TAKEMOTO BLOG

愛媛県久万高原町 H様邸

H様邸 火入れ式

今年、当社で新築工事をさせて頂き、

バーモントキャスティングスの

デファイアント(クラシックブラック)

を 取付施工させて頂いた久万高原町のH様邸で 火入れ式を行いました。
外はとっても冷え込んでいて 雪が降っていました❄
でも当社『五寸柱の家』は、

薪ストーブに火を入れる前からすでに暖かく、

「何もせんでも暖かいけん、

もう、薪ストーブなくてもいいかぁ(^o^)丿笑」 とH様。

もっと、もっと暖かくしてみせましょう!!

 

 

 

では、さっそく 火入れ式開始です。

「安全に薪ストーブを楽しめますように」 と願いを込めながら、

二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

 

塩払いでお清め。

 

 

 

それでは、いよいよ火入れです。

 

 

家の完成と火入れを祝して、 乾杯!

 

 

慣らし焚きを行いながら、

正しい使い方や、注意点、 薪ストーブの楽しみ方など じっくりお話中。

 

 

「慣らし焚き」

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがあります。

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で3~4回に分けて焚き、

温度の上昇と冷却を繰り返します。

これによって、

鋳物の接合部を馴染ませることができ、 耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きをきっちり行っています。

 

 

リビングに吹き抜けがあるH様邸。

当社がおすすめしているデファイアントは

大きな吹き抜けがあっても 家全体まるごと暖まるんです。

 

 

後日、H様ご夫婦から

「朝起きたら、外は霜が降りていて外は-4℃!!

でも、家の中は暖かくって、20度を超えていましたよ!!!

もう、家中本当に暖かくて、いつも薄着でいます。

こんなに暖かい冬が過ごせると思うと、

冬が来るのが苦にならなくなりました。

ただ、薪ストーブが楽しくって、

ここのところ、ずっと寝不足ですけどね。笑

竹本建設さんに家を建ててもらって

本当によかったと思っています。

それに、薪ストーブ(デファイアント)も設置して 本当によかった。

工務店の選択も、薪ストーブの選択も 両方正解でした。」

と、大変うれしいお言葉を頂きました。

ありがとうございます♡

喜んで頂けることが、 何より一番うれしいです。

 

 


当社で新築中の 久万高原町H様邸。
前回の、煙突取り付け工事に引き続き、

いよいよ本体を設置します。
H様邸には、

バーモントキャスティングスの

デファイアント(クラシックブラック)を 設置します✰

 

 

 

ウォーミングシェルフ取り付け中。

 

このウォーミングシェルフはオプションで、

付けられない方も多いのですが、

料理の得意な薪ストーブですので、

置けるお鍋の数も増えて、

保温やドライフルーツ作りなど、

使い勝手が広がる ウォーミングシェルフを、

ムーミーでは標準装備としています。(ムーミーのみ☆)

 

 

 

煙道の内部。

地震や強風などによって、

煙突が揺れないように 煙道内部に2カ所、

『煙突囲い内サポート』を取り付けしました。

見えなくなる所ですが、決して手を抜きません!

 

 

楕円スターター取り付け中。

薪ストーブと煙突を接続します。

 

 

煙突を取り付け中、

外部の犬走り工事を終えた大西さんが、

「工事、見せて♫」と見学に来ました。

 

 

だいぶん、冷え込んできた久万高原町❄

近日中に、火入れ式をします♫

その模様もブログにアップしますので

お楽しみに✻


対面式カウンターテーブル

薪ストーブの使い勝手を考えて、

棟梁が考案した対面式カウンターテーブル。
今日は、

このカウンターテーブル(炉壁)と 床(炉台)にタイルを貼ります。
タイルを貼る前なら、 まだ自由に移動できるので、

実際にカウンターを置いて、 H邸奥様と最終確認。

 

 

 

そのままの寸法でOKが出たので、

カウンターテーブルにタイルを合わせて、

こんな感じになりますよ☆とお披露目。

 

 

 

それでは、早速タイル工事開始です。

 

 

 

最近は、

棟梁が三木さんのタイル工事を

手伝うようになっています。

(三木さんに弟子入りかな?)

 

 

 

棟梁を休まさないように、

三木さんも張り切って、作業を進めます。

 

 

 

ふたりの息もぴったり。

 

 

 

薪ストーブの設置が待ち遠しい。

 

 

 

棟梁の確かな目で、

タイル目地もきれいに仕上がり、

三木さんからも合格証書をもらいました。

 

 

 

炉台・炉壁のタイルを貼り終えました。

三木さんも、とても喜んでいました。

薪ストーブ(デファイアントのクラシックブラック)が

設置されるのが とても楽しみです♪
薪ストーブの設置模様も ブログで詳しくアップしますので お楽しみに♪


薪ストーブの煙道

冬がとっても寒い久万高原。
温かい冬を過ごして頂くため、

H様邸には、

世界最大級の薪ストーブ『デファイアント』を取り付けします。
薪ストーブ設置に先行して、

外部煙突工事、内部煙道工事が完了しました。

1階から見上げて撮った写真↑ (天井パテ処理中)
当社では、 危険で効率の悪い、煙突の横引きは一切行っておらず、

直抜き施工のみ行っています。

 

 

薪ストーブを取り付ける前から、 すでに温かいH様邸。
薪ストーブ取り付けの日が待ち遠しいです。


煙突取り付け工事

朝晩が肌寒くなり、

薪ストーブの季節がやってきました。
久万高原町のH様邸では、

雨仕舞いを良くする為、

薪ストーブの設置に先立ち、

煙突取り付け工事を行いました。

 

 

当社では、安全・安心な責任施工をしており、

きっちりとした図面を書き、

お客様にも同じ図面をお渡しして、施工しています。

 

 

H様邸は、久万高原町で積雪が多い為、

煙道の裏には、 雪が積りにくいように、

当社オリジナルの 雪避けを取り付けしました。

 

 

これによって積雪時の、

煙道にかかる負担が軽減できます。

 

 

屋根瓦のマウントグレイ色と、

煙突のブラック色で引き締まり、

かっこよく仕上がりました。

 

 

そして、 安全性を第一に考える当社は、

見えないところも、もちろん、 決して手を抜きません!
こちらは、煙道内の詳細図面です。

 

 

 

外部はガルバリウム鋼板で仕上げ、

厚み28mmの構造用合板2枚の間に、

38mm角の野縁を挟むことで空気層を取り、

内部は不燃材で仕上げ、 それらをビスで頑丈に留めています。

 

 

上記の煙道内部にFS煙突囲い内サポートを、

2か所取り付けています。

その理由は、

強風や地震の時など、

どの方向から煙突に力が加わってもビクともしないように、

取り付け施工するためです。

この他、薪ストーブについて、

もっと詳しく知りたい方は、 ご連絡の上、 お気軽にお越しくださいませ。


オリジナル 煙道

先日、上棟祭が行われた久万高原町H様邸に、

当社オリジナルの頑丈な煙道が取り付けられました。

台風などの強風や、積雪に十分耐えられるように、

厚み28mmの構造用合板を外壁下地材に使用しています 。
なお、煙道の後ろ側には、雪が積もりにくいように工事しています。

 

その施工写真は、後日アップします。
積雪の多い地域にお住まいの方、 必見です✿