TAKEMOTO BLOG

囲炉裏・火鉢

火鉢でお餅(^u^)

夜ごはんを食べ終わり、

まったりとした時間が流れている時のこと。

 

薪ストーブでできた炭火を

火鉢へ・・・♪

 

 

もうそこまで来ているお正月。

少し早いけどお餅を焼いちゃいましょう(^u^)

 

やっぱり炭火で焼くと格別♡

 

さっ、

お正月休みまでの

残りわずかな日数

ファイトー★

オー★

 


2013年12月25日 15:12  CATEGORY : 囲炉裏・火鉢 日々の出来事 火のある生活  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

香道

棟梁、また灰に模様を描いています。

 

 

テーマは『南部の鉄瓶』だそうです。笑

 

 

こちらが、我が家の南部の鉄瓶。

何となく似てる・・笑

 

 

きれに模様が描けたところで

以前、N様から頂いたお香を楽しむことに・・♪

 

 

薪ストーブから熾きをもってきて、

その上に灰をかぶせて、 その上にお香を。

 

 

数秒すると、いい香りが・・

落ち着きます。

 

 

お香の香りは、 心落ち着き、 癒され、

気が引き締まります。

 

日常の中に こういう時間を取り入れること大事ですね。

 
N様、ありがとうございました♡

 


2012年2月1日 19:59  CATEGORY : 囲炉裏・火鉢 火のある生活  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

火鉢で炙りました。

去年完成した今治市Y様邸の

Y様ご家族が 先日、来社されました(*^_^*)

 

 

 

その際、お土産を頂いちゃいました♡

じゃこ天をはじめ、

ちくわやかまぼこなどの練り製品の詰め合わせです♡

 

 

我が家の薪ストーブ(アンコール エヴァーバーン)で

 

 

熾した炭を、

 

 

火鉢に移して、

 

 

じ~っくりと焼いて、いただきました♪

 

遠赤外線効果で、 ほくほく・ジューシーに焼き上がりました♪

 
とってもおいしかったです(●^o^●)

ありがとうございました♡

 


2012年1月10日 18:15  CATEGORY : 囲炉裏・火鉢 火のある生活  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

薪ストーブで熾した炭を火鉢に入れて、

じゃこてんを焼いてみました♪

炭火でじ~っくり焼いたじゃこてんは

遠赤外線効果で あつあつ、ほくほく、ジューシーで

とってもおいしいんです♡

 
やっぱり、自然のエネルギーは素晴らしい。

 


2011年12月17日 15:06  CATEGORY : 囲炉裏・火鉢 火のある生活  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

火鉢で炭火料理

先日からご紹介している、

火鉢の道具を使って、

宇和島産のじゃこ天を焼いてみました♪

 

 

 

網の下でほんのり赤く光っているのが、

紀州備長炭です。

 

 

この備長炭は、

炎を出さずに赤外線を出し、

炭自体に臭気がないので、 炭火料理に向いているそうです。

 
そこで欲しくなるのが・・

 

 

これですよね。

この梅酒は、沖縄の泡盛で有名な瑞泉の梅酒。

沖縄の黒糖が入っていて、コクのある梅酒で、

おいしかったです。

 

 

(有)竹本建設と(有)ムーミーでは、

薪ストーブや囲炉裏、火鉢を取り入れた 癒しの空間のご提案をしています。

 

 

火のある暮らし、とってもいいですよ(*^^)

 


2011年4月22日 18:35  CATEGORY : 囲炉裏・火鉢 火のある生活  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

本日の灰と花

棟梁が、 灰ならしで、模様を描きました。

 

 

 

これが、なかなか楽しくて、

一度すると、病みつきになるのです。

 

 

 

今回のテーマは、『月のクレーター』だそうです。

 

 

「灰をならし、灰を美しく整え、模様を描く」
「神聖な火元の清浄を保ち、美しい模様を描きお客様を迎える」

 

 

これだけでなく、

昔は、文字を習うため、 灰に字を書き、

黒板代わりとしても使われていたそうです。

 
そして、 庭で育つ本日の花々 。

 

 

 

 


2011年4月21日 16:58  CATEGORY : 囲炉裏・火鉢 火のある生活  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

火鉢の道具~その参~

火鉢の道具、最終章です。

 

まず、こちらは、簡易台十能。

 

 

安全に炭火を運ぶためのもので、

ムーミーでは、

薪ストーブで熾(おこ)した炭火を七輪へ移動するのに使っています。

 

 

続いてこちらは、ダルマ火消し壺。

 

 

その名の通り、

炭火の火を消したいときにこの壺に入れます。

そして、消した炭をまた次回に使用することができるのです。

 

 

 

お次は、炭取り(炭取り箱)火ばさみ。

 

 

 

 

小分けした木炭を入れて、

 

囲炉裏や火鉢のところへ運ぶための箱です。

 

炭取りのフタをお盆がわりに使ったり、箱膳として使うこともできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、備後円座。

 

 

 

 

この備後円座は、国産の良質なイ草を使用しており、

 

1日に1枚ほどしか作れない手作りの品。

 

 

 

今では生産者も少なく、

 

伝統を受け継ぐ一部のお年寄りで生産されているそうです。

 

 

 

売り切れ時は数ヶ月待ちだとか。 

 

最高級といわれる備後(広島)のイ草でつくられており、

 

光沢・耐久性ともに優れ、とてもよい香りがします。

 

 

 

 

 

注文していた、火鉢の道具は以上です。

 

 

 

これから、

 

大切に使っていこうと思います。

 

 

 

 

 


2011年4月20日 18:24  CATEGORY : 囲炉裏・火鉢 火のある生活  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

火鉢の道具~その弐~

先日、 ちろりさんから届いた、

火鉢の道具のつづきをご紹介します。

 

 

火鉢には欠かせない五徳。

 

 

本場盛岡の南部鉄器メーカー及源鋳造製の三ツ爪五徳。

日本製らしい精度の高い鋳物(鉄製)の美しい五徳です。

 

 

そして、瓶敷き。

 

 

こちらも、及源鋳造製の南部鉄器で、

シンプルな雪格子のデザインが美しい。

 

 

 

そして、 ミニグリル。

 

 

こちらも、及源鋳造製のもので、

グリル2個と取っ手1つのセットです。

肉や魚など、油の落ちる食材は、

このグリルで焼くと煙がほとんど出ないそうです!

 

 

 

そして、 南部鉄器の鉄瓶。

 

 

こちらも、またまた及源鋳造製のもので、

東雲亀甲(しののめきっこう)模様が美しく、

シャープなデザインの鉄瓶です。

 

 

 

そして、昨日、

紀州備長炭と五徳、鉄瓶を使って、お茶を淹れてみました。

 

 

すると、お水はいつもと一緒なのに、

口当たりがとても軟らかく、

どこか高級料亭のお茶かと、

錯覚を起こしてしまいそうなほど、 おいしい、おいしいお茶でした。

 

 


2011年4月18日 18:23  CATEGORY : 囲炉裏・火鉢 火のある生活  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

火鉢の道具~その壱~

ちろりさんから、

先日注文していた、 火鉢の道具が送られてきました♪
ウキウキしながら箱を開けてみると・・

 

 

ひとつ、ひとつ、丁寧に梱包されていました。
では、早速開けてみましょう♪

 
まずは、紀州備長炭。

 

 

紀州備長炭の中でも、

細備で、 着火しやすく、 小さいながらも高火力だそうです!

今 夜、使ってみましょう♪

 

 
そして、角ひねりの火箸。

 

 

本場盛岡の南部鉄器でできていて、

ずっしりとした重みがあり、 シンプルで上品な火箸です。

美しい・・

 

 

 
そして、曲がり灰ならし。

 

 

「灰をならし、灰を美しく整え、模様を描く」

 
「神聖な火元の清浄を保ち、美しい模様を描きお客様を迎える」
これは、日本独自の文化だそうです。
子供のころはあまり気にならなかった、

日本の素晴らしい文化を

これからは、受け継ぎ、 少しでも伝えていけたらいいなと思います。

 

 

ちろりさんは、

インターネット販売されている会社ですが、

いろいろなことを教えてくれて、 とても良心的です。
注文していた品は、

まだまだありますが、 少しずつブログにアップしていきます。

おたのしみに♪

 


2011年4月12日 17:48  CATEGORY : 囲炉裏・火鉢 火のある生活  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

瀬戸火鉢と薪ストーブ

先日、 祖父から こちらの瀬戸火鉢を譲り受けました。

 

 

 

この瀬戸火鉢は、

1930年頃のもので、

祖父が物心つく前から使われていたのですが、

時代の変化とともに次第に使われなくなり、

家の奥に保管されていたそうです。

 

 

少しヒビが入っていましたが、

補修すればまだまだ使えるこの火鉢。

 

使わない訳には、いきません。
という訳で、 この火鉢を修繕し、

薪ストーブで出来た灰を使って、

この火鉢を復活させることにしました。
(修繕模様を撮り忘れていたので、そこは省略・・)

 

修繕し、磨き、見事よみがえった火鉢。

 

薪ストーブで出来た灰をふるいにかけて、

火鉢に入れていきます 。

 

 

 

 

 

 

 

ふるいにかけられた灰は、 とてもきれいでさらさらです。

 

 

 

火鉢を薪ストーブの前に置き、

薪ストーブで炭を熾(おこ)して 準備完了。

 

 

薪ストーブで炭を熾すと、 早くて簡単。

あっという間に、真っ赤っか。
さぁ、さっそく火鉢へ 。

 

 

 

うわぁ~。 これまた温かい・・。

これぞ、侘び寂びですね・・落ち着きます。

 

 

見事、復活した瀬戸火鉢。

 

薪ストーブとのコラボは、

炭を熾す手間がなく、 灰も有効活用でき、 大成功でした♥
只今、ちろりさんで、 火鉢の道具を取り寄せ中・・
届き次第、またブログにアップしますので、 お楽しみに♪

 


1 / 212