TAKEMOTO BLOG

愛媛県東温市 H様邸

バーモントキャスティングスの薪ストーブ

アンコール エヴァーバーン(カラー:マジョリカブラウン)が

無事、きれいに取り付けられた 愛媛県 東温市のH様邸。

 

 

今日から、さっそくお使い頂けるよう、

火入れ式を行いました。

 

 

今日から、ちょうど 冷え込むようなので、

Good  タイミングです✻

 

 

「安全に薪ストーブを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

塩払いでお清め。

 

 

 

つづいて、火入れをし、慣らし焚きを行っていきます。

※「慣らし焚き」とは・・

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行います。

 

 

 

そして、

当社では、お客様に薪ストーブライフを安全に、

存分に、楽しんで頂くため、

排気効率や安全性に劣っている、シングル煙突や煙突の横引きは行っておらず、

全てNOVA SF 断熱二重煙突を使用し、煙突もまっすぐな直抜きと、

こだわった施工を行っております。

 

 

なので、火付けも簡単✩

 

 

あっという間に火が付きます。

 

 

扉を開けて、ファイヤースクリーンをつけて、

暖炉形式で炎を楽しむことだってできるのです♪

 

 

話が変わりますが、

当社では薪ストーブをただの暖房器具ではなく、

家族の一員のように思っています。

 

我が家の薪ストーブは、

男の子のように見えるので「アンコール君」と名付け、呼んでいます。

そのことをH様にお話しすると、

「この子は、女性のように思うから、サラ・・

サラマンダーにします。」とさっそく名前をつけてくれました✻

同じ、マジョリカブラウンのアンコール エヴァーバーンなのに、

男の子に見えたり、女性に見えたり・・

ちなみにサラマンダーは、

火の妖精という意味だそうです✻

 

 

 

これから始まる薪ストーブライフに、乾杯♪

 

 

 

そして、薪ストーブにはランタンでしょ♪

と買ってからまだ一度も使われていなかったという ランタンに火をつけ、

とっておきのを出しましょう♪

と、ドイツのノンアルコールビールを出してくださいました✻

 

 

 

灯りは、薪ストーブとランタンだけ。

そのなかでいただくドイツのビールは、

とても美味しく、ほろ酔い気分・・♪

 

 

そして、

「ご苦労さまです✻」

とお手製のカレーまでご馳走してくださいました。

とってもおいしかったです♡

ご馳走さまでした✻

ここ数年、冷え性がひどく、

針治療や岩盤浴へ通われていたという奥様。

 

 

薪ストーブは以前からご興味があり、

来年あたりにつけようかなと思われていたそうです。

 

 

しかし今年、当社で薪ストーブを体感された時、

そのぬくもり方に驚かれ、「これだ~!!」と思い、

健康のために少しでも早く薪ストーブをと、思い立たれたそうです。

 

 

奥様の冷え性がすこしでも良くなりますように。

そして、寒い場所にあるH様家がぽかぽかで、

楽しい冬を過ごせますように・・

 

サラマンダーさん、よろしくね✻

 

 

 

『 打ち合わせ~取り付け工事までの内容は、

東温市H様邸 薪ストーブ設置工事No.1~No.4 をご覧ください』

 


バーモントキャスティングスの薪ストーブ

アンコール エヴァーバーン(カラー:マジョリカブラウン)

を設置させて頂く、愛媛県 東温市のH様邸。

 

 

今日は、いよいよ薪ストーブ設置工事の日です♪

 

 

工事の様子を詳しくご紹介します。

 

 

 

まず、白方板金さんと棟梁が一緒に屋根に上がり、瓦を剥いでいきます。

棟に近い場所に煙突が通るので、丁寧に棟瓦も剥ぎました。

棟瓦を剥いでの工事は難しいことですが、

竹本建設&ムーミーは、

家づくりと薪ストーブの両方の知識を兼ね揃えているので、

安心してお任せして頂けます。

 

 

頑丈に補強した煙道に、

専用金物で煙突をしっかり固定していきます。

煙突はもちろん、すべてNOVA SF 断熱二重煙突を使用しています。

 

 

1F天井近くにも、専用金物でしっかり煙突を固定。

 

 

頑丈に固定し、ビクとも動かない断熱二重煙突。

 

 

点検・メンテナンスができるように、

煙道に点検口スペースを設けています。

 

 

 

続いて、本体と煙突を接続し、

ウォーミングシェルフや遮熱盤などを丁寧に取り付けていきます。

 

その後ろでは、三木さんが、残りの炉壁タイル貼り工事中。

先日タイル貼り工事を行いましたが、

専用ボンドが予想以上に要り、足りなくなってしまったので

今日 残りのタイル貼りをしました。

 

 

 

そして、薪ストーブ設置工事完了✩

 

 

棟瓦も元通りきれいに戻し、

雨仕舞い工事もバッチリです✩

 

 

 

薪ストーブ設置工事が無事終わったので、

棟梁、三木さんのタイル貼りのお手伝い。

 

 

ついに、きれいに貼り上がりました✻

既設の食器棚をうまく活用して、

いい感じに仕上がりました。

 

 

薪ストーブ側は、貴重面なご主人さまのご希望で

規則正しく並べた貼り方で仕上げ、

 

 

台所側は、ランダムな感じがお好きな奥様にと、

ラフな感じでランダムに仕上げました✻

この無垢の一枚板は、当社で約10年間 自然乾燥したものです。

化学物質に敏感な奥様のため、

乳液で磨き込んで仕上げました。

 

 

もともと、この棚の上には家電製品が並べられていましたが、

奥様「こんなに素敵に仕上げてもらったので、

家電製品は別のところに置いて、

この一枚板を毎日、磨いてあげようと思います♥」と嬉しいお言葉をいただきました。

 

これから、月日を経て、

いい飴色に変わってゆくことでしょう✻

 

 

すべての工事が完了したので、

このあと、引き続き、火入れ式を行います。

 

つづく


バーモントキャスティングスの薪ストーブ

アンコール エヴァーバーン(カラー:マジョリカブラウン)

を設置させて頂く、愛媛県 東温市のH様邸。

 

 

今日は、薪ストーブ設置工事に先立って、

薪ストーブの炉台&炉壁の

タイル張り工事を行いました。

 

今回も、三木さんと棟梁の名コンビで張っていきます✿

 

 

棟梁が墨出しをして、

 

 

三木さんがタイルをカット。

 

 

三木さんがボンドを塗り、

棟梁がブリックタイルを張っていきます。

 

 

炉壁に貼ったタイルは、アンティーク調のブリックタイルで、

炉台に貼ったタイルは、イタリア製の600角タイルです。

 

 

ここに、マジョリカブラウン色のアンコール・・♡

素敵に仕上げます♪

 

 


愛媛県 東温市のH様邸。

 

 

こちらの掘りごたつは不要なので、

床を張って欲しいとのご依頼を頂き、

薪ストーブ設置工事に向けて、工事が始まりました。

 

 

床板を貼る際、床下に「竹炭」を入れて欲しいとのことで、

竹炭の効果を妨げないよう、

竹本建設の作業場で乾燥していた杉の無垢床板を使用しました。

無垢床板に塗装もせず、自然の風合いを活かし、

経年変化で現在のカラーフロアーの色合いに近づいていくのを

楽しんで頂けます。

熱圧加工が施されている美しい床板です。

フシひとつないきれいな部分のみを張りました。

 

 

 

そして、天井の墨出し&穴あけ&補強工事も

行いました。

 

 

 

この天井の穴を通り、

屋根までまっすぐに、直抜きで煙突を取り付けます。

煙突は、もちろんNOVA SF 断熱二重煙突です。

 

 

床板を張り終えたH様邸。

「ここが、私のお気に入りの場所になりそうです。」

とよろこんで頂けました✿

 

 


愛媛県 東温市のH様邸で、

バーモントキャスティングスの薪ストーブ、

アンコール エヴァーバーンを設置させて頂くことになり、

打ち合わせをさせていただきました。

 

 

お家の間取りや、構造を拝見させて頂き、

このお家にベストな位置をご提案させて頂きます。

 

 

そして、今回、こちらの食器棚を利用して、

素敵に仕上げさせて頂きます。

どこに設置されるのか、

そして、

こちらの食器棚がどう生まれ変わるのか、お楽しみに♪