TAKEMOTO BLOG

薪ストーブのいろいろ

毎晩、薪ストーブのアンコールくんと

オーロラの焔を出して、遊んでいる棟梁。

 

 

先日、「もぎたてテレビ」の撮影に来られた際、

いつものあのきれいな焔(ほのお)のオーロラを観ていただこうと思ったのですが、

自分の思っているオーロラが出てくれず・・

 

 

撮影の方が帰られた後、

アンコールくんにむかって

「・・なんで、出てくれんかったん?」

と、語りかけておりました。笑

 

 

 

その晩、いつものようにきれいな焔のオーロラを出してくれるアンコールくん。

 

「・・・出るやん」

と、棟梁 残念そうにつぶやいて。。笑

 

「この子、恥ずかしがり屋さんなんよ~」

と、みんなで話しておりました。

 

 

そのときに撮った動画がこちらです。

 

 

この話を、母が実家の父に話し、この動画を観せたところ、

「あのテレビに出とったオーロラもきれかったが、

あのときのオーロラとはまた違って、きれいなぁ~!

こりゃ、さぞかし英治くんも無念やったろうなぁ・・」

と、棟梁の良き理解者なのでした。

 

 

と、このブログを書いている今、ふとアンコールくんを見ると、

これまたきれいなオーロラが・・(*^^*)

ほんとに恥ずかしがり屋さんです。笑

 

 

 

 

おまけ

 

前に見せてくれた、とってもきれいなオーロラ☆

 


自然の着火材

秋に、子どもと一緒に拾ってきた松ぼっくり。

 

 

 

見るだけでもかわいい松ぼっくりですが、

薪ストーブの着火にも一役買ってくれます(*^^*)

 

 

 

 

一番下に松ぼっくりを置き、

その上に焚き付けの細い木を、

 

 

 

 

そして、中間の太さの木を重ね、

 

 

 

 

マッチで着火。

 

 

 

 

ゆらゆら~っと松ぼっくりから松ぼっくりへ火が渡り、

 

 

 

 

あっという間に火が大きくなります。

 

 

 

 

それから、大きめの薪を重ねて置いて、完了☆

 

 

当社では、すべて断熱二重煙突を使い、まっすぐに直抜き施工しているので、

とっても引きが良く、火付けもこの通り、とっても簡単なのです♪

 

 

 

松ぼっくり以外にも、みかんの皮をウォーミングシェルフで乾燥させ、

着火に使っています♪

 

 

先週から急に気温が下がり、寒くなりましたが、

薪ストーブに薪をくべておくと、

朝起きたときも、外から帰ってきたときも、

家の中は、ぽかぽか温かく、いい気持ちです(*^^*)

 


今治市Y様邸の薪棚

昨年、薪ストーブのデファイアントを設置させていただいた

今治市のY様邸。

薪棚の製作もご依頼頂きましたので、ご紹介☆

 

 

 

 

 

耐久性、防腐性の高いイペ材で造りました。

 

 

凛とした佇まいで、高級感があり、

かっこいいです!!

 

 


『笑の家』の薪棚

新築工事と薪ストーブ設置工事をさせていただいた、

北条『笑の家』

 

 

作製させていただいた薪棚も、ご紹介♪

 

 

↓前から

 

 

 

 

↓背面から

 

 

 

 

↓納品時

 

 

新築工事中から、

薪集めをされていたM様(*^^*)

今では、薪棚に入りきらないほどの薪を集められて、チェーンソーも購入し、

ご夫婦ともに薪集めやる気満々で楽しまれているとのことです(*^^*)

 


2018年12月1日 18:25  CATEGORY : 『笑の家』 こんなお家も建てれます 薪ストーブのいろいろ  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

雲珠さんの薪棚と木塀

昨年、薪ストーブのアンコールを設置させて頂いた、

『ぱんや雲珠さん』(*^^*)

 

 

 

 

手作りの薪棚を納品させていただきました☆

 

 

 

 

雲珠さんのイメージに合わせて、

また、木塀ともマッチするように

まるみをおびています♪ かわいい(*^^*)

 

 

 

 

当社のロゴであるムーミーの焼印を押して欲しいとのことで

押させて頂いているところです(*^^*)

 

 

 

 

雲珠さんも焼印に挑戦♪♪

 

 

 

 

どこにいるか、わかるかな?(*^^*)

 

 

 

 

 

先日、駐車場の木塀を増設させていただきました☆

 

 

 

 

 

お店は、来る度にどんどんかわいくなっていて、

丹精込めて作られたパンは、どれもとてもかわいくて、おいしくて、

何回訪れても、毎回うきうき・わくわくします(*^^*) ♪

 

 

みなさまも、ぜひ雲珠さんへ行かれてみてください(*^^*)♪

 


本日の我が家のオーロラ

我が家の薪ストーブ アンコールくんが作り出した、炎のオーロラ。

炎は、薪の種類や置き方、薪ストーブの温度、空気の絞り具合などによって変わり、

現す姿は、一期一会。

今日もまた、美しいオーロラの炎を魅せてくれました(*^^*)

 

 

 


薪ストーブ(デファイアントやアンコール)の灰受けを

オーブンとして変身させてくれる『オーブンプレート』

 

 

オーブン内は、炭火のコントロールの必要がなく、

失敗が少ないので、薪ストーブ初心者の方にもおすすめな薪ストーブクッキングで、

当社のお客様も大勢取り付けているのですが、

薪ストーブのメンテナンスをして周っていて、

オーブンプレートの上にどっさりと灰が積もり、

灰が断熱材の役割を果たし、

オーブン内の温度が上がりにくい状態になっていらっしゃる方が多いなぁと感じました。

 

 

せっかくのオーブンを使わずにいるのは、もったいない(> <)!!

当社としても、ぜひとも使って欲しいなぁと思い、

今日は、オーブン内で料理をしたいときの

プレート上の灰の厚みについて、今一度ご説明をさせて頂こうと思います♪

 

 

オーブン内の温度が、200~250℃くらいにしたい場合と、

150~180℃くらいにしたい場合の2パターンご紹介♪

 

 

まずは、『オーブン内の温度を、200~250℃くらいにしたい時』

灰を両サイドに寄せて盛り、オーブンプレート上の灰を薄くします。

 

 

 

 

 

灰の厚みが分かりやすいように、定規を作ってみました。

 

 

 

 

下の赤いラインで、

この時、灰の厚みは7mm程です。

 

 

 

 

そして、オーブン内を150~180度くらいにして、

ゆっくりと焼き上げたい時は、

両サイドに寄せた灰を崩し、炉内にまんべんなく広げます。

 

 

 

 

 

 

灰の厚みは、先程の定規の上の黒いラインまでで、

 

 

 

 

17mm程あります。

 

 

こんな感じで、プレート上の灰の厚みを調整していただくと、

オーブン内の料理をもっと簡単に楽しんで頂けるのではないかと思います(*^^*)

ぜひ、お試しください♪

 

 

 

~おまけ~

両サイドに灰を盛っている状態での簡単な火付け方法をご紹介♪

下に新聞やティッシュを敷き、

両サイドの盛った灰に架けるように焚き付けを組みます。

すると、空気のまわりがとても良いので、

より早く着火できますよ♪

 

 

 

 

 

 


雑誌 掲載情報☆

以前、とある雑誌に竹本建設&ムーミーが掲載されました。

その際に、松山市『わ』の家のお施主様がご協力してくださりました(*^^*)

その節は、ありがとうございました☆

ブログでもご紹介させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 


本日の~炎のオーロラ~

我が家の薪ストーブのアンコールくん、

今シーズンも暖房に料理に、癒しに・・大活躍してくれています♪

 

 

本日の炎のオーロラです♪

 

 


ファイヤーサイドの薪ストーブのカタログが、

リニューアルしました☆

 

 

 

 

 

カタログには、新商品も仲間入りしています♪

 

 

我々の先祖の最初の火かき棒が、手折った枝だったことから、

枝モチーフのユニークな火かき棒が誕生☆

 

 

本体はアルミなので、重さはわずか200g

グリップには、本革が巻かれていて、

とってもおしゃれです♪

 

 

 

 

 

この火かき棒で、薪ストーブの熾きをいじっていると、

なんだか、魔法の呪文を唱えてみたくなりそうです♪

 

 


2016年10月6日 10:05  CATEGORY : 火のある生活 薪ストーブのいろいろ  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)
1 / 912345...最後 »