TAKEMOTO BLOG

August2014

『縁の家』には数か所、長さの異なった

(杉の一枚板の)カウンターを取り付けます。

 

前回のカウンター加工とは別の箇所のカウンター造りにとりかかっています。

今回のカウンターは、薪ストーブ後ろのカウンター!

 

サイズに合わせて杉の一枚板を加工し、

自然な曲線がでるよう、

専用工具で角を切り落としていきます。

 

 

 

【角切り落とし後】

 

その後、節の穴をノミできれいに整え、

 

 

ペーパーで

表面をつるつる・ぴかぴかにしていきます。

 

 

作業場内で

カウンターの足も丁寧にペーパーがけされています。

 

 

節の穴も抜かりなく、

つるつるになるまでペーパーがけ。

 

 

何時間も磨きこんだ杉板の表面は

きれいな浮造り仕上げ!!

 

 

 

 

 

このカウンター材は、

吉野杉の一枚板で樹齢 約260年。

木目が目混んでとても美しいです。

 

 

木目も節の穴もまた良い♡

 

 

長時間 手作業で磨き込んだので、

自然な浮造り仕上げになっています。

 

 

 

 

加工するものがもう1つ。

それは『縁の家』の本棚です(^^♪

 

 

 

たくさんの本が収納できます☆

カウンターも本棚も

クリア色の自然塗料が塗装されます。

 

どれも納品が待ち遠しいです♪


2014年8月30日 18:52  CATEGORY : こんなお家も建てれます 縁の家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

『縁の家』に

システムキッチンが取り付けられています(^v^)

 

 

 

取り付けにあたって、

でたゴミをきれいに片づけながら

丁寧に作業を進めてくださる業者さん。

 

見ている側も気持ちの良いものです✿

 

キッチン取り付け完成後はまた後日(^v^)

 

 

 

 

階段も取り付け完了しており、

養生の段ボールが剥がれれる日が

待ち遠しいです♪

 

 

 

 

外部階段の型枠も出来ており、

あとはコンクリートが流し込まれるのを待つのみ!

 

 

 

 

 

犬走りと玄関ポーチは

コンクリートが流し込まれ、

 

 

それぞれコンクリート仕上げ、コンクリート下地として

すでに固まっております。

 

玄関ドアの養生も剥がれて、初お目見え♪

今後、(玄関ポーチの)コンクリート下地の上に

タイルが貼られます。

その模様もブログにてお伝えします(^v^)

 

 

写真を撮った日は

あいにくの雨。

晴れた日に(外観を)撮ったら

また雰囲気が違って見えるんだろうな~✿

 

ということで、

また晴れた日に写真を撮りたいと思います(^v^)

 


2014年8月29日 18:30  CATEGORY : こんなお家も建てれます 縁の家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

『縁の家』に取り付ける

杉の一枚板カウンターの加工を行いました。

 

約15年、当社で自然乾燥させた杉の一枚板。

カウンターの長さは約4メートル!!

 

一枚板を、早速 加工していきます。

 

 

 

 

 

一枚板の自然な歪みや節を考慮しながら

カウンターのサイズに合わせてカット。

 

 

 

 

 

 

 

カット後、

表面の木くず等をたわしで取り除き、

 

 

 

 

 

専用の機械を使って

表面を水平にしていきます。

 

 

 

機械に通しては表面の状態を確認し、

端っこの機械が掛からなかったところはカンナで削り、

そしてまた機械に通す。

・・・という工程を繰り返していきます。

 

 

 

 

 

電機カンナで角を取り、

 

 

 

 

 

その後、

一枚板をペーパーで磨き込んでいきます。

 

 

 

 

 

3人掛かりで、一日掛けて磨きこみました。

 

 

 

 

すると、こんなにも、艶が出てきました。

 

 

 

 

写真からでは少し分かりにくいですが、

4m先まですらすら~っと続く木目が、

穏やかな川の流れに見えてきて、なんだか癒されます(*^^*)

 

 

これから、自然塗料を塗り込み、さらに磨きこんで、

益々、つるつる、艶々に仕上げていきますよ♪

 

 

さてさて、

『縁の家』にどこに取り付けられるのでしょうか・・♪

取り付け完了後もまたブログにアップしますので

お楽しみに♪

 


2014年8月26日 18:52  CATEGORY : こんなお家も建てれます 縁の家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

完成に向け、

毎日着々と進んでおります

『縁の家』。

 

 

 

足場も取れて、

外観があらわになりました。

 

 

 

 

 

大屋根で軒が深いこの部分は、ぬれ縁になります。

 

 

 

 

日なたぼっこしたり、

涼んだり、

洗濯ものを干したり、

お孫さんの遊び場になったり、

干し柿をつるしたり・・

第2のリビングになることでしょう(*^^*)

 

 

ぬれ縁の取り付け工事の模様もまた、

ブログでご紹介しますので、お楽しみに♪

 


2014年8月20日 19:40  CATEGORY : こんなお家も建てれます 縁の家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

松前町の『HEARTHの家』に、

型枠が取り付けられました。

 

 

 

 

 

 

 

その型枠の中に、コンクリートが流し込まれました。

 

 

 

コンクリートが流し込まれた後、

アンカーボルトを入れていきます。

 

 

基礎のコンクリートが乾き、仕上がると、

基礎の周りにバラスを敷き、整地。

土台・大引きの取り付けが待っています。


2014年8月19日 19:44  CATEGORY : HEARTHの家 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

”息子の勉強机を作って欲しい”

とのご依頼を受けまして、

約15年ほど当社で自然乾燥させていた

杉の一枚板を使い、製作しました。

 

 

勉強机として役目を終えた後は、

お母様がご自身の机としても使用できるように、

デザインはシンプルに、永年飽きないものにしています。

 

 

組みあがった机に、

自然塗料を塗った後

乾燥させ、

納品に向けて、磨き込む。

 

 

黙々と磨き込む。

 

 

ひたすら磨きこむ。

 

 

より良いツヤを求めて磨きこむ。

 

 

力を込めて磨きこむ。

 

 

 

 

 

 

そして、完成したのがこちら。

 

【正面】

 

 

【背面】

 

 

 

【側面】

 

力と気持ちを込めて磨きこんだ木肌は

なんとも肌触りがよく、頬ずりしたくなるほど。

 

 

節の穴までつるつるです。

 

 

 

 

この節の穴にフックを引っ掛け、

バッグを掛けることも出来ます。

 

 

 

 

そして

自然な光沢!

自然な凹凸!

 

 

やっぱり自然から作り出されたモノはすばらしい!

 

息子さんのお勉強が捗れば、なお すばらしい♡

 


2014年8月18日 19:44  CATEGORY : 手作り家具  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

昨年完成した、『わ』の家の玄関に、

手すりの取り付けをお願いされました(*^^*)

 

 

バーナー焼きされた五寸柱や玄関框、

季節折々の絵手ぬぐいが、

美しく、やさしくご家族やお客様をお出迎えする、

『わ』の家の玄関。

 

 

 

既製品の手すりでは浮いてしまうなぁ・・・

なにか、『わ』の家に似合う、カッコイイ手すりを取り付けしたいなぁ・・

ということで、

棟梁が『わ』の家に似合う、最高の逸品を造りました!!

 

 

 

その作業工程をご紹介します☆

しなやかな曲線美が美しい、樫の木に

五寸柱や玄関框同様、

バーナー焼きを施し、磨きに磨きを重ねます。

 

 

 

 

 

真鍮のブラシで煤を落としながら、ササクレが手に立たないよう、

ゴシゴシ磨き落としていきます。

 

 

 

 

 

この樫の木の手すりのチャームポイントの枝分かれした部分も、

丁寧に煤を落としていきます☆

 

 

 

 

続いて、特殊な研磨材に持ち替え、

 

 

 

 

 

この研磨材に引っかかるササクレをひとつ、ひとつ取り除きながら、

細かな煤を落としていきます。

 

 

 

 

どんどん、光沢が出てきました☆

 

 

 

 

 

さらに、ウエスに持ち替え、

服に煤が付かないよう、入念に磨き上げていきます!

 

 

 

 

 

 

一日掛かりで磨き上げた手すり。

 

 

こんなにも、ツヤッツヤに光り輝きだしました☆

 

 

 

 

 

そして、後日、いよいよ取付です。

お父様に立ち会っていただき、

ぴったりのサイズに取付していきます☆

 

 

 

 

仕上げにもうひと磨きして完成です☆

 

 

 

 

バーナー焼きされた太い五寸柱に、

しっかりとビスで固定してあるので、ビクともしない、

丈夫で、美しい手すりの完成です☆

 

 

木の凹凸がしっくりと手に馴染み、触り心地も良く、

凹凸に指を掛けられるので、力も入りやすいです(*^^*)

 

 

 

 

 

身長が高く、手の大きいお父様に

ぴったりサイズのこの手すり☆

みんなが見守る中、実際に試して頂きました。

 

 

 

 

 

「丁度、良い!! しっかりしとるし、こんなにも磨いてもらって

ピカピカで綺麗なし、ええですね~☆」

と、とっても喜んで頂けました(*^^*)

 

 

ありがとうございました(*^^*)!!

 

 


8月11日は、

月が地球に最も近づく地点で

満月を迎えた時に観察される『スーパームーン』が

観られる日だったそうです(*^^*)

 

 

昨晩、一日遅れですが、月を観てみると、

大きくはなかったですが、と~っても綺麗だったので、

ウッドデッキに三脚を設置して、写真撮影をしてみました。

 

 

 

月明かりで辺りが明るくなっていることは伝わりますが、

肝心の月が綺麗に撮れない・・

 

 

単眼鏡で覗いたら、すっごく綺麗に見えるのに・・・

 

 

あっ!カメラと単眼鏡を合わせると撮れたりして・・・(*^^*)!!

ということで、

カメラに単眼鏡を当てて撮影してみました。

 

 

 

 

 

すると・・

 

 

撮れましたー(*^^*)♪

クレーターまで綺麗に写ってくれました♪

 

 

今年は、9月にも『スーパームーン』が観られるようなので、

今度は、大きく光輝いたスーパームーンを撮影したいと思います(*^^*)

 

 

ちなみに、今晩の夜空では、

ペルセウス座流星群が観られるようです☆

 

夜風で涼みながら、

天体観測されてみては・・♪

 


2014年8月12日 07:40  CATEGORY : 日々の出来事  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

『HEARTHの家』 配筋検査

『HEARTHの家』 の配筋検査が行われました。

 

 

 

 

地震に強い『五寸柱の家』の木組みを支える大切な基礎工事。

木組みをしっかり支えられるよう、配筋も頑丈に組んでいます。

 

 

 

 

 

これから土間コンクリート工事に入りますが、

『五寸柱の家』の木組みをしっかり支えられるよう、

基礎幅も150mmと、太く、頑丈で、

大引きの下も、基礎工事でしっかり補強していきます!!

 

 

 

 

その工事模様もまたブログでご紹介しますので、

お楽しみに♪

 

 


2014年8月6日 20:24  CATEGORY : HEARTHの家 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

「縁の家」 玄関框

その日の気分で”てぬぐい”を決める、

てぬぐい好きの棟梁☆

今日は、青海波模様のてぬぐいを巻き、

「縁の家」の玄関框を加工しました。

 

 

下の写真はカンナをかけた後、ペーパー仕上げをしているところです。

 

 

 

 

カンナのみで仕上げると、

壁際にキズが入った時に、カンナを掛けることが出来ないため、

補修が出来ません。

 

 

 

 

 

なので、壁際にキズが入ってしまっても、

簡単に、きれいに補修できるよう、ペーパー仕上げにしています。

 

 

 

 

ペーパーで磨いた後は、さらにタオルで磨き、

 

 

 

 

そして、新品の軍手を身につけ、

 

 

 

 

 

さらに、手で磨き上げていきます。

 

 

 

 

 

こうすることで、

木目の硬い冬目が残り、

木目のやわらかい夏目の部分がくぼみ、

浮造り風の上品な玄関框になっていきます。

 

 

 

 

 

しかし、少し磨いただけでは浮造りにはなってくれません。

ゆっくり、丁寧に、力を込めて、何度も何度も磨いていきます。

 

 

 

 
磨きを重ねるうちに

夏目が少しくぼみ、

冬目が浮造りになり、

光沢も出てきました。

 

 

 

 

 

いつまでも撫でていたくなるくらい、

肌触りがとても心地良いです(*^^*)

 

 

 

 

思いを込めて、磨き上げた玄関框。

家族やお客様を心地よく、お出迎えしてくれることでしょう。

 

 


2014年8月5日 19:15  CATEGORY : こんなお家も建てれます 縁の家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)
1 / 212