TAKEMOTO BLOG

『思い出の家』

あと もうすこしで完成する、

伊予市の『思い出の家』

 

カーテンがまだですが、すこしご紹介させていただきます(*^^*)

 

 

玄関を開け、室内に入ると、

凛と立つたくましい五寸柱と、

やわらかい表情の杉の無垢の床板が出迎えてくれます。

 

 

 

 

木がふんだんに使われた空間は、

ちょうど今ごろの梅雨時期などには、湿気を吸ってくれるので、

カラッと気持ちよく、

冬場の乾燥する時期には、逆に湿気を放出してくれるので、

1年中とても快適に過ごすことができます(*^^*)

 

 

 

 

そして、LDK。

街中で日当たりのよくない立地だったので、

照明器具を明るめに設定し、調光・調色機能付きで調節できるようにしました。

 

 

 

 

キッチンはトクラス(旧ヤマハ)のものです。

人造大理石の天板がとてもお手入れしやすく、

シンクとの継ぎ目もないので水あかが溜まる心配もありません。

奥様のご希望で、シンクとコンロは さくら色(*^^*)

お料理の時間が楽しくなりますね♪

 

 

 

 

リビングには仏間のスペースをつくりました。

購入されるお仏壇に合わせて造らせていただきました。

ご先祖様と一緒に、ゆったりとしたひと時を過ごしてくださることと思います。

 

 

 

 

そして、五寸柱が見える真壁仕上げの寝室。

 

 

無垢材がふんだんに使われたお部屋は、

森林浴をしているようにリラックスでき、

睡眠の質も上がると言われています。

 

 

 

そして、さわやかな洗面脱衣所。

こちらもトクラスのものです。

継ぎ目のないハイバックの洗面台で、

水栓が壁出しなので

水がたまらず、いつも清潔です。

 

 

 

 

分電盤とマルチボックスも、スッキリと収納されています。

 

 

 

 

そして、トクラスの浴室。

人造大理石のバスタブがすべすべで気持ちよく、

よごれもつきにくく、お手入れもしやすいです♪

 

 

 

 

そして、階段下の一部分を使用した御手洗い。

 

 

 

 

かわいらしい花柄の壁紙と、

天井は消臭機能のあるクロスを使用。

 

 

 

 

そして、窓からたくさんの自然光が入る

気持ちの良い寝室。

 

 

 

 

たくさんの収納スペースもある広々としたお部屋です。

 

 

当社の床は、構造用合板2.8cmの上に、

杉の無垢の床板3.0cmを敷いています。

合計5.8cmもの厚みがある床は、

重厚感があり、強度も抜群なので、もちろん床がきしむこともありませんし、

杉なので歩きごこちもやわらかく、とても気持ちが良いです(*^^*)

 

 

 

そして、個室が2部屋。

 

 

 

 

 

収納スペースは、

 

 

 

 

大容量☆

 

 

照明も付いているので明るく、

これからお施主様の置くものに合わせて棚付けされます。

 

 

 

 

そして、2階の御手洗い。

 

 

 

 

2階バルコニーの縦格子からは、

気持ちの良い光と風が室内へ入ってきます。

 

 

お花が好きな奥様が植えられた鉢植えが、

この格子からお目見えする日が今から楽しみです(*^^*)♪

 

『思い出の家』 完成に向けて、ラストスパートです!!

 

 


2019年7月9日 11:04  CATEGORY : 『思い出の家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

伊予市「思い出の家」

 

 

いよいよ、仕上げ工事に入りました!!

こちらは、パテ処理をしているところです。

 

 

 

 

 

 

パテ処理が終わると、

クロスが貼られていきます。

こちらは、織物調の落ち着いたクロス。

 

 

 

 

そして、こちらは塗り壁調のかわいらしいクロス。

 

 

白いクロスは、清潔感があり、

お部屋もより明るく見えます(*^^*)

 

 

そして、外部では左官さんが、

基礎のハケ引き仕上げ中。

 

 

 

 

クロス工事が終わったら、

照明器具やトイレなどの設備、

建具や棚が取り付いて、どんどん完成していきます(*^^*)

 

 

その模様もまたご紹介します♪ お楽しみに♪

 


2019年6月27日 19:36  CATEGORY : 『思い出の家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

伊予市の『思い出の家』

着々と進んでおります。

 

 

サイディングが張り上がり、

きれいな外観が姿を現しました。

バルコニーの空いたスペースには、縦格子が入ります。

 

 

当社では、壁に二重の空気層をつくることで、断熱性能を高めています。

ダウンジャケットと同じで、

空気は断熱の役割を果たします。

なので夏場に強い西日が当たるときも、家の中は涼しく、快適に過ごせ、

冬場に保温性が高まり、暖かく過ごしていただけます(*^^*)

 

 

 

屋内の工事も着々と進んでおります。

天井、壁、床の下地工事中の様子。

 

 

 

 

無垢の杉の床板も張っています。

 

 

 

 

当社が使用する杉の床板は、厚みが30mmもあります。

その下に28mmの構造用合板が張られているので、

床の厚みが計58mmもあり、重厚感抜群です!

調湿効果があり、梅雨など湿気の多い時期でも、

床はカラッと気持ちよく、お部屋の中もじめじめすることはありません。

 

 

杉の表情も優しく、歩き心地もやわらかいので、

お子様やお年寄りの方にもおすすめです(*^^*)

 

 

2階へ上がる階段も取り付き、

 

 

 

ユニットバスも設置されました。

 

 

どちらも養生中なので、

完成したらまたご紹介させていただきます(*^^*)

 


2019年6月11日 16:17  CATEGORY : 『思い出の家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

伊予市『思い出の家』の

躯体検査が行われました。

 

 

 

 

頑丈な『五寸柱の家』

もちろん、合格です✩

 

 

 

 

一般的に、家の柱は10.5cm角で、

屋根裏の束柱と母屋には一回り細い9cm角の材が使われます。

当社では、家の柱も屋根裏の束柱もすべての柱に15cm角を使います。

母屋においては、幅15cmで高さ19.5cmの木材を使っています。

検査員さんが、

「他の会社で、たまに10.5cmの束柱が使われているところがあって、

あっ!10.5cmの材を使ってる!って、ちょっとのことだけど太く感じますが、

竹本さんのところの木材を見たら、全然違いますね~!こんな家はないですよ~!」

と、驚かれます(*^^*)

 

 

家が完成してからは見えなくなり、容易にやり変えの出来ないところこそ、

大地震などの際に、強度に関わる重要な部分です。

そういうところこそ、しっかりと頑丈に造り、

いつまでも、安心して暮らしていただきたいと思うのです。

 


2019年4月17日 18:06  CATEGORY : 『思い出の家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

3月吉日、

良い天候に恵まれ、

伊予市『思い出の家』の上棟祭が行われました。

 

その様子を動画でご覧いただけます。

ぜひ、ご覧ください(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『思い出の家』が、

千年も、万年も、永遠に栄え続きますように。

 


伊予市 『思い出の家』

上棟際当日、作業をスムーズに行えるよう、

仮組みを行いました。

 

 

当日の段取りをしながら、

順に仮組みをし、並べていきます。

 

 

 

 

 

威勢の良い掛け声と、掛け矢の良い音が

辺りに響き渡ります。

 

 

 

 

遠くの方まで聞こえたようで、

知り合いの方が、

声と掛け矢の音を頼りに、現場まで来られたほどでした(*^^*)

 

 

 

 

長くて、太い、立派な桁。

 

 

とても重いので、慎重に運びながら、作業を進めます。

 

 

 

 

 

夕方、仮組み完了!

 

 

 

 

きれいに整列された木材たち。

明日は足場組みと上棟祭の準備です!

 

 

 


2019年3月26日 19:45  CATEGORY : 『思い出の家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

伊予市 『思い出の家』

 

 

上棟祭に向けて、

墨付け、刻みを終えた木材を、いよいよ現場へ移動していきます。

 

 

 

 

木材たちも「待ってました!」と言わんばかりで準備万端です。

 

 

 

 

作業場内の木材を一本、一本、丁寧に運び出します。

 

 

 

 

 

安全に運搬できるよう、

木材のバランスを考慮しながら、丁寧に積んでいきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

第1便、積み込み完了!

 

 

安全に走れるよう、しっかりバンドを締めて

現場へ向けて、出発です。

 

 

無事、現場に到着。

木組みがスムーズに行えるように下ろす場所を考慮しながら

一本一本木材を降ろしていきます。

 

 

 

長い長尺物の木材は、とっても重いので、

慎重に降ろしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

今回は、限られた土地での建築なので、

駐車場をお借りして作業を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太くて、長い、立派な木材たちに、

ご近所様もびっくりされていました(*^^*)

 

 

 

 

2便に分けて行った木材の運搬も、無事完了!

 

明日は、上棟祭当日、スムーズに作業を行えるよう、

仮組みをしていきます!

気合いを入れて、がんばるぞー!!

 


2019年3月25日 19:14  CATEGORY : 『思い出の家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

伊予市 『思い出の家』

 

上棟祭に向けて、土台敷き工事を行いました。

 

 

番付けされた土台を、

それぞれの場所に運び込んだところです↓

 

 

 

 

アンカーボルトの位置が、ひとつ、ひとつ異なるため、

一か所ずつ土台に位置を印しているところです↓

 

 

 

 

土台敷き工事、完了!!

 

 

 

 

通常、プラ束が使われる大引きの下を、

当社では、このように基礎工事でしっかりと補強しています!!

 

 

 

上棟祭が、楽しみです。

 

 

 


2019年3月23日 19:21  CATEGORY : 『思い出の家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

伊予市 『思い出の家』

 

良いお天気空の下、

作業場の外にずら~っと並べられた五寸柱たち!!!

 

 

 

柱の番付作業が行われています!

 

 

 

 

木の表情や、背割りの位置を見ながら、

どの場所に使うか、

一本、一本、丁寧に決めています。

 

 

 

 

当社の『五寸柱の家』は、

すべての柱に、この五寸の柱(15cm角)を使用しています!!

(一般の住宅は、3寸5分の柱 10.5cm角です)

屋根裏の束までも五寸柱を使用しており、屋根裏もビクともしません!!

 

 

 

 

番付を終えた五寸柱は、

ホソなどの加工してもらうため、作業場に移動。

 

 

『思い出の家』での居場所が決まり、

嬉しそうな五寸柱たちでした(*^^*)

 


2019年3月17日 18:40  CATEGORY : 『思い出の家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

『思い出の家』~刻み~

伊予市 『思い出の家』

当社作業場で木材の切り組みが行われています。

 

 

 

プレカットを一切使用しない当社の切り組み。

当社の大工職人によって、 木材、一本一本の性格を見極め、

金づちや、のみ、 場所によっては、木工機械を使い、

道具を使い分けながら、手で刻まれていきます。

 

 

こうやって職人の手によって、切り組みされた木材は、

上棟の日に、掛矢(かけや=堅い木で作られた大型の木槌)を使って、

力強く打ち込まれ、

木材と木材ががっちりと組み合い、とっても頑丈な家となるのです。

 


2019年3月15日 18:09  CATEGORY : 『思い出の家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)
1 / 212