TAKEMOTO BLOG

January2017

松山市の『頑丈な倉庫』(N様邸)

 

上棟祭に向けて、

墨付け、刻みを終えた木材を

現場へ運搬しました。

 

長尺物の桁や梁、母屋、棟木、そして五寸柱など、

太く、長く、立派な木材を、

傷つけないよう気をつけながら、丁寧に積み込んでいきます。

 

 

作業場の中の木材を丁寧に運び出しているところ。

 

 

 

 

 

安全に運搬できるよう、

バランスを考えながら、丁寧に積み込んでいきます。

また、木材にキズがつかないよう、

リフトと人力を使い分けながら、丁寧に作業を行います。

 

 

 

 

太くて、長い木材は、運搬だけでも大迫力です!!

 

 

 

 

長すぎて、広角レンズのカメラでも

納めるのが大変なほど・・!!

 

 

 

朝日を浴びて、きれいに光る立派な木材たち。

 

 

 

 

作業場で墨付け、刻みと、

手作業で加工してきた木材を現場へ運ぶこの日は、

何度体験しても、「いよいよ、建つぞ~!!」と、わくわくします(*^^*)

 

 

 

 

これから、バンド締めをしっかり行い、

現場へ向けて、第一便出発!

今回も、木材運搬は4トントラックと軽トラックが2往復!!

 

 

当社では、

使用する木材すべてに、

太くて立派な木材を ふんだんに使用しているため、

一般住宅の二軒分以上の量の木材があります。

 

 

第一便が、現場に到着。

 

積み込み時と同じく、

キズつけないように、丁寧に降ろしていきます。

今回は強力な助っ人、クレーンの小西さんも参戦!!

「現場のすぐ近くで、仕事が早く終わったけん、手伝いに行こうか?」

と、当日電話をくださったのです(*^^*)

当社の木材は、太くて、長い木材ばかりなので、大助かり!!!感謝、感謝です(*^^*)

 

 

 

 

仮組みの際、

スムーズに作業ができるように、

また、当日の木組みの段取りも考慮しながら

木材を降ろす場所を決め、降ろしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

第一便の積み下ろしが終わると、再び作業場に戻り、

第二便を積み込んでいきます!!

二便は、バーナー焼きされた五寸柱と通し柱、ハフ板と鼻隠しです。

 

 

 

 

 

 

 

第2便の木材が積み終わると、再び現場へ向けて出発!

 

 

 

第2便も同様、

丁寧に降ろし、無事に木材運搬修了です!!

 

 

明日は、

上棟祭当日、スムーズに作業を行えるよう、仮組みをします。

 

 

その模様もまたご紹介しますので、

お楽しみに♪

 


2017年1月31日 19:48  CATEGORY : こんなお家も建てれます 頑丈な倉庫(N様邸)  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

松山市の頑丈な倉庫(N様邸)

2017年2月4日(土)の上棟祭に向けて、

土台敷き・座金取り付け工事を行いました。

 

基礎のコンクリートに

土台据え付け工事による基礎墨出しを行います。

アンカーボルトの位置が、ひとつ、ひとつ異なるため、

一か所ずつ、丁寧に土台に墨付けをし、

ドリルで穴を開け、

土台に基礎パッキンをしっかりと止めていきます。

そして、基礎に土台を固定し、

掛矢で、力強く、打ち込んでいきます。

 

 

 

今は、木造といってもプレカット加工が主流ですが、

当社では、今でも

大工職人による墨付け・手刻みを行っております。

 

手刻みで加工した木材は、 プレカットとは違い、

木材を組むときに、スルッと入ることはなく、

掛矢(かけや=堅い木で作られた大型の木槌)で

しっかりと打ち込んでいくので、

木材と木材がかっちりと組み合い、強度が増すのです!!

 

 

※通常、当社の基礎工事は、

大引きの下も、基礎工事でしっかり補強し、頑丈に造っております。

今回は、1階の倉庫が土間で床が上がらないため、

基礎の立ち上がりや大引きなどが少なくなっています。

 

 

 

当社が使用している座金は、

座掘り不要の一体成形座付きナットです。

座金に付いた刃が土台を座堀りしながらガッチリくい込み、

さらに、

土台の上面がフラットに仕上がるので、

この上に構造用合板を貼ることで、

より一層、座金が浮き上がらなくなる、 理に適った良い座金です!

 

 

大地震が来ても、安全に、安心して暮らして頂けるよう、

家が完成してからでは見えなくなる大事なところにこそ、

しっかりとした工事を、丁寧に行っております。

 

 

明日は、現場に木材を運搬します。

その模様もまた、ご紹介しますのでお楽しみに♪

 

 

 


2017年1月30日 19:46  CATEGORY : こんなお家も建てれます 頑丈な倉庫(N様邸)  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

上棟祭が近づいてきた「頑丈な倉庫」

木材の一部にバーナー焼きを施しています。

 

 

 

 

 

一本、一本、丁寧に

大きなバーナーで、じ~っくりと炙っていきます。

 

 

 

 

その後、一本、一本、

丁寧にブラッシングし、ススを落として、

きれいに磨き上げていきます。

磨き上がった木材がこちら!!

 

 

木目がきれいに浮き上がり、手触りも最高です。

見学されたお施主様も

きれいですね~と、撫でながらうっとりされていました(*^^*)

 

 

 

そして、現在長尺物の棟木や桁、母屋の切り組みを行っています。

 

 

大工職人さんによって、 木材、一本一本の性格を見極め、

金づちや、のみ、 場所によっては、木工機械を使い、

道具を使い分けながら、刻まれていきます!

 

当社の木材の加工は、

プレカットではなく、

当社の大工職人が、

木材を一本一本、選別しながら、 墨つけをしていき、

すべて手刻みで加工しております!!

 

 

手刻みで加工した木材は、 プレカットとは違い、

木材を組むときに、スルッと入ることはありません!
掛矢(かけや=堅い木で作られた大型の木槌)で

力強く、しっかりと打ち込んでいくので、

木材と木材がかっちりと組み合い、強度が増すのです。

 

 

上棟祭まであと少し!!

気合を入れて、頑張るぞー!!!

 


2017年1月25日 17:53  CATEGORY : こんなお家も建てれます 頑丈な倉庫(N様邸)  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

毎週、土曜日のお昼12時から放送されている、

テレビ愛媛の『ふるさと絶賛バラエティ いーよ!』

 

1月28日 (土)お昼12時~の放送は伊予市の旅で、

竹本建設&ムーミーも紹介されます(*^^*)

2月1日(水)の深夜0:30~再放送もされますよ☆

ぜひ見てみてください♪

 

 

 


2017年1月21日 20:40  CATEGORY : ニュース&トピックス 日々の出来事  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

徳島県のO様邸。

薪ストーブ設置工事を終え、火入れ式を行いました♪

薪ストーブ:バーモントキャスティングスのデファイアント(クラシックブラック)

 

 

~火入れ式開始~

 

「安全に薪ストーブライフを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

塩払いでお清め。

 

 

 

いよいよ火入れです!

火入れをして、

慣らし焚きを行っていきます♪

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

無事に火入れできたことをお祝いして乾杯し、

その後、

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

じっくりとお話させていただきました(*^^*)

 

 

 

 

和の空間にスッと馴染んでおります♪

 

 

これから始まる暖かくて美味しい薪ストーブライフ♪

今後も当社がしっかりとサポートをさせていただきますので、

思う存分、たっぷりとご堪能ください♪

 

 

どうも、ありがとうございました^^


他社でお家を建てられている徳島県のO様邸。

現場の下見や図面確認、工務店様と工事日程等の打ち合わせを重ね、

煙突・薪ストーブを設置させていただきました。

 

屋根の工事と平行して、

一部の煙突取り付け工事開始。

屋根を開口、補強を施し、

煙突支持部材をしっかりと固定していきます。

 

 

 

 

下地を作製し、煙突支持部材をしっかりと固定します。

 

 

その後、徳島県の板金工事業者様が雨仕舞いを行ないました。

 

 

雨仕舞い完了後の写真を撮り忘れてしまいましたが・・・^^;

 

 

台風などの暴風雨の際でも、

雨が1滴も入らない雨仕舞い工事を行っております。

 

 

室内の煙突も専用の支持金物で、

しっかりと固定するので、ビクともしません!!

 

 

O様邸現場の進捗状況に合わせ、

後日、残りの煙突、薪ストーブの取り付け、設置工事を行ないました。

 

 

 

まっすぐ一直線の断熱二重煙突!

安全性も、煙の排気も抜群に良いです^^

 

 

運び込まれた薪ストーブ本体と

NOVA SF 断熱二重煙突を接続し、

遮熱板やウォーミングシェルフなどを取付して完成!

 

その日のうちに火入れ式も行ないました。

火入れ式に続く・・・♪

 


新年、

あけまして おめでとうございます。

 

 

変わらず、

”焔(ほのお)と暮らす温かい五寸柱の家”の良さを

日々感じているとともに、

一人でも多くの方に知っていただけるよう、

これからもお伝えしてまいります。

 

これまで支えて下さった多くの方々に感謝いたしますと共に

本年もどうぞよろしくお願い致します。

 


2017年1月1日 00:00  CATEGORY : ニュース&トピックス  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)