TAKEMOTO BLOG

November2016

ブログの更新予告♪

11月は薪ストーブメンテナンスや『喜の家』完成工事等で

バタバタしており、ブログの更新が少なくなってしました。

反省・・・^^;

12月より溜め込んでおりましたブログを続けてアップいたしますので

是非ご覧くださいませ♪

 

 


2016年11月30日 17:17  CATEGORY : ニュース&トピックス  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

A様邸 ~火入れ式~

薪ストーブの設置工事を終えた、今治市のA様邸。

同日、火入れ式も行いました。

 

 

~火入れ式の模様~

 

「安全に薪ストーブライフを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

 

 

塩払いでお清め。

 

 

 

 

 

いよいよ火入れです☆

火入れをして、

慣らし焚きを行っていきます♪

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

 

 

無事に火入れできたことをお祝いして乾杯!

 

 

 

 

既存の炉壁・炉台にも馴染み、

デファイアントも嬉しそうです*

 

 

 

 

 

その後、

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

じっくりとお話させていただきました(*^^*)

 

 

↑オーロラの炎の出し方を説明しているところ。

 

「この薪ストーブをおすすめされた理由がよく分かる!

薪ストーブのデザインもすごく良いし、

煙も全然部屋へ出てこないし、本当にきれいに燃えますね~!」

と、とっても気に入って頂けました(*^^*)

 

 

 

 

この日はまだ、寒くなかったのですが、

夜もずっと焚かれ、

翌朝も薪ストーブの炎で癒されてから、

お仕事へ行かれたそうで、

「最高です!」

と、連絡を頂きました(*^^*)

 

 

今度こそ始まる、思い描いていた楽しい薪ストーブライフ♪

当社がしっかりとサポートをさせていただきますので、

思う存分、たっぷりとご堪能ください☆

 

 

 

茶道もされている多趣味なご主人様が、たてて下さったお茶。

とっても美味でした(*^^*) ありがとうございました。

 

 


とある建設会社様から一本のお電話があり、

”16年ほど前に、家の建築に伴い薪ストーブも設置をしたのですが、

煙が逆流してきて全く使えず、今までいろんな手を試してきたけれど、

全然良くならず、もう自分たちでは成す術がないのです。

なんとか助けて欲しい・・”と。

 

数日後、実際に、現場を見させていただきました。

機種は、ヘルゴン社のフランクリン(スペイン製)

 

 

薪ストーブは、当社が扱っているアンコールやデファイアントとは全く違い、

とても機密性が悪く、薪も少量しか入らないもので、安全性も不安なものでした。

煙突も当社のNOVA SF断熱二重煙突とは性能が全く違い、

なおかつ横引きされているので、とても煙の引きが悪かったようです。

 

 

 

A様はもともと、薪ストーブで暖を取り、

薪ストーブクッキングも楽しみたいと薪ストーブを設置されたそうで、

このストーブ、この煙突では、それが叶えられないと考え、

煙突と薪ストーブ本体の取替えをご提案させていただきました。

お施主様のA様も、「今度こそ、大変な思いをすることなく、薪ストーブライフを楽しみたい!!」

とのことで、取替え工事を行わせて頂くことになりました。

 

 

  

~Before~                                  ~After デファイアント(レッド)~

 

薪ストーブの本体は、バーモントキャスティングスのデファイアントのレッド色。

それに合わせて、煙突も特注で赤色塗装しております。

 

 

~工事の模様~

横引きされ、炉壁や躯体に埋め込まれている煙突を

切断していきます。

 

 

 

 

薪ストーブの脚は、炉台に埋め込まれており、

レンガも置いてあるだけだったので、

 

 

 

 

当社のタイル屋の窪中さんに、修繕してもらいました。

 

 

旧煙突の穴は、工事日に空きがあるので、

簡易の蓋を作成し、塞いでおります。

仕上がりは、後ほど♪

 

 

 

天井に墨出しをして、

丁寧に天井を開口していきます。

 

 

 

 

鉄筋コンクリート造(RC造)の建物なので、

天井を開口した後、

専用機械でコンクリートに煙突のサイズより少し大きな穴を

慎重に開けていきます。(コア抜き)

 

 

 

 

コア抜き工事によって少量の水が混じった液状のコンクリートが

部屋に落ちないよう、

専用金具でしっかりと受け止めます。

 

 

 

 

慎重に、慎重に、コンクリートを開口していきます(コア抜き)。

既存建物へのコア抜き工事には、高度な技術が必要です。

以前、別現場のお施主様が、他の薪ストーブ屋さんに、

屋根や屋上をコア抜きし、煙突をまっすぐ抜いて欲しいと

お願いしたところ出来ないと言われたと、

当社へ依頼があったことがありましたが、

屋根や屋上、天井や床を開口する工事は、

建築技術があるからこそ出来る工事です。

 

 

 

 

無事に、きれいに抜けました。

 

 

 

 

 

コア抜きされた鉄筋コンクリートの厚さは、

断熱材を含み、約20cm。

 

 

 

 

 

既存の鉄筋コンクリート造の煙道に

NOVA SF 断熱二重煙突を、専用の固定金具で

しっかりと固定していきます。

 

 

 

 

無事に取付完了!

 

 

 

 

頑丈な専用金具で煙突をガッチリ固定しているので、

ビクともしません!

 

 

 

 

外観も、旧煙道と、新煙突が肩を並べ、

まるで薪ストーブと暖炉が付いているかのようです。

 

 

 

正面から見ると、一本の煙突に見えます☆

 

 

 

 

そして、既存の横引きされていた煙突の穴には、

おしゃれなお皿を埋め込むのはどうだろうかとご提案すると、

ちょうど飾りたいお皿があるとのことで、

 

 

 

 

それを既設の煙突のサイズに合うように

下地材を丸く加工し、埋め込みました!

クリスマス柄の素敵なお皿です☆

 

 

 

 

薪ストーブの本体も運び入れ、炉台の上へ!

残りの煙突を接続して、

ウォーミングシェルフを取付☆

 

 

 

 

周辺をきれいに掃除し、

全ての薪ストーブ取り付け工事が完了✩

 

 

火入れ式の模様もお楽しみに・・・♪

 

 


他社で新築された『ティコゼの家』^^(今治市のY様邸)

寒くなり、薪ストーブのシーズンになった今日この頃、火入れ式を行いました♪

薪ストーブ:バーモントキャスティングスのアンコール(クラシックブラック)

 

 

~火入れ式開始~

 

「安全に薪ストーブライフを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

塩払いでお清め。

 

 

 

 

いよいよ火入れです☆

火入れをして、

慣らし焚きを行っていきます♪

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

 

 

無事に火入れできたことをお祝いして乾杯。

 

 

 

 

その後、

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

じっくりとお話させていただきました(*^^*)

 

 

 

いよいよ始まる暖かくて美味しい薪ストーブライフ♪

今後も当社がしっかりとサポートをさせていただきますので、

思う存分、たっぷりとご堪能ください☆

Y様、ありがとうございました!

 


2016年11月10日 11:46  CATEGORY : 愛媛県今治市 y様邸 火のある生活 薪ストーブ施工例  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

『喜の家』は只今、しっくい塗り工事中です^^

 

 

 

 

あらかじめ左官さんに塗り方の希望を伝えると、

3パターンのしっくい塗りサンプルを用意してくれました!

 

 

 

 

寝室以外は、下写真のコテを使った塗り方、

 

 

 

 

寝室はローラーを使った塗り方に決定^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壁にしっくいが塗られていく様はいつ見ても楽しく、

つい左官さんの仕事に見入ってしまいました^^

 

 

既にきれいに塗られた部屋や廊下・・・♪

 

 

 

 

2階は柱が見える真壁ですが、

1階は柱が見えない大壁。

 

 

同じしっくい塗りとはいえ、雰囲気は異なります。

その雰囲気の違いを目にするのが今から楽しみでなりません^^

現在、

2階のしっくい塗りが完了し、1階のしっくい塗りにとりかかっております。

またブログにてお伝えいたします!

 


2016年11月2日 10:51  CATEGORY : こんなお家も建てれます 喜の家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

お庭の無農薬オリーブ♪

毎年、庭のオリーブの木に実がたくさんなるのですが、

オリーブオイルにしてみようと思うばかりで

なかなか摘むようにならず・・・。

ついに今年、オリーブの実を収穫しました☆

 

 

私(当社長女)の娘も進んで参加☆

・・・というか、

摘んだオリーブの実を離さない係としての参加ですが・・・。笑

 

 

 

収穫し、オリーブの実がたくさん入って重たい紙袋を持って、

『よいしょっ、よいっしょっ』と運ぶ娘^^

大人でも重さを感じるほどの重量なので、

娘が持ち歩けたことにビックリ!!

 

 

力が入り、一生懸命になると下あごが出ます。笑

 

 

収穫したオリーブの実たち♪

良い色に熟れています♪

 

 

無事、オリーブオイルが出来上がったらまたお知らせいたします♪

 

p.s.

オリーブの実を数個手にうずめる娘。

貴重なオリーブたちがどこに行ったか分からなくならないよう、行く先を目で追い、

娘の目を盗み、娘のもとからも無事収穫しました^^;

 

 


2016年11月1日 08:25  CATEGORY : 日々の出来事  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)