TAKEMOTO BLOG

薪ストーブのいろいろ

雲珠さんの薪棚と木塀

昨年、薪ストーブのアンコールを設置させて頂いた、

『ぱんや雲珠さん』(*^^*)

 

 

 

 

手作りの薪棚を納品させていただきました☆

 

 

 

 

雲珠さんのイメージに合わせて、

また、木塀ともマッチするように

まるみをおびています♪ かわいい(*^^*)

 

 

 

 

当社のロゴであるムーミーの焼印を押して欲しいとのことで

押させて頂いているところです(*^^*)

 

 

 

 

雲珠さんも焼印に挑戦♪♪

 

 

 

 

どこにいるか、わかるかな?(*^^*)

 

 

 

 

 

先日、駐車場の木塀を増設させていただきました☆

 

 

 

 

 

お店は、来る度にどんどんかわいくなっていて、

丹精込めて作られたパンは、どれもとてもかわいくて、おいしくて、

何回訪れても、毎回うきうき・わくわくします(*^^*) ♪

 

 

みなさまも、ぜひ雲珠さんへ行かれてみてください(*^^*)♪

 


本日の我が家のオーロラ

我が家の薪ストーブ アンコールくんが作り出した、炎のオーロラ。

炎は、薪の種類や置き方、薪ストーブの温度、空気の絞り具合などによって変わり、

現す姿は、一期一会。

今日もまた、美しいオーロラの炎を魅せてくれました(*^^*)

 

 

 


薪ストーブ(デファイアントやアンコール)の灰受けを

オーブンとして変身させてくれる『オーブンプレート』

 

 

オーブン内は、炭火のコントロールの必要がなく、

失敗が少ないので、薪ストーブ初心者の方にもおすすめな薪ストーブクッキングで、

当社のお客様も大勢取り付けているのですが、

薪ストーブのメンテナンスをして周っていて、

オーブンプレートの上にどっさりと灰が積もり、

灰が断熱材の役割を果たし、

オーブン内の温度が上がりにくい状態になっていらっしゃる方が多いなぁと感じました。

 

 

せっかくのオーブンを使わずにいるのは、もったいない(> <)!!

当社としても、ぜひとも使って欲しいなぁと思い、

今日は、オーブン内で料理をしたいときの

プレート上の灰の厚みについて、今一度ご説明をさせて頂こうと思います♪

 

 

オーブン内の温度が、200~250℃くらいにしたい場合と、

150~180℃くらいにしたい場合の2パターンご紹介♪

 

 

まずは、『オーブン内の温度を、200~250℃くらいにしたい時』

灰を両サイドに寄せて盛り、オーブンプレート上の灰を薄くします。

 

 

 

 

 

灰の厚みが分かりやすいように、定規を作ってみました。

 

 

 

 

下の赤いラインで、

この時、灰の厚みは7mm程です。

 

 

 

 

そして、オーブン内を150~180度くらいにして、

ゆっくりと焼き上げたい時は、

両サイドに寄せた灰を崩し、炉内にまんべんなく広げます。

 

 

 

 

 

 

灰の厚みは、先程の定規の上の黒いラインまでで、

 

 

 

 

17mm程あります。

 

 

こんな感じで、プレート上の灰の厚みを調整していただくと、

オーブン内の料理をもっと簡単に楽しんで頂けるのではないかと思います(*^^*)

ぜひ、お試しください♪

 

 

 

~おまけ~

両サイドに灰を盛っている状態での簡単な火付け方法をご紹介♪

下に新聞やティッシュを敷き、

両サイドの盛った灰に架けるように焚き付けを組みます。

すると、空気のまわりがとても良いので、

より早く着火できますよ♪

 

 

 

 

 

 


雑誌 掲載情報☆

以前、とある雑誌に竹本建設&ムーミーが掲載されました。

その際に、松山市『わ』の家のお施主様がご協力してくださりました(*^^*)

その節は、ありがとうございました☆

ブログでもご紹介させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 


本日の~炎のオーロラ~

我が家の薪ストーブのアンコールくん、

今シーズンも暖房に料理に、癒しに・・大活躍してくれています♪

 

 

本日の炎のオーロラです♪

 

 


ファイヤーサイドの薪ストーブのカタログが、

リニューアルしました☆

 

 

 

 

 

カタログには、新商品も仲間入りしています♪

 

 

我々の先祖の最初の火かき棒が、手折った枝だったことから、

枝モチーフのユニークな火かき棒が誕生☆

 

 

本体はアルミなので、重さはわずか200g

グリップには、本革が巻かれていて、

とってもおしゃれです♪

 

 

 

 

 

この火かき棒で、薪ストーブの熾きをいじっていると、

なんだか、魔法の呪文を唱えてみたくなりそうです♪

 

 


2016年10月6日 10:05  CATEGORY : 火のある生活 薪ストーブのいろいろ  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

先日、ファイヤーサイド30周年ミーティングに参加しに、

長野にある本社へ行ってきました。

 

 

 

 

30周年を記念した、

限定モデルや、グッズも多数出ています♪

 

 

 

 

 

30周年限定モデルのアンコールの

グリドルには、ロゴが刻まれていて、

 

 

 

 

ハンドルは、木製のナラ材、

 

 

 

 

そして、アッシュドアには、さりげなくシェルのロゴが入っています*

 

 

このかっこいい30周年限定モデルのアンコールの

販売期間は、2016年9月〜2017年3月です*

詳細は、こちらをクリック

 

 

 

 

そして、ファイヤーサイドに

デンマークの薪ストーブHetaのインスパイアが新たに仲間入りしました。

 

 

 

 

焔のコントロールは、空気調整レバーのみで、

左右に動かすことで、空気の量を調整し、

焔の大きさを好みに合わせて変えられるので、

とっても簡単です。

 

 

 

 

オーロラのような美しい焔が、

誰にでも簡単に出すことができる設計になっています。

 

 

 

 

当社がおすすめしているアンコールやデファイアントとは

また違った楽しみ方の薪ストーブですが、

オフィスやショップなどで、誰にでも簡単に使えて、

美しい焔を見たいという方にも、おすすめです。

 

 

Hetaのインスパイアには、

カラーも10色あり、サイズも3サイズから選べますので、

シンプルなインテリアに合わせて、コーディネートが楽しめます*

 

 

 

 

ミーティング後の懇親会で、実際にHetaの社長さんとも

お話させて頂きました。

余談:マンツーマンでの対話ならもっとかっこよかったのだが・・残念。笑

 

 

今回、取り扱いが始まったインスパイアも、

ファイヤーサイドがいくつも要望を出した中で、

それらをすぐに改善してくれたりと、

やり取りがとてもスムーズだったそうで、

当社の社長が「デファイアントやアンコールのように、

暖房能力が高くて、

薪ストーブクッキングを存分に楽しめる薪ストーブを開発して欲しい。」

との要望にも真剣に取り合ってくれました。

 

 

これからも、日本のお客さんが求めている薪ストーブに対して、

柔軟に対応し、おもしろい薪ストーブを作ってくれそうなので、

今後がとても楽しみであります♪

 

 


2016年10月4日 18:10  CATEGORY : 火のある生活 薪ストーブのいろいろ  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

オーバーホールの旅に出ていた、

我が家のアンコールくん☆

 

アンコール エヴァーバーン

色:マジョリカブラウン

 

 

 

7年間の間、シーズン中は絶やさず焚き続け、

家と家族をぽかぽかに温めてくれました☆

 

 

そんなアンコールくんがマジョリカブラウン色ということもあり、

見てみたいというお客さまが多数いらっしゃったので、

ピカピカにオーバーホールして、

ショールームで店番をしてもらうことになりました。

 

 

ちなみに自宅には、

クラシックブラック色のアンコールが仲間入りです☆

またブログでご紹介します♪

 

 

オーバーホールとは、

一度、分解して、清掃・再組み立てを行い、

新品に近い状態に戻す作業のことです。

 

修繕前(分解)→灰・錆クリーニング→再タップ→塗装の経過を経て、

アンコールくんが甦っていく様子をご紹介いたします。

 

【修繕前】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【オーバーホール後】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、

ぴっかぴかになったアンコールくんが、帰ってきました♪

 

 

帰ってきたアンコールくんは、

マジョリカブラウン色が見たいというお客様にいつでもご覧頂ける様に、

当社のショールームでお出迎えてしてくれています☆

 

 

アンコールくんの横には、

デファイアントも並んでいるので、

大きさの比較もしていただけますよ♪

 

 

小さい薪ストーブから、大きい薪ストーブまで

そして、鋳物そのままの風合いが美しいクラシックブラック色から

きれいな色艶のホーローの全3色(レッド、マジョリカブラウン、トワイライト)まで

いろいろ比較できるように、揃えておりますので、

お気軽にお越しくださいませ♪

 


2016年6月30日 16:07  CATEGORY : 我が家のアンコールくん 火のある生活 薪ストーブのいろいろ  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

私たちがおすすめしている薪ストーブのデファイアントとアンコールは、

世界で多く愛されている薪ストーブで、薪ストーブの花形とも言われています(*^^*)

 

 

 

 

 

きいちゃんも、いちおし!だそうです(*^^*)

 

 

 

 

愛犬のように愛らしいアンコール☆

 

 

 

 

そして、

横綱のような風格のあるデファイアント☆

 

 

 

両者とも、

暖房能力が高く、お料理やお菓子作り、パン作りも

なんでも得意な薪ストーブです♪

デザインが少し違いますが、大きな違いは、大きさです!

デファイアントのほうがアンコールよりも大きく、暖房能力が一段と高いので

吹き抜けのあるお家や、広いお家などにおすすめしています。

 

 

今日は、このおすすめの2機種のサイズ感が分かるように

撮影してみました♪

 

 

 

 

 

薪クッションを使って撮影♪

薪クッションとスタッフを参考に見比べてみてください☆

【アンコール】

 

【デファイアント】

 

 

 

トップや炉内もアンコールより大きいので、

置ける調理器具の数や、

炉内に入るダッチオーブンのサイズも違ってきます。

 

【アンコール】

 

 

【デファイアント】

 

家の大きさだけでなく、

薪ストーブクッキングの際、一度に使いたい調理器具の数や大きさで

薪ストーブを選ぶのも、ひとつの手かもしれませんね(*^^*)

 

 

 

そのほかにも、いろんなサイズの薪ストーブと比較して頂けますので、

薪ストーブのことを知りに、

ぜひショールームへご来店くださいませ♪

 

 

 

 


2016年6月27日 18:20  CATEGORY : 火のある生活 薪ストーブのいろいろ  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

内子町のS様邸に元々取り付けられていたビジラント。

 

薪ストーブの炉内で

薪ストーブクッキングを楽しみたい。

アンコールのような大きなガラスで炎を楽しみたい。

とのことで、

薪ストーブのアンコールにお取替えさせていただいておりました。

その時のブログはこちら。

 

取り替えさせていただいたビジランとはその当時、

S様の親戚の方が取り付けされる可能性があるかもしれないとのことだったので、

ビジラントをファイヤーサイドに送り、

オーバーホールをすることになりました。

 

オーバーホールとは、

一度、分解して、清掃・再組み立てを行い、新品時の性能状態に戻す作業のことです。

 

修繕前(分解)→灰・錆クリーニング→再タップ→塗装の経過を経て、

ビジラントが甦っていく様を写真にてご紹介いたします^^

 

【修繕前】

 

 

 

 

 

【灰・錆クリーニング後】

 

 

 

 

 

 

【再タップ】

 

 

 

【塗装後】

 

 

 

 

 

 

 

【組み立て、完成】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(現在、ファイヤーサイドでの販売はされていない)ビジラントが

新品同様に甦りました♪

「使わなくなったら、使えなくなったら、捨てる」のではなく、

こうやって丁寧にオーバーホールすることで甦る古いモノたち♪

素敵ですよね^^♪

 

当社のショールームに

甦ったビジラントを展示しておりますので、

ご興味のある方は是非お越しくださいませ☆

 

ショールームの詳細はこちら。

 

 

 


1 / 912345...最後 »