TAKEMOTO BLOG

愛媛県伊予市 O様邸

6年前に、

家の新築工事+薪ストーブ設置工事をさせて頂いた、

伊予市O様邸へ

薪ストーブメンテナンスに行ってきました。

 

 

機種は、アンコールのレッドです。

 

 

では、早速メンテナンス開始。

 

 

セラミックボックスをそ~っと外し、

 

 

キャタリティックコンバスター(触媒)を出します。

長時間高温で焚かれていたようで、

触媒が変形してしまっていました。

今回、新品のものにお取り換えし、

改めて、焚き方の講習を行わせて頂きました。

 

 

続いて、外部の煙突掃除&点検を行います。

ここは、屋上です。

夏はここから、花火大会が一望できるようになっています。

 

 

今回も、さらさらの微粒子で状態の良いススでした。

 

 

バラしたパーツは外に出し、掃除&点検を行います。

 

 

炉内も丁寧にブラッシングをしながら、

灰をきれいに吸い取り、点検していきます。

 

 

薪ストーブの口元を外し、

 

 

ススを吸い取り、磨き、ファイバーロープをつけなおします。

 

 

 

 

 

そして、炉内がきれいになったところで、

新しいキャタリティックコンバスター(触媒)を取り付けます。

 

 

 

 

セラミックボックスを元通りに戻し、

 

 

薪ストーブをぴかぴかに磨き上げます。

 

 

きれいになった口元などを元通り取りつけ、完了です。

 

 

メンテナンスを終え、ピッカピカになったアンコール。

 

 

炉内もピッカピカです。

 

 

 

 

 

メンテナンスを終えた薪ストーブに、

 

 

灰を軽く敷いてあげます。

こうすることで、

炉内の痛みを防ぎ、 熾き火が長持ちするのです。

 

 

今年もO様ご家族をぽっかぽかに温めてあげてね。