TAKEMOTO BLOG

『時を刻みつづける家』

『時を刻みつづける家』

現在、改築工事をさせていただいている西条市のお家。

 

 

築100年程の古民家に出逢い、ご購入され、

最低限のリフォームをして暮らされていました。

そのときは、大震災前だったため、耐震のことはあまり考えずにリフォームをし、

大震災を機に、耐震のことが気になり始めたそうです。

また、小動物の侵入や、梅雨時期のカビ、室内に落ちてくる屋根瓦の土などにも悩まされ、

当社にご相談いただいたのが、始まりでした。

 

 

実際にお家の木組みや床下などを見せて頂き、

リフォームするにあたってのご要望などをお聞きし、

耐震補強や基礎の補強、リフォームの御見積もりを出させていただきました。

修繕、補強箇所が多く、建替えと同じくらいの金額がかかってしまうことが分かりました。

金額の面や、大地震からご家族を守ることを考え、

耐震補強とリフォームをするより、

当社の建てる地震に強い『五寸柱の家』に建替えようと、

長い月日をかけて、建替工事の打ち合わせを重ねてきました。

 

 

建替えするならばと、いろいろと夢もふくらみ、

楽しく打ち合わせを重ねてきましたが、

こうしていく中で、

小学生のご長男さんが、

「このお家、壊さないかんの?住めんの?」

と、寂しそうに聞いてきたというお話もお聞きしたり、

お施主様ご家族の現在のお家に対する深い愛を感じ、

このお家を補強して住み続けられた方が、いいのかもしれない。。

と思い、その思いを打ち明けたところ、

お施主様もちょうど、

新築も魅力的だったけど、

やっぱりこのお家をどうにかできるのであれば、

このお家に住みたいと思っていたんです。

とおっしゃられ、

再度、このお家を耐震補強し、住みやすくリフォームすることになったのです。

 

 

一時は、建替えを考えていた古民家でしたが、

ご家族の深い愛によって、

これからも時を刻み続けることになりました。

 

 

なので、お家の名前は、

『時を刻みつづける家』

 

 

これから、工事の模様をちょこちょことご紹介させていただきますので、

お楽しみに♪

 

 


2018年10月27日 17:51  CATEGORY : 『時を刻みつづける家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (2) - TRACKBACKS : (0)