TAKEMOTO BLOG

November2014

松山市のK様邸(鉄筋コンクリート造(RC造))の薪ストーブ取付工事を行いました。

取り付けさせていただいた 薪ストーブは、バーモントキャスティングス社製の

アンコールのエヴァーバーン【マジョリカブラウン】。

 

K様邸は鉄筋コンクリート造(RC造)のため、

(RC造の)煙突直抜き工事は建築の施工技術がないと難しい施工になります。

実際、

K様が他社で「鉄筋コンクリート造での煙突直抜き」を依頼したところ、

「できない」との返答だったそうで、当社に依頼の電話をくださり、

当社が現場に足を運び、確認・採寸した上で、

薪ストーブを取り付けさせていただくことになりました。

 

 

 

 

 

RC造の薪ストーブ取り付け工事の模様をお伝えします。

 

まず、レーザーで位置出しをし、

 

 

 

天井に墨出しをして、

丁寧に天井を開口していきます。

 

 

 

 

3階(薪ストーブ設置部分は2階。)の煙突が貫通する箇所(床・天井)も同じく、

レーザー、さし金で位置出しをし、墨出しし、丁寧に開口していきます。

 

 

 

 

 

 

宮尾電設さんによって、ダウンライトと電気配線の移設工事を行います。

 

 

 

鉄筋コンクリート造(RC造)の建物なので、

床・天井を開口した後、

専用工具で

コンクリートに煙突のサイズより少し大きな穴を慎重に開けていきます。(コア抜き作業です。)

 

 

コア抜き工事によって少量の水が混じった液状のコンクリートが部屋に落ちないよう、

専用金具でしっかりと受け止めます。

 

 

 

慎重に・・・慎重に・・・コンクリートを開口(コア抜き)。

今回のコア抜きのセッティングは高度な技術が必要です。

 

 

 

屋根裏部屋も同じく、

レーザーで位置だし、墨つけ、開口していきます。

 

 

 

屋根裏のコア抜きは、作業スペースが極端に狭く、専用工具がギリギリ収まる空間。

そのため、とても大変な作業でした。

(職人さん、お疲れ様でした(^-^))

 

 

 

コア抜きと戦い、

ようやく煙突が貫通する全ての箇所に穴が開けられました。

コア抜きされた鉄筋コンクリートの厚さは15cm。

 

 

 

 

 

上の階で作業している間、

三木タイルさんによって、炉台のタイルが貼られます。

 

 

 

 

途中、棟梁も参戦。

 

 

 

貼り終えた後、目地を仕上げて炉台の完成!!

 

 

 

外部では三連ハシゴが架けられ、屋根上の煙突取付工事が行われています。

 

 

 

専用金物でNOVA SF 断熱二重煙突をしっかり固定していきます。

 

 

 

 

煙突固定後、雨が一滴ももれないように

板金工事、コーキング施工等もしっかりと施し、

屋根の上の煙突取り付け工事は完了。

 

 

 

内部の煙突も同じく、

専用の金具でしっかりと、頑丈に固定していきます。

 

 

 

 

固定されたNOVA SF 断熱二重煙突たちはびくりともしません。

 

 

 

 

薪ストーブの本体も運び込まれ、炉台の上へ!

 

 

 

周辺をきれいに掃除し、

全ての薪ストーブ取り付け工事が完了しました✩

 

 

火入れ式に続きます✩

 


薪ストーブ取り付け工事後。

西条市のK様邸の火入れ式を行いました。

 

早速、火入れ式開始!

 

 

「安全に薪ストーブを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

そして、塩払いでお清め。

 

 

 

その後、

火入れをして慣らし焚きを行っていきます。

 

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

 

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

 

 

 

着火してからわずか30秒たらずで

炎が焚きつけ用の細い木材を包み込みます♪

 

 

 

照明OFF♪

優しい焔の明かりが空間を包み込みます。

 

 

 

その都度、薪ストーブの使用方法をお伝えしながら

2回目、3回目と慣らし焚きを繰り返していきます。

 

施主様もアンコールくんをパシャリ✩

 

 

寒~い冬、アンコールくん、大活躍間違いなしです✩

 

 

温かくておいしい、薪ストーブライフをご堪能くださいませ♪


 

西条市のK様邸の薪ストーブ取付工事を行いました。

薪ストーブはアンコールのエヴァーバーン【クラシックブラック】。

 

(当社に依頼をしてくださった頃、)

K様は新築工事を予定されており、

まだ新築の図面が完成してない段階で、当社に薪ストーブ設置の依頼をしてくださいました。

当社は建築・薪ストーブ、どちらの知識も兼ね備えているため、

K様と薪ストーブの設置場所、シーリングファン等の相談しながら、(薪ストーブに関わる箇所の)図面を作成し、

K様邸の工務店様にその図面で施工していただけるよう、お願いをしました。

 

 

 

 

 

 

実際に工事中の現場にも足を運び、採寸&確認。

 

 

 

 

お家の完成を待ち、ついに薪ストーブ取り付け工事開始です。

 

今回も もちろん、

NOVA 断熱二重煙突を使用し、

まっすぐに直立屋根抜き工法で取付します。

(なぜ?と思われた方は、こちらをクリック。)

 

 

下の写真は、煙道取り付け場所の天井と屋根を開口しています。

 

 

 

 

屋根の上には白方板金さんが待機!!

 

 

 

写真では分かりにくいのですが、

開口した部分は、しっかり補強を施しています。

 

 

その後、

屋根にNOVA 断熱二重煙突を固定し荷重を支えるルーフサポートで固定し、

化粧板で蓋をします。

 

 

 

NOVA 断熱二重煙突がしっかりと垂直に固定されているか随時確認。

 

 

 

屋根の上では、雨が一滴ももれないように

板金工事、コーキング施工等をしっかりと施していきます。

 

 

 

 

化粧板から薪ストーブの本体に続くNOVA 断熱二重煙突は

梁と母屋にFSウォールバンドワイド(支持部材)でしっかりと固定。

(二箇所固定。)

 

 

 

 

NOVA 断熱二重煙突はびくりともしません!

丸トップも取り付けられ、火入れ式を待つのみ✩

(薪ストーブ取り付け後、その日のうちに火入れ式を行いました。)

 

 

 

アンコールエヴァーバーンくんは

きれいに灰を敷き詰められ、焔が灯るのを待っています♪

(オーブンプレートを敷いた後、灰を敷き詰めました。詳しくはこちら♪

 

 

K様邸、火入れ式に続きます・・・♪


『HEARTHの家』 ~近況~

『HEARTHの家』の1階内部では、

梁の補強工事を行っております。

 

 

より強度を増すために、梁に厚さ28mmの合板を

木工用ボンド+ビス(鉄釘含む)でしっかりと止めていきます。

(下の写真は合板取り付け中。梁が合板で覆われます。)

 

 

 

電気の配線や給排水管も張り巡らされています。

 

 

 

 

外壁は、

透湿・防水シートで覆われています。

隙間なく、しっかり、丁寧に

透湿・防水シートをタッカーで打ち付け、

その上からラス板を打ち付けています。

 

 

再度、外部に打ち付けられたラス板の上に、

さらに透湿・防水・防風シートを貼っていきます。

 

透湿・防水・防風シートと透湿・防水・防風シートとの間に

空気層を作ることにより(空気断熱)、

外壁に夏場の強い西日などが当たっても、涼しく過ごせ、

冬場は室内の温かい空気が外に逃げにくくなります。

 

 

 

 

 

軒下、鼻隠し、破風板はサイディング取付工事中。

 

サイディングが割れないよう、

キリで下穴を開けて、

 

 

 

 

荷重や振動に強いビスを打ってとめていきます。

 

 

『HEARTHの家』がサイディングで覆われるのが待ち遠しいです♪

 

 

 

ぽかぽか日和に誘われてウトウトしてしまいそうなほど、

気持ちの良い日差しがバルコニーに差し込んでいました(^v^)

 

 

 

『HEARTHの家』、

完成に向けて着々と進んでおります✩

 

 

 


2014年11月21日 18:00  CATEGORY : HEARTHの家 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

薪ストーブでクッキーを焼き、夕食後のデザートに♪

 

クッキーの生地も作りました!!・・・と言いたいところですが、

市販のクッキー生地を見つけてしまったのです。

なので、

生地を切って焼くだけのお手軽クッキー✩

 

 

 

一気に寒くなった今日この頃。

我が家ではアンコールくんに焔が灯っています。

そんなアンコールくんの灰受け皿にクッキー生地を託し、(この時灰受け皿内の温度は約160度。)

待つこと約16分。

 

 

 

こんがり&ふっくら焼けたクッキーの完成♪

 

 

 

アンコールくんのトップも使わないともったいない♡

ミルクパンで牛乳を温め、

 

 

 

ホットカフェオレに・・・♪

温かく、おいしいひと時でした(^^♪

 

 

アンコールくんのおかげで、寒いのも悪くない♪


『HEARTH』の家 躯体検査

今日は、『HEARTH』の家の躯体検査でした。

結果はもちろん、合格です。

 

 

 

今回も、検査員の方に、褒めてもらいました(*^^*)

「竹本建設さんの建てられる家は、全然揺れませんね!!

それに、こうやってお客さんの目の届かないところまで、

しっかり施工してもらえるところは、ほんとうにないですよ。

こんなにしっかりした家が、

普通の家と変わらない値段で建ててもらえるなんて、

ものすごく良いですね~!!」と。(*^^*)

 

 

これまでのお客様からも、

初めてお会いしたときに、必ずと言っていいほど、

「これだけの良い木材を使って、手間ひまを掛けて建ててもらえたら

良いなぁ~と思うけど、やっぱり高いですよね・・?」

と、聞かれ、

完成してからも

「本当にこの値段でこんなに立派な家を建ててもらえるとは、思わなかったです。

工事を見ていても、目に見えないところまで、丁寧に工事をしてくれていたし、

竹本さん、次の現場から値段上げたほうがいいですよ~笑」

なんて、言ってくださいます(*^^*)

 

 

 

当社の『五寸柱の家』に

少しでもご興味を持って下さったら、

ぜひ一度、お気軽にお越し下さいませ。

 

当社のこだわりや、気になる金額のことなど、

ご説明させて頂きます(*^^*)

 

 


2014年11月12日 19:48  CATEGORY : HEARTHの家 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

ムーミン谷のM様邸の火入れ式を行いました。

 

早速、オーブンプレートをお使いいただけるように

きれいな灰を敷き、火入れ式の前準備完了。

 

 

 

 

~火入れ式~

 

「安全に薪ストーブを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

そして、塩払いでお清め。

 

 

 

その後、

火入れをして慣らし焚きを行っていきます。

 

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

 

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

 

無事に

火入れできたことをお祝いして

乾杯!!

 

 

 

M様もmyスマートフォンで撮影♪

 

 

 

 

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

お話させていただきました。

&M様kidsたちとも一緒に遊ばせていただきました♥

 

 

2回目、3回目と

慣らし焚きをするとともに

その都度、説明を行い、

火入れ式は無事終了!

 

 

今シーズンより、

アンコールくんが

M様ファミリーを温かく包み込んでくれることでしょう♪

 

 

焔の灯されたアンコールくんのバックに写る

クリスマスグッズたちがとってもいい感じ♪

 

 

薪ストーブに、クリスマス・・・

美味しい薪ストーブ料理・・・!!

冬本番が待ち遠しいですね♪

 


『縁の家』 火入れ式

『縁の家』の火入れ式を行いました。

オーブンプレートを敷き、

早速お使いいただけるようにきれいな灰を敷き詰め、

 

 

 

 

火入れ式スタート!!

 

「安全に薪ストーブを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

 

そして、塩払いでお清め。

 

 

 

 

その後、

火入れをして慣らし焚きを行っていきます。

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

 

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

 

 

無事に

火入れできたことをお祝いして

乾杯!!

 

 

 

 

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの使い方から注意点、 薪ストーブの楽しみ方などを

お話させていただきました。

 

 

 

2回目、3回目と

慣らし焚きをするとともに

その都度、説明を行います。

 

 

 

 

 

ハースラグ キルマンは並べて柄や色合いを品定め(・∀・)♪

T様ファミリーお気に入りの1枚を選びます。

 

 

 

T様ファミリーが選んだハースラグ✩

『縁の家』 アンコール前の空間にぴったりです!

 

 

 

火入れ式終了時には、

焚き付け用の針葉樹だけでなく、

広葉樹を焚きました✩

暖かい焔が『縁の家』を包みこみ、

焔のオーロラも見ることができ、

とても癒されるひと時・・・♪

少し分かりづらいですが、

この時の焔のオーロラの動画もぜひご覧ください。

 

 

T様、今シーズンより

おいしく、温かい薪ストーブライフをお楽しみくださいませ(^^♪

 

 


My Queen♥

去年のクリスマスの日、

Mサンタから届いた憧れのクイーン♥

詳しくは去年クリスマス記事まで!!

 

 

 

 

 

 

そのクイーンに

なっ、なっ、なんと!!!

瓜二つの妹が誕生したのです♥

 

 

 

 

 

その妹がこの子!!

 

 

私(汐里)の祖母が作ってくれた

” 妹クイーン ~ちぎり絵ver~ ”です★

 

嫁いだ私(汐里)が憧れていた

素敵なクイーンと一緒に

新居に引越しを・・・と思っていたのですが、

Mサンタさんは、

”竹本家が発展しますように・・・守り神的存在になればと”

”プレゼントは、自分が一番気に入っているものを。一番大切にしているものを。”

とくださった大切なクイーン!!

 

竹本家で見守っていただこうと決心した時、

ひらめいたのです!!!

 

” そうだ!!ちぎり絵の上手な祖母に妹を作ってもらおう!!

そして私は、妹に見守ってもらおう!! ”と★

 

祖母が何ヶ月も時間をかけて作ってくれたクイーン。

また1つ宝物が増えました♪

 

クイーンにぴったりの額縁を探さなきゃ(^^♪

 

Babi,Thank you very much!!

 

 

姉クイーンは竹本家を、

妹クイーンは新米夫婦を、

どうぞこれからもよろしくお願いします★

 

 

 


2014年11月5日 18:00  CATEGORY : 日々の出来事  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

上棟祭を終えた『HEARTHの家』は

瓦葺き作業にとりかかっています。

 

 

 

 

 

マウントブラウン色が

夕日に照らされてとてもきれい♪

 

 

 

 

 

そして、

『HEARTHの家』の瓦葺き工事完了!

 

 

 

軒先には、 「軒先プラスチックメンド」も取り付け完了。

KIOSEIの水切り付鼻桟に差し込んで 取り付けできるので、

見た目も耐久性もアップします。

鳥や雨などの侵入を防いでくれます。

 

 

 

通常は、木材を使用する場所ですが、

この鼻桟は樹脂で出来ており、 排水孔が施されているので、

腐食防止になり、 一体形なので、耐久性もあります。

 

 

万が一、ルーフィングの上に水が漏れた時でも、

排水孔によって、排出されるので、 軒裏に雨漏りする心配がありません。

 

家の軸となる木組みにしても、

今回の鼻桟にしても、

見えなくなるところこそ、 『本当に良いもの』を使い、

手間をかけ、 永年愛され続ける家を建てたいと思うのです。

 

只今、外壁工事中。

後日、ブログにてお知らせします(・∀・)


2014年11月4日 19:38  CATEGORY : HEARTHの家 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)