TAKEMOTO BLOG

やすらぎの家

『黒竹炉壁』

松山市『やすらぎの家』

の薪ストーブの背面に、

棟梁考案の『黒竹炉壁』を取り付けしてきました!!

 

 

 

 

炉壁は通常、

レンガやタイル、鉄板などの不燃材を使用しますが、

当社では、すべてNOVA SF 断熱二重煙突を使用しており、

なおかつ、

リアヒートシールドやフルーカラーヒートシールドを使用することで

遮熱効果を上げ、離隔距離も十分に取っています。

 

 

 

 

こうした、きちんとした工事を行っている当社だからこそ、

ご提案できる炉壁です。

 

 

 

 

 

 

裏から見るとこんな感じです。

バーナー焼きを施した五寸柱と黒竹が

引き立て合い、いい感じに仕上がりました。

 

 

 

 

木の木目と竹の節は、

既製品にはない自然の曲線や凹凸があるので、

いくら見ても見飽きません。

 

 

 

 

この黒竹炉壁にS字フックをかけて、

フライパンやトリベットなどの薪ストーブアクセサリーを

吊るすこともできます。

 

 

【この『黒竹炉壁』には、約1mにカットされた黒竹を、

なんと、132本も使用しています!】

 

『かっこいい! かっこいい!』

と、お施主様も大喜びしてくださいました(*^^*)

 


『やすらぎの家』 火入れ式

先日、バーモントキャスティングスの

アンコール エヴァーバーン(クラシックブラック)を

設置した『やすらぎの家』で、

火入れ式を行いました。

 

 

 

「安全に薪ストーブを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

 

 

 

そして、塩払いでお清め。

 

 

 

 

 

そして、火入れをし、

慣らし焚きを行っていきます。

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

 

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

 

 

新しい家の真ん中に立ち、

みんなが引っ越してくる日を

楽しみに待ちわびている、アンコール。

 

 

 

みんなと薪ストーブライフを楽しんでね♪

 


とある会社の社宅『やすらぎの家』

 

 

薪ストーブの暖気を玄関に逃がさないように、

そして、来客時の目隠しに、

下写真の黄色の矢印のところ・・

 

 

引き込み戸を出してきて、

区切ることができます。

 

 

しかも、引き込み戸なので、

大きい荷物の出し入れや、

夏場、風を通したい時や、

冬場、玄関も暖かくしておきたい時などは、

扉を収納して全開にすることができます。

 

お施主様も大喜びしてくれています♪

 


2013年2月10日 23:50  CATEGORY : こんなお家も建てれます やすらぎの家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

もうすぐお引き渡しの『やすらぎの家』で、

先日、薪ストーブの設置工事を行いました。

 

 

機種は、バーモントキャスティングスの

アンコール エヴァーバーン(クラシックブラック色)です。

 

 

工事中に、先行して煙道工事を行っていたので、

今回の穴あけは、屋根のみです。

白方板金さんと一緒に、穴あけ・取り付け・雨仕舞いを行います。

 

 

今回も煙突はすべて、

NOVA SF 断熱二重煙突を使い、

排気効率の良い、まっすぐな直抜き施工です。

 

 

この支持金物で3カ所も固定しておりますので、

頑丈で、ビクともしません!!

 

 

最後は、煙突と薪ストーブ本体を接続し、

遮熱板等を取り付けしたら、完了です。

 

 

取り付け完了!

オールステンレス製のシルバーの煙突がぴかぴか光っています。

 

 

雨仕舞いも完璧です!!

 

 

バーナー焼きを施した 五寸柱に囲まれ、

とてもかっこよく仕上がりました。

これから、こちらのスペースに、もうひと手間加え、

さらにかっこよく仕上げますよ☆

(その詳細については、後日・・♪)

 

 

火入れ式は、後日行います。

その模様もまたブログにアップしますので、

お楽しみに♪

 


松山市「やすらぎの家」

 

薪ストーブ設置工事に先立って、

炉台タイル貼り工事を行いました。

 

棟梁が、墨出しを行い、

 

 

三木さんがタイルをアールにカットし、ボンドを塗り、

 

 

棟梁がタイルを貼っていきます。

 

毎度おなじみの、ナイスコンビです☆

 

 

そして、貼り終えたタイルがこちら。

いい感じに馴染みました。

 

周りが杉の無垢床板なので、

年を経るごとに、一層馴染み、

いい味を出していくことでしょう。

 

明日、この炉台に目地が入れられ、

来週、こちらの炉台の上に、薪ストーブが設置されます。

 

その模様もブログにアップしますので、

お楽しみに♪


完成間近~やすらぎの家~

とある会社の社宅「やすらぎの家」が

もうすぐ完成します。

 

 

玄関ドアは、

荷物が多い時でも らくちんの電子錠。

 

 

それでは、中へ。

 

 

無垢の一枚板がお出迎え。

年々、渋い深みの出てくる柿渋を塗り込んでいます。

 

 

そして、キッチン。

両引分け戸を閉めることで、

リビングからの目線をシャットアウト。

急な来客でも安心です。

 

 

「キッチンだけの個室で料理をつくる」

なんだか 特別感があって、料理にも精が出そうです。

 

 

キッチンは、YAMAHAのシステムキッチンです。

分厚い無垢の人造大理石で造られた天板は、

頑丈でお手入れ簡単です。

 

 

家電収納も同じくYAMAHAです。

 

 

そして、

バーナー焼きを施された五寸柱が

かっこよく並ぶ、リビングの一角。

こちらに、来週、薪ストーブを設置します。

(アンコール エヴァーバーンのクラシックブラック)

 

 

建具の色は、

楽器などにも用いられるメープル(カエデ)材の色味を活かした

ナチュラルなペールカラー。

ペールカラーと白の壁が、

シンプルで やわらかく、温かい感じを醸し出しています。

 

タイル貼り以外のところの床は、

すべて厚み30mmもある杉の無垢床板を

張っています。

 

歩き心地もやわらかく、木の温もりを感じて頂けます。

 

 

一階のお手洗は、こちら。

汚れても安心なタイル貼りです。

 

 

1階から2階へと繋がる階段には ルーバー窓を2つ。

夏場も暖気がこもらず、

涼しく快適に過ごして頂けます。

 

 

そして、

洗面化粧台とユニットバスもYAMAHAです。

 

 

ユニットバスの入り口は、

使い勝手の良い、片引き戸にしました。

 

こちらも分厚い人造大理石のバスタブです。

 

 

そして、2階のお手洗。

こちらは、1階と比べて使用頻度も少ないので、

床は ぬくもりのある杉の無垢床板を張り、

柿渋塗装で仕上げました。

 

 

2階の廊下は、

ニッチがいいアクセントに。

 

 

そして、3部屋ある洋室の中の1室。

 

 

部屋内には、クローゼット以外にも、

屋根裏収納があります。

 

 

延べ床面積に入らないように、

天井高 1,400mm以内にしていますが、

4畳分もあるので大容量。

しっかり収納できます。

 

 

夏場、暖気がこもりやすい屋根裏。

部屋のハキダシから風を入れ、

 

 

屋根裏に取り付けられた2つのルーバー窓から、

暖気を逃がせるように、設計しています。

 

 

周りに高い建物がないので、眺めも風のとおりも最高です。

観覧車のくるりんだって見えます♪

来週設置される薪ストーブの工事模様もブログにアップしますので、

お楽しみに♪

 


2013年1月21日 23:51  CATEGORY : こんなお家も建てれます やすらぎの家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

外壁と杉の無垢床板

とある会社の社宅『やすらぎの家』

完成が近づいてきました。

 

 

珊瑚礁で作られる琉球石灰岩のような自然の優しい風合いのある

サイディングを貼りました。

ところどころに、アンモナイトも入っています♪

 

 

ただいま、杉の無垢床板が貼られています。

杉の無垢床板は、

歩き心地もやわらかく、とても気持ちいいです。

 

 


2012年11月15日 10:47  CATEGORY : こんなお家も建てれます やすらぎの家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

屋根瓦工事

松山市『やすらぎの家』に 屋根瓦が葺かれました。

 

 
セラ・マウント(防災瓦)の 落ち着いた、マウント・グレイ色です。

 

 

軒先には、 「軒先プラスチックメンド」も取り付け完了。

KIOSEIの水切り付鼻桟に差し込んで 取り付けできるので、

見た目も耐久性もアップします。

鳥や雨などの侵入を防いでくれます。

 

さぁ!明日から、10月です。
一層、気合を入れて、がんばるぞ~!

 


2012年9月30日 10:47  CATEGORY : こんなお家も建てれます やすらぎの家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

原石のように光る五寸柱

当社の職人が、

手作業でバーナー焼きをし、 磨き込まれた五寸柱。

 

 
太陽の光を浴びると、

まるで、原石のように、 ピカピカ、キラキラと輝き出します。

 

 

木目がきれいに浮き上がり、

その手触りと言ったらもう、

なんとも言葉では言い表せないほどです。

みんなに、愛おしそうに撫でられて、 人気者の五寸柱。

 

 
何十年か経ったら、

撫でられたところが 鏡のようになりそうです。

 


躯体検査

今日は、 松山市『やすらぎの家』 の躯体検査が行われました。

 

 

頑丈な『五寸柱の家』

もちろん、合格です✩

 

 

当社の使用する、

長い一本木の桁や母屋の木組みを見て、いつも、

「この木組みなら、大地震が来ても安心ですね。」

と言ってくれます。

完成してからでは、直接見ることができない、

『長尺物の一本木をふんだんに使った木組み』を 現場にてご説明します。

 
ご興味のある方、 お気軽にお問い合わせください✻

 


2012年9月28日 10:42  CATEGORY : こんなお家も建てれます やすらぎの家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)
1 / 3123