TAKEMOTO BLOG

愛媛県今治市 K様邸

薪ストーブ取り付け工事後。

今治市のK様邸の火入れ式を行いました。

 

本体設置後、オーブンプレートを敷き、灰を敷き詰めたら、

火入れ式開始です!!

オーブンプレート詳細はこちら。

 

 

 

 

 

 

「安全に薪ストーブを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

そして、塩払いでお清め。

 

 

 

その後、

火入れをして慣らし焚きを行っていきます。

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

 

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

ハースラグ キルマンもベストマッチです✩

 

 

 

その都度、薪ストーブの使用方法をお伝えしながら

2回目、3回目と慣らし焚きを繰り返していきます。

 

 

 薪ストーブに焔が灯り、皆様、ほっこり♪

 

 

K様邸に温かい冬が到来です(^^♪

 

 


今治市のK様邸の薪ストーブ取り付け工事を行いました。

薪ストーブはアンコールのエヴァーバーン【マジョリカブラウン】。

 

当社に薪ストーブ取り付け依頼をしてくださった時、

新築工事計画中だったK様邸。

(上棟祭後の現場に足を運び、原寸取り。完成後に再度、足を運び、確認・原寸取り。)

炉台・炉壁工事が完了している状態からの薪ストーブ取付工事です。

 

(天気に左右されながらの取り付け当日・・・。K様、大変お待たせいたしました!!)

 

今回も もちろん、

NOVA 断熱二重煙突を使用し、

まっすぐに直立屋根抜き工法で取付します。

(なぜ?と思われた方は、こちらをクリック。)

 

 

煙道取り付け場所の天井と屋根を開口していきます。

開口時、切りくずが落ちないよう、掃除機で切りくずを吸い取りながらの作業。

 

 

 

 

 

 

 

 

開口した部分にNOVA 断熱二重煙突をしっかりと支えるルーフサポートを取り付けしていきます。

 

 

 

 

屋根勾配に対応しているルーフサポート。

 

 

 

NOVA 断熱二重煙突が垂直に固定されているか、確認しながら固定していきます。

 

 

 

屋根の上でルーフサポートで固定し、

そのすぐ下で、NOVA 断熱二重煙突とFSウォールバンドⅡを軒桁に二箇所、しっかりと固定します。

固定されたNOVA 断熱二重煙突はビクともしません。

(開口した部分は補強工事をしています。)

 

 

 

固定後、雨が一滴ももれないように

板金工事、コーキング施工等をしっかりと施していきます。

 

 

 

屋根から見える景色・・・絶景です!!!

 

 

残念ながら、写真はありませんが(すみません・・・。)、

室内のNOVA 断熱二重煙突・それに携わる支持部材・本体取り付け工事もスムーズに完了し、

その日のうちに火入れ式を行いました。

 

 

 

冬を感じるこの1枚♡

薪ストーブくんが活躍するのが目に浮かんできます(・∀・)

 

 

火入れ式のブログに続く・・・♪