TAKEMOTO BLOG

西条市の『時を刻みつづける家』

 

 

いよいよ、火入れ式♪

薪ストーブに火が灯ります。

 

 

~火入れ式開始~

 

「安全に薪ストーブライフを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

 

塩払いでお清め。

 

 

 

 

 

いよいよ火入れです☆

火入れをして、

慣らし焚きを行っていきます♪

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

 

無事に火入れできたことをお祝いして乾杯。

 

 

その後、

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

じっくりとお話させていただきました(*^^*)

 

 

この日は、お忙しい中、ご実家のご両親も参加してくださいました。

奥様のご実家は、福祉施設をされていて、

これまで、奥様から たくさんお話をお聞きしていて、

愛にあふれた素敵なところだなぁ、

ご両親がとても素敵な方なんだろうなぁ、いつかお会いしてみたいなぁと思っておりました。

お会いしたら、恵比寿さんのようなお父様と、太陽のように明るいお母様で、

思ったとおり素敵なご両親様でした。

だから、こうやってお家や福祉施設に、人が集まってくるんだろうなぁと思いました(*^^*)

 

 

 

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

じっくりとお話させていただきました(*^^*)

 

 

 

 

途中、だれからともなく話が脱線し、

薪ストーブの話から、ラグビーの話、子供の話、・・・・

話が尽きず、あっという間に慣らし焚き完了してしまいました(*^^*)

 

 

 

 

いよいよ始まる暖かくて美味しい薪ストーブライフ♪

今後も当社がしっかりとサポートをさせていただきますので、

思う存分、た~っぷりとご堪能ください☆

 

 

薪ストーブでパン、焼けたかな?(*^^*)

 


すべての工事が無事に完了した、

西条市の『時を刻みつづける家』

 

 

縁あって このお家にめぐり会い、

ご家族の深い愛によって、

再び、時を刻み続けることとなった『時を刻みつづける家』。

 

 

K様ご家族は、

もともと、このお家に住まわれていたご先祖様のことを、

ご自身のご先祖様のように大切にされています。

その想いをお聞きすると、

すてきなご家族が住み継いでくれて、

本当にうれしいだろうなぁ、と思います。

わたしたちも、ご縁あって、K様ご家族とお家と出会い、

これからも住み続けられるようにお手伝いできたことを嬉しく思っています。

 

 

おかげさまで、工事が無事に終わったこと、

そして、

これから再びここで、K様ご家族が元気に楽しく暮らせるように見守っていてください。

と、ご挨拶をしに、K様ご家族と一緒にお墓へ行かせていただきました。

 

 

 

ご先祖様へのご挨拶を終え、

「工事が無事に終わりました。

ご家族みんなが、これからも元気に楽しく暮らせますように。

どうぞ、よろしくお願い致します。」

と、土地とお家にご挨拶をしながら、神楽鈴でお清めさせていただきました。

 

 

この神楽鈴は、魔除け(お清め)、神様を呼ぶ、人の心を落ち着かせる効果があって、

土地・建物のお清めにも良いよとのことで

正一位 伊豫稲荷神社の神主 星野暢廣さんに祈念していただき、

この度、神楽鈴で初のお清めをしました。

 

 

 

 

 

 

このお清めをした翌日、

いままでずっと知らなかった屋敷神様のことを、

「おたくの屋敷神様は、ここにあるんよ~」

と、ご近所さんがふと教えてくれたのだそうです。

 

 

「やっと、ここの住人として、認めてもらえたみたい!」

と、話してくださいました(*^^*)

 


2019年4月7日 17:47  CATEGORY : 『時を刻みつづける家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)
3 / 59412345...102030...最後 »