TAKEMOTO BLOG

愛媛県松山市 K様邸

松山市 K様邸 火入れ式

K様邸に取り付けさせていただいた、

アンコールのエヴァーバーン【マジョリカブラウン】の火入れ式を行いました。

 

K様のご希望で、伊佐爾波神社の神主様によって火入れ式が執り行われました。

 

 

 

 

祝詞をあげて、

 

 

 

礼拝をし、

 

 

 

 

 

いよいよ、K様が薪ストーブに焔を灯します。

神主様が、火打ち石で火を熾し、

 

 

 

K様が火入れをしました。

 

 

無事着火。

 

 

無事に焔が灯ったことを祝い、

また、

これからの薪ストーブライフの安全を願って乾杯。

 

 

 

当社が制作した一枚板のローテーブルたちもすっかり馴染んでいます。

ちょっと腰掛けたり、テーブル代わりにしたり・・・と

その場面に応じて使い道は様々(^-^)

 

 

 

K様、

アンコール エヴァーバーンとともに、

温かい冬を、おいしい冬をお過ごしくださいませ。

 

 

 


松山市のK様邸(鉄筋コンクリート造(RC造))の薪ストーブ取付工事を行いました。

取り付けさせていただいた 薪ストーブは、バーモントキャスティングス社製の

アンコールのエヴァーバーン【マジョリカブラウン】。

 

K様邸は鉄筋コンクリート造(RC造)のため、

(RC造の)煙突直抜き工事は建築の施工技術がないと難しい施工になります。

実際、

K様が他社で「鉄筋コンクリート造での煙突直抜き」を依頼したところ、

「できない」との返答だったそうで、当社に依頼の電話をくださり、

当社が現場に足を運び、確認・採寸した上で、

薪ストーブを取り付けさせていただくことになりました。

 

 

 

 

 

RC造の薪ストーブ取り付け工事の模様をお伝えします。

 

まず、レーザーで位置出しをし、

 

 

 

天井に墨出しをして、

丁寧に天井を開口していきます。

 

 

 

 

3階(薪ストーブ設置部分は2階。)の煙突が貫通する箇所(床・天井)も同じく、

レーザー、さし金で位置出しをし、墨出しし、丁寧に開口していきます。

 

 

 

 

 

 

宮尾電設さんによって、ダウンライトと電気配線の移設工事を行います。

 

 

 

鉄筋コンクリート造(RC造)の建物なので、

床・天井を開口した後、

専用工具で

コンクリートに煙突のサイズより少し大きな穴を慎重に開けていきます。(コア抜き作業です。)

 

 

コア抜き工事によって少量の水が混じった液状のコンクリートが部屋に落ちないよう、

専用金具でしっかりと受け止めます。

 

 

 

慎重に・・・慎重に・・・コンクリートを開口(コア抜き)。

今回のコア抜きのセッティングは高度な技術が必要です。

 

 

 

屋根裏部屋も同じく、

レーザーで位置だし、墨つけ、開口していきます。

 

 

 

屋根裏のコア抜きは、作業スペースが極端に狭く、専用工具がギリギリ収まる空間。

そのため、とても大変な作業でした。

(職人さん、お疲れ様でした(^-^))

 

 

 

コア抜きと戦い、

ようやく煙突が貫通する全ての箇所に穴が開けられました。

コア抜きされた鉄筋コンクリートの厚さは15cm。

 

 

 

 

 

上の階で作業している間、

三木タイルさんによって、炉台のタイルが貼られます。

 

 

 

 

途中、棟梁も参戦。

 

 

 

貼り終えた後、目地を仕上げて炉台の完成!!

 

 

 

外部では三連ハシゴが架けられ、屋根上の煙突取付工事が行われています。

 

 

 

専用金物でNOVA SF 断熱二重煙突をしっかり固定していきます。

 

 

 

 

煙突固定後、雨が一滴ももれないように

板金工事、コーキング施工等もしっかりと施し、

屋根の上の煙突取り付け工事は完了。

 

 

 

内部の煙突も同じく、

専用の金具でしっかりと、頑丈に固定していきます。

 

 

 

 

固定されたNOVA SF 断熱二重煙突たちはびくりともしません。

 

 

 

 

薪ストーブの本体も運び込まれ、炉台の上へ!

 

 

 

周辺をきれいに掃除し、

全ての薪ストーブ取り付け工事が完了しました✩

 

 

火入れ式に続きます✩