TAKEMOTO BLOG

愛媛県内子町 M様邸

火入れ式~内子町M様邸~

設置を終えた内子町のM様邸。

さっそくお使い頂けるように、火入れ式を行いました。

 

 

 

 

~火入れ式開始~

 

「安全に薪ストーブライフを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

 

 

そして、塩払いでお清め。

 

 

 

 

 

そして、いよいよ火入れです☆

火入れをして、

慣らし焚きを行っていきます♪♪

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

 

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

 

無事に、火入れできたことをお祝いして、お子様も一緒に乾杯!!

もちろん、オレンジジュースで(*^^*)

 

 

 

 

 

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

じ~っくりとお話させていただきました(*^^*)

 

当社の煙突工事は、

NOVA SF断熱二重煙突の使用に加え、

直抜きでまっすぐ取り付けているので 引きが良く、

煙が部屋内に出てくることもありません☆

 

 

 

写真では上手く撮れていませんが、

炎のオーロラもきれいに姿をあらわしてくれました(*^^*)

 

 

 

 

 

みなさん、デファイアントの焔にうっとり(*^^*)

 

 

これから始まる、待ちに待った薪ストーブライフ♪♪

当社がしっかりサポートさせていただきますので、

思う存分、た~っぷりとご堪能くださいね(*^^*)

ありがとうございました*

 

 


愛媛県内子町のM様邸に、

薪ストーブを設置させていただきました。

今年は雪が降る日が多く、設置日が伸びに伸びてしまい、

やっと待ちに待った日がやってきました(*^^*)!!

機種は、バーモントキャスティングスのデファイアントの

クラシックブラック色です。

 

 

 

 

 

~工事の模様をご紹介~

下見の際に位置出しをしておいた墨を基準に

天井に墨出しをし、

丁寧に天井を開口していきます。

 

 

 

 

開口部分の屋根瓦も丁寧にはがし、

開口部分を補強していきます。

 

 

 

 

 

 

専用金物でNOVA SF 断熱二重煙突を

しっかり固定していきます。

 

 

 

 

 

屋根の上では、

白方板金さんと雨仕舞い工事を行っていきます。

 

 

 

 

 

屋根上の取り付け工事 完了☆

 

 

 

 

雨仕舞いも、バッチリです!!

 

 

 

 

フラッシング部分は、外部とステンレス一枚で接しているので、

フラッシング内が結露してしまわないように、

断熱材のロックウール(別名:ミネラルファイバー)を入れていきます。

 

 

 

 

 

引き続き、天井から下のNOVA SF 断熱二重煙突を

専用金物でしっかり固定しながら、繋げていきます。

 

 

 

 

 

梁にガッチリ取り付けした断熱二重煙突は、

ビクともしません!

 

 

 

 

デファイアントも運び入れ、

遮熱板などの部品を取り付けしていきます。

 

 

 

 

 

 

背面の本棚に輻射熱を伝えないように、

ヒートシールドも取り付け。

 

 

 

 

無事に取り付け完了しました。

 

 

 

 

黒塗りされた、松の梁との相性もばっちりで、

奥様にも「最初から、ここに居たみたい~♪」

と、喜んでもらいました。

 

 

 

 

お庭には、すでにたくさんの薪がきれいに積み上げられています。

 

 

 

 

さっそく、お使い頂けるように、

引き続き、火入れ式を行っていきます。

 

 

火入れ式ブログにつづく。。