TAKEMOTO BLOG

こんなお家も建てれます

伊予市で新たな現場が動き始めました。

その名も『あこがれの家』

 

 

奥様が中学生の頃、

登下校時に、当社の建築中の現場を見られていたそうで、

「工事がとっても丁寧だし、すてきなお家だなぁ・・

将来、家を建てる時には、絶対ここに建ててもらおう!」

と、当時から思い続けてくれていたとのこと。。こんな嬉しいことはありません。

 

 

「家を建てたいので、お話を・・」と来ていただいてから、

一緒に土地探しをし、プランの打ち合わせをし、

この度、着工するにあたり、地鎮祭をさせていただきました。

 

 

 

今回の地鎮祭は、

当社も昔からお世話になっている、

正一位 伊豫稲荷神社さんによって行われました。

 

 

「これから、どうぞよろしくお願いします。」

と、土地にご挨拶をしながら、丁寧に準備を行っていきます。

 

 

地鎮祭は、建築工事に先立ち、

土地の神さまに家を建てることを報告し、

ご家族の安全と、 工事の安全を祈る儀式です。
近頃は、 こういった日本ならではの 伝統儀式が簡略化されていますが、

当社では、 地鎮祭や上棟祭など、

古くから伝わる、日本の伝統文化を大切にしています。

 

 

 

 

~地鎮祭の模様~

 

 

 

 

 

~地鎮祭の模様~

 

修祓之儀(しゅうふつのぎ)

祭壇のお供え・建築主・参会者をお祓いします。

 

 

 

 

 

 

 

祝詞奏上(のりとそうじょう)

神様への建築の報告と、安全を願って祝詞をあげます。

 

 

 

 

 

 

四方祓いの儀(しほうはらいのぎ)

米・塩・お神酒を敷地に撒きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

穿初之儀(うがちぞめのぎ) 鎮物埋納之儀(しずめものまいのうのぎ)

Y様は鍬(くわ)を、

棟梁は鋤(すき)を持って、 土を掘る所作を3度行い、

神宮は鎮物を埋めます。

 

 

 

 

「ぼくもやりたい!」とのことで、ご長男のYくんも(*^^*)

 

 

 

 

上手にできました(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

玉串奉奠(たまぐしほうてん)

サカキの小枝に紙垂(しで)をつけたものを捧げ、拝礼します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神酒拝戴(しんしゅはいたい)

 

 

 

 

良い天候に恵まれ、地鎮祭終了。

 

 

中学生の頃からの夢を一緒に叶えられることが、とても嬉しいです!

「住んでみても、やっぱり いいなぁ~(*^^*)」と思っていただけるような家をと思います!!

どうぞ、よろしくお願い致します!

 

 

工事の模様もまた、ブログでご紹介させていただきますので、

お楽しみに♪

 

 


2019年5月3日 18:48  CATEGORY : 『憧れの家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

伊予市『思い出の家』の

躯体検査が行われました。

 

 

 

 

頑丈な『五寸柱の家』

もちろん、合格です✩

 

 

 

 

一般的に、家の柱は10.5cm角で、

屋根裏の束柱と母屋には一回り細い9cm角の材が使われます。

当社では、家の柱も屋根裏の束柱もすべての柱に15cm角を使います。

母屋においては、幅15cmで高さ19.5cmの木材を使っています。

検査員さんが、

「他の会社で、たまに10.5cmの束柱が使われているところがあって、

あっ!10.5cmの材を使ってる!って、ちょっとのことだけど太く感じますが、

竹本さんのところの木材を見たら、全然違いますね~!こんな家はないですよ~!」

と、驚かれます(*^^*)

 

 

家が完成してからは見えなくなり、容易にやり変えの出来ないところこそ、

大地震などの際に、強度に関わる重要な部分です。

そういうところこそ、しっかりと頑丈に造り、

いつまでも、安心して暮らしていただきたいと思うのです。

 


2019年4月17日 18:06  CATEGORY : 『思い出の家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

西条市の『時を刻みつづける家』が、完成しました。

 

 

 

 

お家にふたたび明かりが灯り、

障子風の建具からこぼれるやわらかな灯りが家族を迎えてくれます。

 

 

 

 

玄関に入ると、以前と変わらぬ建具と、

きれいに仕上がった御影石調の土間、そして木のぬくもりあふれる式台が。

 

 

 

 

そして、ご友人が描いてくれたという絵が、

リフォーム前と変わらず、出迎えてくれます。

 

 

その横の壁に取り付けた飾り棚には、

このお家のご先祖様のお写真が飾られています(*^^*)

 

 

玄関収納には、靴箱も作らせていただきました。

 

 

 

 

そして、LDKへ。

障子風に姿を変えた建具と、杉の無垢の床板、そして、畳スペース。

和の空間がご家族を癒してくれます。

 

 

 

 

弱い部分は補強しつつ、

なるべく開放感のある空間になるように工夫しました。

 

 

 

 

そして、キッチン。

 

 

 

 

 

北西から南東へ、大幅に場所が変わったキッチンは、

光あふれる空間になり、気持ち良い風が通りぬけます。

 

 

 

 

キッチンの背面には、お手持ちの家電製品に合わせた収納棚を作製。

 

 

 

 

無垢の一枚板で作ったカウンターは、

リビングからキッチンの手元も隠せて、

出来上がったお料理の配膳にも一役買いそうです。

 

 

 

 

レンジフードもお手入れのしやすいものを。

 

 

 

 

そして、キッチンのすぐそばには、

暖房だけでなく、お料理が得意な薪ストーブのアンコールさん(*^^*)

 

 

 

 

煮込み、炊き込み、オーブン料理・・と、なんでもおまかせあれな

頼もしい相棒です♪

ご家族の身体を、外からも内側からも、温めてくれることでしょう(*^^*)

 

 

 

 

薪ストーブの焔に癒されながら、

畳に寝ころがって、うとうとお昼寝・・気持ち良さそう(*^^*)

 

 

 

 

 

そして、奥のスペースへ 。

 

 

 

 

空間の雰囲気に合わせて、木製の建具を作製。

 

 

 

 

もともと床が一段下がった台所だったこの場所を、

床を上げて、納戸に。

羽の角度を調整可能な、ルーバー中窓を取り付け。

 

 

 

 

そして、子供部屋。

 

 

 

 

換気のしにくい面は、部屋内に木製のルーバー中窓を取り付け。

 

 

 

 

角度を調整できるので、プライバシーも確保しつつ、

換気もできて、家中風が通り抜けるので、

とても気持ち良いと喜んで頂いています(*^^*)

 

 

 

 

 

やわらかい雰囲気のカーテンも取り付け。

 

 

 

 

そして、寝室。

 

 

 

 

撮影中、Hちゃんがカーテンに潜り込み、

そっとモデルになってくれました(*^^*)

 

 

 

 

 

そして、屋根裏部屋へ。

以前、棟梁が加工していた※北山杉の面皮柱は、

こちらの階段の支柱として取り付けされました。

※磨丸太を手斧(ちょうな)などで製材し、丸太の木肌を残しながら木目の美しさを引き出したものです。

 

 

 

 

前からここに居たかのように、馴染んでいます(*^^*)

 

 

 

 

階段を上がって屋根裏へ。

 

 

 

 

きれいに磨いた丸太の梁と、

 

 

 

 

再利用した古畳が良い風合いです。

 

 

 

 

もうすでに、ご兄弟と近所のお友達の溜まり場になっているという屋根裏部屋。

1階の天井を上げたことで できたこの段差が、

なんとも遊び心をくすぐります(*^^*)♪

 

 

 

 

建具も取り付けしたので個室にもなります。

 

 

 

 

外部には、東と南の2面にぬれ縁を取り付け。

ご家族や、ご近所の方との憩いの場として、大活躍してくれることでしょう(*^^*)

 

 

以上、ご紹介させていただきました(*^^*)

 

 

お庭の方では、はやくも、

お兄ちゃんお手製のアスレチックと三男のHちゃん用の工事現場が出来上がっています!!

 

 

この砂場に砂を入れるときに、

お兄ちゃん自ら率先して、砂浜着工式をして、

手を合わせていたそうです。

棟梁の姿を見て、建築は何事も拝んでからと学んだのだとか・・(*^^*)

その動画を送ってきてくれたのですが、

残念ながら、もったいなくて お見せできません(*^^*)

 

 

のこぎりを使ったり、

「今度、ワイヤーと滑車を買ってきて」

とお願いする小学6年生(*^^*)

聞いているこっちまで、ワクワクしてきます♪

今度、一緒に遊ばせてね~♪

 

 

 

 

 

 

家から少し上がったところからの、おすすめの撮影スポットから。

おっしゃる通り 昔話に出てきそうな感じ(*^^*) とっても素敵です。

 

 

工事期間中、三男のHちゃんがそろり、そろりとやってきて、

おやつを職人ひとりひとりに丁寧に渡してくれました。

それがHちゃんのお仕事とのこと・・

そのお仕事、おじちゃんとおばちゃんのハートを ほんわか癒してくれました。

ありがとう。お仕事おつかれさまでした(*^^*)

 

 

これからも このお家で、

すてきな時を刻み続けてください。

ありがとうございました(*^^*)

 


2019年4月12日 18:39  CATEGORY : 『時を刻みつづける家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (2) - TRACKBACKS : (0)

西条市の『時を刻みつづける家』

 

 

いよいよ、火入れ式♪

薪ストーブに火が灯ります。

 

 

~火入れ式開始~

 

「安全に薪ストーブライフを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

 

塩払いでお清め。

 

 

 

 

 

いよいよ火入れです☆

火入れをして、

慣らし焚きを行っていきます♪

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

 

無事に火入れできたことをお祝いして乾杯。

 

 

その後、

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

じっくりとお話させていただきました(*^^*)

 

 

この日は、お忙しい中、ご実家のご両親も参加してくださいました。

奥様のご実家は、福祉施設をされていて、

これまで、奥様から たくさんお話をお聞きしていて、

愛にあふれた素敵なところだなぁ、

ご両親がとても素敵な方なんだろうなぁ、いつかお会いしてみたいなぁと思っておりました。

お会いしたら、恵比寿さんのようなお父様と、太陽のように明るいお母様で、

思ったとおり素敵なご両親様でした。

だから、こうやってお家や福祉施設に、人が集まってくるんだろうなぁと思いました(*^^*)

 

 

 

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

じっくりとお話させていただきました(*^^*)

 

 

 

 

途中、だれからともなく話が脱線し、

薪ストーブの話から、ラグビーの話、子供の話、・・・・

話が尽きず、あっという間に慣らし焚き完了してしまいました(*^^*)

 

 

 

 

いよいよ始まる暖かくて美味しい薪ストーブライフ♪

今後も当社がしっかりとサポートをさせていただきますので、

思う存分、た~っぷりとご堪能ください☆

 

 

薪ストーブでパン、焼けたかな?(*^^*)

 


すべての工事が無事に完了した、

西条市の『時を刻みつづける家』

 

 

縁あって このお家にめぐり会い、

ご家族の深い愛によって、

再び、時を刻み続けることとなった『時を刻みつづける家』。

 

 

K様ご家族は、

もともと、このお家に住まわれていたご先祖様のことを、

ご自身のご先祖様のように大切にされています。

その想いをお聞きすると、

すてきなご家族が住み継いでくれて、

本当にうれしいだろうなぁ、と思います。

わたしたちも、ご縁あって、K様ご家族とお家と出会い、

これからも住み続けられるようにお手伝いできたことを嬉しく思っています。

 

 

おかげさまで、工事が無事に終わったこと、

そして、

これから再びここで、K様ご家族が元気に楽しく暮らせるように見守っていてください。

と、ご挨拶をしに、K様ご家族と一緒にお墓へ行かせていただきました。

 

 

 

ご先祖様へのご挨拶を終え、

「工事が無事に終わりました。

ご家族みんなが、これからも元気に楽しく暮らせますように。

どうぞ、よろしくお願い致します。」

と、土地とお家にご挨拶をしながら、神楽鈴でお清めさせていただきました。

 

 

この神楽鈴は、魔除け(お清め)、神様を呼ぶ、人の心を落ち着かせる効果があって、

土地・建物のお清めにも良いよとのことで

正一位 伊豫稲荷神社の神主 星野暢廣さんに祈念していただき、

この度、神楽鈴で初のお清めをしました。

 

 

 

 

 

 

このお清めをした翌日、

いままでずっと知らなかった屋敷神様のことを、

「おたくの屋敷神様は、ここにあるんよ~」

と、ご近所さんがふと教えてくれたのだそうです。

 

 

「やっと、ここの住人として、認めてもらえたみたい!」

と、話してくださいました(*^^*)

 


2019年4月7日 17:47  CATEGORY : 『時を刻みつづける家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

西条市の 『時を刻みつづける家』

 

この日は、外部の工事。

下の写真の2面に、ぬれ縁が取り付けられます♪

 

 

 

 

 

玄関では、左官さんが、御影石調の仕上げ塗材を塗っています。

 

 

 

 

ぬれ縁の工事の様子。

 

 

ぬれ縁取り付け中、学校から帰ってきたK君。

できあがった ぬれ縁を見て、

「こんにちは~。これすごいですね~!」

と、あいさつしに来てくれました(*^^*)

工事中、現場に来ては、

職人さんへ気持ちの良い元気なあいさつをしてくれていたK君とG君☆

このあいさつに、みんな関心していました(*^^*)

 

 

 

 

 

南面のぬれ縁が完成! とっても良い感じ!!

 

 

 

 

つづいて、東面に取り付け。

 

 

作業終盤になり、

「こんにちは~。できた~? すごいね~!いいね~!見せて~!」

と、ご近所の方が次々と来られていました。

 

 

 

 

そして、東面も完成☆

ぬれ縁の端には既存(室内に取り付けられていた)の階段をカットし取り付け。

 

 

 

 

このぬれ縁が、ご近所さんとの交流の場になりそうです(*^^*)

 

 

 

 

左官さんも、玄関の塗り工事完了☆

まだ乾いていませんが、

とてもきれいに仕上がり、旅館のような雰囲気に(*^^*)

 

 


2019年4月4日 18:17  CATEGORY : 『時を刻みつづける家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

西条市の 『時を刻みつづける家』に、

いよいよ、薪ストーブ本体が設置されます(*^^*)

 

機種は、バーモントキャスティングスのアンコールです。

(色:クラシックブラック)

 

 

外部の煙突は、

屋根の葺き替えの際に一緒に取り付け、完了済みなので、

 

 

 

 

それから下の煙突を取り付けしていきます。

 

 

 

 

専用の煙突支持部材をしっかりと固定し、

 

 

 

 

それに煙突を取り付けしていきます。

 

 

 

 

しっかりと固定された煙突は、ビクともしません。

 

 

 

 

フラッシング部分は、外部とステンレス一枚で接しているので、

フラッシング内が結露してしまわないように、

断熱材のロックウール(別名:ミネラルファイバー)を入れていきます。

 

 

 

 

断熱材が落ちないように、不燃材でフタをして完了。

 

 

通常、ステンレスの化粧板でフタをしますが、

屋根裏の既設の古いタルキの色合いに合わせて、

不燃材(ダイケンダイライト)にしました。

 

 

そして、お子様の遊び場になりそうなので、

危なくないように、

 

 

 

 

囲いを作って、中に物が入らないようにフタをしました。

 

 

 

 

 

屋根裏の工事は完了です!

 

 

 

 

いよいよ、本体が運び込まれます。

 

 

 

 

煙突と本体が接続され、

ウォーミングシェルフを取り付け。

 

 

 

 

取り付け完了☆

 

 

 

 

和な雰囲気にも、とってもよく合っています(*^^*)

 

 

こうして、『時を刻みつづける家』に、また新しい仲間が加わりました♪

みんなから、可愛がってもらえることでしょう(*^^*)

 


西条市の 『時を刻みつづける家』

 

 

これまでも、このお家で使われてきた建具。

また元の場所へ戻れるように、きれいに磨き、

新しい紙が貼られて、また元の場所へ戻ってきました(*^^*)

 

 

スムーズに開閉できるように微調整し、

 

 

 

 

取り付け。

 

 

 

 

玄関からは、黒くシックに、

部屋内からは、明るく、やわらかい雰囲気になりました(*^^*)

 

 

新たに家族団欒の場となるこの場所で、

また活躍できることを、喜んでいるようです(*^^*)

 


2019年4月2日 18:20  CATEGORY : 『時を刻みつづける家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

3月吉日、

良い天候に恵まれ、

伊予市『思い出の家』の上棟祭が行われました。

 

その様子を動画でご覧いただけます。

ぜひ、ご覧ください(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『思い出の家』が、

千年も、万年も、永遠に栄え続きますように。

 


西条市の 『時を刻みつづける家』

 

いよいよ、仕上げ作業に入っています。

 

この日は、もともと取り付けられていた木製のガラス戸の、

透明ガラスを外して、建具を掃除し、

外したガラスにフィルムを貼って、障子風の建具に変身させました。

 

 

 

 

 

 

 

障子のように見えて、そこから、やわらかい光も入り、

プライバシーも確保されて、とても良い感じです(*^^*)

 

 

 

 

そして、畳も入りました。

 

 

 

 

 

そして、カーテンも取り付け完了。

 

 

 

 

風通しを考えて窓の取り付けをさせていただいた甲斐あって

風通しがとても良くなり、

さわやかな空気が家の中を通り抜けていきます。

 

 

 

 

そして、当初物置になる予定だった屋根裏が、

お子様の遊び場になりそうだということで、

古畳を再利用して、それを敷き詰めて、

すてきな遊び場が出来ました♪

 

 

 

 

1階の天井が上がったことで出来たこの段差も、

なんとも、子供の遊び心をくすぐりそうです(*^^*)

 

 

 

 

磨かれてピカピカになった梁や、再利用した古畳も、

ここで、また こどもたちの元気な声が聞けることを、

とても喜んでいるようです(*^^*)

 

 

 


2019年3月27日 18:57  CATEGORY : 『時を刻みつづける家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)
1 / 4212345...102030...最後 »