TAKEMOTO BLOG

古民家再生

古民家再生~完成~

 

玄関入ってすぐ左手にある客間。
鴨居や床柱、襖や障子など、

使えるところは残し、

改築前の面影を残しています。

 
梁や柱は汚れやムラがかなり目立っていた為、

改築前のベンガラ塗装に色合わせをして、

自然塗料(オスモカラー)の塗装を施しました。

 

 

 

 

壁の仕上がりは、 左官工事によるはジュラク仕上げです。

 

 

 

 

改築前、LDKと客間は襖で仕切られていました。
今回、改築で、薪ストーブを備え付けることになり、

土間や客間、2階にも 薪ストーブの暖かい暖気が行き渡るよう襖を取り外しました。

 

 

客間とLDKを土間の格子戸に合わせた縦格子で仕切ることで、

プライバシーを守りつつ、 つながりのある、暖かい空間に仕上げました。

 

 

 

 

土間からキッチンへつながる格子戸。

改築前のものを磨き、そのまま使用しました。

 

 

 

 

仕切りがないので、

薪ストーブの暖気で、家のどこにいても暖かく、

夏は涼しい設計になっています。

 

 

 

 

この薪ストーブは、 デファイアントのマジョリカブラウン色です。

 

世界に誇る、この薪ストーブは、

大きく、安全性・機能性に優れており、 当社おすすめの薪ストーブです。
家1軒まるごと暖めることができるこの薪ストーブは、

トップのドアが、 クッキンググリドル(鉄板)になっていて、

料理が出来るようになっています。
炉内でも、クッキングスタンドを置くことでオーブン料理を楽しめます。

 

 

 

 

2階へとつながる階段。

先程の縦格子は階段手すりの役目も果たしています。

2階の柱は、無塗装で、シンプルなデザインにしています。

 

 

 

 

階段を照らす照明。

小さいですが、存在感があり、 暖かく照らしてくれます。

 

 

 

 

当社手作りのベッド。

容易に模様替えが出来るよう軽量化・簡素化されており、

女性や子供さんでも一人で簡単に移動ができます。

 

 

 

 

天井近くにある化粧木枠は、

2階の各部屋にあり、 自然換気や採光のために付けました。
これもまた、プライバシーを守りつつ、 つながりのあるものになっています。

 

 

 

 

2階の階段手すりを、昼間に撮影したもの。

夜とはまた違った風合いを醸し出してくれます。

 

 

 

 

2階の部屋に付けられた、 大開口のハキダシ。
風通しがよく、 温かい光もたっぷり入り、

とても気持ちが良く、お昼寝したくなる程です(^^)
2階屋根付きバルコニーは、

幅9m90cm×奥行き1m50cmの特大サイズで、

洗濯物や布団などを、

ゆったりと干せる広さになっています。

 

 

 

 

 

 

2階の廊下にある、まっすぐ抜かれた薪ストーブの煙道。

 

ムーミーでは、

排気効率の悪い横引き煙突の施工は行わず、

すべて、直抜き煙突(高性能断熱二重煙突のNOVA SF)を使い、施工しているので、

煙の逆流はなく、安全に使って頂けます。
こちらの現場は、当社にご連絡して頂くと、 お見せすることが出来ます。
ご興味のある方は、ぜひ、当社までご連絡ください。

 

 

 


2010年10月1日 17:51  CATEGORY : こんなお家も建てれます 古民家再生  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

 

火入れ式の塩払いも終わり、 いよいよ火入れです。

着火開始・・・

 

 

当社では、

排気効率の悪い横引き煙突の施工は行わず、

すべて、直抜き煙突(高性能断熱二重煙突のNOVA SF)を使い、

施工しているので、

煙の逆流などもなく、

着火時間も約10秒で写真のように美しく燃え上がります。
体感してみたい方は、ぜひムーミーまでお越し下さい。

 

 

ムーミーでは、

これから薪ストーブを使うに当たって、

ご家族全員が安全に楽しく使ってもらえるように、

祈りを込めて、火入れ式を行います。
火入れ式の、もうひとつの目的には、

「慣らし焚き」や使用方法の実演説明も含まれています。
特に、この慣らし焚きは、重要です。

 

新しいストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物同士の歪みや破損の恐れもあるからです。

 

ストーブ専用の温度計で260度以下の状態で、

3~4回に分けて焚き、

温度の上昇と冷却を繰り返すことにより、

 鋳物と耐火セメントを馴染ませることが出来ます。
この慣らし焚きを行うことにより、

薪ストーブの耐久性は、向上します。
ムーミーでは、この慣らし焚きをしながら、

お客様に薪ストーブの正しい使い方や注意点を実演説明しています。

 


 

 

当社が、古民家再生を行い、

完成した現場の火入れ式を行いました。

 

 

 

 

 

 

今年の夏は、猛暑だったので、

冬は、とても寒くなるのではないかと思います。
しかし、このデファイアントが居てくれれば大丈夫!

家1軒まるごと暖めてくれます。
また、

マジョリカブラウン色のデファイアント設置は、愛媛県初です。

 

古民家の重厚な梁や柱などの自然素材とも

相性ばっちりです。
古民家再生を考えられているお客様、

デファイアントとアンコール、 おすすめですよ♪

 


美装工事

 

 

美装工事の途中ですが、

床の養生が撤去され、

桜の無垢板が床全体に現れました。

 

 

 

 

これから生活が始まると、

年を重ねるごとに、 桜の木目が一段と美しくなることでしょう。

 

 


2010年9月8日 13:24  CATEGORY : こんなお家も建てれます 古民家再生  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

電気工事

 

現在、照明器具取り付け中。

 

 

 

当社の電気工事の宮尾電設さんは、

天井や壁が仕上がると、

目には見えない電気配線工事ですが、

とても丁寧に仕上げてくれます。
ちなみに、当社の社長(棟梁)とは、

高校時代からの長い付き合いで、信頼できる電気工事業者です。

 


2010年9月5日 12:01  CATEGORY : こんなお家も建てれます 古民家再生  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

手作りキッチンカウンター

 

 

 

 

 

キッチンカウンターは、

汚れやシミが気にならないように、

着色をして、ウレタン塗装仕上げにしました。

 


2010年9月4日 11:57  CATEGORY : こんなお家も建てれます 古民家再生  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

洗い出し

 

 

 

 

 

左官工事のIさんによる土間の洗い出し工事の下地と、

黒砂利の洗い出し仕上げです。

 

完成すれば古民家がより引き立つと思います。

完成後も写真をアップしますので、お楽しみに。

 

 

 


2010年8月27日 11:07  CATEGORY : こんなお家も建てれます 古民家再生  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

ベンガラ

 

今回の現場は、もともと、

柱・梁・鴨居などすべてベンガラで塗装されていました。

 

汚れ染みや色ムラがかなり目立っていたため、

塗装工事業者の楽塗さんに無理を言って、

自然塗料(オスモカラー)の色合わせをして、塗装して頂きました。

 

その楽塗さんのご自宅には、

当社が取り付けた薪ストーブ(デファイアント)があります。

この現場も、デファイアント設置予定です。

ちなみに、カラーはマジョリカブラウンです。

取り付け工事の作業風景も随時アップしますので、お楽しみに♪

 

 

こちらの現場の見学会も行っておりますので、

ご興味のある方は、当社までご連絡下さい。

 

 

 

 


2010年8月25日 11:01  CATEGORY : こんなお家も建てれます 古民家再生  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

クロス職人

 

 

 

クロス職人のOさんは、イケメン、腕利き、言うことなし!で、

当社の工事には欠かせない大切な存在です。

 


2010年8月23日 10:57  CATEGORY : こんなお家も建てれます 古民家再生  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

大黒柱

階段右の柱は、

この家の大黒柱です。

 

 

約50年前に、

ご先祖様がご自分の山から切り出してきた思い入れのある大切な柱です。

これからも、大地震などから家族を守ってくれることでしょう。

 

 


2010年8月21日 18:48  CATEGORY : こんなお家も建てれます 古民家再生  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)
1 / 3123