TAKEMOTO BLOG

愛媛県伊予市 T様邸

 

火入れ式の塩払いも終わり、 いよいよ火入れです。

着火開始・・・

 

 

当社では、

排気効率の悪い横引き煙突の施工は行わず、

すべて、直抜き煙突(高性能断熱二重煙突のNOVA SF)を使い、

施工しているので、

煙の逆流などもなく、

着火時間も約10秒で写真のように美しく燃え上がります。
体感してみたい方は、ぜひムーミーまでお越し下さい。

 

 

ムーミーでは、

これから薪ストーブを使うに当たって、

ご家族全員が安全に楽しく使ってもらえるように、

祈りを込めて、火入れ式を行います。
火入れ式の、もうひとつの目的には、

「慣らし焚き」や使用方法の実演説明も含まれています。
特に、この慣らし焚きは、重要です。

 

新しいストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物同士の歪みや破損の恐れもあるからです。

 

ストーブ専用の温度計で260度以下の状態で、

3~4回に分けて焚き、

温度の上昇と冷却を繰り返すことにより、

 鋳物と耐火セメントを馴染ませることが出来ます。
この慣らし焚きを行うことにより、

薪ストーブの耐久性は、向上します。
ムーミーでは、この慣らし焚きをしながら、

お客様に薪ストーブの正しい使い方や注意点を実演説明しています。

 


 

 

当社が、古民家再生を行い、

完成した現場の火入れ式を行いました。

 

 

 

 

 

 

今年の夏は、猛暑だったので、

冬は、とても寒くなるのではないかと思います。
しかし、このデファイアントが居てくれれば大丈夫!

家1軒まるごと暖めてくれます。
また、

マジョリカブラウン色のデファイアント設置は、愛媛県初です。

 

古民家の重厚な梁や柱などの自然素材とも

相性ばっちりです。
古民家再生を考えられているお客様、

デファイアントとアンコール、 おすすめですよ♪