TAKEMOTO BLOG

『わ』の家(松山市T邸)

松山市『わ』の家をちょっぴりご紹介 第2弾!

 

 

 

リビングに

木製ブラインドやスポットライトが取り付けられ、

落ち着いた空間となりました。

 

 

 

 

 

 

 

『わ』の家にヤマハのシステムキッチン・家電収納も

建具、バーナー焼きされた柱の色に合わせており、

かっこよく、おしゃれな空間に・・・♪

 

 

料理作りがはかどっちゃいますね(^^♪

 

かっこいい空間の中に

奥様お気に入りの

チェッカーガラス扉をプラスしてちょっとしたアクセントに♪

チェッカーガラスもベストマッチ♡

 

 

チェッカーガラス扉を開くと

集成材の棚がお目見え!

今後、食器棚として活躍してくれます☆

 

 

食品庫も設けています。

 

 

 

 

 

 

どの部屋も

壁紙とバーナー焼きされた柱、その部屋の用途にピッタリです☆

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは

旦那様の書斎♪

 

 

当社が作ったこの本棚!

旦那様が見とれてしまうほどに

気に入ってくださいました(^v^)

 

 

 

 

 

 

リビング、寝室には

通風建具を取り付けています。

 

ルーバーが建具の内に取り付けられているので、

扉の開閉を妨げることなく

ルーバーの開け閉めができます。

 

【通風建具ルーバー閉】

 

 

 

【通風建具ルーバー開】

 

 

 

ルーバードア・引戸(通風建具)

扉の役割を果たしながら、全面で風を通すことのできるルーバー仕様。省エネ効果だけでなく、
安全性に配慮し、ルーバーの開閉を容易にするなど機能性も高めました。

 

 

便利・快適機能

簡単操作のロック付開閉レバー/光を優しくコントロールする採光調整機能/視線をコントロールする視線調整機能/カバー材でプライバシーも安心/羽根開閉ロック機能で安心・安全

 リクシル 商品情報より

 

 

 

【リビングの通風建具】

 

リビングの電気を消すと・・・

 

 

通風建具ルーバーの隙間から

廊下の照明が・・・♪

(※通風建具の右下ルーバーは

光の入り具合を比較するため、閉めた状態です。)

 

 

廊下に出ると、

リビングの照明の優しい光がこぼれていました(^v^)

疲れて帰ってきた時、

家族と写真のような廊下がお出迎えしてくれると

ほっこり癒されちゃいますね♪

 

 

つづく・・・♪

『わ』の家の内観を

ちょっぴりご紹介させて頂きます(*^^*)

 

 

和モダンな雰囲気漂う、玄関引き戸をくぐると、

 

 

 

 

 

 

広々とした玄関がお出迎え。

バーナー焼きを施し、さらに柿渋を塗り、磨き込んだ、

五寸柱と玄関框。

 

 

その木の色に合わせて選んだ、

玄関収納や玄関引き戸、照明器具など。

 

 

 

 

 

 

棟梁を筆頭に二日がかりで磨き込み、

さらにお施主様も磨かれた、杉の一枚板の玄関框は

なんとも美しい、光沢を放っています。

 

 

 

 

 

 

外出するときも、帰宅した時も、

お客様もT様ご家族も、

みんながいつでも通る玄関框。

これから年月を経るごとに、

さらに趣のある玄関框へと移りゆくことでしょう。。

 

 

玄関框の下には、

ご主人さまがかねてから希望されていました間接照明を取り付け。

みんなを、ほんのりとやわらかい灯でお出迎えします。

 

 

 

 

 

そして、玄関収納。

 

 

 

 

 

大きな下駄箱の隣には、

収納棚と、

コートがかけられるよう、パイプハンガーを取り付け。

床は、玄関と同じタイルを張っているので、

釣り道具やキャンプ用品などの収納にも

活躍することでしょう。

 

 

 

 

 

 

そして、玄関ホールには

T様ご夫婦の結婚のお祝いに

ご友人から頂いたという、素敵な絵を飾るため、

絵のサイズに合わせたニッチをつくり、間接照明を設けました。

 

 

和紙を張ったニッチの壁と、

バーナー焼きを施した額縁、

そして、絵画が絶妙にマッチしています。

 

 

 

 

 

 

そして、一間幅の広々とした廊下。

 

 

広い廊下が、

和室と洋室をほどよい距離感で仕切ります。

 

 

 

 

 

 

 

そして、水廻り。

 

 

 

 

 

 

 

まずは、男性用御手洗い。

耐水性を高めるため、

柿渋2回塗+オスモで仕上げています。

 

 

 

 

 

窓の下には、

限られた小さな空間を、ピシっと引き締めるため

木目が美しいケヤキの化粧棚を取り付けしました。

季節の草花を飾っても、素敵ですね✻

 

 

 

 

 

 

そして、兼用御手洗。

 

 

 

 

 

 

 

バーナー焼きされた柱に合わせて、

手洗いカウンターと、収納扉も

杉の無垢板をバーナーで炙って磨き込みました。

 

 

 

 

 

木目がとても美しく、奥さまも大喜びしてくれました。

 

 

 

 

 

 

手洗い器は、

大きなボウルに、水栓が一体となっているため、

水シミができる心配もなく、安心して手を洗えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、

洗面化粧室は大きな一枚ものの鏡が入った、

洗面化粧台を設置。

収納もたっぷり。

 

 

 

 

 

 

壁には、ルーバー窓を取付。

光や風を取り入れられ、

窓枠もバーナー焼きを施しました。

 

 

 

 

 

 

洗面室の引き戸には、奥さまお気に入りの

チェッカーガラス入りの引き戸を使用。

このチェッカーガラス、女性心をくすぐります✻

 

 

 

 

 

 

 

そして、ゴージャスな雰囲気漂う、浴室。

分厚い人造大理石で作られたバスタブは、

手ざわりがとても良く、

お手入れも簡単です。

 

 

 

 

 

 

 

音楽を聴きながら、ゆ~ったりと入浴を楽しまれてくださいね✻

 

 

 

 

 

 

和の壁紙やバーナー焼きされた五寸柱、

渋墨塗装を施した棚板が、

銭湯のような雰囲気を醸し出している脱衣場は、

T様ご家族によって、温泉名まで付けられました。笑

 

 

壁付けの扇風機や

コーヒー牛乳の自動販売機が設置されたりして・・(*^^*)笑

 

 

 

 

 

その○○温泉への入口は、室内からだけではありません!

農作業から戻られ、

そのまますぐにお風呂へ直行できるように、

脱衣場に勝手口を設けました。

 

 

疲れた体を帰ってすぐに癒すことができますし、

部屋に土が上がることもありませんので、

一石二鳥です✻

 

 

 

 

 

 

 

そして、農業を営まれているT様が

作業中に使用するための、外部の御手洗い。

 

 

 

 

 

 

立ち座りが楽に行えるよう、

手すりも取付しました。

 

 

 

 

 

 

外部に繋がる勝手口はすべて、採風引き戸を使用。

家中風が走り抜け、とっても気持ち良いです♪

 

 

 

 

つづく。。

 

 

 


 

 

太陽の光を浴びて

凛と建つ『わ』の家。

 

 

 

 

 

2階のバルコニーから

気持ちの良い風が部屋内に入ってきます。

 

 

 

日が暮れ、

 

 

きれいな夕日がお目見えする頃、

 

 

 

 

 

 

『わ』の家に

灯がともりました。

 

 

 

 

 

階段の

チェッカーガラスに反射した灯りも

ステキなムードをかもしだしてくれています。

 

 

 

 

昼間とは

違った顔を見せてくれる『わ』の家♪

 

 

 

 

 

 

これから

愉快なT様ファミリーと一緒に年を重ね、

思い出とともに、

益々よい味がでてくることでしょう・・・♪

 

 

 

そして、

最長15mの一本木を使った五寸柱の頑丈な木組みが、

T様ファミリーを大きく包み込み、

地震などの災害からも、しっかり守ってくれることでしょう。

 

 

 

 

 

p.s

T様からお米を頂きました♡

そのお米袋には

T様の御親戚Mちゃんが描いてくれた

かわいい似顔絵とメッセージ付き(^◇^)キュン♡

 

 

それから、

Mちゃんがチーズケーキまで作ってくれていました(*^^*)キュンキュン♡

 

 

Mちゃんが作ってくれたチーズケーキが

たまらなくおいしくて・・・

また、

作ってくれた&描いてくれた気持ちを思うと

さらにおいしくて・・・

Mちゃん、T様ファミリーご一同様に

感謝、感謝です。。

 

 

 

ありがとうございました♪

ごちそうさまでした☆

 

 

T様ご家族が丹精込めて作られたお米をいただくのも

また、楽しみです♪ 大切に頂きます。

 

 

本当にありがとうございました。

 

 

『わ』の家の詳細ブログに続く☆


10月22日の『わ』の家!

玄関横の犬走りに

クリスタルストーンが埋め込まれています。

 

 

 

埋め込みが終わると

表面をブラシで

きれいに洗い出ししていきます。

 

 

表面が乾き、

完成した犬走りはまた後日写真をアップいたします♪

 

勝手口にも

クリスタルストーンが

きれいに埋め込まれていました!

 

 

 

 

 

 

室内では

クロス貼りが進められています。

 

 

 

クロスが貼り終わった部屋も・・・♪

 

 

 

(日光の加減でクロスの色合いや模様等が

写真で上手く伝えられませんが・・・)

どの部屋のクロスも

バーナー焼きされた柱や

その部屋の空間にベストマッチ(^u^)♪

 

 

クロス貼りが終わり、

トイレ器具も

取り付けされました。

 

 

各部屋の養生も外され、

器具も取り付けられて・・・。

業者さんも職人さんも

ラストスパート!

完成まで残りわずかな『わ』の家!!

全貌が明らかになる日をご期待ください(^u^)

 

 


2013年10月23日 00:03  CATEGORY : 『わ』の家(松山市T邸)  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

『わ』の家 ~進行状況~

『わ』の家のリビングに

出番を待ってるクロスたちが・・・☆

 

 

10月に入り、

ラストスパート中の『わ』の家は

クロス貼りにとりかかっています。

 

 

 

 

 

 

クロスが貼られると

一際、バーナー焼きの柱たちが際立っています。

 

室内の雰囲気も

少しずつ変化しています♪

 

 

 

 

 

その他にも、

左官さんとの最終打ち合わせが終わり、

 

 

『わ』の家の基礎に

モルタルが塗られています。

 

 

 

 

 

 

 

楽塗さんは

室内のバーナー焼きされた桁や柱、

 

 

トイレの杉板の床等に

柿渋を

塗装しています。

 

 

年月を重ねるたびに

色合いが落ち着いてくる柿渋。

色合いの変化が楽しみですね♪

 

 

 

 

 

玄関のタイルも貼り終え、完成しました。

 

 

職人さんの最終仕上げと

並行して

できるところから美装工事にもとりかかっています。

 

 

『わ』の家完成まで

あとわずかです(^◇^)!!

 


2013年10月19日 19:05  CATEGORY : 『わ』の家(松山市T邸)  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

『わ』の家の

玄関ポーチが完成しましたので

仕上がるまでの模様をお伝えします(^^♪

 

 

 

 

 

正確に寸法を測り、

 

 

墨付けをして、

 

 

(タイルを切る専用の工具を使って)

タイルをカットしていきます。

 

 

カットされたタイルの細さ!!

職人技に感動です!!

 

 

タイルを貼っていきます。

 

 

 

 

 

 

三木さんの手によって

きれいに貼られた玄関ポーチのタイルたち♪

 

 

玄関ポーチのタイル貼りは

まだまだ続きます!

 

セメントと砂を調合したものを

敷き硬め、

 

 

水平にしていきます。

 

 

その上にのろ(セメントペースト)を塗り広げて

三木さんのご指導の元、

タイルを貼っていきます。

 

 

 

のろがすぐに乾いてしまうので

慎重かつスピーディーに!!

 

 

一通りタイルを貼り終えたら

次は目地に目地用のセメントを詰めていきます。

 

 

そして

余分なセメントを拭きとり、

玄関ポーチのタイル貼り終了☆

 

 

『わ』の家にベストマッチなこのタイル!!

 

 

三木さん、お疲れさまでした☆

分かりやすいご指導をありがとうございました(^v^)

またよろしくお願いいたします!


2013年10月17日 21:59  CATEGORY : 『わ』の家(松山市T邸)  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

炉台 目地 ~仕上げ~

先日貼った

『わ』の家の炉台の目地にとりかかりました。

 

 

三木さんが

汐里に

目地用のセメント作りを手伝わせてくれたり、

目地用のセメントの塗り方を実際にやってみせてくれたりしました(^v^)

 

 

前回、身をもって学んだ

「見るのと実際にやってみるのとの違い」を覚悟しながら

汐里も目地挑戦!!

 

 

 

(汐里が目地をしている写真はないですが・・・)

やはり苦戦しながらも

三木さんのご指導の元、

無事終了☆

 

 

次に、余分な目地用セメントをスポンジで拭きとっていきます。

・・・

これがなんとも難しい・・・。

 

単純な工程に思えますが、

強く拭くと目地のセメントがえぐれてしまう。

弱いとタイル上のセメントがタイルの溝に残ったままになる。

拭くときに目地のセメントが均等になっているのか、全体を確認する。

・・・

拭いても拭いてもセメントが残ってしまう・・・

汐里が一番、苦戦した工程です(+_+)

 

 

なんとか拭き終え、

目地完成!

 

 

炉台の完成です☆

 

今回もいただきました!

三木さんの「上等!上等!!」を(^^♪

 

 

この炉台の上に薪ストーブが乗せられる日が待ち遠しです♪

 


炉台に引き続き、

玄関タイルの貼り付け工事の模様を

汐里がレポートします(^v^)

 

 

 

 

 

タイルを貼る前に

土間下地を

作っていきます。

 

 

 

 

三木さんの手によって

きれいに整えられました!!

 

 

セメントを流し込む前に、

タイルをカットする専用の工具で

玄関に合わせて

1枚1枚カットし、

 

 

(仮に)並べていきます。

 

 

位置が決まると

仮に並べたタイルを一度取り外し、

のろ(セメントペースト)をコテで

塗り広げていきます。

 

 

セメントと水の調合が難しく、

それを難なく用意し、

簡単そうに塗り広げていく三木さん・・・

前回、炉台を一緒に貼らせていただき

身をもって痛感した三木さんの職人技です!!

 

 

そこへ、

打ち合わせが終わった棟梁が参戦!

 

 

三木さんがのろを塗り広げて

 

 

 

棟梁がタイルを貼っていきます。

 

 

今までにも

三木さんと棟梁で薪ストーブの炉台や玄関土間タイルを

何件も仕上げているだけあり、

阿吽の呼吸☆

 

タイルを貼り終え、

仕上げに

タイルをきれいに拭き、

 

 

玄関タイルの貼り付け工事終了!!

 

 

炉台も

玄関タイルも

残りは目地のみとなりました!

 

また目地に取りかかっている模様を

汐里がお伝えします♪


2013年10月15日 22:36  CATEGORY : 『わ』の家(松山市T邸) 薪ストーブ設置工事  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

タイル職人の三木さんが

汐里にタイルの貼り方を教えてくれました(^v^)✿

 

タイルの墨付けや、

 

 

タイル下の接着剤の付け方、のばし方、

(タイル下の接着剤は、

床暖房など合板下地の床に適しており、

硬化後の剛性が高く、

タイルの割れ防止効果の高い接着剤を使用。)

 

 

 

 

そして、タイルの貼り方を

実際にやって見せてくれました!

 

 

 

手際良く、スムーズで、

あっという間にタイル一列貼り終えた三木さん!

さすがです!!

 

 

 

 

 

そして、

汐里も挑戦!!

 

・・・・

・・・・・

 

 

なんでだ・・・

接着剤がコテの上にのしかかってくるぞ・・・

三木さんがしてた時と違う・・・

 

 

見るのと、

実際にやってみるのとの

違いに苦戦しながらも

三木さんのご指導の元、

無事炉台のタイルを貼り終えました!

 

現場にいた左官さん:「うまいの~!」

三木さん:「おっ!上等!上等!!」

とお褒めの言葉も♪

やったね(^v^)☆

 

 

次は

タイルとタイルの間の目地を仕上げていきます。

 

 

もちろん、

三木さんと汐里で(^^♪

 

三木さん、次回もよろしくお願いいたします!


作業場で加工された

(一階トイレ手洗い器用の)杉の一枚板を取り付けるため、

柱に必要な切り込みをいれ、

サイズの微調整をしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

無事、

杉の一枚板が

一階トイレに

取り付けられました☆

 

 

(その後、手洗い器・水洗金具・杉板の扉を取り付ける予定。)

 

 

 

 

玄関収納も予定されていた場所に納められました。

 

(玄関収納の)上部の隙間は

クロス下地を、

 

 

下部の隙間は

タイル下地を取り付けていきます。

 

 

 

和紙クロス・タイルが取り付けられると

より玄関収納が引き立つことでしょう♪

 

 

 

 

 

楽塗さんによって

窓枠の化粧板も塗装されています。

 

 

 

バーナー焼きされた柱等と同じく、

渋墨(成分:柿渋、清酒、松煙、醸造アルコール)を

塗っていきます。

(室内に適した色合いに調合された渋墨使用。)

 

 

 

 

その他にも、

壁下地に

バーナー焼きされた巾木や見切り材

が取り付けられていたり、

 

 

 

 

二階の壁下地に

パテ(凹を埋める硬いペースト状の充鎮材)がされていたり・・・。

(その後、クロスを貼っていきます。)

 

 

 

10月に入り、

『わ』の家も

ラストスパートです♪


2013年10月8日 20:32  CATEGORY : 『わ』の家(松山市T邸)  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)
2 / 1112345...10...最後 »