TAKEMOTO BLOG

August2014

昨年完成した、『わ』の家の玄関に、

手すりの取り付けをお願いされました(*^^*)

 

 

バーナー焼きされた五寸柱や玄関框、

季節折々の絵手ぬぐいが、

美しく、やさしくご家族やお客様をお出迎えする、

『わ』の家の玄関。

 

 

 

既製品の手すりでは浮いてしまうなぁ・・・

なにか、『わ』の家に似合う、カッコイイ手すりを取り付けしたいなぁ・・

ということで、

棟梁が『わ』の家に似合う、最高の逸品を造りました!!

 

 

 

その作業工程をご紹介します☆

しなやかな曲線美が美しい、樫の木に

五寸柱や玄関框同様、

バーナー焼きを施し、磨きに磨きを重ねます。

 

 

 

 

 

真鍮のブラシで煤を落としながら、ササクレが手に立たないよう、

ゴシゴシ磨き落としていきます。

 

 

 

 

 

この樫の木の手すりのチャームポイントの枝分かれした部分も、

丁寧に煤を落としていきます☆

 

 

 

 

続いて、特殊な研磨材に持ち替え、

 

 

 

 

 

この研磨材に引っかかるササクレをひとつ、ひとつ取り除きながら、

細かな煤を落としていきます。

 

 

 

 

どんどん、光沢が出てきました☆

 

 

 

 

 

さらに、ウエスに持ち替え、

服に煤が付かないよう、入念に磨き上げていきます!

 

 

 

 

 

 

一日掛かりで磨き上げた手すり。

 

 

こんなにも、ツヤッツヤに光り輝きだしました☆

 

 

 

 

 

そして、後日、いよいよ取付です。

お父様に立ち会っていただき、

ぴったりのサイズに取付していきます☆

 

 

 

 

仕上げにもうひと磨きして完成です☆

 

 

 

 

バーナー焼きされた太い五寸柱に、

しっかりとビスで固定してあるので、ビクともしない、

丈夫で、美しい手すりの完成です☆

 

 

木の凹凸がしっくりと手に馴染み、触り心地も良く、

凹凸に指を掛けられるので、力も入りやすいです(*^^*)

 

 

 

 

 

身長が高く、手の大きいお父様に

ぴったりサイズのこの手すり☆

みんなが見守る中、実際に試して頂きました。

 

 

 

 

 

「丁度、良い!! しっかりしとるし、こんなにも磨いてもらって

ピカピカで綺麗なし、ええですね~☆」

と、とっても喜んで頂けました(*^^*)

 

 

ありがとうございました(*^^*)!!