TAKEMOTO BLOG

火のある生活

火入れ式 ~東温市h様邸~

まだ暑い時期に薪ストーブの設置工事が完了したh様邸。

肌寒くなってきて、火が恋しくなってきた頃、

火入れ式&レクチャーをさせていただきました(*^^*)

 

 

~火入れ式の模様~

 

「安全に薪ストーブライフを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

 

 

塩払いでお清め。

 

 

 

 

いよいよ火入れです!

火入れをして、

慣らし焚きを行っていきます。

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

 

 

無事に火入れできたことをお祝いして乾杯。

 

 

 

 

その後、

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

じっくりとお話させていただきました。

 

 

 

 

ご主人様もさっそく実践♪

 

 

これから始まる、暖かくて美味しい薪ストーブライフ♪

当社が今後もしっかりとサポートをさせていただきますので、

思う存分、たっぷりとご堪能くださいませ(*^^*)

ありがとうございました。

 


愛媛県東温市h様邸に、

薪ストーブを設置させていただきました。

機種は、バーモントキャスティングスのデファイアント

クラシックブラック色です。

 

 

~工事の模様をご紹介~

他社にて新築工事中のh様邸の工事の進行に合わせ数回に分けて、

煙突工事から本体設置工事まで行いました。

まずは、

位置出しをした墨を基準に、丁寧に屋根を開口していきます。

 

 

 

 

開口部分を補強し、専用の取付金物を取付していきます。

 

 

 

 

しっかりと固定された断熱二重煙突は、

ビクともしません。

 

 

 

 

外部とステンレス一枚で接しているフラッシング内が

結露してしまわないように、

断熱材のロックウール(別名:ミネラルファイバー)

を入れていきます。

 

 

 

 

断熱材が落ちないように、不燃材でフタをします。

 

 

 

 

そして、お家が完成し、

いよいよ薪ストーブが運び込まれ、仕上げ工事です。

 

 

 

 

NOVA SF 断熱二重煙突をつなぎ伸ばしていき、

 

 

 

 

薪ストーブ本体と煙突を接続。

 

 

 

 

ウォーミングシェルフなどを取付して、

薪ストーブ、取付完了。

タイルとも良く合い、かっこいいです(*^^*)

 

 

火入れ式の模様は、次のブログでご紹介させていただきます♪

 


#カブトピザ 

よく晴れた休日。

ファイヤーサイドオリジナルのピザ釜【Kabuto(カブト)】でオーブン料理を楽しみました♪

【Kabuto(カブト)】 ¥29,800(税別)

●サイズ:W440×D740×H836mm(ハンドル、煙突含む)

●重量:16,5kg(本体装備)

●オーブン内有効寸法:W270×D320×H55mm
(12インチ(直径)30cmまたは32cm四方までのピザが焼けます)
●燃料:木片、木質ペレット

 

カブトはコンパクトで、背が低いため、作業しやすいように特設台を用意しました。
カブト管理兼、焼き係り:棟梁(英治)

 

 

レクリエーション・食す係り:英治以外。笑

 

 

新品のカブトを使用する初めのみ慣らし炊きを行ないます。

木片の炊き始めは下の写真くらいの煙が出ます。

 

 

焔がとてもきれいでした^^

 

 

慣らし炊きを終え、

いよいよピザが釜の中へ・・・☆

 

 

 

様子を見てピザを回しながら焼き、約2分ほどでピザが焼きあがりました♪

 

 

屋外で、家族で、カブトで、美味しいピザを頂く・・・。

もう、このピザが最高!!

もちっ、ぱりっ!!

 

 

 

 

 

2歳、4歳の賑やか過ぎるガールたちがたちまち食事を始めるとしーん。笑

夢中でピザ釜で焼いた料理

(ピザ、ポテト、焼きおにぎり、ウインナー、鶏と野菜のオーブン焼き)を食しておりました^^

 

 

ご馳走様でした♪

カブトを使用した感想は、、、

とにかくコンパクトで、持ち運びがとても楽!

設置、使用しやすく、なんといってもたくさんの料理が美味しく、楽しく頂けました^^

後片付けも簡単で、次回が今から楽しみです♪

 

みなさまのアウトドアのお供に、楽しい・美味しいピザ釜【カブト】はいかがですか^^?


2019年6月19日 12:03  CATEGORY : 日々の出来事 火のある生活 薪ストーブのいろいろ  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

夏の薪ストーブ~遮熱編~

七輪の続編になりますが・・・

 

七輪を使うときは

その下にケイカル板を置くだけでした。

 

炉内で火を使うわけだから、

薪ストーブのトップドア(クッキンググリドル)がどうしても熱くなります。

(熱くなるといっても、手で触れるくらいまでですが・・・)

 

“夏の薪ストーブ”というからには室内が暑くなると大変です。

 

ケイカル板は不燃ボードで、

断熱性があり、湿気にも強くて、反りや収縮が少ないという特徴をもっています。

そんな特性を七輪の下だけに使うのじゃあ、もったいない。

 

そこで、

大工の血がおおいに騒ぎ・・・

思い立ったら吉日。今何時だろうと関係なし!!

 

ケイカル板をカットし、磨きに磨き・・・

 

 

 

 

 

完成!!

あら、最初から付いていたみたいです。

 

これで

“ケイカル板トップドア”の放熱が少なくなり、七輪を炉内で長時間使用しても

室内温度の上昇も気にせず、おいしい料理が楽しめます。


2019年6月14日 16:57  CATEGORY : 薪ストーブクッキング  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

夏の薪ストーブ~七輪編~

打ち合わせ中、お客様からよく、「夏の薪ストーブは邪魔じゃない?」とのお声が。

いえいえ、そんなことはないですよ^^

 

社長の提案する夏の薪ストーブ活用法のひとつをご紹介しましょう。

 

冬の私たちの心と体を充分に暖めてくれた薪ストーブに感謝をしながら(←ここ大事!)

炉内を軽く掃除し、七輪を置きます。

 

 

そして、炭の準備。

 

火おこし器に入れた炭をガスコンロ(我が家の場合)の弱火で赤くなるまでゆっくり火を起こします。

『強火の方が早く火が起きるんじゃない?』と思うところですが、

そんなことしたら、爆跳(※)し、怖い思いをすることになるので、弱火でじっくり待ちましょう。

(※)炭内の水分が急激な加熱により膨張し、パ~ン・カッキ~ンと音を立てて爆ぜること

 

火がついたら七輪へ移します。

やけどに注意しましょうね。

 

続いて、網を置いて焼き物を置きます。

今回は焼き鳥。

 

焼き鳥屋さんになった気分で時々うちわであおいだりして・・・

あ~残念。

うちわがオシャレじゃなかったな~。

 

ジュ~ジュ~いい音♪

 

 

いい焼き加減!!

 

塩振ったり、ポン酢つけたりして美味しくいただきました。

 

焼き鳥屋さんならではの、煙はお店だから良いわけで

居住空間での室内けむりは困りますよね。

そこは薪ストーブくん!!

焼いている間の煙は煙突に向かって排気してくれるので室内に煙は一切入りません。

 

今年の夏は薪ストーブの炉内で

晩酌のお供を美味しく焼いてみませんか?


2019年6月14日 15:01  CATEGORY : 薪ストーブクッキング  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

西条市の『時を刻みつづける家』

 

 

いよいよ、火入れ式♪

薪ストーブに火が灯ります。

 

 

~火入れ式開始~

 

「安全に薪ストーブライフを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

 

塩払いでお清め。

 

 

 

 

 

いよいよ火入れです☆

火入れをして、

慣らし焚きを行っていきます♪

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

 

無事に火入れできたことをお祝いして乾杯。

 

 

 

この日は、お忙しい中、ご実家のご両親も参加してくださいました。

奥様のご実家は、福祉施設をされていて、

これまで、奥様から たくさんお話をお聞きしていて、

愛にあふれた素敵なところだなぁ、

ご両親がとても素敵な方なんだろうなぁ、いつかお会いしてみたいなぁと思っておりました。

お会いしたら、恵比寿さんのようなお父様と、太陽のように明るいお母様で、

思ったとおり素敵なご両親様でした。

だから、こうやってお家や福祉施設に、人が集まってくるんだろうなぁと思いました(*^^*)

 

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

じっくりとお話させていただきました(*^^*)

 

 

 

 

途中、だれからともなく話が脱線し、

薪ストーブの話から、ラグビーの話、子供の話、・・・・

話が尽きず、あっという間に慣らし焚き完了してしまいました(*^^*)

 

 

 

 

いよいよ始まる暖かくて美味しい薪ストーブライフ♪

今後も当社がしっかりとサポートをさせていただきますので、

思う存分、た~っぷりとご堪能ください☆

 

 

薪ストーブでパン、焼けたかな?(*^^*)

 


西条市の 『時を刻みつづける家』に、

いよいよ、薪ストーブ本体が設置されます(*^^*)

 

機種は、バーモントキャスティングスのアンコールです。

(色:クラシックブラック)

 

 

外部の煙突は、

屋根の葺き替えの際に一緒に取り付け、完了済みなので、

 

 

 

 

それから下の煙突を取り付けしていきます。

 

 

 

 

専用の煙突支持部材をしっかりと固定し、

 

 

 

 

それに煙突を取り付けしていきます。

 

 

 

 

しっかりと固定された煙突は、ビクともしません。

 

 

 

 

フラッシング部分は、外部とステンレス一枚で接しているので、

フラッシング内が結露してしまわないように、

断熱材のロックウール(別名:ミネラルファイバー)を入れていきます。

 

 

 

 

断熱材が落ちないように、不燃材でフタをして完了。

 

 

通常、ステンレスの化粧板でフタをしますが、

屋根裏の既設の古いタルキの色合いに合わせて、

不燃材(ダイケンダイライト)にしました。

 

 

そして、お子様の遊び場になりそうなので、

危なくないように、

 

 

 

 

囲いを作って、中に物が入らないようにフタをしました。

 

 

 

 

 

屋根裏の工事は完了です!

 

 

 

 

いよいよ、本体が運び込まれます。

 

 

 

 

煙突と本体が接続され、

ウォーミングシェルフを取り付け。

 

 

 

 

取り付け完了☆

 

 

 

 

和な雰囲気にも、とってもよく合っています(*^^*)

 

 

こうして、『時を刻みつづける家』に、また新しい仲間が加わりました♪

みんなから、可愛がってもらえることでしょう(*^^*)

 


毎晩、薪ストーブのアンコールくんと

オーロラの焔を出して、遊んでいる棟梁。

 

 

先日、「もぎたてテレビ」の撮影に来られた際、

いつものあのきれいな焔(ほのお)のオーロラを観ていただこうと思ったのですが、

自分の思っているオーロラが出てくれず・・

 

 

撮影の方が帰られた後、

アンコールくんにむかって

「・・なんで、出てくれんかったん?」

と、語りかけておりました。笑

 

 

 

その晩、いつものようにきれいな焔のオーロラを出してくれるアンコールくん。

 

「・・・出るやん」

と、棟梁 残念そうにつぶやいて。。笑

 

「この子、恥ずかしがり屋さんなんよ~」

と、みんなで話しておりました。

 

 

そのときに撮った動画がこちらです。

 

 

この話を、母が実家の父に話し、この動画を観せたところ、

「あのテレビに出とったオーロラもきれかったが、

あのときのオーロラとはまた違って、きれいなぁ~!

こりゃ、さぞかし英治くんも無念やったろうなぁ・・」

と、棟梁の良き理解者なのでした。

 

 

と、このブログを書いている今、ふとアンコールくんを見ると、

これまたきれいなオーロラが・・(*^^*)

ほんとに恥ずかしがり屋さんです。笑

 

 

 

 

おまけ

 

前に見せてくれた、とってもきれいなオーロラ☆

 


自然の着火材

秋に、子どもと一緒に拾ってきた松ぼっくり。

 

 

 

見るだけでもかわいい松ぼっくりですが、

薪ストーブの着火にも一役買ってくれます(*^^*)

 

 

 

 

一番下に松ぼっくりを置き、

その上に焚き付けの細い木を、

 

 

 

 

そして、中間の太さの木を重ね、

 

 

 

 

マッチで着火。

 

 

 

 

ゆらゆら~っと松ぼっくりから松ぼっくりへ火が渡り、

 

 

 

 

あっという間に火が大きくなります。

 

 

 

 

それから、大きめの薪を重ねて置いて、完了☆

 

 

当社では、すべて断熱二重煙突を使い、まっすぐに直抜き施工しているので、

とっても引きが良く、火付けもこの通り、とっても簡単なのです♪

 

 

 

松ぼっくり以外にも、みかんの皮をウォーミングシェルフで乾燥させ、

着火に使っています♪

 

 

先週から急に気温が下がり、寒くなりましたが、

薪ストーブに薪をくべておくと、

朝起きたときも、外から帰ってきたときも、

家の中は、ぽかぽか温かく、いい気持ちです(*^^*)

 


今治市Y様邸の薪棚

昨年、薪ストーブのデファイアントを設置させていただいた

今治市のY様邸。

薪棚の製作もご依頼頂きましたので、ご紹介☆

 

 

 

 

 

耐久性、防腐性の高いイペ材で造りました。

 

 

凛とした佇まいで、高級感があり、

かっこいいです!!

 

 


1 / 3712345...102030...最後 »