TAKEMOTO BLOG

November2015

東温市のS様邸☆

設置工事を終え、さっそく火入れ式を行いました♪

 

~火入れ式開始~

 

「安全に薪ストーブライフを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

 

 

そして、塩払いでお清め。

 

 

 

 

いよいよ火入れです☆

火入れをして、

慣らし焚きを行っていきます♪

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

無事に火入れできたことをお祝いして乾杯し、

その後、

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

じ~っくりとお話させていただきました(*^^*)

 

 

当社の煙突工事は、

NOVA SF断熱二重煙突の使用に加え、

直抜きでまっすぐ取り付けているので 引きが良く、

煙が部屋内に出てくることもありませんので、

安心して薪ストーブをお楽しみいただけます♪

 

 

これから始まる、待ちに待った薪ストーブライフ♪

 

 

当社がしっかりとサポートをさせていただきますので、

思う存分、たっぷりとご堪能ください☆

どうも、ありがとうございました(*^^*)

 


先日、東温市S様邸の薪ストーブを取り付けさせていただきました。

薪ストーブは、NEW アンコールのクラシックブラックです☆

 

 

早速、取付の模様をご紹介します♪

 

丁寧に墨出しをして、

 

 

 

 

1階の天井を開口していきます。

 

 

 

 

同じく、2階の床と天井を開口し、

開口部分の補強をしていきます。

S様も「開口したのに、全然きしまないし、頑丈ですねー!」

と、驚かれていました。

 

 

 

 

 

そして、アンコールさんの居場所となる炉台・炉壁に

不燃材のケイカル板を貼り、

タイル割りの墨出しを行います。

 

 

 

タイル貼り職人さんによって

きれいに貼り上がりました☆

 

 

 

 

 

タイルを丸1日乾かしたら、

いよいよ薪ストーブの取り付けです♪

屋根を開口後、

屋根の上では、煙道を作成し、

白方板金さんによって雨仕舞い工事を行なっていきます。

 

 

 

 

屋根上工事、無事完了しました☆

雨仕舞い工事も、強度も、ばっちりです☆

 

 

 

 

 

室内では、

頑丈な専用金物で

煙突をしっかりと固定しながら取付していきます。

 

 

 

 

 

2階の室内(寝室)の煙突周りには、

お布団が煙突に当たらないように、囲いを作りました。

前面の板は点検用で、

すぐに取り外せるようになっています☆

 

 

 

 

 

いよいよ薪ストーブ本体が運び込まれます!

ゆっくり、慎重に運びます。

 

 

 

 

 

本体とNOVA SF 断熱二重煙突を接続し、

遮熱板やウォーミングシェルフの取り付けなどをしていきます。

 

 

 

 

最後に薪ストーブ周辺を掃除して、完了です☆

 

 

 

 

まっすぐに伸びたNOVA SF 断熱二重煙突、

専用の支持金物でしっかり固定され

ビクりともしません!!

 

 

S様も、「かっこいいー! かっこいいな~♪」

と、大喜びしてくれました(*^^*)

 

 

火入れ式のブログに続く♪

 


 

 

 

高知県のK様邸☆

設置工事を終え、さっそく火入れ式を行いました♪

 

~火入れ式開始~

 

「安全に薪ストーブライフを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

 

 

 

そして、塩払いでお清め。

 

 

 

 

いよいよ火入れです☆

火入れをして、

慣らし焚きを行っていきます♪

 

 

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

 

 

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

 

無事に、火入れできたことをお祝いして乾杯!!

 

 

 

 

 

 

どのお宅のわんこちゃんも、

特等席をしっかりキープされています^^♪

 

 

 

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

じ~っくりとお話させていただきました(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

当社の煙突工事は、

NOVA SF断熱二重煙突の使用に加え、

直抜きでまっすぐ取り付けているので 引きが良く、

煙が部屋内に出てくることもありませんので、

安心して薪ストーブをお楽しみいただけます♪

 

 

 

 

 

よっぽど気持ちが良かったようで、

いびきをかいて、寝ていました(*^^*)

 

 

これから始まる、待ちに待った薪ストーブライフ♪

当社がしっかりとサポートをさせていただきますので、

思う存分、た~っぷりとご堪能くださいね☆

どうも、ありがとうございました(*^^*)

 

 

 

p.s.

結婚祝いにと、とっても素敵なお花と、

 

 

 

丹精込めて作られた、新米をいただきました(*^^*)

なんと、当日精米までしてくださっていて・・(*><)

 

 

帰りの車は、お花の香りでい~っぱいで、

帰ってからさっそく頂いたお米は、

それは、それは美味しくて、

そのお気持ちがほんとうにうれしくって、

お腹も胸もい~っぱいになりました(*^^*)

ほんとうに、ありがとうございました*

 


先日、高知県のK様邸の薪ストーブを取り付けさせていただきました。

薪ストーブは、NEW アンコールのクラシックブラックです!

 

 

 

丁寧に墨出しをして、

 

 

 

 

天井を開口していきます。

 

 

 

 

 

 

 

無事に開口を終え、

 

 

 

 

開口した、天井を補強し、

専用金物でNOVA SF 断熱二重煙突を

しっかり固定していきます。

 

 

 

 

 

 

屋根の上では、

白方板金さんが雨仕舞い工事を行い、

屋根上の取り付け工事 完了☆

 

 

雨仕舞い工事、ばっちりです☆

 

 

 

室内では、頑丈な専用金物で

煙突をしっかりと固定しながら取付していきます。

吹き抜けが高いので、安全に作業できるよう、

足場も準備しました。

 

 

 

 

 

専用の金物でしっかり固定された

NOVA SF 断熱二重煙突は、

ビクともしません!!

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、

運び込まれた薪ストーブ本体と

NOVA SF 断熱二重煙突を接続し、

遮熱板やウォーミングシェルフの取り付けなどをして、

完了です☆

 

 

 

朝晩冷え込む、今日この頃。

早速、お使い頂けるように、火入れ式を行いました。

火入れ式のブログに続く♪

 


2年前にNEWアンコールを取り付けさせていただいた

今治市のF様邸の薪ストーブメンテナンスを行ないました。

 

たくさんお使いいただいている証が^^♪

 

 

【メンテナンス前】

 

 

【メンテナンス後】

 

 

 

【メンテナンス前】

 

 

 

 

【メンテナンス後】

(写真:少しぶれていて、すみません・・・。)

 

 

 

【メンテナンス前】

 

 

【メンテナンス後】

 

 

 

【メンテナンス前】

 

 

【メンテナンス後】

 

 

屋根に上がり、

煙突の保守点検をしながら

煙道内部のススやタールを 専用ブラシにて、

除去していきます。

 

煙突に取り付けられたナイロン袋に煙突内のススを落とします。

 

 

NOVA SF断熱二重煙突を使用しているので、

1シーズンで、たったのこれだけのススしか出ませんし、

ススの状態もサラサラのパウダー状です。

(写真:少し見えにくいですが…)

 

 

薪ストーブのバラした部品を外に出し、

保守点検と清掃を行います。

室内では、

炉内の汚れを専用ブラシできれいに落としながら、

灰取り専用の掃除機できれいに吸い取り、保守点検を行います。

 

 

メンテナンス後、

部品たちを元通りに取り付け、

すぐに、お使いいただけるよう、

オーブンプレートの上に灰を敷き、

メンテナンスは完了!!

 

 

今年の冬も、薪ストーブライフをご堪能くださいませ^^

 

 

p.s. たくさんの新鮮なお野菜をありがとうございました(*^^*)

美味しくいただきます♪♪

 


4年前に当社で新築工事とともに

アンコールのエヴァーバーン(クラシックブラック)を

取り付けさせていただいたY様邸。

3回目の薪ストーブメンテナンスです☆

 

 

【メンテナンス前】

 

 

【メンテナンス後】

 

 

 

【メンテナンス前】

 

 

 

【メンテナンス後】

 

薪ストーブ本体の部品を外しながら

保守点検&清掃を行っていきます。

取り外された部材は

部屋が汚れてしまわないよう屋外に出し、

点検をしながら、 丁寧に清掃していきます。

 

 

 

煙突は、

屋上に上り、

丸トップを外して

ワイヤーブラシで

煙突内のススを取り除いていきます。

煙突掃除のときに外された

丸トップもきれいに磨きます。

 

ナイロン袋がサラサラなススをキャッチ!

 

 

(この量で2年分です。

断熱二重煙突+直抜き煙突で施工しているからであり、

シングル煙突では、ススの状態も量も雲泥の差が出てきます。)

 

 

 

室内に戻り

本体をピカピカに磨き上げていきます。

 

【メンテナンス前】

 

 

【メンテナンス後】

 

 

 

部品を元に戻し、

周りを掃除して

内部のメンテナンスも完了しました。

 

 

 

 

すぐに薪ストーブを使用できるように、

炉内に灰も敷き、

今シーズンの薪ストーブ準備は完了!!

 

 

 

今年も温かい冬をお過ごしくださいませ^^♪

 

 


野村町のK様邸☆

設置工事を終え、さっそく火入れ式です♪

 

 

 

 

下の灰受け部分を、オーブンとして使えるよう、

オーブンプレートを敷き、

用意しておいたきれいな灰を敷き詰め、

 

 

 

 

 

 

火入れ式の準備完了☆☆

 

 

 

 

 

~火入れ式開始~

 

「安全に薪ストーブライフを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

 

 

そして、塩払いでお清め。

 

 

 

 

火入れをして、

慣らし焚きを行っていきます。

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

 

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

当社の煙突工事は、

NOVA SF断熱二重煙突の使用に加え、

直抜きでまっすぐ取り付けているので 引きが良く、

着火後すぐにこのように燃え上がるので

火付けの簡単さに驚かれます(*^^*)

 

 

 

 

無事に、火入れできたことをお祝いして乾杯!!

 

 

 

 

 

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、

薪ストーブの楽しみ方などを

じっくりとお話させていただきました。

 

 

 

 

もうすぐ始まる、K様ご家族の薪ストーブライフ♪

当社がしっかりとサポートさせていただきますので、

思う存分、楽しんでくださいね(*^^*)

ありがとうございました*

 

 


今年の2月に、新築工事に合わせて、

煙道と煙突の一部取付工事を行い、

工事の完了を待っておりました野村町のK様邸☆

残りの煙突取り付け工事と、

薪ストーブ本体の設置を行ないました。

前回の工事ブログ

 

 

 

 

新築工事の邪魔にならないよう、

取り付けを後に残しておいた屋根上の1mの煙突も取付。

 

 

 

 

 

 

 

施工済みの室内煙突の小傷を

専用の耐熱塗料で補修☆

 

 

 

 

 

その後、

運び込まれた薪ストーブ本体と

NOVA SF 断熱二重煙突を接続し、

遮熱板やウォーミングシェルフなどを取付☆

 

 

 

 

 

 

設置完了です☆

 

 

もうすぐ、本格的な薪ストーブシーズンの到来♪

早速、お使い頂けるように、取付後 火入れ式を行いました。

火入れ式のブログに続く・・♪

 


他社で薪ストーブ・煙突を取り付けられ、

2年前に、当社で煙突の取替え工事をさせていただいた

I様邸の薪ストーブメンテナンスを行いました。

 

 

【メンテナンス前】

 

 

【メンテナンス後】

 

 

 

薪ストーブ本体の部材を外しながら

保守点検&清掃を行っています。

 

 

部屋内の取り外された部材は、

部屋が汚れてしまわないよう屋外に出し、

点検をしながら、 磨いていきます。

 

 

 

触媒の上にもススが溜まっていたので

掃除機できれいに除去しました☆

 

 

 

 

 

屋根へ上がり、

煙突の保守点検をしながら

煙道内部のススやタールを 専用ブラシにて、

除去していきます。

 

屋根が9寸の急勾配なので、

安全に作業が行えるよう、

はしご足場を組み上げました☆

 

 

 

 

 

取り外した角トップの天板もきれいに掃除☆

 

 

 

【メンテナンス前】

 

 

【メンテナンス後】

 

 

点検&清掃を終えた部材を 元通りに取り付け、

本体をぴっかぴかに磨きメンテナンス完了です☆

 

 

今年の冬も、薪ストーブライフ、存分に楽しまれてくださいね♪

 


6年前に、 クラシックブラック色のアンコール エヴァーバーンを

取り付けさせて頂いた、 宇和島市吉田町のM様邸の

薪ストーブメンテナンスを行いました。

 

【メンテナンス前】

 

 

 

【メンテナンス後】

 

 

 

屋根に上がり、

煙突の保守点検をしながら

煙道内部のススやタールを 専用ブラシにて、

除去していきます。

 

煙突に取り付けられたナイロン袋に煙突内のススを落とします。

サラサラのススをキャッチ。

 

 

 

薪ストーブのバラした部品を外に出し、

保守点検と清掃を行います。

室内では、

炉内の汚れを専用ブラシできれいに落としながら、

灰取り専用の掃除機できれいに吸い取り、保守点検を行います。

 

 

 

 

 

【メンテナンス前】

 

 

 

【メンテナンス後】

きれいにした後に、新しいファイバーロープを取り付けしました☆

写真を撮り忘れちゃいました・・。

 

 

 

 

 

今年もM様ご家族を

ぽっかぽかに温めてあげてね~^^♪

 

 


1 / 212