TAKEMOTO BLOG

久万高原のあたたかい家

左官・タイル工事

久万スキーランドもオープンし、

日に日に、寒くなっている久万高原町。

 
棟梁と、タイル工事の三木さん、

左官の石井さんで

玄関と玄関ポーチの仕上がりについて打ち合わせ中。

 

 

 

打ち合わせを終え、 タイル工事の三木さん、

玄関の立ち上がりにタイル貼り中。

 

 

 

左官の石井さん、

当社の大工職人が作った下地に、 ラス網を打ち付け、

 

 

 

その上から、モルタル塗り中。

 

仕上がりも ブログにアップしますので お楽しみに♪


2011年12月1日 11:12  CATEGORY : 久万高原のあたたかい家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

薪窯

サイクリングやパラグライダー、

登山など、 本格アウトドアー派なH様ご家族。

 

 
なんと、 新居の庭に

薪窯(バーベキューコンロ)を 手作りされるそうです。

 

 
その下台を家の周りの犬走りと合わせて、

土間コンクリート工事を行いました。

(只今、乾燥中↓)

 

久万高原の穏やかな風景を眺めながら

薪窯でピザを焼いたり、バーベキューをしたり…最高です♪

 

 
完成したら、試食会に参加させてください♪


2011年11月28日 09:33  CATEGORY : 久万高原のあたたかい家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

温かな灯り

とある日の、H様邸。

 

 

日も暮れ、

ぽつり、ぽつりと 周りの家に電気が灯り始めています。

 

H様邸に、温かい灯りが灯る日は、

もうすぐそこまで来ています。


2011年11月27日 09:30  CATEGORY : 久万高原のあたたかい家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

犬走りと日本瓦

久万高原町のH様邸。

 

 
家の周りの犬走りに

ひび割れ防止のため

日本瓦を埋め込みました。

 

 
バーナー焼きされた五寸柱との相性も良く、

良い雰囲気に仕上がっています。

 

上記写真、 南側の犬走りの上には、

ウッドデッキも取り付けします。

 

 

仕上がったら、

ブログにアップしますので、 お楽しみに♪


2011年11月26日 09:27  CATEGORY : 久万高原のあたたかい家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

バーナー焼き 丸太手すり

ジャーン!!!

 

 

久万高原のH様邸。

2階デッキの手すり 取り付け完了しました。

 

 

玄関ポーチの丸太に合わせて、

デッキの手すりもバーナー焼きを施し、

磨き込んだ 杉丸太を使用しています。

 

 

南に面しているので、

日当たりもよく、 ぽっかぽか。

 

 

山の向こう側へ落ちていく夕日も望めて、

まさにパワースポットです。

 

 

H様手作りの木製フェンスとの相性もばっちりで、

どんどん素敵に仕上がっています。


薪ストーブの煙道

冬がとっても寒い久万高原。
温かい冬を過ごして頂くため、

H様邸には、

世界最大級の薪ストーブ『デファイアント』を取り付けします。
薪ストーブ設置に先行して、

外部煙突工事、内部煙道工事が完了しました。

1階から見上げて撮った写真↑ (天井パテ処理中)
当社では、 危険で効率の悪い、煙突の横引きは一切行っておらず、

直抜き施工のみ行っています。

 

 

薪ストーブを取り付ける前から、 すでに温かいH様邸。
薪ストーブ取り付けの日が待ち遠しいです。


完成間近

H様邸の足場が取れ、 完成が近づいています。

 

 

 

玄関ポーチの縦格子には、

バーナー焼きを施した丸太を使用しました。

五寸柱とはまた違った木目で、 丸太の良い風合いが出ています。

 

 

たくさんの丸太と五寸柱に囲まれた玄関ポーチは、 まさに森の中。

森林浴のように、心も体も癒されます。

 

 

 

 

曇り空の合間から太陽の光が差し込み、

バーナー焼きされた柱や桁が美しく輝いています。

二階と同様、

一階にも、 ウッドデッキが取り付けられます。

 

 

庭では、以前から植えられていた木が、

新しい家に寄り添うように枝を伸ばしています。

 

 

山茶花の花もきれいに咲き誇り、

完成を楽しみにしてくれているようです。

 

 

 

明日、H様邸のカウンターなどに使用する一枚板の加工をします。

その模様もブログにアップしますので、お楽しみに。


無垢材

完成に向けて、大詰めを迎えている、 久万高原町のH様邸。

 

 
玄関ポーチには、

バーナー焼きを施した、 杉丸太の縦格子を取り付けました。

 

 

バーナー焼きを施した五寸柱の木目とはまた違い、

丸太ならではの、美しい木目が浮き上がっています。

 

 

足場が取れたら、

またブログに載せますのでお楽しみに。

 

 

そして、2Fの木製バルコニーには、

防腐・防虫・殺菌効果のある、

檜材の厚板を張りました。(厚さ50mm)

 

 

檜の厚板を取り付けする前には、

バーナー焼きされた桁上に、

防虫・防腐・防カビ効果のある、

木材保護塗料を塗っています。

 

 

そして、

室内の床は1F、2Fすべて、 構造用合板(下地用)を張り、

その上に厚さ30mmの杉無垢フローリングを張っています。

無垢板は一枚として同じものはないので、

きれいなものを最初に振り分けて、

よく見えるリビングや玄関ホールにきれいな床板を張り上げています。

こちらは食品庫の床の写真です↓

クローゼット・押入れ・物入れの床も上記の床板を張っています。

リビングやその他の場所は養生しているので、

養生が取れ次第、ブログに載せます。

お楽しみに♪


2011年10月27日 23:11  CATEGORY : 久万高原のあたたかい家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

煙突取り付け工事

朝晩が肌寒くなり、

薪ストーブの季節がやってきました。
久万高原町のH様邸では、

雨仕舞いを良くする為、

薪ストーブの設置に先立ち、

煙突取り付け工事を行いました。

 

 

当社では、安全・安心な責任施工をしており、

きっちりとした図面を書き、

お客様にも同じ図面をお渡しして、施工しています。

 

 

H様邸は、久万高原町で積雪が多い為、

煙道の裏には、 雪が積りにくいように、

当社オリジナルの 雪避けを取り付けしました。

 

 

これによって積雪時の、

煙道にかかる負担が軽減できます。

 

 

屋根瓦のマウントグレイ色と、

煙突のブラック色で引き締まり、

かっこよく仕上がりました。

 

 

そして、 安全性を第一に考える当社は、

見えないところも、もちろん、 決して手を抜きません!
こちらは、煙道内の詳細図面です。

 

 

 

外部はガルバリウム鋼板で仕上げ、

厚み28mmの構造用合板2枚の間に、

38mm角の野縁を挟むことで空気層を取り、

内部は不燃材で仕上げ、 それらをビスで頑丈に留めています。

 

 

上記の煙道内部にFS煙突囲い内サポートを、

2か所取り付けています。

その理由は、

強風や地震の時など、

どの方向から煙突に力が加わってもビクともしないように、

取り付け施工するためです。

この他、薪ストーブについて、

もっと詳しく知りたい方は、 ご連絡の上、 お気軽にお越しくださいませ。


外壁工事

久万高原のH様邸では、

サッシとガラスが入り、

サイディングが張られています。

 

 

バーナー焼きされた五寸柱と、

ベージュのサイディングがよく合い、

古民家風に仕上がっています。

 

 

先日の午後。

稲刈りを終えた田んぼと 満開のコスモスが、

秋の西日を浴びて、美しく輝いていました。

 


2011年9月15日 21:38  CATEGORY : 久万高原のあたたかい家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)