TAKEMOTO BLOG

愛媛県東温市 h様邸

お客様からの嬉しい声♪

今年、薪ストーブを設置させていただいた、愛媛県東温市のh様から、

その後の嬉しいご連絡を素敵な写真と共に頂きました(*^^*)

(h様の承諾を得て、ご紹介をさせていただきます。)

 

 

—————————————————————————————

To 竹本建設&ムーミー

 

火入れ式の時はありがとうございました^ ^

火入れ式後のことなんですが、

最初は薪の燃やし方が下手で苦戦してたりしましたが、

今ではかなり慣れてきて空気調整等しながら効率よく燃やす事もできて、

簡単な薪ストーブ料理にも挑戦したりなど毎日薪ストーブを楽しむ事ができてます^ – ^

特に、寝る前に大きめの木を入れて寝ると本当に朝が暖かいのが感動です!
最初は家が建ってキッチンだとかお風呂だとか住設機器にしか目が行ってませんでしたが、

今では仕事から帰ったら僕も嫁も薪ストーブにべったりです(笑)
そして意外にも嫁さんのほうが僕より火を起こすのが上手くなってます(笑)

 

From h様

—————————————————————————————————–

 

 

 

 

h様 嬉しいご連絡をすてきなお写真付きで、本当にありがとうございます(*^^*)

どれも美味しそうなご馳走で、こちらまでお腹が空いてきます(笑)

猫ちゃんたちもくつろいでくれているようでほっこりしました(*^^*)

 

薪ストーブシーズンは、まだまだこれからが本番です♪

どうぞ、暖かく、美味しい薪ストーブライフをご堪能ください♪

 

また、お話をお聞きできるのを楽しみにしています♪

 


火入れ式 ~東温市h様邸~

まだ暑い時期に薪ストーブの設置工事が完了したh様邸。

肌寒くなってきて、火が恋しくなってきた頃、

火入れ式&レクチャーをさせていただきました(*^^*)

 

 

~火入れ式の模様~

 

「安全に薪ストーブライフを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

 

 

塩払いでお清め。

 

 

 

 

いよいよ火入れです!

火入れをして、

慣らし焚きを行っていきます。

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

 

 

無事に火入れできたことをお祝いして乾杯。

 

 

 

 

その後、

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

じっくりとお話させていただきました。

 

 

 

 

ご主人様もさっそく実践♪

 

 

これから始まる、暖かくて美味しい薪ストーブライフ♪

当社が今後もしっかりとサポートをさせていただきますので、

思う存分、たっぷりとご堪能くださいませ(*^^*)

ありがとうございました。

 


愛媛県東温市h様邸に、

薪ストーブを設置させていただきました。

機種は、バーモントキャスティングスのデファイアント

クラシックブラック色です。

 

 

~工事の模様をご紹介~

他社にて新築工事中のh様邸の工事の進行に合わせ数回に分けて、

煙突工事から本体設置工事まで行いました。

まずは、

位置出しをした墨を基準に、丁寧に屋根を開口していきます。

 

 

 

 

開口部分を補強し、専用の取付金物を取付していきます。

 

 

 

 

しっかりと固定された断熱二重煙突は、

ビクともしません。

 

 

 

 

外部とステンレス一枚で接しているフラッシング内が

結露してしまわないように、

断熱材のロックウール(別名:ミネラルファイバー)

を入れていきます。

 

 

 

 

断熱材が落ちないように、不燃材でフタをします。

 

 

 

 

そして、お家が完成し、

いよいよ薪ストーブが運び込まれ、仕上げ工事です。

 

 

 

 

NOVA SF 断熱二重煙突をつなぎ伸ばしていき、

 

 

 

 

薪ストーブ本体と煙突を接続。

 

 

 

 

ウォーミングシェルフなどを取付して、

薪ストーブ、取付完了。

タイルとも良く合い、かっこいいです(*^^*)

 

 

火入れ式の模様は、次のブログでご紹介させていただきます♪