックブラック)

を 取付施工させて頂いた松山市M様邸の 薪ストーブメンテナンスに行ってきました✩

 
~メンテナンス前~

 

 

 

『昨シーズンは、 土に戻りかけの、

状態の悪い薪をたくさん燃やしてしまいました・・』とM様。

保守点検をしながら、 ピカピカに生まれ変わらせてみせますよ✩

 

 

取り外された部材たち。

ブラシやクリーナーで ピカピカにしていきます✩

~メンテナンス前~

 

 

 

 

雲行きがあやしくなってきたので、

先に外部の煙突掃除&点検を進めます。

まずは、ワイヤーブラシでブラッシング✩

 

 

貫通しました。

 

 

そして、仕上げに樹脂性のブラシでブラッシング✩

 

 

やはり、

去年のメンテナンスで出たススよりも 少し多めでした。

 

 

そして、外部の煙突の汚れをきれいに落とし、

 

 

専用の塗料を吹きつけ、

 

 

外部煙突の点検&清掃完了です✩

雨が降ることもなく、ほっ・・。

 

 

続いて、薪ストーブ本体の口元の部分。

状態の悪い薪を燃やしてしまったことで、

不完全燃焼を起こし、 ススがいっぱい溜まってしまっていました。

 

 

でもご安心を・・♡

今シーズンも気持ちよく使っていただけるよう、

口元の部材を外し、溜まったススを取りだし、

燃焼ボックスをきれいに清掃&点検していきますよ✩

 

 

口元の清掃完了✩

これで、安心です♡ よく燃えてくれることでしょう。

 

 

そして、薪ストーブ本体の清掃&点検をしていきます✩

 

 

セラミックファイバーで出来た二次燃焼室を慎重に取りだし、

 

 

丁寧に清掃&点検していきます。

 

 

清掃&点検が終わったら、 また慎重に戻します。

 

 

家の外でも、 取り外された部材が、丁寧に清掃&点検されています。

 

 

清掃された断熱二重煙突の内部。

きれいになりました✩ 写りが悪く、すみません・・。

 

 

 

そして、清掃&点検を終えた、

断熱二重煙突を元通り、 取り付けていきます。

 

 

 

仕上げにストーブポリッシュで磨き上げ、

完成です✩

 

 

メンテナンスが終わり、ふと目を上げると、

空に大きくて、と~ってもきれいな虹が出ていました✩

 

 

そして、小学生のK君がりんごを剥いてくれました♡

丁寧に剥いてくれたりんご、と~ってもおいしかったよ♡

ありがとうごちそうさまでした✩

 

 

今年も、M様ご家族と、 薪ストーブライフ楽しんでね~♡

 


3年前、 当社で新築させて頂き、

バーモントキャスティングスの アンコール エヴァーバーン

(クラシックブラック)を 取り付け施工させて頂いたM様邸。

 

 

 

M様邸は、

1年空けて 今回で2回目の薪ストーブメンテナンスです。

 

 

メンテナンス前の薪ストーブ。

 

 

ドアや煙突、中の部品を

傷つけないよう気をつけながら、

丁寧にバラしていきます。

 

 

 

 

 

屋根に上がり、 煙突の保守点検をしながら、

煙道内部のススやタールを 専用ブラシにて、

除去していきます。

 

 

M様邸も、 直抜き断熱2重煙突に加えて、

使用状況も良かった為、

煙突内のススは少量で、 さらさらでした。

 

 

室内を汚さないよう、

バラしたパーツは、 外に出し、

点検をしながら、 ススやタールを 除去していきます。

 

 

薪ストーブ本体も 保守点検をしながら、きれいに清掃していきます。

腕や頭を炉内に突っ込んでメンテナンスをする為、

マスクをしていても鼻の中がまっくろになります!

 

 

ジェルできれいに磨き上げたら、

丁寧にネジを締め直していきます。

 

 

きれいになったアンコール内部。

 

 

 

メンテナンスを終えたアンコール☆

 

 

今回も、クラシックブラック色だったので、

クラシックブラック専用補修磨き剤(ストーブポリッシュ)

を使用して 磨き上げました☆

渋みのある、深い光沢が出て、美しく蘇りました。

 

 

 

火の守り神ドラゴンも嬉しそうに光り輝いていました。