TAKEMOTO BLOG

こんなお家も建てれます

松山市北条の『変化を楽しむ家』

 

 

現在、土台・大引きの墨付けを終え、

刻みに入っています。

 

 

当社の木材加工に、プレカットは一切使用しておらず、

当社の大工職人が、

木材を一本一本、選別しながら、 墨つけをし、

すべて手刻みで加工していきます。

 

 

木材、一本一本の性格を見極め、

金づちや、のみ、

場所によって、木工機械を使って、

道具を使い分けながら、刻んでいます。

 

 

手刻みで加工した木材は、

プレカットとは違い、 木材を組むときに、スルッと入ることはありません。
掛矢(かけや=堅い木で作られた大型の木槌)で

しっかりと打ち込んでいくので、

木材と木材がかっちりと組み合い、強度が増すのです。

 

 

施工面だけをみると、工場生産のプレカットの方が楽で簡単です。

ですが、頑丈な家を建て、大地震から大切なご家族を守るために、

手間がかかっても、絶対に譲れない当社のこだわりのひとつです。

 

 

ひのき材の土台・大引きを刻んでいると、

ひのきの良い香りが作業場を包み込みます。

 

 

土台・大引きの刻みが終わると、

次は、桁や母屋、棟木の一本木などの 墨つけ、刻みが始まります。

その模様もまた、ご紹介させていただきますので、お楽しみに♪

 


2020年9月24日 13:42  CATEGORY : 『変化を楽しむ家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

9月吉日、新たに着工する松山市北条の『変化を楽しむ家』の

地鎮祭が行われました。

 

今回の地鎮祭は、

北条の鹿島神社様によって行われました。

 

「これから、どうぞよろしくお願いします。」

と、土地にご挨拶をしながら、準備を行っています。

 

 

修祓之儀(しゅうふつのぎ) 祭壇の

お供え・建築主・参会者をお祓いします。

 

 

 

 

 

 

 

祝詞奏上(のりとそうじょう)

神への建築の報告と、安全を願って祝詞をあげます。

 

 

四方祓いの儀(しほうはらいのぎ)

米・塩・お神酒を敷地に撒きます。

 

 

 

穿初之儀(うがちぞめのぎ) 鎮物埋納之儀(しずめものまいのうのぎ)

 

 

 

 

玉串奉奠(たまぐしほうてん)

サカキの小枝に紙垂(しで)をつけたものを捧げ、拝礼します。

 

 

 

 

 

 

 

 

地鎮祭、無事終了!

 

工事の模様もブログでご紹介させていただきますので、

お楽しみに☆

 

 


2020年9月15日 13:50  CATEGORY : 『変化を楽しむ家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

松山市北条 『変化を楽しむ家』

 

 

新婚ほやほやのご夫婦。

家族構成やお子様の成長によって、

間取りを変えらるように工夫し、

これからの生活を思い描きながら

一緒にプラン作りをしてきました♪

 

 

 

なにかを決める際にも、

外壁はご主人様、玄関引き戸は奥様などと、

おふたりの好みを融合させながら決められているので、

おふたりならではのお家ができる楽しみがあります(*^^*)

 

 

 

先日、早速 地盤調査を行いました。

 

 

調査の結果、地盤改良をする必要のない、良い地盤でした。

 

 

後日、建築工事に先立ち、

ご家族の安全と、 工事の安全を祈願し、地鎮祭を行います。

 

その模様もまた、ブログでご紹介させていただきます。

 


2020年9月2日 16:28  CATEGORY : 『変化を楽しむ家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

ピザ窯 KABUTO(カブト)

充実した時間にしようと試行錯誤を繰り返しながら、おうち時間にも慣れてきた今日この頃^^

今回は庭でピザ窯 KABUTO(カブト)を楽しみました。

(前回当社で楽しんだKABUTOのブログはこちら☆

 

我が家は

各脚と燃焼ボックス下、蓋を開けた際、蓋の取っ手の下に来る場所にレンガを用意しました。

(KABUTO本体のオーブン手前に蓋を掛けたまま開けるとフラット状態になります。

・・・その状態の写真がなくすみません。)

 

 

ピザ生地レシピ (大雑把な私、クックパッドを少しアレンジしてます^^;)

材料 (直径約20センチ4枚分)
・強力粉     200g
・薄力粉     50g
・砂糖      20g
・塩       3g
・ドライイースト 5g
・水       145~150g
・オリーブオイル 20g
①ボウルに材料全てを入れ、ボウルの中で生地をまとめる。(ドライイーストと塩は離して入れる)
②粉っぽさが無くなってきたら台に生地を置き、滑らかになるまで捏ねる。
③4等分して綺麗に丸める。ラップをかけて乾燥防止して温かい場所で10~15分放置する。

 

④約20cmの丸に伸ばしていく。

娘たちにお手伝いをしてもらいました。

 

あらかじめ準備しておいたピザソースや具をトッピング!

 

その間に私と主人交代でKABUTOの火の番を。

ピザのトッピングがまだ終わってなかったので、

先に作っておいたバスクチーズケーキを投入。

(この順番がのちに後悔に変わるなんて、この時はまだ知る由もなかった・・・。)

 

 

さてさて、その悲しい出来事は最後にして、

ピザの準備が整い、いざ窯の中へ♪

 

 

じゅ~っと美味しい音を立てながら焼きあがりました^^

 

マルゲリータ2枚

 

 

照り焼きチキン(食べかけですみません^^;)

 

 

庭で採れた大葉のジェノベーゼ

 

どの味もとてもとても美味しく、大人も子どもも大満足でした☆

・・・そう、バスクチーズケーキ以外は。-_-;

 

 

効率の良さを考え、先にバスクチーズケーキを窯に入れると判断したのは私。

窯に入れたのも私。

その時、「俺、火の番するわ!」と立候補したのは主人。

チーズケーキの様子を確認することなく、律儀に火の番だけしてくれていたのも主人。

誰も悪くないんです。

でも、、、はい、、、まる焦げになりました^^;

 

主人「チーズケーキの焼き時間言ってくれんと分からんわぁ」と。

(いやいや・・・時間言ってなくてもちょこちょこ様子を確認してくれてもよくない!?)・・・とは思いますが(笑)

確かに目安や様子確認をきちんとお願いしてなかった私にも非がある!次はうまくやろう!

そんなこんなで焦げていない中の方を美味しく頂きました^^

娘にも好評で、懲りずにまた挑戦しようと思います☆

 

 


2020年5月25日 13:50  CATEGORY : こんなお家も建てれます 喜の家 日々の出来事  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

『喜の家』~完成から約4年目のリアル写真~ 前編 に引き続き、

後編では

新築から4年経過し、5年目に突入しようとする『喜の家』の リアルな写真をお届けいたします。

(生活感が溢れておりますが温かい目で見ていただけると嬉しいです。そして、少し長いです。^^;)

 

 

玄関にはシンボルツリーとなる紅葉を選びました。

四季を感じさせてくれる変化が楽しいです^^

 

 

足元にはすみれ(時々雑草…) ♡

踏み石がすみれで囲まれる日を夢見てお手入れしています。

 

 

 

玄関冊子から朝日が差し込んで明るいです。

 

 

 

 

玄関土間収納にはシューズ棚(施工時にオーダーしました)、全身鏡、ハンガーポールを設置。

 

 

 

室内建具は全てイマガワの建具です。

(竹本建設姉妹会社ムーミーはイマガワDOORの公式代理店です。)

 

 

LD出入口に埋め込みキーボックス。

 

 

LD♪

 

上の写真はブログ用写真で、

本当は、下の写真の様に子どもたちのトランポリンがドーンと置かれています。

シンプルな暮らしに憧れますが、これが現実。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

障子のあるお家に住むのも私の夢で、

主人の「視界を閉ざしても通風希望」の要望をミックスし、

雪見障子のガラスがないバージョンをお願いしました。

(障子は入船木工さん)

 

 

 

 

ダイニングテーブル・キッチン

私がこの導線がとてもお気に入り♪

 

料理作って直ぐにダイニングテーブルに置けるし、片付けもすぐ!

キッチンの出入りもオープンなので子どもたちも親しみやすく、

料理をすることに興味を持ってくれています。

 

 

 

トクラスのキッチン

調味料やツール等、全部引き出しの中に納まるほど大容量な収納スペース。

キッチン上は常にこんな感じです^^

 

 

 

壁と冷蔵庫の隙間をあらかじめ開け、ごちゃつく物を隠してあります。

(このブログでバレちゃった。)

 

食品パントリー オープン

 

食品パントリー クローズ

 

WC

 

 

 

洗面脱衣室(洗面化粧台、バスルーム:トクラス)

 

 

 

 

 

2Fへ。

 

2Fホール

読書、室内干し、空中ヨガ、作業スペース

 

 

 

 

 

収納スペース オープン

 

収納スペース クローズ

 

 

子ども部屋9帖

将来、2つに部屋を仕切る予定で、現在は子どもたちの遊び場♪

・・・にしてもぐちゃぐちゃ。・・・子どもたちと一緒に片づけます^^;

 

寝室

 

 

畳んだ衣服をタンスにしまうことさえ面倒なずぼらな私が

施工時にお願いした衣服スペース。 オープン

 

クローズ

 

物干しスペースにある収納付きハウスステップ

 

我が家はハンガー等を収納。

 

外部収納には

アウトドア用品、戸外遊びグッズなどを収納。

 

その都度、主人と相談しながら、

棚やスキーウェア掛けをDIYしています。

 

 

ウッドデッキ

 

 

 

『喜の家』はこんな感じで(!?)自分たちの”好き”に囲まれながら生活しております。

施工当時はこれがいい!!これはいらない!!と思っていたことでも、

時間が流れるとやっぱり好みも流行りも変化し、

これで良かったと再認識することもあれば、

やっぱりあれいるやったなぁと後悔することも正直あります。

でも多くはインテリアや間取りの事で、工夫次第で今思う理想に近づけることはできるし、

あ、やっぱり現状でいいやと思い直すことも。

その自分が作り上げたモヤモヤ(後悔)を解決していく過程が楽しかったりもします。

 

 

マイホームに住んでみて、やっぱり一番大切なことは家族が安心できる丈夫な家であるかだと私は感じています。

お客様の見えないところまで誤魔化すことなく、丁寧な仕事がされているか…

父(棟梁)と妹(設計士)の姿を近くで見ていると

「お客様やお客様の家族の事を1番に。」を強く感じます。

しっかりとした基礎、太くて丈夫な五寸柱、見えないところまで丁寧な仕事、

(ちょっと口下手な父・棟梁ですが…←とても残念^^;)すべてひっくるめて、

私が身内じゃなくてもきっと、お家は竹本建設に頼んでいるなと思います^^

 

長々とお付き合いいただき、ありがとうございました^^

最後に、、、

私の家族がそれぞれにが付けてしまった杉床のキズや凹みも含めて、

私は『喜の家』が大好きです♪


2020年5月24日 08:38  CATEGORY : こんなお家も建てれます 喜の家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

『五寸柱の家』 施工例

※この記事は、ブログの先頭にくるように設定しています。

ブログの最新記事をご覧頂くには、

『五寸柱の家』 施工例の下の記事よりご覧いただけます↓(*^^*)↓ 

 

おかげさまで『創業38年』を迎えました。

地震に強い『五寸柱の家』の木組みを軸に、

お客様ご家族の趣味やライフスタイル、ご予算に合わせ、

和から洋まで、幅広いデザインの家を

一軒、一軒、オ―ダ―メイドで仕上げます。

 

一生に一度の家造り。

一緒に楽しみながら建ててみませんか?(*^^*)

 

初めてブログをご覧いただいた方にも分かりやすいよう、

施工例の 一部を、ブログのトップでご紹介させて頂いております☆

下の画像をクリックすると、詳細をご覧いただけます。

 

  

  

 

 ブログの最新記事は、この下です↓(*^^*)↓ 


2020年5月23日 21:30  CATEGORY : こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

『喜の家』が完成してから早いもので5年目に突入しようとしております^^

『喜の家』のこだわりは、とにかくシンプルで掃除機のかけやすい凹凸のない家!です。

当時住んでいたアパートには床の段差が何箇所かあり、掃除機がかけにくいのなんの・・・。

また、家をシンプルにして好きなインテリアに囲まれて過ごすことが夢だったため、

このこだわりはぶれませんでした。

 

【喜の家 LD】

 

完成写真を載せなければ!と思いつつ、

完成とともに引っ越し!片付け!整理!子どもたちの保育所入園!子どもたちとわいわいドタバタ!!・・・等々の

日々の忙しさに勝つことができず・・・^^;

なので今回は、完成から4年経過したリアルな『喜の家』をお届けできたらなと思っております。(笑)

 

今回は『喜の家』リアル写真前編ということで(本当は色々と片づける時間が必要なだけ。^^;)、

我が家の万能癒し役、”薪ストーブのデファイアント”のシーズンオフの楽しみ方をお届けいたします。

 

 

主人や子どもたちも含め、観葉植物やお花が大好きな我が家。

毎年薪ストーブのシーズンオフには季節のお花を飾っています♪

 

 

冬には部屋を暖めてくれ、幅広い料理までこなすデファイアント。

シーズンオフにはお花やインテリアのデスプレイまでお手伝いしてくれています。

感謝感謝!!

 

完成から4年が経過してスミレも元気に広がり、緑を感じられる癒しの玄関になりつつあります♪

玄関先にはスミレに囲まれたメダカ達も^^

 

 

後編はリアルな『喜の家』の写真をお届けいたします。

見ていただけると嬉しいです^^

 

では、写真用に片付けを開始します!bye for now~(笑)


2020年5月22日 11:34  CATEGORY : こんなお家も建てれます 喜の家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

西条市の『時を刻みつづける家』

 

ある日、薪棚の打ち合わせをしにお伺いすると、

知人から頂いたという木や枝が、てんこ盛り…!!!

 

温かいお人柄のKさんご家族なので、

あっちこっちから

「Kさんとこ、薪ストーブがあるから、薪が必要じゃろ~」と、

たくさんの薪が集まってきたのだと思います(*^^*)

 

 

その薪を積んで乾燥するための大容量の薪棚を

作成させていただきました。

 

 

 

 

 

まだまだ入りますね*

 

 

 

 

そして、自転車置き場も作成させていただきました。

屋内の玄関土間から自転車たちもお引越し。

 

 

 

 

「竹本さ~ん!、竹本さ~ん! これ見て~!」

と、棟梁に いつも見せてくれていた、

三男くんのカッコイイ愛車もちゃんと駐輪場へ♪

 

 

 

「家に居ましょう」という今日この頃。

 

この自転車に乗って友達と思いっきり遊べる日が早く来ますように。。

 


2020年4月7日 15:38  CATEGORY : 『時を刻みつづける家』 こんなお家も建てれます 手作り家具  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

松山市『幼なじみの家』が完成しました(*^^*)

 

 

街中で、住宅が密集した土地のため、

住んでいて窮屈にならないよう工夫しました。

各部屋に採光を確保するため軒の出は短くし、

ポーチの角柱は、

車の出入りを少しでもしやすいようなくしました。

廊下の面積もできるだけ少なくし、

家の中で大きく暮らせるようにしました。

 

 

 

 

玄関ポーチには、

ご希望の雨具収納を設けました。

パイプハンガーがついているので、

カッパを干すことができます。

 

 

 

玄関入ると、大きな姿見付きの玄関収納がお目見え。

 

 

 

そして、LDK。

 

 

 

 

トクラス(旧ヤマハ)のオープンキッチンの対面に、

キッチンの天板と同じ人造大理石のカウンターを取り付け。

キッチンと合わせると、奥行きが1m25cmもあります。

 

 

 

そのカウンターの高さに合わせて、

収納付きベンチと、足置き台も作成しました。

 

 

 

ベンチ下の収納は、こんな感じです。

大容量なので、来客時なども、ぱぱっと物を片付けられます。

 

 

 

広々したキッチンの上には、ペンダントライト 。

ここで、みんなでごはんを作ったり、

楽しく過ごす姿が目に浮かびます(*^^*)

 

 

 

カップボードもキッチンと同じトクラスのもの。

扉色を合わせているので、きれいにまとまっています。

 

 

 

キッチンから見たリビング。

正面のテレビを置く壁をアクセントクロスにし、

おしゃれに仕上がっています♪

 

 

 

家全体に貼られた床板は、厚みが30mmもある杉の無垢板です。

(その下には28mmの構造用合板の下地があるので、床の厚みは58mmにもなります。)

無垢の木は、

梅雨時期などには、湿気を吸ってくれるので、

カラッと気持ちよく、

冬場の乾燥する時期には、逆に湿気を放出してくれるので、

1年中 快適に過ごすことができるのです。

杉なので、歩き心地もやわらかく、

1年中 素足で気持ちよくお過ごし頂けます。

 

 

そして、洗面脱衣室。

洗面化粧台もトクラスのものです。

水栓が壁についているので、

水が溜まることもなく、お手入れ簡単です♪

 

 

 

そして、ユニットバス。

こちらもトクラスのものです。

人造大理石のバスタブの触り心地は

すべすべで とても気持ち良く、お手入れも簡単です。

 

 

 

そして、1階トイレ。

階段下のスペースを利用して収納棚も取付しました。

 

 

 

そして、階段を上がり2階へ。

階段が明るくなるよう腰壁にし、

夏場の暖気も抜けるよう、

高い位置に窓も取付しています。

 

 

 

2階のトイレ。

清潔感のある落ち着いた空間です。

 

 

 

そして、子供部屋。

ドアを開けると、向こうの部屋の窓から

こちらの部屋の窓へ風が流れるように設計。

快適に暮らしていただけるように、

風通りにも配慮して設計しています。

 

 

 

 

クローゼットは、

ロールスクリーンで目隠し。

 

 

 

開けると、クローゼット全体がオープンになるので

毎日の出し入れがとてもしやすいです。

 

 

 

そして、夫婦の寝室。

こちらもアクセントクロスでおしゃれなお部屋になりました。

 

 

 

ウォークインクローゼットも

ロールスクリーンで間仕切り。

 

 

 

照明もついているので、物の出し入れも快適です。

 

 

クローゼットの棚やパイプハンガーは、

お引越し後、どこになにを置くか決まってから、

置くもの(衣装ケースなど)のサイズに合わせて

取り付けすることになっています。

 

 

先日、お引渡しさせていただきました。

ちょうど、雨模様で心配していましたが、

てるてる坊主を作ってくれていたおかげで、

雨も上がり晴れてくれました(*^^*)

 

 

これから始まる新居での暮らし♪

たのしく快適に暮らしていただけると嬉しいです(*^^*)

 


2020年2月27日 15:49  CATEGORY : 『幼なじみの家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

『憧れの家』~完成写真~

先月完成した、

伊予市『憧れの家』

 

 

土地の形状と高低差を最大限に活かせるよう間取りを考えました。

 

 

完成後すぐに住み始められ、

「めちゃくちゃ住み心地良いです~!!!

全然寒くなくて、住んでいてとっても気持ちいいんです(*^^*)!」

と、さっそく うれしいお言葉をいただきました。

ありがとうございます(*^^*)

 

 

そんな『憧れの家』の完成写真をご紹介させていただきます♪

 

 

まずは、玄関。

白、黒、茶の3色に統一し、

かっこよく仕上がりました。

 

 

 

 

玄関にはいると、白い壁と杉の無垢床板がお出迎え。

 

 

 

 

そして、木のぬくもり いっぱいのLDK。

 

 

家全体に貼られた杉の無垢の床板は、

厚みが30mmもあります。

(その下には28mmの構造用合板の下地があるので、床の厚みは58mmにもなります。)

無垢の木は、

梅雨時期などには、湿気を吸ってくれるので、

カラッと気持ちよく、

冬場の乾燥する時期には、逆に湿気を放出してくれるので、

1年中 快適に過ごすことができるのです。

杉なので、歩き心地もやわらかく、

1年中 素足で気持ちよくお過ごし頂けます。

 

 

 

 

 

キッチンのそばには、

お手持ちの家電を置くためのカウンターを取付させていただきました。

山に囲まれた『憧れの家』

窓からは四季折々の木々が楽しめます。

そして、濃紺のカーテンがお部屋をかっこよく引き締めてくれています。

 

 

 

 

 

廊下へとつながるドアは、チェッカーガラス入りで、

とてもかわいい♪

 

 

 

 

玄関からリビングへ行く途中には

クローゼットがあり、

コートやバッグを収納できます。

 

 

そして、自然光いっぱいの洗面脱衣室。

 

 

 

 

部屋干ししても窮屈にならないように、広々の3帖。

洗面脱衣室から、外の物干しへすぐ行けるように、

家事動線を考え、勝手口も取付しました。

 

 

 

 

ユニットバスの出入り口の右横には、

洗濯用洗剤やタオルを収納できる造作棚を取付しました。

左側には、タオル掛けも取付。

 

 

 

 

ユニットバスは、トクラス(旧ヤマハ)製です。

 

 

 

 

人造大理石のバスタブの触り心地がとても気持ち良いです。

 

 

窓には、目隠し可動式ルーバーを取り付け。

お風呂を使用していない時は光や風を取りこみ、

サッシについたダイヤルを調整することで、

ルーバーを完全に閉じることもでき、

プライバシーもしっかりと守ってくれます。

 

 

そして、お手洗い。

窓からは山々が見え、

開放感のある気持ち良いお手洗いです。

 

 

 

 

そして、寝室。

ベッドが置かれる正面の壁を、

やさしいモスグリーンでアクセント。

時計や携帯電話を置くための棚も

ベッドに合わせて制作。

 

 

 

 

クローゼットは、

ロールスクリーンで目隠し。

 

 

 

開けると、クローゼット全体がオープンになるので

毎日の出し入れがとてもしやすいです。

 

 

写真にはありませんが、

服をかけられるように、パイプハンガーと棚も

取付しています。

 

 

そして、子供部屋が2部屋。

白い壁と、無垢床板と黒いサッシ。

これからどんなカッコイイ部屋になるのでしょうか♪

楽しみです♪

 

 

奥様が中学生の頃から、

「将来、家を建てる時には、絶対ここに建ててもらいたい!」

と、思い続けてくれていた『憧れの家』

一緒に土地を探し、打ち合わせを重ね、無事に完成となりました。

 

 

住み始められてから、さっそく嬉しいお言葉をいただき、本当に嬉しいです(*^^*)

 

当社の地震に強い『五寸柱の家』は、嬉しいことに、

何年、何十年と住んでいくごとにその良さを実感していただけております。

 

 

『憧れの家』のお施主様にも、

これから何年、何十年と、『五寸柱の家』の良さを実感しながら、

たのしく暮らしていただけると嬉しいです(*^^*)

 

 


2019年11月29日 12:22  CATEGORY : 『憧れの家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)
1 / 4512345...102030...最後 »