TAKEMOTO BLOG

『わ』の家(松山市T邸)

『わ』の家 木組み説明

『わ』の家のT様ご家族が木材に会いにいらっしゃいました。

 

 

実際に木材と図面を見比べながら、

「この木材がここに使われますよ。」と、ご説明中。

 

当社のはっぴを着て、掛矢を持って、記念撮影もしました♪

 

上棟祭がたのしみですね♪

 


2012年12月1日 18:30  CATEGORY : 『わ』の家(松山市T邸)  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

『わ』の家 木材納品

『わ』の家の木材が、ついに当社にやってきました!

 

 

15mの一本木となると、容易にヒョイと降ろす訳にはいきませんので、

腕利きレッカーさんに応援をお願いし、

レッカー&人力で丁寧に降ろしていきます。

 

 

15mもの一本木は、迫力満点です!!

デーン!

 

 

デーン!!

 

 

デーン!!!

 

 

長尺物の一本木を数十本、降ろした後は、

残りの木材(梁材)を降ろしていきます。

 

 

 

 

 

 

無事、降ろし作業完了!

でも、これで全部ではありません。

後日、第2便目の「五寸柱や破風」がやってきます。

 

 

これから、バーナー焼きを施し、磨き込み、

さらにもう一手間加え、木材をより一層美しく仕上げていきます。

その模様もブログでご紹介していきますので、おたのしみに♪

 

 

ピーターパンのように空を飛び、上空から撮影♪

 

 

 


2012年11月27日 22:43  CATEGORY : 『わ』の家(松山市T邸)  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

製材後の確認へ

 

長尺物の一本木  数十本を含め、

『わ』の家の木材の製材が終わったのことで 、確認に行ってきました。

 

長尺物の一本木の真ん中にいる棟梁を見ると、

一本木の長さと太さ、この迫力を分かって頂けると思います。

 

 

 

長尺物の一本木の端に模型を置いて撮影。

向こう端がすごく遠いのがお分かり頂けるでしょうか。

製材所の従業員の方が、この模型を見て、

「このお家に、この木材たちが使われるんですね~!!」

と、嬉しそうに喜んでくれました。

 

 

これから、当社で、この木材を使って、

より頑丈で、美しい家を作り上げていきます!!

 

 

後日、木材たちが当社へ運ばれてきます。

 

 

その日を楽しみに、準備を整えてお待ちしております。

 


2012年11月13日 21:48  CATEGORY : 『わ』の家(松山市T邸)  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

ジャーン!!!

 

『わ』の家で使用する長尺物の一本木が

山から降ろされてきました!!!

 

 

 

太さも長さも大迫力!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『わ』の家では、

15mクラスの長尺物を数十本も使用します。

これは、日本で、

いや世界でも初のことではないでしょうか・・✩

 

 

この立派な一本木が、いよいよ製材されます。

 

 

リフトで製材機械の前まで運ばれます。

太さと長さが際立ちます!!

 

 

 

 

 

機械にかけられ、

シュイーン、シュイーン、

と削られていきます。

 

 

そのスピードと言ったらもう早くて、

動体視力もカメラのレンズも追いつかないほど・・。

 

 

シュイーンと行った先は、事務所。

 

 

製材所さんもこのような15mの一本木の製材は初のことなので、

15mの長尺物が挽けるよう、

事務所の壁を取っ払ったのです。

 

 

この長尺物の製材が終わったら、

ガラスをはめ込み、取り外し可能な窓にするのだそうです。

 

 

製材を終えた長尺物の一本木がリフトで運ばれ、

 

 

トラックに積み上げられました。

 

大迫力の長尺物の一本木に、

今からわくわく・・♪

上棟祭の日が待ち遠しいです。

 

 

と、その前に、バーナー焼き&磨き込み作業ですね♪

 

 

この良い緊張感のまま、張り切っていきましょう!

 

 

 


2012年11月1日 23:30  CATEGORY : 『わ』の家(松山市T邸)  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

山師さんの仕事

先日、地鎮祭を終えた、 松山市 『わ』の家。

 

 
『わ』の家には、 15mクラスの長尺物を数十本も使用します!!!

 

 

 
以前、北条のS様邸でも、13mの木材を使用しましたが、

その時、木材を伐採するのも、 トラックで山から運び出すのも、

とっても大変だったとお聞きしていました。

 

 

 
今回は、その13mを超えた15m!!!
山師さんの大変さも知っておかなくては・・!!!

ということで、 山師さんのお仕事を 見学させてもらいに行ってきました。

(『わ』の家の木材は、すでに伐採・運搬済みでしたが、

他の伐採模様を見学させて頂きました。)

 

 

この日は、とても天気が良く、いい見晴らし!

 

 

山をずんずん進んでいくと、 すでに木材が伐採されたところに出ました。

通常ならば、 切株がぽこぽこと見えるはずなのですが、見当たりませんよね。

 

 

それは・・

『少しでも長い状態で、切ってあげたい。』

という、山師さんの想いで、

根元ぎりぎりのところで、

山の斜面と並行に伐採しているからなのだそうです。

根元にいくほど、径が太くなるため、

伐採するのも、山から降ろすのも、 とっても大変な作業。
それでも、 太く立派な部分を、少しでも長く・・

と、頑張ってくれる山師さんに感謝、感謝です!!

 

 

 
引き続き、山をすすみ・・

(写真では、緩勾配に見えますが、

実際は、とっても急勾配です。)

 

 

 

伐採しているところを、実際に見学させていただきました。

そのワンシーンを動画でご覧頂けるようにしました。 (再生ボタンをクリック!)

 

 

 

こうして、一本、一本、 丁寧に伐採された木材は、

ワイヤーに吊るされ、降りてきます。

 

 

降ろされた木材は、

ベテランの山師さんが操縦する こちらの機械で、

 

 

小枝を取り除き、

 

 

カットされていきます。

自分の手のように、 自由自在に機械を動かす山師さん、すばらしい!

 
そして、木材の保管場所も見学させて頂きました。

 

 

こちらが、山から降ろされた、 『わ』の家の木材だそうです✩

太くて、立派!!

そして、長い!!!

この太くて長い木材を含め、

すべての木材を バーナーで炙り、磨き込みます!!

今から、上棟祭が楽しみでなりません^^

 

山師さんへ
先日は、お忙しいところ、

見学させて頂き、貴重なお話まで聞かせて頂き、 本当にありがとうございました。

 
さまざまなことを考慮しながら、

一本、一本、大切に、 伐採されていく木材を見せて頂き、
こうやって、 山師さんが一生懸命伐採し、運んでくれた木材・・

一本たりとも無駄には出来ないなと改めて感じました。

 
当社でも、 一本、一本、

大切に、 丁寧に、

刻み、磨き、組み上げ、

山師さんも誇れるような、いい家をつくり上げます!

 
上棟祭の際には、ぜひぜひお越しくださいね。

 
これからも、 長尺物の木材等々、大変なお願いをすると思います。笑

どうぞ、末永くよろしくお願い致します。

 


2012年10月13日 11:13  CATEGORY : 『わ』の家(松山市T邸) 日々の出来事  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

『わ』の家 地鎮祭

本日 大安の良き日に、

『わ』の家 の地鎮祭(とこしずめのまつり)を行いました。

 

地鎮祭は、建築工事に先立ち、

土地の神さまに家を建てることを報告し、

ご家族の安全と、 工事の安全を祈る儀式です。

 
近頃は、 こういった日本ならではの 伝統儀式が簡略化されていますが、

当社では、 古くから伝わる、 日本の良き伝統文化を大切にし、

地鎮祭や上棟祭など、 きちんとした祭儀を行っています。

 
~地鎮祭の模様~

今回は、 お施主様の氏神様 三嶋大明神社の 武智さんによって、取り行われました。

 

 
修祓之儀(しゅうふつのぎ)

祭壇のお供え・建築主・参会者をお祓いします。

 

 

 

祝詞奏上(のりとそうじょう)

神への建築の報告と、安全を願って祝詞をあげます。

 

 

四方祓いの儀(しほうはらいのぎ)

 

 

 

 

 

 

 

穿初之儀(うがちぞめのぎ)

鎮物埋納之儀(しずめものまいのうのぎ)

お施主様は鍬(くわ)を、 棟梁は鋤(すき)を持って、

土を掘る所作を3度行い、 神宮が鎮物を埋めます。

 

 

 

 

玉串奉奠(たまぐしほうてん)

サカキの小枝に紙垂(しで)をつけたものを捧げ、拝礼します。

 

 

 

 

 

 

 

 

地鎮祭終了

 

 

そして、物件名が 『集う家』をあらため、

『わ』の家に決定しました!

 

いろんな意味を持つ、『わ』。

 
和の『わ』

 

人の『わ』

 

まぁるい丸が集まったT様家の家紋の『わ』

 

笑顔の『わ』

 

話しの『わ』

 

わくわく♪の『わ』  などなど・・

 

 
この物件名は、T様ご家族さまが考えられました。
まぁるくて、温かいT様ご家族の笑顔に ピッタリな物件名。

 

 
いろんな『わ』が宿る素敵なお家になるよう、

職人一同、がんばります!

よろしくお願い致します。

 

 
工事の模様も、

随時ブログにアップしていきますので、 お楽しみに~♪

 


2012年10月1日 15:00  CATEGORY : 『わ』の家(松山市T邸)  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

『集う家』 ご契約日

本日は、 松山市『集う家』

のT様ご家族とのご契約日でした。

 

 
当社の『五寸柱の木組み』

『継ぎ手なしの一本木』

『バーナー焼きを施した、柱や桁』

そして、『上棟祭』。

 

 
これらを、とても気に入り 訪問して下さったのが始まりでした。

 

 

銀黒色に光輝き、美しい波を作る日本瓦を こよなく愛するご主人様と、

 

 

京町屋のような、 品の良い日本美を好む、奥様。

 

 

そして、 バーナー焼きを施した、 五寸柱や桁を絶賛して下さり、

薪ストーブのある生活を心待ちにして下さっている、お父様。

 

 

それぞれのご希望や生活スタイルに合わせて設計し、

幾度となく打ち合わせを重ねてきました。

 

 

今回、T様邸の 1階の軒先の長さは、前代未聞の24m!!

2階の軒先長さも、15mもあります!

 

 

2階の棟木・母屋、 1階の桁など、

15mクラスの長尺物を数十本も使用します!!

 

 

 

一般の住宅で、このような長尺物を数十本も使うことは、

日本でも初めてのことだと思います。

それだけに、 良い緊張感が漂っています。

 

 

そして、 使用する柱・桁・母屋などの全ての木材に、

バーナー焼きを施し、美しく磨き上げ、

今回は、これにもう一手間加えます!

そのもう一手間については、 後日ブログにアップします。

 

 

この住宅模型は、 打ち合わせで使用したもので、

バージョンアップした模型を只今、制作中です。

物件名も、只今検討中ですが、

ご親戚やご友人がたくさん集まるお家なので、 仮名を『集う家』とします。

T様ご家族へ 本日は、ありがとうございました。

数多くある建設会社の中から、 当社を選んでいただき、

本当に、うれしく思っております。

 

 
T様との打ち合わせは、 毎回、笑いが絶えず、

時間があっという間に過ぎていくようです。

 

 
これから、 バーナー焼き作業に、 上棟祭、 細部の打ち合わせ等、

お家完成まで、目白押しです!

一緒に、大いに、楽しみましょう♪

 

 
T様ご家族のご期待を超えるお家になるよう、

職人一同、精一杯頑張らせて頂きます!

 

 
これからも、どうぞ宜しくお願い致します。

 


2012年9月16日 10:23  CATEGORY : 『わ』の家(松山市T邸)  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)
11 / 11« 先頭...7891011