TAKEMOTO BLOG

こんなお家も建てれます

あと もうすこしで完成する、

伊予市の『思い出の家』

 

カーテンがまだですが、すこしご紹介させていただきます(*^^*)

 

 

玄関を開け、室内に入ると、

凛と立つたくましい五寸柱と、

やわらかい表情の杉の無垢の床板が出迎えてくれます。

 

 

 

 

木がふんだんに使われた空間は、

ちょうど今ごろの梅雨時期などには、湿気を吸ってくれるので、

カラッと気持ちよく、

冬場の乾燥する時期には、逆に湿気を放出してくれるので、

1年中とても快適に過ごすことができます(*^^*)

 

 

 

 

そして、LDK。

街中で日当たりのよくない立地だったので、

照明器具を明るめに設定し、調光・調色機能付きで調節できるようにしました。

 

 

 

 

キッチンはトクラス(旧ヤマハ)のものです。

人造大理石の天板がとてもお手入れしやすく、

シンクとの継ぎ目もないので水あかが溜まる心配もありません。

奥様のご希望で、シンクとコンロは さくら色(*^^*)

お料理の時間が楽しくなりますね♪

 

 

 

 

リビングには仏間のスペースをつくりました。

購入されるお仏壇に合わせて造らせていただきました。

ご先祖様と一緒に、ゆったりとしたひと時を過ごしてくださることと思います。

 

 

 

 

そして、五寸柱が見える大壁仕上げの寝室。

 

 

無垢材がふんだんに使われたお部屋は、

森林浴をしているようにリラックスでき、

睡眠の質も上がると言われています。

 

 

 

そして、さわやかな洗面脱衣所。

こちらもトクラスのものです。

継ぎ目のないハイバックの洗面台で、

水栓が壁出しなので

水がたまらず、いつも清潔です。

 

 

 

 

分電盤とマルチボックスも、スッキリと収納されています。

 

 

 

 

そして、トクラスの浴室。

人造大理石のバスタブがすべすべで気持ちよく、

よごれもつきにくく、お手入れもしやすいです♪

 

 

 

 

そして、階段下の一部分を使用した御手洗い。

 

 

 

 

かわいらしい花柄の壁紙と、

天井は消臭機能のあるクロスを使用。

 

 

 

 

そして、窓からたくさんの自然光が入る

気持ちの良い寝室。

 

 

 

 

たくさんの収納スペースもある広々としたお部屋です。

 

 

当社の床は、構造用合板2.8cmの上に、

杉の無垢の床板3.0cmを敷いています。

合計5.8cmもの厚みがある床は、

重厚感があり、強度も抜群なので、もちろん床がきしむこともありませんし、

杉なので歩きごこちもやわらかく、とても気持ちが良いです(*^^*)

 

 

 

そして、個室が2部屋。

 

 

 

 

 

収納スペースは、

 

 

 

 

大容量☆

 

 

照明も付いているので明るく、

これからお施主様の置くものに合わせて棚付けされます。

 

 

 

 

そして、2階の御手洗い。

 

 

 

 

2階バルコニーの縦格子からは、

気持ちの良い光と風が室内へ入ってきます。

 

 

お花が好きな奥様が植えられた鉢植えが、

この格子からお目見えする日が今から楽しみです(*^^*)♪

 

『思い出の家』 完成に向けて、ラストスパートです!!

 

 


2019年7月9日 11:04  CATEGORY : 『思い出の家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

「憧れの家」~配筋検査~

伊予市 「憧れの家」の配筋検査が行われました。

結果は、もちろん合格です。

 

 

地震に強い『五寸柱の家』の木組みを支える大切な基礎工事。

木組みをしっかり支えられるよう、配筋も頑丈に組んでいます。

これから土間コンクリート工事に入りますが、

『五寸柱の家』の木組みをしっかり支えられるよう、

基礎幅も150mmと、太く、頑丈です。

 

その工事模様もまたブログでご紹介させていただきますので

お楽しみに☆

 


2019年6月28日 15:50  CATEGORY : 『憧れの家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

伊予市「思い出の家」

 

 

いよいよ、仕上げ工事に入りました!!

こちらは、パテ処理をしているところです。

 

 

 

 

 

 

パテ処理が終わると、

クロスが貼られていきます。

こちらは、織物調の落ち着いたクロス。

 

 

 

 

そして、こちらは塗り壁調のかわいらしいクロス。

 

 

白いクロスは、清潔感があり、

お部屋もより明るく見えます(*^^*)

 

 

そして、外部では左官さんが、

基礎のハケ引き仕上げ中。

 

 

 

 

クロス工事が終わったら、

照明器具やトイレなどの設備、

建具や棚が取り付いて、どんどん完成していきます(*^^*)

 

 

その模様もまたご紹介します♪ お楽しみに♪

 


2019年6月27日 19:36  CATEGORY : 『思い出の家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

『憧れの家』~木材納品~

早朝 晴天の下、当社の作業場に

伊予市「憧れの家」の木材がやってきました!

 

 

今回、納品された木材は、

棟木、母屋、桁、梁、五寸柱、鼻隠し、破風板、間柱、シキ、カモイです。

 

 

木材にキズがつかないように

少しずつ 丁寧に

リフトと人力とを使い分けながら、降ろしていきます。

 

 

 

 

 

太くて長い木材たち、何度みても迫力満点!!

どんな木材が入ってきたかなぁと、ウキウキします。

 

 

 

傷つかないよう、丁寧に・・・

 

 

 

 

丁寧に・・・

 

 

 

 

五寸柱の束もたくましい!!

 

 

 

 

 

そして長尺物の、母屋や棟木!!

こちらから向こうまで、継ぎ手のない一本木です!!

 

 

一般的には、この長さだと2~3ヶ所は、継ぎ手ができますが、

継ぎ手は、地震などの際、弱点となります。

ですので、当社の地震に強い「五寸柱の家」の木組みでは、

長尺物を納品できない現場でない限り、

極力、継ぎ手のない木組みで、家造りをしています。

 

 

 

木材についているおがくずをたわしで落とし、(木材の乾燥の妨げになる為)

作業場内に移動完了!!

 

 

お施主様にも、木を見ただけで安心感が伝わると言って頂きます^^

 

 

 

五寸柱も、加工までの待ち時間に

さらに自然乾燥できるように、

雨避けの屋根を取り付けしました。

 

 

これから当社の職人によって

墨付け、刻み・・・と、

一本一本にたっぷりと愛情が注ぎ込まれていきます。

 

その模様もまた

ブログでご紹介させていただきます♪

お楽しみに♪

 


2019年6月17日 18:37  CATEGORY : 『憧れの家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

伊予市の『思い出の家』

着々と進んでおります。

 

 

サイディングが張り上がり、

きれいな外観が姿を現しました。

バルコニーの空いたスペースには、縦格子が入ります。

 

 

当社では、壁に二重の空気層をつくることで、断熱性能を高めています。

ダウンジャケットと同じで、

空気は断熱の役割を果たします。

なので夏場に強い西日が当たるときも、家の中は涼しく、快適に過ごせ、

冬場に保温性が高まり、暖かく過ごしていただけます(*^^*)

 

 

 

屋内の工事も着々と進んでおります。

天井、壁、床の下地工事中の様子。

 

 

 

 

無垢の杉の床板も張っています。

 

 

 

 

当社が使用する杉の床板は、厚みが30mmもあります。

その下に28mmの構造用合板が張られているので、

床の厚みが計58mmもあり、重厚感抜群です!

調湿効果があり、梅雨など湿気の多い時期でも、

床はカラッと気持ちよく、お部屋の中もじめじめすることはありません。

 

 

杉の表情も優しく、歩き心地もやわらかいので、

お子様やお年寄りの方にもおすすめです(*^^*)

 

 

2階へ上がる階段も取り付き、

 

 

 

ユニットバスも設置されました。

 

 

どちらも養生中なので、

完成したらまたご紹介させていただきます(*^^*)

 


2019年6月11日 16:17  CATEGORY : 『思い出の家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

伊予市で新たな現場が動き始めました。

その名も『あこがれの家』

 

 

奥様が中学生の頃、

登下校時に、当社の建築中の現場を見られていたそうで、

「工事がとっても丁寧だし、すてきなお家だなぁ・・

将来、家を建てる時には、絶対ここに建ててもらおう!」

と、当時から思い続けてくれていたとのこと。。こんな嬉しいことはありません。

 

 

「家を建てたいので、お話を・・」と来ていただいてから、

一緒に土地探しをし、プランの打ち合わせをし、

この度、着工するにあたり、地鎮祭をさせていただきました。

 

 

 

今回の地鎮祭は、

当社も昔からお世話になっている、

正一位 伊豫稲荷神社さんによって行われました。

 

 

「これから、どうぞよろしくお願いします。」

と、土地にご挨拶をしながら、丁寧に準備を行っていきます。

 

 

地鎮祭は、建築工事に先立ち、

土地の神さまに家を建てることを報告し、

ご家族の安全と、 工事の安全を祈る儀式です。
近頃は、 こういった日本ならではの 伝統儀式が簡略化されていますが、

当社では、 地鎮祭や上棟祭など、

古くから伝わる、日本の伝統文化を大切にしています。

 

 

 

 

~地鎮祭の模様~

 

 

 

 

 

~地鎮祭の模様~

 

修祓之儀(しゅうふつのぎ)

祭壇のお供え・建築主・参会者をお祓いします。

 

 

 

 

 

 

 

祝詞奏上(のりとそうじょう)

神様への建築の報告と、安全を願って祝詞をあげます。

 

 

 

 

 

 

四方祓いの儀(しほうはらいのぎ)

米・塩・お神酒を敷地に撒きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

穿初之儀(うがちぞめのぎ) 鎮物埋納之儀(しずめものまいのうのぎ)

Y様は鍬(くわ)を、

棟梁は鋤(すき)を持って、 土を掘る所作を3度行い、

神宮は鎮物を埋めます。

 

 

 

 

「ぼくもやりたい!」とのことで、ご長男のYくんも(*^^*)

 

 

 

 

上手にできました(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

玉串奉奠(たまぐしほうてん)

サカキの小枝に紙垂(しで)をつけたものを捧げ、拝礼します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神酒拝戴(しんしゅはいたい)

 

 

 

 

良い天候に恵まれ、地鎮祭終了。

 

 

中学生の頃からの夢を一緒に叶えられることが、とても嬉しいです!

「住んでみても、やっぱり いいなぁ~(*^^*)」と思っていただけるような家をと思います!!

どうぞ、よろしくお願い致します!

 

 

工事の模様もまた、ブログでご紹介させていただきますので、

お楽しみに♪

 

 


2019年5月3日 18:48  CATEGORY : 『憧れの家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

伊予市『思い出の家』の

躯体検査が行われました。

 

 

 

 

頑丈な『五寸柱の家』

もちろん、合格です✩

 

 

 

 

一般的に、家の柱は10.5cm角で、

屋根裏の束柱と母屋には一回り細い9cm角の材が使われます。

当社では、家の柱も屋根裏の束柱もすべての柱に15cm角を使います。

母屋においては、幅15cmで高さ19.5cmの木材を使っています。

検査員さんが、

「他の会社で、たまに10.5cmの束柱が使われているところがあって、

あっ!10.5cmの材を使ってる!って、ちょっとのことだけど太く感じますが、

竹本さんのところの木材を見たら、全然違いますね~!こんな家はないですよ~!」

と、驚かれます(*^^*)

 

 

家が完成してからは見えなくなり、容易にやり変えの出来ないところこそ、

大地震などの際に、強度に関わる重要な部分です。

そういうところこそ、しっかりと頑丈に造り、

いつまでも、安心して暮らしていただきたいと思うのです。

 


2019年4月17日 18:06  CATEGORY : 『思い出の家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

西条市の『時を刻みつづける家』が、完成しました。

 

 

 

 

お家にふたたび明かりが灯り、

障子風の建具からこぼれるやわらかな灯りが家族を迎えてくれます。

 

 

 

 

玄関に入ると、以前と変わらぬ建具と、

きれいに仕上がった御影石調の土間、そして木のぬくもりあふれる式台が。

 

 

 

 

そして、ご友人が描いてくれたという絵が、

リフォーム前と変わらず、出迎えてくれます。

 

 

その横の壁に取り付けた飾り棚には、

このお家のご先祖様のお写真が飾られています(*^^*)

 

 

玄関収納には、靴箱も作らせていただきました。

 

 

 

 

そして、LDKへ。

障子風に姿を変えた建具と、杉の無垢の床板、そして、畳スペース。

和の空間がご家族を癒してくれます。

 

 

 

 

弱い部分は補強しつつ、

なるべく開放感のある空間になるように工夫しました。

 

 

 

 

そして、キッチン。

 

 

 

 

 

北西から南東へ、大幅に場所が変わったキッチンは、

光あふれる空間になり、気持ち良い風が通りぬけます。

 

 

 

 

キッチンの背面には、お手持ちの家電製品に合わせた収納棚を作製。

 

 

 

 

無垢の一枚板で作ったカウンターは、

リビングからキッチンの手元も隠せて、

出来上がったお料理の配膳にも一役買いそうです。

 

 

 

 

レンジフードもお手入れのしやすいものを。

 

 

 

 

そして、キッチンのすぐそばには、

暖房だけでなく、お料理が得意な薪ストーブのアンコールさん(*^^*)

 

 

 

 

煮込み、炊き込み、オーブン料理・・と、なんでもおまかせあれな

頼もしい相棒です♪

ご家族の身体を、外からも内側からも、温めてくれることでしょう(*^^*)

 

 

 

 

薪ストーブの焔に癒されながら、

畳に寝ころがって、うとうとお昼寝・・気持ち良さそう(*^^*)

 

 

 

 

 

そして、奥のスペースへ 。

 

 

 

 

空間の雰囲気に合わせて、木製の建具を作製。

 

 

 

 

もともと床が一段下がった台所だったこの場所を、

床を上げて、納戸に。

羽の角度を調整可能な、ルーバー中窓を取り付け。

 

 

 

 

そして、子供部屋。

 

 

 

 

換気のしにくい面は、部屋内に木製のルーバー中窓を取り付け。

 

 

 

 

角度を調整できるので、プライバシーも確保しつつ、

換気もできて、家中風が通り抜けるので、

とても気持ち良いと喜んで頂いています(*^^*)

 

 

 

 

 

やわらかい雰囲気のカーテンも取り付け。

 

 

 

 

そして、寝室。

 

 

 

 

撮影中、Hちゃんがカーテンに潜り込み、

そっとモデルになってくれました(*^^*)

 

 

 

 

 

そして、屋根裏部屋へ。

以前、棟梁が加工していた※北山杉の面皮柱は、

こちらの階段の支柱として取り付けされました。

※磨丸太を手斧(ちょうな)などで製材し、丸太の木肌を残しながら木目の美しさを引き出したものです。

 

 

 

 

前からここに居たかのように、馴染んでいます(*^^*)

 

 

 

 

階段を上がって屋根裏へ。

 

 

 

 

きれいに磨いた丸太の梁と、

 

 

 

 

再利用した古畳が良い風合いです。

 

 

 

 

もうすでに、ご兄弟と近所のお友達の溜まり場になっているという屋根裏部屋。

1階の天井を上げたことで できたこの段差が、

なんとも遊び心をくすぐります(*^^*)♪

 

 

 

 

建具も取り付けしたので個室にもなります。

 

 

 

 

外部には、東と南の2面にぬれ縁を取り付け。

ご家族や、ご近所の方との憩いの場として、大活躍してくれることでしょう(*^^*)

 

 

以上、ご紹介させていただきました(*^^*)

 

 

お庭の方では、はやくも、

お兄ちゃんお手製のアスレチックと三男のHちゃん用の工事現場が出来上がっています!!

 

 

この砂場に砂を入れるときに、

お兄ちゃん自ら率先して、砂浜着工式をして、

手を合わせていたそうです。

棟梁の姿を見て、建築は何事も拝んでからと学んだのだとか・・(*^^*)

その動画を送ってきてくれたのですが、

残念ながら、もったいなくて お見せできません(*^^*)

 

 

のこぎりを使ったり、

「今度、ワイヤーと滑車を買ってきて」

とお願いする小学6年生(*^^*)

聞いているこっちまで、ワクワクしてきます♪

今度、一緒に遊ばせてね~♪

 

 

 

 

 

 

家から少し上がったところからの、おすすめの撮影スポットから。

おっしゃる通り 昔話に出てきそうな感じ(*^^*) とっても素敵です。

 

 

工事期間中、三男のHちゃんがそろり、そろりとやってきて、

おやつを職人ひとりひとりに丁寧に渡してくれました。

それがHちゃんのお仕事とのこと・・

そのお仕事、おじちゃんとおばちゃんのハートを ほんわか癒してくれました。

ありがとう。お仕事おつかれさまでした(*^^*)

 

 

これからも このお家で、

すてきな時を刻み続けてください。

ありがとうございました(*^^*)

 


2019年4月12日 18:39  CATEGORY : 『時を刻みつづける家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (2) - TRACKBACKS : (0)

西条市の『時を刻みつづける家』

 

 

いよいよ、火入れ式♪

薪ストーブに火が灯ります。

 

 

~火入れ式開始~

 

「安全に薪ストーブライフを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

 

塩払いでお清め。

 

 

 

 

 

いよいよ火入れです☆

火入れをして、

慣らし焚きを行っていきます♪

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

 

無事に火入れできたことをお祝いして乾杯。

 

 

その後、

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

じっくりとお話させていただきました(*^^*)

 

 

この日は、お忙しい中、ご実家のご両親も参加してくださいました。

奥様のご実家は、福祉施設をされていて、

これまで、奥様から たくさんお話をお聞きしていて、

愛にあふれた素敵なところだなぁ、

ご両親がとても素敵な方なんだろうなぁ、いつかお会いしてみたいなぁと思っておりました。

お会いしたら、恵比寿さんのようなお父様と、太陽のように明るいお母様で、

思ったとおり素敵なご両親様でした。

だから、こうやってお家や福祉施設に、人が集まってくるんだろうなぁと思いました(*^^*)

 

 

 

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

じっくりとお話させていただきました(*^^*)

 

 

 

 

途中、だれからともなく話が脱線し、

薪ストーブの話から、ラグビーの話、子供の話、・・・・

話が尽きず、あっという間に慣らし焚き完了してしまいました(*^^*)

 

 

 

 

いよいよ始まる暖かくて美味しい薪ストーブライフ♪

今後も当社がしっかりとサポートをさせていただきますので、

思う存分、た~っぷりとご堪能ください☆

 

 

薪ストーブでパン、焼けたかな?(*^^*)

 


すべての工事が無事に完了した、

西条市の『時を刻みつづける家』

 

 

縁あって このお家にめぐり会い、

ご家族の深い愛によって、

再び、時を刻み続けることとなった『時を刻みつづける家』。

 

 

K様ご家族は、

もともと、このお家に住まわれていたご先祖様のことを、

ご自身のご先祖様のように大切にされています。

その想いをお聞きすると、

すてきなご家族が住み継いでくれて、

本当にうれしいだろうなぁ、と思います。

わたしたちも、ご縁あって、K様ご家族とお家と出会い、

これからも住み続けられるようにお手伝いできたことを嬉しく思っています。

 

 

おかげさまで、工事が無事に終わったこと、

そして、

これから再びここで、K様ご家族が元気に楽しく暮らせるように見守っていてください。

と、ご挨拶をしに、K様ご家族と一緒にお墓へ行かせていただきました。

 

 

 

ご先祖様へのご挨拶を終え、

「工事が無事に終わりました。

ご家族みんなが、これからも元気に楽しく暮らせますように。

どうぞ、よろしくお願い致します。」

と、土地とお家にご挨拶をしながら、神楽鈴でお清めさせていただきました。

 

 

この神楽鈴は、魔除け(お清め)、神様を呼ぶ、人の心を落ち着かせる効果があって、

土地・建物のお清めにも良いよとのことで

正一位 伊豫稲荷神社の神主 星野暢廣さんに祈念していただき、

この度、神楽鈴で初のお清めをしました。

 

 

 

 

 

 

このお清めをした翌日、

いままでずっと知らなかった屋敷神様のことを、

「おたくの屋敷神様は、ここにあるんよ~」

と、ご近所さんがふと教えてくれたのだそうです。

 

 

「やっと、ここの住人として、認めてもらえたみたい!」

と、話してくださいました(*^^*)

 


2019年4月7日 17:47  CATEGORY : 『時を刻みつづける家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)
1 / 4212345...102030...最後 »