TAKEMOTO BLOG

August2019

『憧れの家』~建前~

伊予市 『憧れの家』

 

今回は上棟祭は行わず、建前のみとなりました。
(本当は、上棟祭を行わない場合も、ハッピを着て建前を行いたい気持ちで山々なのですが、

ハッピを着ていると上棟祭をするように、 ご近所の方が勘違いされてしまうので、

今回ハッピは着用しておりません。)

 

 

建前の様子を動画にアップしましたので、ご覧ください(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現場に寄ってくださったお施主様が、建前の様子を見るなり、

「うわぁ~!もう、嬉しくって涙が出そう~。。」と言って、

目をウルウルさせて喜んでくれました(*^^*)

こんなに喜んでいただけて、とても嬉しいです。

 

何年、何十年と住み続けていくほどに、

このお家がどんどん好きになるようなお家にしたいなと思います(*^^*)

 

 
『憧れの家』が、千年も、万年も、永遠に栄え続きますように。。

 

 


2019年8月12日 15:45  CATEGORY : 『憧れの家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

明日建前を行う、伊予市 『憧れの家』

 

 

現場に足場が設置され、木材の仮組みもすべて完了!

 

 

 

 

いよいよ、明日 棟上です!

 

 


2019年8月8日 19:38  CATEGORY : 『憧れの家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

『憧れの家』~木材運搬~

伊予市 『憧れの家』

 

 

上棟に向けて、

作業場で墨付け・刻みを終えた木材たちを、

現場へ運搬しました。

 

 

 

こちらは、五寸柱です。

 

 

 

 

一般に使用される三寸五分の柱と違って、

一本、一本がずっしりと重たいです。

 

 

 

 

木材にキズがつかないように、丁寧に積んで、

安全に走れるよう、しっかりバンドを締めて

現場へ向けて、第1便が出発です。

 

 

 

 

当社の地震に強い『五寸柱の家』に使用する木材は、

すべてが太いので、一般の家に比べて2倍以上の木材を使用します。

なので、運搬も1度には乗り切らず、

今回は、平屋のお家ですが、3回に分けて運搬しました。

 

 

 

現場に到着。

木組みがスムーズに行えるように下ろす場所を考慮しながら

一本一本、丁寧に木材を降ろしていきます。

 

 

 

 

「いよいよ、建つぞー!」と喜んでいるように見える五寸柱たち(*^^*)

 

 

 

 

降ろし終えると、再び作業場に戻り、

第2便を積み込んでいきます。

 

 

 

 

 

太くて、長い木材たち。

継ぎ手のない一本木は、一本、一本が重たく、

触れるだけで、建ったときの安心感が感じられます。

 

 

 

 

継ぎ手のない長尺物の一本木を作業場から出しているところ。

 

 

 

 

キズつけないように、丁寧に運搬します。

 

 

 

 

 

人力と、リフトを使い分けながら、積み込んでいきます。

 

 

 

 

 

 

何度見ても、迫力満点!!!

 

 

 

 

青空に木材が映えます(*^^*)

 

 

 

積み終わったら、再び現場へ。

太くて、長いので、慎重に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現場に木材がぎっしり(*^^*)

 

 

 

 

 

すべての運搬を終えると、

建前当日、スムーズに作業が行えるように、仮組みをしていきます。

 

 

 

 

威勢の良い掛け声と、掛け矢の良い音が辺りに響き渡ります。

 

 

 

 

建前まであと少し。

明日は、現場に足場が設置され、残りの木材も仮組みしていきます!

 

 

 


2019年8月7日 19:00  CATEGORY : 『憧れの家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

伊予市 『憧れの家』

 

 

頑丈な基礎が完成し、

現場が汚れないよう、整地工事も完了。

 

 

 

 

土台・大引きも、頑丈に組み終わりました。

 

 

当社が、基礎と土台・大引きを連結させるのに使っている座金ですが、

座金に付いた刃が土台を座堀りしながらガッチリくい込み、

さらに、

土台の上面がフラットに仕上がるので、

この上に構造用合板を貼ることで、

より一層、座金が浮き上がらなくなる、 理に適った良い座金を使用しています。

 

 

 

 

 

今は、木造といってもプレカット加工が主流ですが、

当社では、今でも

大工職人による墨付け・手刻みを行っております。

 

手刻みで加工した木材は、 プレカットとは違い、

木材を組むときに、スルッと入ることはなく、

掛矢(かけや=堅い木で作られた大型の木槌)で

しっかりと打ち込んでいくので、

木材と木材がかっちりと組み合い、強度が増すのです!!

 

 

大地震が来ても、安全に、安心して暮らして頂けるよう、

家が完成してからでは見えなくなる大事なところにこそ、

しっかりとした工事を、丁寧に行っております。

 

 

 

建前まであと少し☆

 


2019年8月3日 18:38  CATEGORY : 『憧れの家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)