TAKEMOTO BLOG

『五寸柱の家』 施工例

※この記事は、ブログの先頭にくるように設定しています。

ブログの最新記事をご覧頂くには、

『五寸柱の家』 施工例の下の記事よりご覧いただけます↓(*^^*)↓ 

 

おかげさまで『創業36年』を迎えました。

地震に強い『五寸柱の家』の木組みを軸に、

お客様ご家族の趣味やライフスタイル、ご予算に合わせ、

和から洋まで、幅広いデザインの家を

一軒、一軒、オ―ダ―メイドで仕上げます。

 

一生に一度の家造り。

一緒に楽しみながら建ててみませんか?(*^^*)

 

初めてブログをご覧いただいた方にも分かりやすいよう、

施工例の 一部を、ブログのトップでご紹介させて頂いております☆

下の画像をクリックすると、詳細をご覧いただけます。

 

  

  

 

 ブログの最新記事は、この下です↓(*^^*)↓ 


2018年2月23日 18:30  CATEGORY : こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

火入れ式~松山市I様邸~

設置を終えた松山市のI様邸。

 

 

 

 

さっそくお使い頂けるように、火入れ式を行いました。

 

 

 

火入れ式の準備万端。

 

 

 

 

~火入れ式開始~

 

「安全に薪ストーブライフを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

そして、塩払いでお清め。

 

 

 

そして、いよいよ火入れです☆

火入れをして、

慣らし焚きを行っていきます♪♪

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

 

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

 

 

無事に、火入れできたことをお祝いして、乾杯!!

 

 

 

 

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

お話させていただきました(*^^*)

 

 

ゆったりと揺れるデファイアントの炎が

お引っ越しの疲れも癒してくれることでしょう(*^^*)

 


愛媛県松山市のI様邸に、

薪ストーブを設置させていただきました。

機種は、バーモントキャスティングスのデファイアントの

クラシックブラック色です。

 

 

 

~工事の模様をご紹介~

天井と屋根を開口し、

専用の支持金物でNOVA SF 断熱二重煙突をしっかり固定していきます。

 

 

 

 

屋根裏部分。

 

 

 

 

屋根の上の雨仕舞いも完了!

 

 

 

 

 

 

吹き抜けの天井まで煙突を取り付けし、

ひとまず工事はここまで。

新築工事中なので、床や天井が仕上がったら、

残りを取り付けしていきます。

 

 

 

 

— 2ヶ月後—

新築工事が完了したとのことで、

残りの煙突と薪ストーブを取り付けさせていただきました。

 

 

 

 

設置場所が高い吹き抜けになっているので、

足場を設置し、安全に取り付けしていきます。

 

 

 

 

 

本体と煙突とを接続していきます。

 

 

 

 

NOVA SF 断熱二重煙突と梁とを

専用金物でしっかり固定。ビクともしません!

 

 

 

 

口元の楕円スターターの後ろにも

「煙突ヒートシールド」を取り付けします。

 

 

 

 

無事に取り付け完了しました。

 

 

火入れ式につづく。。

 


1 / 57112345...102030...最後 »