TAKEMOTO BLOG

May2020

ピザ窯 KABUTO(カブト)

充実した時間にしようと試行錯誤を繰り返しながら、おうち時間にも慣れてきた今日この頃^^

今回は庭でピザ窯 KABUTO(カブト)を楽しみました。

(前回当社で楽しんだKABUTOのブログはこちら☆

 

我が家は

各脚と燃焼ボックス下、蓋を開けた際、蓋の取っ手の下に来る場所にレンガを用意しました。

(KABUTO本体のオーブン手前に蓋を掛けたまま開けるとフラット状態になります。

・・・その状態の写真がなくすみません。)

 

 

ピザ生地レシピ (大雑把な私、クックパッドを少しアレンジしてます^^;)

材料 (直径約20センチ4枚分)
・強力粉     200g
・薄力粉     50g
・砂糖      20g
・塩       3g
・ドライイースト 5g
・水       145~150g
・オリーブオイル 20g
①ボウルに材料全てを入れ、ボウルの中で生地をまとめる。(ドライイーストと塩は離して入れる)
②粉っぽさが無くなってきたら台に生地を置き、滑らかになるまで捏ねる。
③4等分して綺麗に丸める。ラップをかけて乾燥防止して温かい場所で10~15分放置する。

 

④約20cmの丸に伸ばしていく。

娘たちにお手伝いをしてもらいました。

 

あらかじめ準備しておいたピザソースや具をトッピング!

 

その間に私と主人交代でKABUTOの火の番を。

ピザのトッピングがまだ終わってなかったので、

先に作っておいたバスクチーズケーキを投入。

(この順番がのちに後悔に変わるなんて、この時はまだ知る由もなかった・・・。)

 

 

さてさて、その悲しい出来事は最後にして、

ピザの準備が整い、いざ窯の中へ♪

 

 

じゅ~っと美味しい音を立てながら焼きあがりました^^

 

マルゲリータ2枚

 

 

照り焼きチキン(食べかけですみません^^;)

 

 

庭で採れた大葉のジェノベーゼ

 

どの味もとてもとても美味しく、大人も子どもも大満足でした☆

・・・そう、バスクチーズケーキ以外は。-_-;

 

 

効率の良さを考え、先にバスクチーズケーキを窯に入れると判断したのは私。

窯に入れたのも私。

その時、「俺、火の番するわ!」と立候補したのは主人。

チーズケーキの様子を確認することなく、律儀に火の番だけしてくれていたのも主人。

誰も悪くないんです。

でも、、、はい、、、まる焦げになりました^^;

 

主人「チーズケーキの焼き時間言ってくれんと分からんわぁ」と。

(いやいや・・・時間言ってなくてもちょこちょこ様子を確認してくれてもよくない!?)・・・とは思いますが(笑)

確かに目安や様子確認をきちんとお願いしてなかった私にも非がある!次はうまくやろう!

そんなこんなで焦げていない中の方を美味しく頂きました^^

娘にも好評で、懲りずにまた挑戦しようと思います☆

 

 


2020年5月25日 13:50  CATEGORY : こんなお家も建てれます 日々の出来事 喜の家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

『喜の家』~完成から約4年目のリアル写真~ 前編 に引き続き、

後編では

新築から4年経過し、5年目に突入しようとする『喜の家』の リアルな写真をお届けいたします。

(生活感が溢れておりますが温かい目で見ていただけると嬉しいです。そして、少し長いです。^^;)

 

 

玄関にはシンボルツリーとなる紅葉を選びました。

四季を感じさせてくれる変化が楽しいです^^

 

 

足元にはすみれ(時々雑草…) ♡

踏み石がすみれで囲まれる日を夢見てお手入れしています。

 

 

 

玄関冊子から朝日が差し込んで明るいです。

 

 

 

 

玄関土間収納にはシューズ棚(施工時にオーダーしました)、全身鏡、ハンガーポールを設置。

 

 

 

室内建具は全てイマガワの建具です。

(竹本建設姉妹会社ムーミーはイマガワDOORの公式代理店です。)

 

 

LD出入口に埋め込みキーボックス。

 

 

LD♪

 

上の写真はブログ用写真で、

本当は、下の写真の様に子どもたちのトランポリンがドーンと置かれています。

シンプルな暮らしに憧れますが、これが現実。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

障子のあるお家に住むのも私の夢で、

主人の「視界を閉ざしても通風希望」の要望をミックスし、

雪見障子のガラスがないバージョンをお願いしました。

(障子は入船木工さん)

 

 

 

 

ダイニングテーブル・キッチン

私がこの導線がとてもお気に入り♪

 

料理作って直ぐにダイニングテーブルに置けるし、片付けもすぐ!

キッチンの出入りもオープンなので子どもたちも親しみやすく、

料理をすることに興味を持ってくれています。

 

 

 

トクラスのキッチン

調味料やツール等、全部引き出しの中に納まるほど大容量な収納スペース。

キッチン上は常にこんな感じです^^

 

 

 

壁と冷蔵庫の隙間をあらかじめ開け、ごちゃつく物を隠してあります。

(このブログでバレちゃった。)

 

食品パントリー オープン

 

食品パントリー クローズ

 

WC

 

 

 

洗面脱衣室(洗面化粧台、バスルーム:トクラス)

 

 

 

 

 

2Fへ。

 

2Fホール

読書、室内干し、空中ヨガ、作業スペース

 

 

 

 

 

収納スペース オープン

 

収納スペース クローズ

 

 

子ども部屋9帖

将来、2つに部屋を仕切る予定で、現在は子どもたちの遊び場♪

・・・にしてもぐちゃぐちゃ。・・・子どもたちと一緒に片づけます^^;

 

寝室

 

 

畳んだ衣服をタンスにしまうことさえ面倒なずぼらな私が

施工時にお願いした衣服スペース。 オープン

 

クローズ

 

物干しスペースにある収納付きハウスステップ

 

我が家はハンガー等を収納。

 

外部収納には

アウトドア用品、戸外遊びグッズなどを収納。

 

その都度、主人と相談しながら、

棚やスキーウェア掛けをDIYしています。

 

 

ウッドデッキ

 

 

 

『喜の家』はこんな感じで(!?)自分たちの”好き”に囲まれながら生活しております。

施工当時はこれがいい!!これはいらない!!と思っていたことでも、

時間が流れるとやっぱり好みも流行りも変化し、

これで良かったと再認識することもあれば、

やっぱりあれいるやったなぁと後悔することも正直あります。

でも多くはインテリアや間取りの事で、工夫次第で今思う理想に近づけることはできるし、

あ、やっぱり現状でいいやと思い直すことも。

その自分が作り上げたモヤモヤ(後悔)を解決していく過程が楽しかったりもします。

 

 

マイホームに住んでみて、やっぱり一番大切なことは家族が安心できる丈夫な家であるかだと私は感じています。

お客様の見えないところまで誤魔化すことなく、丁寧な仕事がされているか…

父(棟梁)と妹(設計士)の姿を近くで見ていると

「お客様やお客様の家族の事を1番に。」を強く感じます。

しっかりとした基礎、太くて丈夫な五寸柱、見えないところまで丁寧な仕事、

(ちょっと口下手な父・棟梁ですが…←とても残念^^;)すべてひっくるめて、

私が身内じゃなくてもきっと、お家は竹本建設に頼んでいるなと思います^^

 

長々とお付き合いいただき、ありがとうございました^^

最後に、、、

私の家族がそれぞれにが付けてしまった杉床のキズや凹みも含めて、

私は『喜の家』が大好きです♪


2020年5月24日 08:38  CATEGORY : こんなお家も建てれます 喜の家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

『五寸柱の家』 施工例

※この記事は、ブログの先頭にくるように設定しています。

ブログの最新記事をご覧頂くには、

『五寸柱の家』 施工例の下の記事よりご覧いただけます↓(*^^*)↓ 

 

おかげさまで『創業38年』を迎えました。

地震に強い『五寸柱の家』の木組みを軸に、

お客様ご家族の趣味やライフスタイル、ご予算に合わせ、

和から洋まで、幅広いデザインの家を

一軒、一軒、オ―ダ―メイドで仕上げます。

 

一生に一度の家造り。

一緒に楽しみながら建ててみませんか?(*^^*)

 

初めてブログをご覧いただいた方にも分かりやすいよう、

施工例の 一部を、ブログのトップでご紹介させて頂いております☆

下の画像をクリックすると、詳細をご覧いただけます。

 

  

  

 

 ブログの最新記事は、この下です↓(*^^*)↓ 


2020年5月23日 21:30  CATEGORY : こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

『喜の家』が完成してから早いもので5年目に突入しようとしております^^

『喜の家』のこだわりは、とにかくシンプルで掃除機のかけやすい凹凸のない家!です。

当時住んでいたアパートには床の段差が何箇所かあり、掃除機がかけにくいのなんの・・・。

また、家をシンプルにして好きなインテリアに囲まれて過ごすことが夢だったため、

このこだわりはぶれませんでした。

 

【喜の家 LD】

 

完成写真を載せなければ!と思いつつ、

完成とともに引っ越し!片付け!整理!子どもたちの保育所入園!子どもたちとわいわいドタバタ!!・・・等々の

日々の忙しさに勝つことができず・・・^^;

なので今回は、完成から4年経過したリアルな『喜の家』をお届けできたらなと思っております。(笑)

 

今回は『喜の家』リアル写真前編ということで(本当は色々と片づける時間が必要なだけ。^^;)、

我が家の万能癒し役、”薪ストーブのデファイアント”のシーズンオフの楽しみ方をお届けいたします。

 

 

主人や子どもたちも含め、観葉植物やお花が大好きな我が家。

毎年薪ストーブのシーズンオフには季節のお花を飾っています♪

 

 

冬には部屋を暖めてくれ、幅広い料理までこなすデファイアント。

シーズンオフにはお花やインテリアのデスプレイまでお手伝いしてくれています。

感謝感謝!!

 

完成から4年が経過してスミレも元気に広がり、緑を感じられる癒しの玄関になりつつあります♪

玄関先にはスミレに囲まれたメダカ達も^^

 

 

後編はリアルな『喜の家』の写真をお届けいたします。

見ていただけると嬉しいです^^

 

では、写真用に片付けを開始します!bye for now~(笑)


2020年5月22日 11:34  CATEGORY : こんなお家も建てれます 喜の家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function wp_pagenavi() in /home/takemoto-mumi/www/wp3/wp-content/themes/takemoto/date.php:17 Stack trace: #0 /home/takemoto-mumi/www/wp3/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/takemoto-mumi/www/wp3/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/takemoto-...') #2 /home/takemoto-mumi/www/wp3/index.php(17): require('/home/takemoto-...') #3 {main} thrown in /home/takemoto-mumi/www/wp3/wp-content/themes/takemoto/date.php on line 17