TAKEMOTO BLOG

February2016

灰受け皿のオーブンスペースで昼食のキッシュを焼きました^^♪

 

 

《材料》4人分

・卵         2個

・牛乳       100cc

・粉チーズ     適量

・塩、こしょう    適量

・冷凍パイシート  1枚

・洋風だし      少量

・オリーブオイル  少量

・薄力粉       少量

・とろけるチーズ  適量

=具材=お好み量で。(冷蔵庫にあるものでOK)

・ベーコン・しめじ・さつまいも・玉ねぎ・ほうれん草・コーン

 

《作り方》

1、具材をお好みのきり方で切る。

2、具材をオリーブオイルで炒める。

3、炒め終わったら粗熱をとる。

4、牛乳と卵をボールの中で混ぜ、軽く塩、こしょうをし、

粉チーズを2振りほど入れる。

5、4のボールの中に炒めた具材を入れて混ぜる。

6、耐熱皿に薄力粉を薄く振り、パイシートを敷く。

そのシートの上に良く混ぜ合わせた5を流し入れる。

7、とろけるチーズを適量のせ、

約220度のオーブンスペースで約30分焼きます。

 

 

30分後…

表面がこんがり良い焼き上がり♪

 

 

竹串でさしてみて、ドロドロでなければ焼き上がりです!

(その時のオーブンスペースの温度で焼き時間を調節してください。 )

 

 

たくさんの具材で食べ応えバツグン!!

アンド栄養満点!!

 

 

おNEWのヒノキカッティングボードの上で…^^♪

 

 

ご馳走様でした☆

 


『タミさんのパン焼器(16cm)』という南部鉄器でパンケーキを焼きました♪

早速、レシピをご紹介いたします!

 

 

《材料》タミさんのパン焼器16cm1台分

・卵             2個

・砂糖           大さじ4

・塩            小さじ1/2

・牛乳           大さじ4

・小麦粉          100g

・ベーキングパウダー  小さじ1

・オレンジピール     適量

・バター          パン焼器に塗る用

 

《作り方》

1、タミさんのパン焼器の内側にバターを多めに塗る。

2、ボウルに卵・砂糖・塩を入れ、泡だて器で混ぜ合わせ、牛乳も加える。

3、あらかじめ混ぜておいた小麦粉とベーキングパウダーを2のボウルに入れて、

さっくりと混ぜる。最後にオレンジピールも混ぜ合わせる。

4、1のパン焼器に3の生地を流し入れ、

蓋をして約250度のクッキンググリドルの上に置く。(トリベットを1枚敷いています。)

 

 

 

生地の表面が焼けて、竹串をさしても何も付いてこなければ焼き上がり♪

 

 

蓋をしたままひっくり返して取り出し、完成です^^!!

 

 

オレンジピールが底に沈み、

ひっくり返したパンケーキの表面にお目見え♪

 

美味しくいただきました♪

お試しあれ~*


当社の作業場では、

ただいま 砥部町『まったりの家』の

木材の墨付け・切り組み作業が行われています。

 

 

手前から奥まで継ぎ手なしの、1本の木材です!!

 

 

 

当社の木材の加工は、 プレカットではなく、

当社の大工職人が、

木材を一本一本、選別しながら、 墨つけをしていき、

すべて手刻みで加工させていただいております。

 

 

 

 

手刻みで加工した木材は、 プレカットとは違い、

木材を組むときに、スルッと入ることはありません。

 

 

 
掛矢(かけや=堅い木で作られた大型の木槌)で

力強く、しっかりと打ち込んでいくので、

木材と木材がかっちりと組み合い、

強度が増すのです。

 

 

 

 

木材、一本一本の性格を見極め、

金づちや、のみ、 場所によっては、木工機械を使い、

道具を使い分けながら、刻んでいます。

 

 

 

 

 

 

こちらは、化粧で見える梁を、

きれいにペーパー掛けをしているところです。

 

 

上棟祭が待ち遠しいです(*^^*)

 


2016年2月20日 13:30  CATEGORY : こんなお家も建てれます まったりの家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

砥部町『まったりの家』 に、

型枠が取り付けられました。

ご覧の通り、通常はプラ束が使用される大引きの下も、

基礎工事でしっかり補強しておりますので、基礎もとっても頑丈です!!

 

 

 

 

 

それから、コンクリートが流し込まれ、アンカーボルトも入り、

後日、天端塗り工事をして、基礎工事はいよいよ完成です!

 

 

基礎の周りにバラスを敷き、整地作業が終わると、

土台・大引きの取り付けが待っています!!

その模様もまたブログでご紹介しますので、

お楽しみに!!!

 


2016年2月15日 18:32  CATEGORY : こんなお家も建てれます まったりの家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

我が家の三女 はるちゃん♪

今年のバレンタインは、

フォンダンショコラを作るそうです☆

 

 

我が家の薪ストーブ アンコールくんは、

シーズン中たいていは火が灯っています☆

今夜も、ぽかぽか・・準備万端です♪

 

 

生地をカップに流し込み、

アンコールくんのオーブンにセット☆

後は、焼き上がりを待つだけ・・♪

 

 

 

 

楽しそうなので、

棟梁もやってみたくなったそうで・・笑

 

 

 

 

 

焼き上がりました♪

 

 

 

 

 

仕上げに粉砂糖をふりかけて、完成~♪

美味しそう♪ いただきま~す♪笑

 

 

 

 

その後もせっせと、焼き続けておりました♪

 

 


2016年2月14日 20:05  CATEGORY : 我が家のアンコールくん 薪ストーブクッキング  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

大洲市の『薪ストーブと暮らす家』に

薪ストーブが入りました(*^^*)

薪ストーブは、バーモントキャスティングスの

NEW アンコール

マジョリカブラウン色です☆

 

 

家の打ち合わせがはじまり、

間取りが決まる前から、早々と薪集めをされていたK様ご夫婦(*^^*)

念願の薪ストーブに火が灯ります☆

 

 

 

~火入れ式開始~

 

「安全に薪ストーブライフを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

 

 

塩払いでお清め。

 

 

 

 

いよいよ火入れです☆

火入れをして、

慣らし焚きを行っていきます♪

 

 

 

無事に、火入れできたことをお祝いして乾杯☆

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

(↑温度をゆっくりと下げているところです。)

 

 

 

 

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

じ~っくりとお話させていただきました(*^^*)

 

 

 

 

 

念願の薪ストーブに

「いいなぁ~、いいなぁ~」と、うっとり(*^^*)

 

 

 

 

薪ストーブに火が灯ったことを聞いたお母様、

ストーブまでこんな立派なものがつくなんて

と、とっても驚かれていました(*^^*)

 

 

 

 

「こりゃ、あったかくてええわい~」

と、気に入ってもらえたようです(*^^*)

 

 

薪仕事で体をたくさん動かすようになって健康的だし、

その薪で家中ぽっかぽかに温められて、

なおかつ薪ストーブでおいしいごはんも作れて、

本当に大人の良いおもちゃです*

薪ストーブを取り付けてもらって、ほんとうに良かった*

と、奥様から嬉しいお言葉をいただきました(*^^*)♪

 

 

 

これから始まる、待ちに待った薪ストーブライフ♪

しっかりとサポートをさせていただきますので、

思う存分、た~っぷりとご堪能ください♪

 

 

『薪ストーブと暮らす家』の完成写真は、

また後日ご紹介させて頂きます*

お楽しみに♪

 


左官さんによる漆喰塗り工事が終わった、

大洲市の『薪ストーブと暮らす家』

 

 

引き続き、左官さんによって

玄関とポーチ、玄関の基礎部分が

洗い出しで仕上げられております。

 

 

 

 

丁寧に、塗り付けられているのは、

砂利とモルタル、

風合いを出すために墨を混ぜ合わされたもの。

 

 

 

 

きれいに塗りあがりました。

 

 

 

 

表面の水分を取り除くため、

新聞紙を敷き詰め、セメントの粉を乗せて行きます。

 

 

 

 

そして、いよいよ水を流して洗い出されます。

 

 

 

 

お施主様も、洗い出しの仕上がりに、

わくわく、どきどき♪♪

 

 

 

 

 

きれいな砂利が顔を出しました。

とってもきれいな仕上がりに、お施主様もうっとり(*^^*)

 

 

 

 

五寸柱に、漆喰塗り壁、一枚板と格子の玄関収納、

そして、洗い出し仕上げ・・・♪

お上品で、美しい玄関に仕上がっています(*^^*)

 

 

 

 

 

玄関ポーチと踏み段、基礎の洗い出し仕上げと、

その他の基礎部分の刷毛引き仕上げと、

もうすこし左官さんによる仕上げ作業がつづきます。

 

 

 


2016年2月1日 19:07  CATEGORY : こんなお家も建てれます 薪ストーブと暮らす家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)