TAKEMOTO BLOG

屋上庭園~家が最高の遊び場~

上棟祭~その二~

1階が組み終わり、次は二階を組み上げていきます!
一階の時と同様に、

バーナー焼きをした木材に傷が入らないよう、

桁と柱を組み込まず、

五寸柱を一本一本丁寧に、気合を入れて、建てていきます!

 

 

 

天に向かってまっすぐにそびえ立つ二階の五寸柱の、

強固で、堂々としたこの姿は、

凛として、とても美しく、勇ましく感じられます。

 

 

二階の柱も建て終わり、

次は二階の桁を組んでいきます。

二階の桁もまた、1階と同じく継ぎ手なしの一本物!!

 

 

腕利きのレッカーさんによって、

丁寧に木材が吊り上げられていきます。

 

 

 

継ぎ手のない太くて長い桁。

 

 

迫力満点です!!

 

 

職人たちが桁の上で掛矢(かけや)を振るい、

二階の柱と通し柱に組み込んでいきます。

 

 

「せ~の!えいっ!!えいっ!!」

力強い掛け声とともに、

「コンッ!!コンッ!!」

という力強い掛矢の音が空に響き渡ります。

 

 

 

 

レッカーによって吊り上げられた木材を、

棟梁が誘導します。

 

 

棟梁が、太くて重い梁を、抱え込んで回転。

 

 

 

棟梁の「せーの!」

という掛け声に合わせて掛矢を振り上げ、

職人の「えいっ!」

という声に合わせて振り降ろします。

 

 

 

当社の上棟祭では、

威勢のいい掛け声が飛び交い、

太くて長い木材がどんどん組み上げられていきます。

力強く、勇ましく、頼もしく、とても見ごたえがあります。

 

 

梁・桁によってさらにがっちりと固定された五寸柱は、

まだ筋交いが入っていない今でも、ビクともしません。

 

 

 

当社「五寸柱の家」の耐震性・耐久性を、

もっと詳しく知りたいという方は、

当社までお問い合わせ下さい。

 

 

2階も組み終わり、

次は屋上を組んでいきます!!

 

この続きは、

次回『上棟祭~その三~』 にて公開します。

 

お楽しみに♪


上棟祭~その三~

二階も組みあがり、次は屋上を組み上げます。

その後、いよいよ棟木納めです!
屋上の手すり壁の柱がレッカーによって、

吊り上げられていきます。

 

 

晴天の中、

バーナー焼きされた棟木が吊り上げられるのが、

待ち遠しい棟梁です。

 

 

屋上手すりの柱が組み終わると、

屋上の柱がレッカーで吊り上げられてきます。

 

 

1,2階同様、

柱一本一本、

気合を入れて、建てていきます!

 

 

屋上の柱の上の辺りを見ると、

東側にうっすら山が見えています。

屋上からの見晴らしは最高です!!

 

 

柱も建て終え、

屋上の桁がレッカーで運ばれてきます。

棟梁が頂上に立ち、指示を出します。

 

 

屋上の桁を納めていきます。

息を合わせて、

「せ~の!」 「えいっ!えいっ!」

 

 

職人さんは、梁の上をスッスッと歩き、

梁と梁の間をヒョイと飛び越えますが、

実は、1番高いところで、約10mもあるんです!
下の写真は、

建物の半分の高さから下を撮ったもの。

これでも十分な高さがあります。

この高さの倍以上あることろを、普通に歩くのです。

職人さん、恐るべし。

 

 

下の写真は、

下から上を見上げて撮影したものです。

職人さんが上を歩いても、

「五寸柱の家」はビクともしません。

 

 

当社の五寸柱・桁・梁の木組みを見て、

「この家なら、地震が来ても大丈夫ね。

でも、これだけ良いとやっぱり随分、高いんでしょう?」 と、ご近所さん。

 

これは、本当に良く言われるのですが、

当社は、建てさせて頂いた家が広告の役目をしてくれていて、

営業が一人もいません。

 

それに加えて、

設計・施工すべて、当社でしているため、高くありません。

「五寸柱の家」が気になったら、

ぜひ一度、お気軽に当社までご連絡ください。

 

 

当社の五寸柱の家は、

通常の家の2件分以上の木材が使われているため、

骨組みだけの状態で、

家の向こう側の景色が隠れてしまうほど(^^)

 

 

 

組み上げも終盤。

いよいよ、木組み工事ラストの棟木納めです。

施主様交え(向かって左端がY様です。)、

総勢11人で、棟木を納めます。

一列に並び・・・

 

 

棟梁「せ~の!」

全員「千歳棟!万歳棟!永永棟!」

拍手『ぱち、ぱち、ぱち、』

威勢の良い掛け声と掛け矢の力強い音、拍手が響き渡ります。

 

 

当社(有)竹本建設では、

棟上の際、

「千歳棟!万歳棟!永永棟!」のかけ声と共に棟木を納めます。

 

これには、

「棟上をした家が、千年も万年も、永遠に栄え、続きますように。」

という願いが込められており、

職人達が願いを込めて掛け矢を振ります。
無事、棟木納めを終え、棟木をお酒で清めます。

 

 

棟梁が棟木の上を歩きながら、

お酒で棟木を清めていきます。

 

 

今回も墨付け、刻み工事の間違いが一切なく、

スムーズに、木組み納めをすることが出来ました。
次は、いよいよ祭儀です!

棟梁が、のぼりを準備しています。

 

 

五寸柱の木組みも終わり、

当社特大の掛け矢(約10kg)を振り終えると、

手は一日で腫れあがります。

建前をやった職人だけが味わえる、心地良い手の痛みです。

この建前の件数を重ねるごとに、いい木組み納めが出来ます。

 

 

棟木に、のぼりを固定。

餅薪の合図にもなっていて、

こののぼりが建つと、

どこからともなく人が集まってきます(^^)

 

 

2階部分で祭儀と餅まきをするため、

仮の床を敷いていきます。

 

 

棟梁が祭壇の準備をします。

 

 

当社(有)竹本建設では、

日本の良き伝統を受け継ぎ、 きちんとした祭儀を行います。

お供え物には、

お酒、祝い餅、鯛、野菜、乾物、お米、果物、塩水、塩などが用意されます。

 

 

祭壇の準備も整い、

 

 

当社特注、上棟祭用の宝船の旗を掲げ、

 

 

職人全員、

祭儀用の長いはっぴに着替え、

施主様も長いはっぴを身にまとい、

 

これから、いよいよ祭儀が始まります。
当社の上棟祭の建方用の短いはっぴです。

千歳(せんざい):千の年

万歳(ばんざい):万の年

これは、棟木納め同様、

「棟上をした家が、千年も万年も永遠に栄え続きますように。」という意 。

 

 

絵柄:のぼり龍

家の建ちあがるさまは、まさにのぼり龍であり、

あらゆる願いをかなえるという、如意宝珠を、

我が社のロゴマークにおきかえ、

家に関するあらゆる願いを、我が社がかなえるという意味を表しています。

(龍は、家の守護神といわれています。)

 

 

当社の上棟祭の祭儀用の長いはっぴです。

浄(じょう):神様を祭る心境として大切なもの。

心身ともに清らかにして仕える。

明(めい):二心(ふたごころ)とない純粋で明らかな心。

祝詞(のりと)をあげる際、心身を清らかにして純粋な心を持って家の神を祭ります。

 

 

絵柄:宝船

上棟祭の餅まきで祝い餅い拾った人は、

家が建てられるという言い伝えがあるように、

祝い餅には、集まった人たちに夢と宝物を与えられる力を備えています。

この宝物を縁起の良い宝船にイメージしています。

描かれている波は、勢いよく栄えるという、

昔からの言い伝えのある、 満ち始めの波をイメージしています。

 

 

この続きは、『上棟祭~その四~』にて、公開します。

お楽しみに♪

 


上棟祭~その四~

無事、棟木納めを終え、 いよいよ祭儀です。
当社(有)竹本建設では、

日本の良き伝統を受け継ぎ、 きちんとした祭儀を行っています。
これから、祭儀と餅まきの模様をアップしますので、 ご覧下さい。

 

 

 

職人と施主様ご家族が祭儀用の長いはっぴに着替え、

祭壇の前に並びました。

いよいよ祭儀の始まりです。

 

 

御幣(ごへい)を持ち、

祭壇に向かって、

左、右、左、 左、右、左。

 

 

塩水を南天の葉で、

左、右、左、 左、右、左。

と、祭壇と参列者を清めます。

 

 

祭壇に向かって、

祝詞(のりと)と しゃくを持ち、二礼。

 

 

祝詞としゃくを置き、祝詞を読む。

 

 

祝詞を読み上げる棟梁。

(この祝詞は、伊豫稲荷神社の神主 星野暢廣さんに特別に書いて頂いた祝詞です。)

 

 

祭壇にお供えしていた四方がためのお餅を

北東、南東、南西、北西の順に、まいていきます。

 

 

御幣を持ち、

左、右、左、

左、右、左。

 

 

親族の代表者Y様と参列者全員によって、

祭壇に向かって、

二礼、二拍手、一礼。

 

 

施主Y様の、乾杯の音頭にて、乾杯!

 

 

祭儀を終え、 いよいよ餅まきです。

 

 

お餅もお菓子もかなりあり、

まく側もまきがいがあります。

 

 

まく側も拾う側も大忙し(^^)

 

 

空から降って来るお菓子に、大興奮の子どもたち(^^)

 

 

施主様も、とても嬉しそうに餅まきに参加されていました。

 

 

これを拾った人は、

家が建てられるという言い伝えのある祝い餅。

施主Y様と長男K君と棟梁によって、投げられます。

 

 

のぼりのところに見えるのが、 祝い餅です。

誰が取り上げるのか、楽しみです♪

 

 

当社の宝船の旗の絵のように、

みなさん、大漁のようでした(^^)

 

今回の上棟祭も無事、終えることが出来ました。
ご準備して頂いたY様ご家族、

上棟祭に来てくださった大勢の方々、

応援に来てくださった職人さんたち、

撮影担当で来て頂いたMさん、

大変お疲れ様でした。

 
そして、誠にありがとうございました。

 

 


上棟祭に向けて、木材 運搬

今日は、日の出前から、

加工済みの一部の木材を今治の現場へ運搬する準備をしています。

 

 

レッカーと大型トラックが作業場に到着。

 

 

 

バーナー焼きをし、

磨きこんだ化粧木材に傷つけないよう、

レッカーで慎重にトラックに積み込んでいきます。

 

 

積荷作業が終了し、 今治の現場へいざ出発!!
無事到着し、 降ろし作業開始。

 

 

 

降ろし作業時も、

木材に傷が入らないよう、

レッカーで丁寧に降ろしていきます。

 

 

 

当社の桁・棟木・母屋材は一切継ぎ手がなく、

すべて一本ものを使用しています。

(当社の木材の木組みに、ご興味のある方は、

現場にお越し下さいましたら、ご説明させて頂きます。)

 

 

 

バーナー焼きをし、

丁寧に磨きこまれた うづくり仕上げの1階柱のアップ写真。

 

木目がきれいに浮き上がり、

太陽の光できれいに黒光りしていました。

 

 

今日の運搬作業は、

現場の置き場が限られているため、

6~9mの長尺物の桁や梁・母屋、 1階の柱と一部の短い梁だけの運搬となりました。

 
このうづくり仕上げの五寸柱と桁を見られたご近所様が、

材の太さ・長さとバーナー焼きをした美しい材に、とてもビックリされて、

「これは、すごい!!

今頃、こんなに良い材を使って、手間をかけて、 在来の木造住宅を建てるところはないですよ。

これは、上棟祭が楽しみだ!」

と、嬉しいお言葉を頂きました^^

ありがとうございます!!

 
ご近所様各位 この度は、

新築工事をさせて頂くにあたり、 何卒、ご迷惑をお掛けしております。

皆様の、温かいご協力に、 当社一同、とても感謝しております。

 
今月18日の上棟祭の際は、

pm5:00頃に餅まき(お菓子を含む)もいたしますので、 是非、ご参加下さい。

(その際は、袋をお忘れなく。)
これからもご迷惑をお掛けするとは思いますが、 ご協力お願い致します。

 

 

 


2011年1月14日 23:48  CATEGORY : 屋上庭園~家が最高の遊び場~  COMMENTS : (2) - TRACKBACKS : (0)

基礎工事も終了し、

コンクリートもよく乾いたので、

これから土台・大引を基礎の上に取り付けに行きます。

 

 

当社『五寸柱の家』は、

すべての柱が五寸柱なので、

通常の住宅と比べて、 約2軒分の木材を使います。

 
そのため、 住宅の基礎となる基礎部分もしっかり作っています。

 

 

土台を敷く前に、

基礎と土台がピッタリと合うよう、

丁寧に墨付けをしていきます。

 

 

 

墨付けを終え、

土台に基礎パッキンを固定した後、

基礎に土台を固定していきます。

 
土台・大引の寸法は、

幅150mm×厚さ105mmの特注サイズです。 (材質は、愛媛県産のヒノキ材です。)

 
当社の木材の加工は、

プレカットではなく、

当社の職人がすべて手刻みで加工するため、

木材を組むときにスルッとは入らず、

掛矢(かけや・・・堅い木で作られた大型の木槌)で打ち込むので、

木材と木材がかっちりと組み合い、強度も増します。

 

 

寸分の狂いもなく、 木材の継ぎ手が次々と組まれていきます。

 
当社のアンカーボルトおよび木組みに使用するボルト座金は、

すべて下記の写真のバネ座金を使用しています。

 

何故かと言うと、

このバネ座金は、

建物完成後、数十年経ってもボルトナットの緩みがありません。

(当社モデルルーム・作業場にて実証済みです。)

 
天井や壁を張ってしまうと、

ナットの緩みが出ても分からない場合や、

締め付けが困難な場所もあるので、

座金一枚の単価はアップしますが、

それ以上に建物の安全性がアップするので、

当社はこのバネ座金を使用しています。

 

 

 

すべての土台・大引ががっちりと組み込まれました。

 

当社基礎工事のアンカーボルトの位置や本数は、

木組みの継ぎ手や強度などから決めています。

詳しくお知りになりたい方は、 現場にて説明致しますので、当社までご連絡下さい。 

 

 
 2011年01月18日火曜日( 雨天決行)の

上棟祭の模様もブログで詳しく載せますので、 お楽しみに♪

 

 
柱及び外部の桁・内部吹き抜けの化粧梁を、

当社の職人がバーナーで焼き上げ、磨き上げているので、

美しい木目が一段と浮き上がっています。

 
これは、一般住宅ではあまり見られないと思いますので、

ご興味のある方は、 当社までお問い合わせ下さい。

(餅まきはPM5時頃に予定しています。袋をお忘れなく。)

 

 

 


2011年1月13日 14:04  CATEGORY : 屋上庭園~家が最高の遊び場~  COMMENTS : (2) - TRACKBACKS : (0)

基礎工事

丁張り工事は、

基礎工事の前に、

柱や壁の中心および基準を表すための大事な工事です。

 

 

丁張り工事が終わると、
基礎工事の大西さん、

ユンボを搬入して、 いよいよ基礎工事の始まりです。

 

 

五寸柱の家を支える大切な基礎工事です。

配筋検査も終了し、コンクリート打ちが始まります。

 

 

 

コンクリート打ち、始まり。

 

 

 

大西さんが丁寧に土間押さえ中。

 

 

土間コンクリート終了。

 


2011年1月12日 13:51  CATEGORY : 屋上庭園~家が最高の遊び場~  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

炎のカンナ(バーナー焼き)

ついに、

待ちに待ったバーナー焼きの日がやって来ました!!

 

炎のカンナ(バーナー焼き)・・・?! 

 

当社の職人がバーナー焼きをし、

 

 

その横で、

棟梁とお施主が一緒に炭を落とし、磨きこみます。

 

 

《バーナー焼きをし、磨く前の木材 》

 

 

《炭を落とし、磨き込んだ木材》

磨きこむと、

こんなにも木目が美しく浮き上がってくるのです。

 

家の木材を、

全身真っ黒になりながら一緒に磨いたことで、

家に対する愛情・愛着はもっと深まったことでしょう。

 


Y邸新築工事の住宅模型が出来上がりました。

 

 

 

この住宅模型と、平面図・立面図を使って、

今日、お施主様に『五寸柱』の木組みのご説明をさせて頂きました。

 
下の写真の木材は梁です。

8m~9m50cmの太くて長い国産の1本木がずらりと並んでいます。

 

 

 

平面図・立面図・住宅模型を見ながら、

どの木材がどこに使われるのか等、ご説明していきます。

 

 

当社の職人による刻みを終えた後は、

いよいよバーナー焼きです!!
その模様もまたブログにUPします。

お楽しみに♪


2010年12月12日 09:31  CATEGORY : 屋上庭園~家が最高の遊び場~  COMMENTS : (2) - TRACKBACKS : (0)

五寸柱の家 木材入荷

 

 

 

 

早朝AM6:50 11tトラックにて、

最長9m50cmの1本木(柱・桁・母屋・棟木など)が、

徳島から、 当社に到着しました。

 

 

 

 

 

6m以上の木材は、

フォークリフトでは移動できないので、 当社手作りの台車に乗せて移動します。
この時だけは、 人力に頼らざるを得ません。
気合を入れて、 大切な木材を 丁寧に降ろします。

 

 

 

 

 

今回も、

とてもいい顔(木材の表情)をした五寸柱たちが、 当社にやって来ました。
この木材の表情がもっと良くなるように、

今回は初の試みで、

柱・桁・母屋・棟木など、 全ての化粧木材を手焼きのバーナー焼き仕上げで、

木材の耐久性や美しさを一段とアップさせたいと思います。
今回の、バーナー焼き仕上げでは、

当社がバーナー焼き仕上げをした後、

お施主様ご家族と一緒に炭を落とし、磨き上げていきます。
上記の作業をすることにより、

木目部分の硬いところが浮き上がり、 きれいな木目が現れるうづくり使用に仕上がります。
今回、お施主様から

「一般の方でも手伝いの出来る作業は、一緒にしたい!」 というご希望がありました。
お施主様と一緒に作業し、

作り上げることができるので、 完成が今からすごく楽しみです。
Y様 これからの共同作業、 よろしくお願い致します。

 

 


2010年12月1日 08:45  CATEGORY : 屋上庭園~家が最高の遊び場~  COMMENTS : (2) - TRACKBACKS : (0)

湿式柱状改良工事

 

 

 

 

 

 

 

径500mmの杭を深度5.75mまで、合計30本の 湿式柱状改良工事を行いました。
五寸柱の家の足固めが完了。

 
後日、 べた基礎工事を行います。
その模様もブログにアップします。


2010年10月27日 21:54  CATEGORY : 屋上庭園~家が最高の遊び場~  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)