TAKEMOTO BLOG

『笑の家』の薪棚

新築工事と薪ストーブ設置工事をさせていただいた、

北条『笑の家』

 

 

作製させていただいた薪棚も、ご紹介♪

 

 

↓前から

 

 

 

 

↓背面から

 

 

 

 

↓納品時

 

 

新築工事中から、

薪集めをされていたM様(*^^*)

今では、薪棚に入りきらないほどの薪を集められて、チェーンソーも購入し、

ご夫婦ともに薪集めやる気満々で楽しまれているとのことです(*^^*)

 


2018年12月1日 18:25  CATEGORY : 『笑の家』 こんなお家も建てれます 薪ストーブのいろいろ  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

西条市の『時を刻みつづける家』

 

 

工事に先立ち、お塩とお酒で丁寧にお清めをしました。

 

 

 

 

 

家の周りと、建物内も隅々に行いました。

 

 

 

 

こんなにもご家族に愛されているお家の

改築工事に携われるというのは、嬉しいことです。

これからもご家族が安心して、住み続けられるよう、

しっかりと工事をさせて頂きます。よろしくお願いします。

と、お家にご挨拶をしながら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、屋根も新しくするため、

瓦がきれいに降ろされました。

 

 

 

 

 

 

 

タルキが細いので、

今あるタルキの横に新しくタルキを打ち、しっかりと補強。

 

 

 

 

 

下地が新たになった屋根に、新しい瓦が葺き替えられていきます。

 

 

 

 

その屋根瓦葺きの際に一緒に雨仕舞いが出来るよう、

薪ストーブの煙突も一部、先行して取り付けしました。

そうです☆ 『時を刻みつづける家』にも、薪ストーブのアンコールが設置されます☆

 

 

 

 

そして、きれいに葺き上がった屋根瓦。

 

 

屋根の向こうにちょこっと見えているのが薪ストーブの煙突です。

 

 

 

そして、建物内の床が撤去されました。

芋壺もありました。

 

 

 

 

 

きれいになった床下に砂利を敷き詰め、

 

 

 

 

弱い箇所は、耐震補強もしていきます。

 

 

 

 

そして、土間にコンクリート打設。

足元は、白蟻被害に合わないよう、防虫剤を注入。

 

 

 

 

 

現場には、土台のヒノキ材、

柱と間柱のスギ材が納品され、

 

 

 

 

土台・大引き・束が組まれていきます。

 

 

 

 

組み終えた土台・大引きの上には、

構造用合板28mmが敷かれていきます。

 

 

 

 

外部では、もともと張られていた焼杉を撤去し、

新たに下地を取り付けし、

 

 

 

 

 

透湿防水シートを張って、雨水の浸入を防いでいきます。

 

 

この後、強く、きれいになった下地に、再度焼杉が張られていきます。

 

 

また進行状況をご紹介しますので、お楽しみに♪

 


2018年11月16日 17:11  CATEGORY : 『時を刻みつづける家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)