TAKEMOTO BLOG

愛媛県今治市 Y様邸

4年前に当社で新築工事とともに

アンコールのエヴァーバーン(クラシックブラック)を

取り付けさせていただいたY様邸。

3回目の薪ストーブメンテナンスです☆

 

 

【メンテナンス前】

 

 

【メンテナンス後】

 

 

 

【メンテナンス前】

 

 

 

【メンテナンス後】

 

薪ストーブ本体の部品を外しながら

保守点検&清掃を行っていきます。

取り外された部材は

部屋が汚れてしまわないよう屋外に出し、

点検をしながら、 丁寧に清掃していきます。

 

 

 

煙突は、

屋上に上り、

丸トップを外して

ワイヤーブラシで

煙突内のススを取り除いていきます。

煙突掃除のときに外された

丸トップもきれいに磨きます。

 

ナイロン袋がサラサラなススをキャッチ!

 

 

(この量で2年分です。

断熱二重煙突+直抜き煙突で施工しているからであり、

シングル煙突では、ススの状態も量も雲泥の差が出てきます。)

 

 

 

室内に戻り

本体をピカピカに磨き上げていきます。

 

【メンテナンス前】

 

 

【メンテナンス後】

 

 

 

部品を元に戻し、

周りを掃除して

内部のメンテナンスも完了しました。

 

 

 

 

すぐに薪ストーブを使用できるように、

炉内に灰も敷き、

今シーズンの薪ストーブ準備は完了!!

 

 

 

今年も温かい冬をお過ごしくださいませ^^♪

 

 


2年前に新築工事とともに

アンコールのエヴァーバーン(クラシックブラック)を

取り付けさせていただいたY様邸。

2回目の薪ストーブメンテナンスでした。

 

とっても元気なY様キッズちゃんの声を聴きながら

メンテナンス開始です(^u^)♪

 

 

【メンテナンス前】

 

 

【メンテナンス後】

 

 

 

【メンテナンス前】

 

 

【メンテナンス後】

 

 

 

【メンテナンス前】

 

 

【メンテナンス後】

 

 

 

 

 

 

薪ストーブ本体の部品を外しながら

保守点検&清掃を行っていきます。

 

 

 

 

 

 

取り外された部材は

部屋が汚れてしまわないよう屋外に出し、

点検をしながら、 丁寧に清掃していきます。

 

 

 

 

 

屋上に上り、

丸トップを外して

ワイヤーブラシで

煙突内のススを取り除いていきます。

 

 

 

 

【煙突内:メンテナンス前】

 

 

【煙突内:メンテナンス後】

 

 

ナイロン袋がススをキャッチ!

 

サラサラなススが取り除かれました。

 

煙突掃除のときに外された

丸トップもきれいに磨きます。

 

 

【丸トップメンテナンス前】

 

 

 

【丸トップメンテナンス後】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、

丸トップを元に戻し、

煙突の小傷を

専用の耐熱塗料で補修し、

煙突掃除は完了です!

 

 

 

 

 

 

室内に戻り

本体をピカピカに磨き上げていきます。

(クラシックブラック専用の補修磨きペーストのストーブポリッシュ使用。)

 

 

部品を元に戻し

周りを掃除して

内部のメンテナンスも完了しました!

(室内の煙突の小傷も専用の耐熱塗料で補修しました。)

 

 

 

 

…その後、

元気なY様キッズちゃんと

鬼ごっこをし、

大人げなく楽しんだ汐里と彩乃でした(^◇^)☆

 

 

 

Y様ファミリーの

愉快な団らんを見守るアンコールくん!

今年の冬も

お家を丸ごとポカポカに温めてね(^u^)

 


2013年10月26日 22:05  CATEGORY : 愛媛県今治市 Y様邸 火のある生活 薪ストーブメンテナンス  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

去年、新築工事をさせていただき、

バーモントキャスティングスの

アンコール エヴァーバーン(クラシックブラック)を 取付施工させて頂いた

今治市のY様邸。

 

 

2シーズン目に突入する前の、 メンテナンスを行いました✩

掃除&保守点検をしながら、 使用状況を読み取り、

今シーズン、より良い使い方ができるよう、

アドバイスをさせてもらっています✩

 

 

~メンテナンス前~

 

 

 

 

屋上に上がり、 煙突の保守点検をしながら、

煙道内部のススやタールを

専用ブラシ(まずはワイヤーブラシ)にて、

除去していきます。

 

 

 

ワイヤーブラシが下まで貫通しました。

 

 

ワイヤーブラシの次は、 樹脂性のブラシで仕上げ。

 

 

樹脂性のブラシも下まで貫通しました。

『直抜き断熱二重煙突』に加え、 使用状況もよかったので、

煙突内のススは少量で、 さらさらでした✩

 

 

ススを除去した煙突。

シングル煙突とは違い、 パウダー状のススなので、

ブラシで掃除しただけでこんなにきれいになります✩

 

 

外では、外された薪ストーブ部材の掃除をしながら、保守点検。

 

 

外された室内煙突の内部。

細かい粒子のサラサラパウダー状のススが若干付いていました。

先程と同様、ブラシで除去していきます。

 

 

薪ストーブ本体もきれいに掃除しながら、 保守点検していきます。

 

 

掃除・保守点検が終わったら、

クラシックブラック専用補修磨き剤(ストーブポリッシュ)

で 磨き上げ、仕上げていきます✩

 

 

そして、きれいに掃除し点検を終えた、

屋上の煙突を 元通り、取り付けます。

 

 

そして、 「昨シーズンの灰を捨てちゃった!」

とのことで、 ムーミーから持ってきた灰を炉内にまいていきます。

 

 

こうやって灰をある程度敷いておくことで、

炉内の痛みを防ぎ、 熾き火を長持ちさせてくれるのです✩

 

 

~メンテナンス後のアンコール・エヴァーバーン~

 

 

渋みのある、深い光沢が出て、美しく蘇りました✩

 

 

今年も、Y様の家をぽかぽかに温め、

ご家族を楽しませてあげてね~♡

 


火入れ式

今年、完成したY様邸。

 

家に居ながらにして、

プール遊びやバーベキュー、

おんまくの花火大会など、

家族でいろいろ楽しめるようにと、提案した屋上。
屋上から眺める景色はとても良く、心地良い風が流れています。
Y様ご家族もとても喜んで使ってくれていて、

今年の夏は、毎日プール遊びをし、

花火大会では、 おんまくをはじめ、

3か所の花火がきれいに見えたと、嬉しそうに話してくれました。

 

 

しかも、おんまく以外の遠方の花火は、

音が聞こえないのに花火だけ見えたそうです!
今回は、薪ストーブシーズンがやってきたので、

火入れ式を行いました。
~火入れ式の模様~

Y様ご家族が、 安全に薪ストーブを楽しめるよう、願いを込めて、

二礼二拍手一礼。

 

 

 

塩払いでお清め。

 

 

いよいよ、火入れです!

 

 

慣らし焚きを行いながら、

正しい使い方や、注意点、

薪ストーブの楽しみ方などをじっくりお話させて頂いています。

 

「慣らし焚き」 とは・・

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがあります。

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で3~4回に分けて焚き、

温度の上昇と冷却を繰り返します。

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、耐久性も向上します。
Y様ご家族へ

これから新しい家での、 待ちに待った薪ストーブライフが始まりますね♪

今後も、しっかりサポートさせて頂きますので、 存分に楽しんでくださいね♪


薪ストーブ取り付け工事

先日、Y様邸に薪ストーブを取り付けました。
バーモントキャスティングスの、

アンコール エヴァーバーン(クラシックブラック)です。
~取り付け工事の模様~

屋上にガッチリと固定された、

煙道に、 薪ストーブの煙突を取り付けています。

 

強固に、しっかり、取り付けているので、

台風が来ても、ビクともしません。
今回は、 バーナー焼きされた五寸柱に合わせて、

炉台・炉壁用に、 黒塗装の鉄板を、

特注で作ってもらいました。

 

当社の煙突は、

安全性や、スムーズな排気、メンテナンス性に配慮して、

全て、NOVA SF 断熱二重煙突を使用し、

排気効率やメンテナンス性が悪い、横引きはせず、

まっすぐ上に抜いて取り付けします。

 

 

新しい家と、薪ストーブに 大興奮のご長女Aちゃん✿

家の中を駆け回ったり、

ドラゴンをなでてみたり、

薪ストーブの横で歌を歌ったり・・♥

 

 

~薪ストーブ設置後の写真~

いろいろな角度から、撮ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

火の守り神のドラゴン。

静かに、Y様ご家族を見守ってくれることでしょう。