TAKEMOTO BLOG

愛媛県松前町 m様邸

『HEARTHの家』 火入れ式

『HEARTHの家』の火入れ式を行いました。

 

早速、オーブンプレートをお使いいただけるように

きれいな灰を敷き、火入れ式の前準備完了。

 

 

~火入れ式開始~

 

「安全に薪ストーブを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

 

そして、塩払いでお清め。

 

 

 

 

その後、

火入れをして慣らし焚きを行っていきます。

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

 

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

 

無事に、火入れできたことをお祝いして乾杯!!

 

 

 

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

お話させていただきました。

 

 

 

 

 

2回目、3回目と

慣らし焚きをするとともに

その都度、説明を行い、

火入れ式は無事終了。

 

 

 

二度と同じ燃え方をしない焔に、毎度うっとりしながら

『HEARTHの家』のアンコール“トワイライト”にも焔が灯りました♪

 

これからの薪ストーブライフ、ご堪能くださいませ(^^♪

 


『HEARTHの家』に薪ストーブを取り付ける日がやってきました!

アンコールの新色“トワイライト”!!

新色が発売されてから、トワイライトを初めて取り付けるので、

取り付け後の雰囲気が楽しみです♪

 

 

早速、取り付け工事の模様をお伝えいたします。

 

 

あらかじめ、煙道工事をしていた箇所の2階床板を開口し、

 

 

 

 

NOVA断熱二重煙突を取り付けていきます。

煙突囲い内の両壁面で支える支持部材を固定し、

煙突をしっかりと支えます。

 

 

【2皆天井部分】

 

 

 

【1階天井部分】

 

 

 

 

屋根の上では、白方板金さんと

煙突の取付・雨仕舞い工事を行なっています。

 

 

 

 

 

最後に煙突を綺麗に拭きあげ、

雨風に強い煙突の工事が完了しました。

 

 

野外、室内の煙突ともに、

しっかりと固定された煙突はびくりともしません。

 

 

 

2階の部屋を通る煙突周りは、

集成材で囲みます。

サイドの板は点検用で、

すぐに取り外せるようになっています。

 

 

 

 

煙突取付完了後、

本体設置に取りかかります。

(本体設置工事の写真を取り忘れてしまいまして、、、すみません。。。)

 

炉台へと運ばれた本体の位置を微調整し、

部品を取り付けて、

薪ストーブの取り付けも完了!!

 

 

部屋の照明に照らされて、アンコールの“トワイライト”くん、

上品な光沢を放っております!

 

写真ではお伝えしにくいのですが、

真っ黒ではなく、かといって紺色でもなく・・・。

深みのある色で、とても上品な色合いです。

 

 

炉台の右端に薪ストーブを設置し、

左の空いたスペースは薪や薪ストーブツール置きとして♪

 

 

“トワイライト”くん、

すぐに『HEARTHの家』に馴染んでおりました。

 

火入れ式の模様も後日、

ブログにてお伝えいたします。

お楽しみに♪