TAKEMOTO BLOG

久万高原のあたたかい家

H様邸 火入れ式

今年、当社で新築工事をさせて頂き、

バーモントキャスティングスの

デファイアント(クラシックブラック)

を 取付施工させて頂いた久万高原町のH様邸で 火入れ式を行いました。
外はとっても冷え込んでいて 雪が降っていました❄
でも当社『五寸柱の家』は、

薪ストーブに火を入れる前からすでに暖かく、

「何もせんでも暖かいけん、

もう、薪ストーブなくてもいいかぁ(^o^)丿笑」 とH様。

もっと、もっと暖かくしてみせましょう!!

 

 

 

では、さっそく 火入れ式開始です。

「安全に薪ストーブを楽しめますように」 と願いを込めながら、

二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

 

塩払いでお清め。

 

 

 

それでは、いよいよ火入れです。

 

 

家の完成と火入れを祝して、 乾杯!

 

 

慣らし焚きを行いながら、

正しい使い方や、注意点、 薪ストーブの楽しみ方など じっくりお話中。

 

 

「慣らし焚き」

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがあります。

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で3~4回に分けて焚き、

温度の上昇と冷却を繰り返します。

これによって、

鋳物の接合部を馴染ませることができ、 耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きをきっちり行っています。

 

 

リビングに吹き抜けがあるH様邸。

当社がおすすめしているデファイアントは

大きな吹き抜けがあっても 家全体まるごと暖まるんです。

 

 

後日、H様ご夫婦から

「朝起きたら、外は霜が降りていて外は-4℃!!

でも、家の中は暖かくって、20度を超えていましたよ!!!

もう、家中本当に暖かくて、いつも薄着でいます。

こんなに暖かい冬が過ごせると思うと、

冬が来るのが苦にならなくなりました。

ただ、薪ストーブが楽しくって、

ここのところ、ずっと寝不足ですけどね。笑

竹本建設さんに家を建ててもらって

本当によかったと思っています。

それに、薪ストーブ(デファイアント)も設置して 本当によかった。

工務店の選択も、薪ストーブの選択も 両方正解でした。」

と、大変うれしいお言葉を頂きました。

ありがとうございます♡

喜んで頂けることが、 何より一番うれしいです。

 

 


外部工事

久万高原町H様邸のデッキに

庭へと繋がる 木製階段を製作・取り付けしました。

デッキと同じく、檜材を使用しています。

 

 

 

そして、玄関ポーチでは、

三木タイルさんによって、

タイルが貼られています。

 

 

 

その後、大西土砂さんによって、

犬走りの仕上げ工事が行われました。

 

後日、基礎の吹き付けも行います。

 

その模様もブログにアップしますのでお楽しみに♫


2011年12月16日 13:07  CATEGORY : 久万高原のあたたかい家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

YAMAHA システムバス

久万高原町H様邸の YAMAHAのシステムバス✰

養生を撤去しました。

 

 
さわやかなグリーンとホワイトを選ばれていて、

清潔感が溢れています。

 

 

バスタブの緩やかなカーブは、

洗い場もバスタブも ゆったり広々と

使えるように 設計されています。

 

 

 

床・壁・天井すべて断熱仕様にしています。

これで、寒い冬も気持ちよく入浴出来ます✩

浴槽の蓋も、断熱合わせフタ。

断熱材の厚みが20mmあります。

浴槽も断熱材を巻き込み、

お湯もバスルームもあたたかさ長持ち。

光熱費を節約する優れたエコ仕様です。


2011年12月15日 13:05  CATEGORY : 久万高原のあたたかい家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

当社で新築中の 久万高原町H様邸。
前回の、煙突取り付け工事に引き続き、

いよいよ本体を設置します。
H様邸には、

バーモントキャスティングスの

デファイアント(クラシックブラック)を 設置します✰

 

 

 

ウォーミングシェルフ取り付け中。

 

このウォーミングシェルフはオプションで、

付けられない方も多いのですが、

料理の得意な薪ストーブですので、

置けるお鍋の数も増えて、

保温やドライフルーツ作りなど、

使い勝手が広がる ウォーミングシェルフを、

ムーミーでは標準装備としています。(ムーミーのみ☆)

 

 

 

煙道の内部。

地震や強風などによって、

煙突が揺れないように 煙道内部に2カ所、

『煙突囲い内サポート』を取り付けしました。

見えなくなる所ですが、決して手を抜きません!

 

 

楕円スターター取り付け中。

薪ストーブと煙突を接続します。

 

 

煙突を取り付け中、

外部の犬走り工事を終えた大西さんが、

「工事、見せて♫」と見学に来ました。

 

 

だいぶん、冷え込んできた久万高原町❄

近日中に、火入れ式をします♫

その模様もブログにアップしますので

お楽しみに✻


吉野杉の無垢カウンター

久万高原のH様邸の窓際に

無垢の一枚板で製作した カウンターを取り付けしました。

 

 

キッチンに隣接してあるので

奥様の動きの妨げにならないよう、

 

 

 

奥様の動く寸法に合わせて、 アールをつけました。

 

この一枚板は、奈良の吉野杉で、

当社で約15年間、大切に自然乾燥していたものです。

 

 
このカウンターを取り付けした日に、

ちょうど、木材店に行かれていたH様。

 

 

『うわぁ~‼この木、相当すごいものですよね!?

さっき行った木材屋さんにも、 吉野杉の一枚板はあったけど、

こんなに木目の混んだものはなかったし・・・

さっきいろんな一枚板を見てきたけん、

この木の良さが、本当によく分かる!!』

と とっても喜んで頂けました。

 

 

 

 

H邸奥様も、この木を一目見て、

『うわぁ~!!この木、とってもきれい~!!

うわぁ~・・・♡ いいなぁ・・・♡ いいなぁ・・・♡』

と1枚板を撫でながら、喜んでくれました。

 

 

 

南に面したこのカウンターで、

外の景色を眺めながら、モーニングを食べたり、

読書をしたり、

パソコンを広げて仕事をしたり・・・と大いに活躍することでしょう。


2011年12月12日 11:58  CATEGORY : 久万高原のあたたかい家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

トイレ器具取り付け

久万高原町H様邸のお手洗。

 

 

 

INAXの便器(ベーシア)が取りつきました。

 

 

 

檜の一枚板で作られたカウンター。

檜の木目がとても美しいです。

 

 

 

自然の風合いをそのまま活かそうと、

耳付き材を使用しました。

 

※耳付き材 とは

長手方向の両側に 原木の丸みをそのまま残した板のこと。

 

 
年月を経るごとに、

深くて、良い味が出てくることでしょう。


2011年12月10日 11:51  CATEGORY : 久万高原のあたたかい家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

陶器の洗面器

久万高原のH様邸に

松の1枚板で作った手洗いカウンターと 陶器の手洗い器、

TRENDの混合水栓を取り付け、 給排水工事が完了しました。

 

 

 

春の匂い漂う、桜柄の手洗い器。

極寒の久万高原に、ぴったりです。


2011年12月8日 11:45  CATEGORY : 久万高原のあたたかい家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

対面式カウンターテーブル

薪ストーブの使い勝手を考えて、

棟梁が考案した対面式カウンターテーブル。
今日は、

このカウンターテーブル(炉壁)と 床(炉台)にタイルを貼ります。
タイルを貼る前なら、 まだ自由に移動できるので、

実際にカウンターを置いて、 H邸奥様と最終確認。

 

 

 

そのままの寸法でOKが出たので、

カウンターテーブルにタイルを合わせて、

こんな感じになりますよ☆とお披露目。

 

 

 

それでは、早速タイル工事開始です。

 

 

 

最近は、

棟梁が三木さんのタイル工事を

手伝うようになっています。

(三木さんに弟子入りかな?)

 

 

 

棟梁を休まさないように、

三木さんも張り切って、作業を進めます。

 

 

 

ふたりの息もぴったり。

 

 

 

薪ストーブの設置が待ち遠しい。

 

 

 

棟梁の確かな目で、

タイル目地もきれいに仕上がり、

三木さんからも合格証書をもらいました。

 

 

 

炉台・炉壁のタイルを貼り終えました。

三木さんも、とても喜んでいました。

薪ストーブ(デファイアントのクラシックブラック)が

設置されるのが とても楽しみです♪
薪ストーブの設置模様も ブログで詳しくアップしますので お楽しみに♪


バーナー焼きを施した吹き抜け手すりの丸太に合わせて、

楽塗さんに縁を塗装してもらいました。

 

 

 

全体がグッと引き締まり、

美しく仕上がりました。

 

 

 

バーナー焼きをして磨き込む作業を考えると、

丸太より、角材の方が早くて簡単です。

 

しかし、映し出される影や仕上がりの雰囲気を考えると、

寒い久万高原だからこそ、

温かみのある丸太の方がいいだろうと採用した丸太材。

 

当社では、 ちょっとしたことも、 手間を惜しまず、

お施主様に喜んで頂けるよう、 最善を尽くしています。

 

 
この吹き抜けの丸太の手すりは、

2か所が取り外し可能で、 ちょっとおもしろい仕掛けを考えました♪

 

 
詳細は、後日ブログにアップしますので お楽しみに♪


御手洗・手洗いカウンター

久万高原のH様邸。

 

 

御手洗と洗面に 当社で15年以上自然乾燥し、保管してきた、

無垢の一枚板をカウンターに使用します。

 

 
手洗い器に合わせて丸く、くり抜いた松の一枚板。

この一枚板をじ~っと眺めていると、

木の赤身の部分が川で、手洗い器が桃・・

そう!桃太郎のワンシーンにように見えてきました。

 

 

 

使い勝手や見た目を考慮しながら、

水洗金具の位置決め・穴あけをして、

一枚板を取り付けしていきます。

 

 
この手洗い器は、 恵水窯の陶器です。

 

 

 

水洗金具は、

TRENDのヴィランL ワンホール混合水栓を使用します。

 

 

 

取り付けした一枚板。

すべすべした手触りに、ふわっと香る松の香り。

 

 

 

クリアーの自然塗料を塗って、乾燥中。

手洗い器と水栓を取り付けしたら、

ブログにアップしますので お楽しみに♪

 

 

 

こちらは、お手洗。

檜の一枚板でカウンターを作りました。

こちらも同様の自然塗料を塗って、乾燥中です。

 

年を経るごとに、 良い味が出てくることでしょう。


2011年12月3日 11:16  CATEGORY : 久万高原のあたたかい家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)