TAKEMOTO BLOG

愛媛新聞(伊予市)

今から、17年前に建てさせて頂いた、

伊予市灘町の『愛媛新聞エリアサービス伊予南店』。

 

伊予市の商店街にあるので、

ご存知の方も多く、

素敵な建物だと好評なので、ブログでもちょっぴり ご紹介♪

当時、あまり写真撮影をしていなかったので、

写真は少ないですが、ご了承ください。

 

 

外壁は、漆喰塗り仕上げで、

玄関の腰壁は、竹をなまこ壁風に取り付けしました。

屋根瓦は、菊間瓦の一文字瓦葺き仕上げで、

菊間の日本瓦葺き専門職人による施工です。

 

 

 

正面玄関の壁に取り付けられた看板は、

創業当時より使われていた看板。

歴史を感じることができ、

新しい建物にも以前の風合いを溶け込ませています。

 

 

↑昨年、撮影させていただいた写真。

なまこ壁風の竹も良い風合いに変わっています(*^^*)

 

 

 

 

 

柱の寸法は、長さが4mもある五寸柱(幅15cm)を使用!

 

 

柱の長さが長く、梁も登り梁にしているので、

屋根裏の物置も天井高が高く取れています。

1階事務所の天井高は、3m90cm、

2階の物置の高いところでは、4m30cmもあります。

 

 

 

 

 

 

外部の土間コンクリートには、

伊予市の五色姫復活祭を念頭に置き、

土間の一部に五色石を取り入れてみました。

玄関の庇の上の看板は、本桜の一枚板を使用。

 

 

左にちょこっと写っている木造のカーポートも、すべて杉材を使用。

塗装は、オスモを使用。

釘は一切使用せず、木栓およびビス止めです。

 

 

 

 

内部材は、シックハウス対策として、

天井・壁・床のすべてに杉の無垢材を使用。

床の塗装は、人体無害のオスモ塗料を使用。

 

 

事務所の中窓の上にあるルーバー窓は、

すべて温度と雨のセンサー付電動ルーバー。

設定温度を27℃にセットした場合、

気温が27℃を超えると自動に開き、

27℃以下になると自動に閉まります。

雨のセンサーも付いているので、

雨が窓にあたると、気温に関係なく閉まるようになっています。

 

 

 

 

室内から漏れてくる灯りが、夜の外観を幻想的に演出してくれています。

 

 

平成11年の『第1回 海とロマンのまち伊予市まちづくり景観賞』も受賞しました(*^^*)

 

 


2015年9月16日 18:26  CATEGORY : こんなお家も建てれます 愛媛新聞(伊予市)  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)