TAKEMOTO BLOG

愛媛県松前町 O様邸

松前町のO様邸に、

バーモントキャスティングスの

アンコール エヴァーバーン(クラシックブラック)

を取り付けさせて頂きました。

 

 

その工事模様をご紹介します✻

 

まず、1階の天井の墨出しをし、

 

 

丁寧に穴あけをします。

 

 

続いて、2階の床も穴あけし、

 

 

2階の天井も墨出し&穴あけをします。

 

 

その頃、屋根の上でも白方板金さんによって作業が進められます。

 

 

そして、屋根まで貫通。

この日は、天気も良かったので、きれいな青空が見えました✻

 

 

穴をあけ終えたら、

穴あけした天井や床、煙道を頑丈に補強し、

専用金物でNOVA SF 断熱二重煙突を固定していきます。

 

 

 

そして、屋根の仕舞い。

 

 

きれいにバッチリ納まりました。

 

 

雨仕舞いもバッチリです!

 

 

屋根裏で出た廃材は、焚き付けになるようにと、

職人さんがちょちょいと切ってくれました。

 

 

引き続き、専用金物で固定しながら、

NOVA SF 断熱二重煙突を取り付けしていきます。

頑丈な専用金物で3カ所も固定しましたので、

煙突はビクともしません!

 

 

2階の寝室を貫通している、NOVA SF 断熱二重煙突。

 

 

NOVA SF 断熱二重煙突を使用しているので安全ですが、

ベッドが近いため、ふとんが心配だとのことで、

囲いを製作・取り付けさせて頂きました。

 

 

後ろのクローゼットの折戸も使用できるよう、

 

 

折戸の出幅に考慮してお作りました。

 

 

 

そして、薪ストーブ本体と煙突を接続し、

遮熱板等を取り付けして、完了です。

 

 

 

早速、今晩から焚けるように、火入れ式を行いました。

O様の愛犬のコロちゃんも同席しています♪

 

「安全に薪ストーブを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

そして、塩払いでお清め。

 

 

 

そして、火入れをし、

慣らし焚きを行っていきます。

 

※「慣らし焚き」とは・・

 

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

 

コロちゃんも、初めてみる光景に興味津々。

 

 

そして、そして、

こちらのO様邸の薪ストーブ、

「アンコールワットくん」と名付けられました(*^^)笑

 

 

アンコールワットくん、この日を待ちわびていたかのように、

嬉しそうに飛び跳ねているように見えます(*^^)♪

 

 

アンコールワットくんに、ファイヤースクリーンをつけて・・

 

 

暖炉形式に・・♪

 

 

部屋の灯りを消すと、より一層楽しめます♪

 

 

ぱち、ぱち、と薪のはぜる音・・

ゆら ゆら 揺らめく美しい炎に

コロちゃんも釘付け。

 

 

その後も、慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの正しい使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

じっくりお話させていただきました。

 

 

薪ストーブのアンコールワットくんに癒された、コロちゃんは、

気がつけば、スヤスヤ。。

 

後日、O様から、

「薪ストーブ、本当に温かいね~。

寝る前に薪ストーブの炎を眺めていたら、

ベッドに入ってからも、体がぽかぽか温かく、全然寒くなかったよ~♪

薪の節約にと、あれから一度、ファンヒーターをつけたことがあったけど、

以前、薪ストーブがつく前までは何も思わなかったのに、

温まり方も、においも、

体が受け付けんなってたよ~!

結局、暖房も料理もお風呂も、薪が一番なんよね♥」

と、嬉しいお言葉をいただきました(*^^)

ありがとうございます♥

 

 

これからも、しっかりサポートさせて頂きますので、

薪ストーブライフ、存分に楽しみましょう♪

 


アンコール エヴァーバーンのクラシックブラックを

取り付け施工させて頂くことになった、松前町のO様邸。

 

薪ストーブ設置工事に先立ち行った、

炉台タイル貼り工事の模様をご紹介します。

 

 

棟梁が、墨出しを行い、

三木さんがタイルをアールにカットし、ボンドを塗り、

棟梁がタイルを貼っていきます。

 

 

毎度お馴染みになってきた名コンビ☆

息もぴったりです!

 

 

そして、きれいに貼り終えた炉台タイルがこちら☆

 

この炉台に目地が入ると、

いよいよ薪ストーブが設置されます。

 

薪ストーブ設置工事の模様もブログにアップしますので、

お楽しみに♪