TAKEMOTO BLOG

『幼なじみの家』

松山市『幼なじみの家』が完成しました(*^^*)

 

 

街中で、住宅が密集した土地のため、

住んでいて窮屈にならないよう工夫しました。

各部屋に採光を確保するため軒の出は短くし、

ポーチの角柱は、

車の出入りを少しでもしやすいようなくしました。

廊下の面積もできるだけ少なくし、

家の中で大きく暮らせるようにしました。

 

 

 

 

玄関ポーチには、

ご希望の雨具収納を設けました。

パイプハンガーがついているので、

カッパを干すことができます。

 

 

 

玄関入ると、大きな姿見付きの玄関収納がお目見え。

 

 

 

そして、LDK。

 

 

 

 

トクラス(旧ヤマハ)のオープンキッチンの対面に、

キッチンの天板と同じ人造大理石のカウンターを取り付け。

キッチンと合わせると、奥行きが1m25cmもあります。

 

 

 

そのカウンターの高さに合わせて、

収納付きベンチと、足置き台も作成しました。

 

 

 

ベンチ下の収納は、こんな感じです。

大容量なので、来客時なども、ぱぱっと物を片付けられます。

 

 

 

広々したキッチンの上には、ペンダントライト 。

ここで、みんなでごはんを作ったり、

楽しく過ごす姿が目に浮かびます(*^^*)

 

 

 

カップボードもキッチンと同じトクラスのもの。

扉色を合わせているので、きれいにまとまっています。

 

 

 

キッチンから見たリビング。

正面のテレビを置く壁をアクセントクロスにし、

おしゃれに仕上がっています♪

 

 

 

家全体に貼られた床板は、厚みが30mmもある杉の無垢板です。

(その下には28mmの構造用合板の下地があるので、床の厚みは58mmにもなります。)

無垢の木は、

梅雨時期などには、湿気を吸ってくれるので、

カラッと気持ちよく、

冬場の乾燥する時期には、逆に湿気を放出してくれるので、

1年中 快適に過ごすことができるのです。

杉なので、歩き心地もやわらかく、

1年中 素足で気持ちよくお過ごし頂けます。

 

 

そして、洗面脱衣室。

洗面化粧台もトクラスのものです。

水栓が壁についているので、

水が溜まることもなく、お手入れ簡単です♪

 

 

 

そして、ユニットバス。

こちらもトクラスのものです。

人造大理石のバスタブの触り心地は

すべすべで とても気持ち良く、お手入れも簡単です。

 

 

 

そして、1階トイレ。

階段下のスペースを利用して収納棚も取付しました。

 

 

 

そして、階段を上がり2階へ。

階段が明るくなるよう腰壁にし、

夏場の暖気も抜けるよう、

高い位置に窓も取付しています。

 

 

 

2階のトイレ。

清潔感のある落ち着いた空間です。

 

 

 

そして、子供部屋。

ドアを開けると、向こうの部屋の窓から

こちらの部屋の窓へ風が流れるように設計。

快適に暮らしていただけるように、

風通りにも配慮して設計しています。

 

 

 

 

クローゼットは、

ロールスクリーンで目隠し。

 

 

 

開けると、クローゼット全体がオープンになるので

毎日の出し入れがとてもしやすいです。

 

 

 

そして、夫婦の寝室。

こちらもアクセントクロスでおしゃれなお部屋になりました。

 

 

 

ウォークインクローゼットも

ロールスクリーンで間仕切り。

 

 

 

照明もついているので、物の出し入れも快適です。

 

 

クローゼットの棚やパイプハンガーは、

お引越し後、どこになにを置くか決まってから、

置くもの(衣装ケースなど)のサイズに合わせて

取り付けすることになっています。

 

 

先日、お引渡しさせていただきました。

ちょうど、雨模様で心配していましたが、

てるてる坊主を作ってくれていたおかげで、

雨も上がり晴れてくれました(*^^*)

 

 

これから始まる新居での暮らし♪

たのしく快適に暮らしていただけると嬉しいです(*^^*)

 


2020年2月27日 15:49  CATEGORY : 『幼なじみの家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

先日、無事に上棟を終えた松山市『幼なじみの家』

 

上棟の様子をムービーにまとめましたので、

是非ご覧下さいませ♪

 

 


2019年11月23日 18:09  CATEGORY : 『幼なじみの家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

棟上げを目前に控えた

松山市『幼なじみの家』

 

 

木材搬入を終えた現場で、

棟上げ当日、作業がスムーズに行えるよう、

木材の仮組みを行いました。

 

 

 

 

上棟当日、

効率よく組めるよう、組む順番を逆算し、仮組みをしていきます。

 

 

 

 

威勢の良い掛け声と、掛け矢の良い音が辺りに響き渡ります。

 

 

 

 

 

仮組みを終えた木材たちも、

棟上げの日が待ち遠しいようです(*^^*)

 

 

これから足場が組まれ、いよいよ上棟です!

太く、立派な木材が次々と

職人さん達の手によって組まれていく様は迫力満点です(*^^*)

その様子もまたブログでお伝えいたします。お楽しみに♪

 


2019年11月11日 18:56  CATEGORY : 『幼なじみの家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

松山市の『幼なじみの家』

 

棟上げに向けて、

作業場で墨付け・刻みを終えた木材を

現場へ移動しました。

 

 

※今回は、お施主様のご都合により、上棟祭(もちまき等)は行いません。

 

 

 

では、さっそく運搬作業の模様をご紹介。

まず、積み込んだのは五寸柱たち!!

 

 

 

 

そして、

作業場から継ぎ手のない長尺物の一本木も運び出されます。

 

 

 

 

 

人力と、リフトを使い分けながら、

丁寧に、積み込んでいきます。

 

 

 

 

太くて、長い、立派な木材。

見るだけで、安心感があります。

 

 

 

 

積み終えたら、第一便が現場に向けて出発!

当社の地震に強い『五寸柱の家』に使用する木材は、

すべてが太いので、一般の家に比べて2倍以上の木材を使用します。

なので、運搬も1度には乗り切らず、

今回は3回に分けて運搬しました。

 

 

 

 

 

現場に到着。

木組みがスムーズに行えるように下ろす場所を考慮しながら

一本一本、丁寧に木材を降ろしていきます。

 

 

 

 

 

降ろし終えると、再び作業場に戻り、

第2便を積み込んでいきます。

 

 

 

 

 

積み終わったら、再び現場へ。

太くて、長いので、慎重に。

 

 

 

 

現場にはたくさんの木材たち。

木の良い香りに包まれています♪

 

 

すべての運搬を終えると、

建前当日、スムーズに作業が行えるように、仮組みをしていきます。

仮組みの様子は次のブログでご紹介させていただきます(*^^*)

 


2019年11月9日 19:33  CATEGORY : 『幼なじみの家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

松山市 『幼なじみの家』

 

現在、当社の作業場では、

建前に向けて、木材の墨付け・刻み作業が行われています。

 

 
当社の木材の加工は、 プレカットではなく、

当社の大工職人が、

木材を一本一本、選別しながら、 墨つけをしていき、

すべて手刻みで加工しています。

 

 

手刻みで加工した木材は、 プレカットとは違い、

木材を組むときに、スルッと入ることはありません。
掛矢(かけや=堅い木で作られた大型の木槌)で

しっかりと打ち込んでいくので、

木材と木材がかっちりと組み合い、強度が増すのです。

 

 

 

 

木材、一本一本の性格を見極め、

金づちや、のみ、 場所によっては、木工機械を使い、

道具を使い分けながら、刻んでいます。

 

 

 

先日、お施主様に、

実際に木材をご覧いただきながらご説明させていただくと、

「大きいし長いね!」「本当に安心やね~(*^^*)」「いい香りやね~♪」

と、喜んでいただきました。

 

 

作業場内は、杉と檜と、

風に乗って香ってくる金木犀の香りでいっぱいです(*^^*)

 


2019年10月29日 16:08  CATEGORY : 『幼なじみの家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

松山市『幼なじみの家』

 

 

先日、配筋検査を行いました。

結果は、もちろん合格です。

 

 

 

 

その横で水道工事屋さんも、先行配管工事中。

 

 

これから土間コンクリート工事に入りますが、

『五寸柱の家』の木組みをしっかり支えられるよう、

基礎幅も150mmと、太く、頑丈に作っていきます。

 

 

その様子もまたご紹介させていただきます。

 


2019年10月17日 18:39  CATEGORY : 『幼なじみの家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

松山市の『幼なじみの家』

 

秋晴れの空の下、

当社の作業場に木材が納品されました。

 

 

 

 

大きなトラックに積み込まれた、

長くて、太い、立派な木材は、

何度見ても、迫力満点です!!

 

 

 

 

早速、木材を降ろしていきます。

まずは、破風板と鼻隠しです。

 

 

 

 

木材にキズがつかないように

少しずつ 丁寧に

リフトと人力とを使い分けながら、降ろしていきます。

 

 

 

 

そして、梁となる太い木材。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、五寸柱の束です。

 

 

 

 

それから、間柱。

 

 

 

 

そして、継ぎ手のない太くて長い、一本ものの母屋や棟木、桁材。

 

 

 

一般的には、継ぎ手のできる長さですが、

継ぎ手は、地震などの際、弱点となります。

ですので、当社の地震に強い「五寸柱の家」の木組みでは、

長尺物を納品できない現場でない限り、

極力、継ぎ手のない木組みで、家造りをしています。

 

 

お施主様にも、木を見ただけで安心感が伝わると言って頂きます。

 

 

 

 

木材納品完了!!

このあと、

木材についているおがくずをたわしで落とし、(木材の乾燥の妨げになる為)

作業場内に移動します。

 

 

 

 

これから当社の職人によって

墨付け、刻み・・・と、

一本一本に

たっぷりと愛情が注ぎ込まれていきます。

 

 

その模様もまた

ブログでご紹介させていただきます(*^^*)


2019年10月16日 18:22  CATEGORY : 『幼なじみの家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

この度、彩乃(設計)の小学生のころからの幼なじみのお家を

建てさせていただくことになりました(*^^*)

 

 

2年ほど前に土地探しからはじまり、家づくりの打ち合わせを重ね、

「あーたんに設計してもらって、

おじちゃんたちに建ててもらえたら、めっちゃ幸せやし安心なので、

どうぞよろしくお願いします*」

と、ご夫婦で当社に決めてくださいました(*^^*)

 

 

こうやって、幼なじみの家を建てられること、

とてもうれしく、幸せに思います*

ご家族のみんなが安心して、毎日をたのしく暮らせるように、

地震に強い、暮らしやすい家を建てさせて頂きます(*^^*)

 

 

 

9月吉日、地鎮祭が行われました。

今回の地鎮祭は地元の還熊八幡神社さんによって行われました。

 

 

地鎮祭日和の中、

「これから、どうぞよろしくお願いします。」

と、土地にご挨拶をしながら、整地やテントなど準備を行いました。

 

地鎮祭は、建築工事に先立ち、

土地の神さまに家を建てることを報告し、

ご家族の安全と、 工事の安全を祈る儀式です。
近頃は、 こういった日本ならではの 伝統儀式が簡略化されていますが、

当社では、 地鎮祭や上棟祭など、

古くから伝わる、日本の伝統文化を大切にしています。

 

 

 

~地鎮祭の模様~

修祓之儀(しゅうふつのぎ)

祭壇のお供え・建築主・参会者をお祓いします。

 

 

 

 

 

祝詞奏上(のりとそうじょう)

神への建築の報告と、安全を願って祝詞をあげます。

 

 

 

 

 

四方祓いの儀(しほうはらいのぎ)

 

 

 

 

 

穿初之儀(うがちぞめのぎ) 鎮物埋納之儀(しずめものまいのうのぎ)

O様は鍬(くわ)を、

棟梁は鋤(すき)を持って、 土を掘る所作を3度行い、

神宮は鎮物を埋めます。

 

 

 

 

 

 

 

玉串奉奠(たまぐしほうてん)

サカキの小枝に紙垂(しで)をつけたものを捧げ、拝礼します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地鎮祭、終了。

 

 

これからはじまる『幼なじみの家』

 

 

工事の模様もブログで

ご紹介させていただきますので、お楽しみに(*^^*)

 


2019年9月17日 20:50  CATEGORY : 『幼なじみの家』  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)