TAKEMOTO BLOG

November2018

西条市の『時を刻みつづける家』

 

 

工事に先立ち、お塩とお酒で丁寧にお清めをしました。

 

 

 

 

 

家の周りと、建物内も隅々に行いました。

 

 

 

 

こんなにもご家族に愛されているお家の

改築工事に携われるというのは、嬉しいことです。

これからもご家族が安心して、住み続けられるよう、

しっかりと工事をさせて頂きます。よろしくお願いします。

と、お家にご挨拶をしながら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、屋根も新しくするため、

瓦がきれいに降ろされました。

 

 

 

 

 

 

 

タルキが細いので、

今あるタルキの横に新しくタルキを打ち、しっかりと補強。

 

 

 

 

 

下地が新たになった屋根に、新しい瓦が葺き替えられていきます。

 

 

 

 

その屋根瓦葺きの際に一緒に雨仕舞いが出来るよう、

薪ストーブの煙突も一部、先行して取り付けしました。

そうです☆ 『時を刻みつづける家』にも、薪ストーブのアンコールが設置されます☆

 

 

 

 

そして、きれいに葺き上がった屋根瓦。

 

 

屋根の向こうにちょこっと見えているのが薪ストーブの煙突です。

 

 

 

そして、建物内の床が撤去されました。

芋壺もありました。

 

 

 

 

 

きれいになった床下に砂利を敷き詰め、

 

 

 

 

弱い箇所は、耐震補強もしていきます。

 

 

 

 

そして、土間にコンクリート打設。

足元は、白蟻被害に合わないよう、防虫剤を注入。

 

 

 

 

 

現場には、土台のヒノキ材、

柱と間柱のスギ材が納品され、

 

 

 

 

土台・大引き・束が組まれていきます。

 

 

 

 

組み終えた土台・大引きの上には、

構造用合板28mmが敷かれていきます。

 

 

 

 

外部では、もともと張られていた焼杉を撤去し、

新たに下地を取り付けし、

 

 

 

 

 

透湿防水シートを張って、雨水の浸入を防いでいきます。

 

 

この後、強く、きれいになった下地に、再度焼杉が張られていきます。

 

 

また進行状況をご紹介しますので、お楽しみに♪

 


2018年11月16日 17:11  CATEGORY : 『時を刻みつづける家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

愛媛県西条市のK様邸に、

薪ストーブを設置させて頂きました。

 

 

機種は、バーモントキャスティングスのデファイアント

クラシックブラック色です。

 

 

 

~工事の模様をご紹介~

位置出しをした墨を基準に

天井に墨出し。

 

 

 

 

それから、丁寧に天井と屋根を開口していきます。

 

 

 

 

開口部分の屋根瓦も丁寧にはがし、

開口部分を補強し、専用の取付金物を取付していきます。

 

 

 

 

 

 

NOVA SF 断熱二重煙突を取り付けし、

外部とステンレス一枚で接しているフラッシング内が結露してしまわないように、

断熱材のロックウール(別名:ミネラルファイバー)を入れていきます。

 

 

 

 

 

ぎっしり充填されました!

 

 

 

 

 

天井用の化粧板を取り付け。

 

 

 

 

桁と煙突とを固定する専用金物を取り付け。

 

 

 

 

さらに

もう1ヶ所、専用金物を取り付けし、

NOVA SF 断熱二重煙突を取付。

 

 

 

 

しっかりと固定されて、ビクともしません!

 

 

 

 

いよいよ、デファイアントが運び込まれ、

煙突と接続していきます。

 

 

 

 

その頃、屋根上では、入念な雨仕舞い工事も終わり、

 

 

 

 

煙突も 丸トップも取り付け完了!

黒い外観にとてもよく合っています☆

 

 

 

 

雨仕舞いもバッチリ☆

お施主様は当初、雨漏りに懸念があり、施工も横引きのほうが容易だろうと、

煙突を横引きで考えられていたそうです。

当社の説明を聞き、帰って調べてみたところ、

本当だ!煙突の横引きはダメだ!

煙突はまっすぐに抜かないと!

ムーミーさんのところなら、

親会社の竹本建設さんが施工されるから雨漏りの心配もなく安心だ!

と、当社にご依頼して頂いたのだそうです☆

当日も、ムーミーさんに頼んで、良かった(*^^*)

と言って頂き、うれしいです。

 

 

 

 

薪ストーブ本体と、煙突を接続し、

ウォーミングシェルフなどを取り付けし、完了です☆

 

 

 

 

黒を基調とした内装に、

クラシックブラックのデファイアントがとても良く馴染んでいて、

デファイアントくんも嬉しそう(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

早速、お使いいただけるように、

火入れ式の準備。

 

 

 

 

~火入れ式開始~

 

「安全に薪ストーブライフを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

 

そして、塩払いでお清め。

 

 

 

 

そして、いよいよ火入れです☆

火入れをして、

慣らし焚きを行っていきます♪♪

 

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

 

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

無事に火入れできたことをお祝いして、

みんなで乾杯!!

 

 

 

 

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

じ~っくりとお話させていただきました(*^^*)

 

 

 

 

 

途中、炎のオーロラも姿を現してくれました☆

 

 

ちょうど今週から、気温も下がるようです♪

当社がしっかりサポートさせていただきますので、

た~っぷりとご堪能ください(*^^*)♪

 

 

アスリート3兄弟のご活躍を

これからも応援しています p(*^^*)/ ファイト~~☆